イヘアナチョ弾でセインツを下したレスターが52年ぶりの決勝進出!《FAカップ》

2021.04.19 04:42 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ準決勝のレスター・シティvsサウサンプトンが18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、レスターが1-0で勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は、リバプール時代に同大会に出場しているため大会規定により起用できず、招集外となっている。準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドを下したレスターだが、その後のリーグ戦ではマンチェスター・シティ、ウェストハムとの上位対決で連敗。連敗からのバウンスバックを図る今回の一戦では、直近のウェストハム戦から先発を2人変更。プラートとアマルテイに代えてアジョセ・ペレスとソユンクを先発で起用した。

一方、準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスに完勝したセインツは、完敗を喫した直近のWBA戦の先発からウォルコットをジェネポに変更した以外は、同じ先発メンバーで試合に臨んだ。


中盤での激しいボールの奪い合いが繰り返された試合は、チャンスの生まれ辛い展開が続く。セインツにポゼッションを譲りつつカウンターを狙うと、レスターは33分にティーレマンスのロングスルーパスに反応したヴァーディがボックス左からシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。

対するセインツは、36分にロングスローをボックス右のレドモンドが繋いだボールをイングスが頭でゴール前に折り返したが、これは飛び込んだジェネポの前でクリアされた。

ハーフタイムにかけてはレスターがやや攻勢を強めたが、ゴールネットを揺らすには至らず。前半はゴールレスで終了した。

互いに選手交代なしで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。レスターは55分、リカルド・ペレイラのスルーパスで左サイドを抜け出したヴァーディがボックス左深くまで切り込みクロスを供給。イヘアナチョのボレーシュートは相手DFに当たったが、こぼれ球を再び拾ったイヘアナチョがゴール右隅へシュートを流し込んだ。

先制を許したセインツは64分、ウォーカー=ピータースのロングシュートのこぼれ球をボックス右で拾ったアームストロングが中央に折り返すと、相手DFのクリアをペナルティアーク左のディアロがボレーシュート。しかし、これはゴール左に外れた。

その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、レスターは77分にドリブルで仕掛けたイヘアナチョのラストパスからボックス左のマディソンがダイレクトシュート。さらにマディソンは79分にもボックス右手前からミドルシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。

結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。イヘアナチョの決勝点でセインツを下したレスターが、チェルシーの待つ決勝へ駒を進めた。
関連ニュース
thumb

覚醒イヘアナチョ、FA杯決勝進出に喜び露わ 「夢のよう」

レスター・シティのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョがFAカップ決勝進出に喜びを露わにした。 レスターは18日に行われた準決勝のサウサンプトン戦を1-0で勝利。チェルシーが待つファイナルの舞台にチームとして52年ぶりに駒を進めた。そんなレスターをタイトルマッチに導いたのが今季を通じて急激な成長が遂げ、55分に決勝弾をマークしたイヘアナチョだ。 今月初旬に2024年までの新契約にサインしたイヘアナチョは試合後、イギリス『BT Sport』で「夢のようだ」と感無量の思いとともに、決勝での活躍を誓った。 「最高だね。幸せだ。決勝まで辿り着いたのだから。FAカップは小さい頃から観てきたが、今やその決勝でプレーするチャンスがある。僕からしたら、大きな夢だ」 「チームとしてやり遂げたことを誇りに思う。本当に嬉しいね。少しだったが、ファンが来てくれたのも嬉しかった。色々な事情があって、簡単じゃないが、決勝はもっと多くのファンに来てほしい」 「僕は集中して、一生懸命にプレーするだけ。もちろん、ゴールを決められると素晴らしいが、一生懸命に頑張るだけしか考えていない」 2021.04.19 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーがツィエク弾で2年連続決勝進出、シティは4冠の夢潰える《FAカップ》

FAカップ準決勝、チェルシーvsマンチェスター・シティが17日に行われ、1-0でチェルシーが勝利した。 準々決勝でシェフィールド・ユナイテッドを下したチェルシーと、エバートンを下したシティによる準決勝。 共にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝に進出している両チームの決勝進出を懸けた一戦。チェルシーは4日前に行われたCLポルト戦のスタメンから3選手を変更。ハヴァーツ、プリシッチ、GKメンディに代えてツィエク、ヴェルナー、GKケパを起用した。 一方、4冠の可能性を残すシティはCLドルトムント戦のスタメンから8選手を変更。デ・ブライネ、ルベン・ジアス、ロドリのみ引き続きスタメンとなった。 [3-4-3]で臨んだチェルシーは3トップに右からツィエク、ヴェルナー、マウントと配置。そのチェルシーは開始6分、ツィエクがネットを揺らすも、その前にラストパスを出したヴェルナーがオフサイドでノーゴールとなった。 一方、徐々にポゼッションを高める展開としていったシティは[4-3-3]で臨み3トップに右からフェラン・トーレス、ガブリエウ・ジェズス、スターリングと並べた。 シティにシュートチャンスを与えず迎えた19分、チェルシーはチルウェルがボレーシュートで牽制すると、34分にチャンス。R・ジェームズがCKの流れからコントロールシュートでゴールに迫ったが、枠を捉えきれなかった。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、ゴールレスで前半を終えた。迎えた後半、開始3分にデ・ブライネが右足を痛めてフォーデンと交代となったシティに対し、チェルシーは55分に先制する。 マウントのスルーパスに抜け出したヴェルナーがボックス左に侵入。ラストパスを出し、ツィエクが押し込んだ。 さらに59分、ツィエクに追加点のチャンス。しかし、ロングボールに抜け出してGKと一対一となるも、シュートはステッフェンにセーブされた。 追うシティはフェラン・トーレスに代えてギュンドアンを投入。しかし、終盤にかけてもチェルシーの集中した守備を崩せず無得点で終了。4冠の夢が潰えている。一方、勝ち上がったチェルシーは、2年連続決勝進出となった。 2021.04.18 03:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド倒してFAカップ4強入りのレスター指揮官「歴史を築くチャンス」 初優勝を目指す

レスター・シティのブレンダン・ロジャース監督が勝ち誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターは21日に本拠地で行われたFAカップ準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。25分にナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョのゴールで先制してから38分に追いつかれたものの、後半に2ゴールを奪って3-1の勝利で飾った。 ロジャース監督は試合後、ユナイテッドを破っての39年ぶりとなる準決勝進出に満足感を示すとともに、クラブとして初の優勝を目指した。 「我々は準決勝に進出した。決勝に勝ち上がり、歴史を築くチャンスだ。成し遂げるために全力を尽くす。このクラブにとって、決勝に進出してトロフィーを獲得するのは本当に特別なこと。クラブ史で1度も手にしたことのないトロフィーだからね。オーナーにとっても喜ばしいことだろう」 「多くのチームが予算やその他の面、あるいは歴史で先を行っているが、タイトルを獲得して、競争力を高めていくという野心は我々にもある。準決勝は大変な試合になるだろうが、クラブに優勝経験のないFAカップの初タイトルをもたらすことができれば、スペシャルだ」 「今日の我々は常に完成度が高かったね。トップクラスのチームが相手だったが、素晴らしいパフォーマンスが披露できた。我々はかなりの成長を遂げ、大きな対戦相手との大きな試合に勝てば、より自信がつくもの。テストをパスしたのだ。この勝利は選手たちの進歩度を示す指標になる」 2021.03.22 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、ブルーノら先発外でFAカップ敗退も「私は再び同じ先発を選ぶ」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督はメンバー選考を悔いていないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ユナイテッドは21日に敵地で行われたFAカップ準々決勝のレスター・シティ戦で1-3の敗戦。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスら一部主力をベンチに置き、負傷明けのフランス代表MFポール・ポグバとオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを先発起用しての一戦だったが、功を奏さず、ベスト4入りを逃した。 後半途中からB・フェルナンデスやイングランド代表DFルーク・ショーら主力を次々とつぎ込んだものの、公式戦15試合ぶりの黒星により、敗退が決まったユナイテッド。スールシャール監督は試合後、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出決定の18日に行われたミランとのラウンド16・2ndレグのような躍動感を欠いたと述べた。 「いつものような輝き、華々しさ、エネルギーに欠けたね。試合数が積み重なっての結果かもしれない。木曜日は我々にとって大きな夜だった。今日はチャンスの演出やゴールを阻止するために必要なあの躍動感がなかった」 スールシャール監督はまた、一部主力を先発から外したターンオーバーにも言及。結果的に絶対軸のB・フェルナンデスを先発から外したことが敗退に繋がってしまったが、ノルウェー人指揮官はそのメンバー選考について、後悔していないと主張した。 「私は再び同じ先発を選ぶだろうね。ポグバやファン・デ・ベークらに対して、45分以上のプレーが必要だと感じた。彼らは我々にとって重要な選手であり、だからこそが彼らを使ったのだ」 「すべてのメンバー選考に理由があるもの。ブルーノはかなりの試合でプレーしており、木曜日(18日)にフィジカル面で個人記録を作った。彼も人間。3日、あるいは4日おきにプレーしている」 「ドニーやポールを先発で使う機会だったが、試合数の多さによる影響もあったかもしれない。ブルーノがプレーしたがっているのは知っているが、チームの有益になる決断が求められるときもある」 2021.03.22 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ2G1Aのレスターがセインツ待つ準決勝進出! ユナイテッドは公式戦15試合ぶり黒星で無念の敗退…《FAカップ》

FAカップ準々決勝、レスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にキング・パワー・スタジアムで行われ、3-1で勝利したレスターが準決勝進出を決めた。   前ラウンドで2部のブレントフォードを破ったレスターは、直近のプレミアリーグでも絶好調のイヘアナチョに牽引される形で2連勝中。難敵相手にベスト4進出を目指す一戦では5-0で圧勝したシェフィールド・ユナイテッド戦と全く同じメンバーを起用。アジョセ・ペレスをトップ下に置き、ヴァーディとイヘアナチョを最前線に並べた[3-4-1-2]を継続した。   対するユナイテッドは延長戦までもつれ込んだウェストハムとの激闘を1-0で制してベスト8進出。直近のヨーロッパリーグ(EL)ではミランとの接戦を復帰戦となったポグバのゴールで勝ち切って同じくベスト8進出を果たした。スールシャール監督はそのミラン戦から先発5人を変更。負傷のラッシュフォードに加えてショー、ブルーノ・フェルナンデスら代わって、ミラン戦勝利の立役者のポグバやテレス、ファン・デ・ベーク、マルシャルらが起用された。そして、マルシャルの1トップに2列目は右からグリーンウッド、ファン・デ・ベーク、ポグバという並びとなった。   プレミアリーグでし烈な2位争いを繰り広げる両者の一戦は、中2日のアウェイチームに対して中6日と休養十分のホームチームが圧倒する入りとなる。立ち上がりからハイプレスを敢行したレスターは、相手のビルドアップをけん制して背後を狙うヴァーディを最優先にした縦に速い攻撃を仕掛けていく。   18分にはフレッジからボールを奪ったアジョセ・ペレスのスルーパスに抜け出したヴァーディにボックス内で決定機も、ここは古巣対戦のDFマグワイアの冷静なシュートブロックに遭う。それでも、24分にはユナイテッドのゴール前からのリスタートの場面でマグワイアからペナルティアーク付近で縦パスを受けたフレッジにティーレマンスがプレッシャーをかけてGKにバックパスを出させると、短くなったボールをイヘアナチョがかっさらい冷静にGKをかわして左足のシュートを流し込んだ。   イヘアナチョの公式戦4試合連続ゴールによって先手を奪ったレスターは以降も攻守両面で高いプレー強度を維持して試合の主導権を掌握。決定機まで持ち込めないものの、無理な対応を強いられたDFマグワイアに早い時間帯にイエローカードを出させるなど、追加点を予感させる良い流れが続く。   一方、反撃に出たいユナイテッドだったが、相手の圧力を感じてなかなか良いリズムでボールを動かせず、個での局面打開も難しくセットプレー以外に攻め手を見いだせない。それでも、相手の一瞬の隙を見逃さず、ワンチャンスを生かして試合を振り出しに戻した。   38分、相手を一旦押し込んでフレッジ、テレスと左サイドにボールを展開し、深い位置を取ったポグバにボールが渡る。ここでポグバは対面のフォファナを外してボックス左からマイナスのパスを入れると、相手DFがクリアし辛い絶妙なコースを通ったこのボールに対してニアに走り込んだファン・デ・ベークが絶妙なスルー。その背後に顔を出したグリーンウッドの左足のダイレクトシュートがゴールネットを揺らした。   1-1のイーブンに戻った試合はハーフタイムにかけて再びレスターの時間帯が続くが、44分にボックス手前でアジョセ・ペレスが放った右足のシュートはわずかに枠の左に外れ、均衡が保たれたままでの折り返しとなった。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も先にゴールをこじ開けたのはホームチーム。立ち上がりの52分、相手陣内中央でパスを受けたティーレマンスが右のハーフスペースにポジションを取ったイヘアナチョとのパス交換で中央突破。ペナルティアーク付近から右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。   さらに、畳みかけるレスターは58分、相手陣内でグリーンウッドからボールを奪ってショートカウンターに転じると、イヘアナチョのスルーパスに抜け出したヴァーディが鋭いカットインでDFマグワイアを振り切って右足を一閃。これがニア下に決まるかに思われたが、わずかに枠の左へ外れた。   らしくない昨季プレミア得点王のシュートミスに救われて辛くも1点差を維持したユナイテッドは64分に勝負に出る。ポグバ、ファン・デ・ベーク、テレス、マティッチを下げてB・フェルナンデス、カバーニ、ショー、マクトミネイと一気に主力4人を同時投入した。   この交代によりユナイテッドがこの試合初めて主導権を掴んで押し込む形を作り出すが、DFソユンクを中心とするレスターのソリッドな守備をこじ開けることはできない。すると、78分には相手陣内左サイドでレスターが得たFKの場面でキッカーのオルブライトンがファーを狙って入れたボールに反応したドフリーのイヘアナチョがヘディングで合わせて勝ち抜けを決定づける3点目を奪い切った。   その後、B・フェルナンデスの際どい直接FKを守護神シュマイケルが見事なセーブで防ぐなど、最後まで集中力を維持したレスターがユナイテッドの反撃をきっちり撥ね返して3-1の完勝。   ユナイテッドに公式戦15試合ぶりの黒星を与えたレスターが、サウサンプトンが待つ準決勝進出を決めた。 2021.03.22 04:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly