【DAZN欧州組応援部】3月度のベストプレーヤーズを選出!日本代表でも活躍したFW伊東純也が1位に

2021.04.15 20:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、3月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。

この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ、ギリシャ・プレミアリーグ。今回は3/1(月)〜3/29(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。

★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」3月度のTOP3選手はこちら!


3位:MF久保建英(ヘタフェ)
Getty Images

出場試合:3試合(先発1試合)
出場時間:117分
成績:0ゴール1アシスト
チーム成績:2分け1敗


移籍当初は先発の座を掴むも、その後はベンチスタートとなることが多かった久保。3月の3試合のうち1試合はベンチに座ったままと苦しい状況は変わらない。それでも、7試合ぶりに先発したエルチェ戦では移籍後初アシストを記録。チームの攻撃の活性化に貢献した。

2位:DF植田直通(ニーム)
Getty Images

出場試合:3試合(先発2試合)
出場時間:190分
成績:0ゴール0アシスト
チーム成績:1勝1分け1敗


1月にセルクル・ブルージュから移籍し、リーグ・アンでプレーする植田。移籍当初はメンバー外やベンチに座ることが多かったが、3月のニース戦で初出場すると、翌節のモンペリエ戦では初先発。その後はレギュラーポジションを掴んだ。

1位:FW伊東純也(ヘンク)
Getty Images

出場試合:2試合(先発2試合)
出場時間:180分
成績:3ゴール
チーム成績:1勝1分け


3月は2試合しかなかったが、その2試合連続ゴール。右ウイングのポジションながら、インサイドに入るプレーも見せている。チームにとって重要なゴールを重ねた結果、3月の日本代表の活動でも出色の出来。今最も乗っている海外組の1人だ。

超WS的期待の選手:DF橋岡大樹(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:1試合(先発1試合)
出場時間:90分
成績:0ゴール0アシスト
チーム成績:1分け


チーム内で新型コロナウイルスの感染が拡大した結果、試合は1試合のみに。しかし、2月にデビューすると3月の唯一の試合では先発フル出場。ベルギーで馴染んでいく姿は4月に期待。



1 2
関連ニュース
thumb

久保建英が古巣ビジャレアル戦に先発も、互いに決め手を欠いてゴールレスドロー《ラ・リーガ》

19日、ラ・リーガ第5節のマジョルカvsビジャレアルが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 日本代表MF久保建英は2列目の右で先発出場し古巣対決に。一方のビジャレアルは、スペイン代表FWジェラール・モレノが右足のハムストリングを痛め欠場となった。 昇格組のマジョルカは、ここまで2勝1分け1敗の勝ち点7で9位に。前節はアスレティック・ビルバオ相手に2-0で敗戦を喫していた。 対するビジャレアルはここまで3分けで未勝利。前節のアラベス戦は延期となっており、1試合消化が少ない中、初勝利を目指す戦いとなる。 立ち上がりからボールを握ったのはアウェイのビジャレアル。鋭い出足でマジョルカの攻撃を封じ、マイボールではポゼッションを高めて攻めていく。 すると4分、ビジャレアルが波状攻撃。右サイドをアンダーラップしたモイ・ゴメスがスルーパスに反応し、ダイレクトでグラウンダーのクロス。これをゴール前でダンジュマがシュートもブロック。こぼれ球をディアがシュートも、ブロックし、マジョルカは粘りの守備で得点を許さない。 マジョルカはなかなかパスを繋げず、上手く攻撃を仕掛けられない。それでも24分にはマジョルカがビッグチャンス。ボックス右で得たFKからセビージャがクロス。ボックス内でフリーで受けたフェル・ニーニョがトラップからシュートも、わずかに浮いてしまい枠に飛ばない。 時間が経過してもビジャレアルがボールを保持し、主導権を握る展開で試合が進んでいく。久保は対峙するエストゥピニャンのスピードに苦戦。なかなか攻撃の形が作れない。 30分にはビジャレアルがビッグチャンス。左サイドを仕掛けるとコクランからのスルーパスをエストゥピニャンが裏に抜けてダイレクトクロス。これをディアがヒールで狙うが、GKマノロ・レイナが鋭い反応でセーブする。 押し込まれ続けるマジョルカは36分にアクシデント。マフェオが筋肉系のトラブルでピッチに座り込み、即座に交代。サストレが投入される。 その後、41分にサストレがイエローカードをもらったが、この判定を巡ってヒートアップ。互いに球際が強くなり、スタンドのファンも熱を帯びてワンプレーごとに異様な空気が漂うようになる。 治療時間もあったために前半のアディショナルタイムは5分に。すると3分にマジョルカがカウンター。アマトが運ぶと右の久保へパス。久保は持ち出しながら時間を作ると、タイミングを見計らってグラウンダーのクロス。これを走り込んだダニ・ロドリゲスがダイレクトシュートも、わずかに枠を越えていく。 互いに交代なしで迎えた後半は、立ち上がりからマジョルカが積極的なプレー。ビジャレアルのゴールに次々と迫る。48分には右サイドで久保が相手ボールを奪うとショートカウンター。最後はスルーパスを受けたフェル・ニーニョがボックス内からシュートも、枠を捉えられない。 後半も強度の高いプレーが続く展開となるが、ファウルが増えていき、徐々に荒れた展開となる。 するとビジャレアルが56分に一気に動く。ウナイ・エメリ監督は4枚替え、ダンジュマ、ディア、トリゲロス、コクランを下げ、アルカセル、ジェレミ・ピノ、パレホ、アルベルト・モレノが投入される。 対するマジョルカも前線を交代。フェル・ニーニョとアマトを下げ、ホッペとラゴ・ジュニオールを投入し、攻撃に変化をつけに行く。なお、ホッペは今夏シャルケから加入し、この試合がデビュー戦となった。 そのマジョルカは66分、左サイドのFKからセビージャがクロス。これをバルイェントがフリーで合わせに行くが、わずかに届かない。 その後はビジャレアルが押し込む展開となったが、80分に久保がチャンス。ボックス内でこぼれ球を拾うと、相手3人に対応されて左足を消されると、切り返しで一気にかわして右足シュート。しかし、これはブロックされる。 そのマジョルカは流れるような攻撃からネットを揺らす。82分、自陣でパスを受けた久保が起点となりカウンター。最後は右からのクロスにホッペがボレーで合わせてネットを揺らすが、オフサイドの判定でゴールは認められない。 マジョルカは91分に久保とイドリス・ババを下げて、イ・ガンインとバッタリアを投入する。 アディショナルタイムは長めの6分となると、94分には後方から上がってきたパレホがボックス内でシュートも枠に飛ばない。 最後はビジャレアルが押し込む展開となったが、互いにゴールを奪えず。0-0のゴールレスドローとなった。 マジョルカ 0-0 ビジャレアル 2021.09.19 23:05 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田麻也がフル出場、サンプドリアが新加入FWカプートの初ゴールなどで今季初勝利《セリエA》

19日、セリエA第4節のエンポリvsサンプドリアが行われ、0-3でサンプドリアが勝利を収めた。 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はこの試合も4バックの右CBで先発出場し、フル出場を果たした。 昇格組のエンポリはここまで1勝2敗の勝ち点3で14位、対するサンプドリアは2分け1敗で勝ち点2の15位に位置。勝ち点1差で迎えた大事な一戦となった。 立ち上がりからペースをつかんだのはエンポリ。2分、クトローネがボックス内左で吉田を背負いながら反転パス。最後はマンクーゾがダイレクトでシュートもGKアウデーロがセーブする。 サンプドリアは4分、相手のミスからチャンス。ディフェンスラインの裏に蹴ったボールをイスマイリがクリアも、これがゴール方向へ。しかし、これは枠を越えていきことなきを得る。 12分には相手のハンドでボックス手前の良い位置でFKを獲得したサンプドリア。しかし、クアリアレッラのシュートは壁に阻まれてしまう。 攻め立てるサンプドリアは14分、カンドレーバがボックス内左でドリブルを仕掛け、DFをかわして右足シュート。しかし、これはGKがニアサイドを消してシュートを防ぐ。 31分、ドリブルで持ち出したカンドレーバがスルーパス。タイミングを見計らって飛び出したカプートがボックス内から左足シュート。これが決まり、サンプドリアが先制する。 先制を許したエンポリだが攻撃の手は緩めない。39分、ロングボールを送ると、こぼれ球を拾ったマンクーゾがボックス手前から鋭いシュート。これは枠を外れる。さらに40分には、ドリブルで持ち込んだマルキッツァがボックス手前からクロス。これをファーサイドでマンクーゾがダイレクトボレーも、シュートはわずかに右に外れる。 時間の経過とともに試合前から降っていた雨も激しさを増していき、ボールが転がらないピッチコンディションとなる。 そんな中、押し込まれていたサンプドリアだったが一瞬の隙を突く。42分、相手と入れ替わったカプートがドリブルで独走。そのままボックス内に入るとGKとの一対一でシュートも、GKがセーブする。その後にはクアリアレッラがボックス手前中央からミドルシュートも、これはワンタッチがあり枠を外れる。 サンプドリアの1点リードで迎えた後半も、立ち上がりからサンプドリアが押し込む。48分にはダムスゴーアがボックス内左からシュートを放つがGKがセーブ。これで得たCKからサインプレー。マイナスのグラウンダーのパスをダムスゴーアがミドルシュートで狙うが、GKヴィカーリオが再びセーブする。 50分には左CKからのクロスをコリーがヘディングで落とすと、カプートが反転してシュート。しかし、これはクロスバーを直撃してゴールとはならない。 それでも52分、右サイドを仕掛けたベレシュインスキがボックス右からマイナスのクロス。これをボックス内右で受けたカプートが相手をかわして左足シュート。これがGKの手を弾いて決まり、リードを2点に広げる。 エンポリは62分、クロトーネが後方からのパスに完全に抜け出すと、そのままボックス内へと持ち込み右足シュート。これがネットを揺らすが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。VARのチェックの末にノーゴールとなった。 互いに選手を入れ替えて臨む中、70分にはカンドレーバが美しいゴールを決める。左サイドへと展開したボールをしっかりとコントロールすると、ボックス内左で相手DFと対峙。一瞬の隙を見てコースを作ると、右足一閃。見事なシュートがゴール右へと突き刺さった。 エンポリはここから徐々に押し込み出すが、決定力を欠き最後までゴールを奪えず。サンプドリアは無失点で今季初勝利を収めた。 エンポリ 0-3 サンプドリア 【サンプドリア】 カプート(前31、後7) カンドレーバ(後25) 2021.09.19 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安健洋のパフォーマンスが認められる? 試合後に座り込む中、チームメイトが集まりサポート

アーセナルでの2試合目も高いパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だが、その活躍はチームメイトにも響いたようだ。 アーセナルは18日、プレミアリーグ第5節でバーンリーと対戦した。 開幕3連敗、さらに無得点と最悪なスタートを切ったアーセナル。今夏は大金を投じて将来を担う若手選手を大量に獲得。その中で最後に獲得されたのが冨安だった。 移籍決定後、すぐに日本代表活動に合流した冨安は、11日に行われたノリッジ戦に先発出場。合流から2日での試合出場となったが、高いパフォーマンスを見せてチームの勝利に貢献していた。 2試合連続での先発となったバーンリー戦。この試合でも右サイドバックで先発出場すると、ノリッジ戦とは違い攻撃参加の回数は少なかったが、フィジカルを前面に押し出す古き良きイングリッシュスタイルのバーンリーに対して圧巻の対応。空中戦勝率100%を記録するなど、守備面で大きな結果を残し、チームの2試合連続クリーンシートでの勝利に貢献していた。 目立った見せ場こそ無かったものの、堅実なプレーでファンの心を鷲掴みにしている冨安。自身初のプレミアリーグフル出場も経験したが、そのつけが試合後に回ってきてしまった。 試合終了とともに、連勝を喜ぶチームメイトたち。その輪には冨安の姿がなかった。 実は、ハードなバーンリー相手に守備で奔走した冨安は、試合終了とともにピッチに座り込んでいたため、中の輪に加われず。しかし、それを見つけたチームメイトたちが近寄ってきて、声をかけ、冨安を立ち上がらせ、その後に熱い抱擁を交わしていた。 バーンリー戦に関しては、今夏加入したイングランド代表DFベン・ホワイトが軽率なプレーであわやというシーンと何度か作っており、それと比較して冨安を絶賛する声が相次いでいる。 デビューしてたった2試合だが、冨安の存在はアーセナルファンの中で確実に大きくなっていっている。チームメイトからの信頼が厚くなる日も、そう遠くなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】出色のパフォーマンスを見せた冨安健洋をチームメイトが心配し手助け</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal players straight over to Tomiyasu at full time who is limping - a tireless shift from him and the <a href="https://twitter.com/hashtag/AFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AFC</a> players today. <a href="https://t.co/VeejpwYh1R">pic.twitter.com/VeejpwYh1R</a></p>&mdash; Chris Wheatley (@ChrisWheatley_) <a href="https://twitter.com/ChrisWheatley_/status/1439256499004575750?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

空中戦&デュエルの勝率はともに100%! アーセナル2戦目の冨安健洋、好スタッツを叩き出す

アーセナル入りしたばかりの日本代表DF冨安健洋だが、2試合目でも見事なスタッツを叩き出した。 昨季プレミアリーグで失意の8位に終わり、逆襲を期す今季のアーセナルだが、開幕から3連敗。だが、第4節のノリッジ・シティ戦で初勝利を掴むと、18日に敵地で行われたバーンリー戦もノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの直接FK弾で勝ち切り、2試合連続となる1-0の勝利で今季初連勝を成し遂げた。 その連勝に大きく貢献したのが冨安だ。デビュー戦のノリッジ戦でも攻守にインパクトを残した日本代表DFだが、次戦のバーンリー戦でも右サイドバックとして先発すると、存在感を発揮。デビュー戦よりもファイナルサードでの絡みこそ少なかったが、対人プレーやビルドアップの部分で大いに貢献度を高めた。 フットボールの様々な記録を扱うイギリス『Squawka』によると、その働きぶりは数字にも表れ、空中戦とデュエルの勝率はともに100%で、79回のタッチ数も最多。デュエル、リカバリー、クリアはいずれも5回で、空中戦も4回を数え、インターセプトとタックルもそれぞれ1回を記録したという。 なお、イギリス『フットボール・ロンドン』によると、アーセナルのミケル・アルテタ監督は試合後、それぞれ4バックの一角で奮闘したブラジル人DFガブリエウと冨安について「2人とも素晴らしかったと思う。4バックは全体的に素晴らしかった」と賛辞を送っている。 2021.09.19 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがマネのメモリアル弾などで“お得意様”C・パレスに3発快勝!南野は出場せず《プレミアリーグ》

南野拓実が所属するリバプールは18日、プレミアリーグ第5節でクリスタル・パレスとホームで対戦し、3-0で快勝した。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 今季公式戦無敗のリバプールは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のミラン戦(3-2で勝利)から先発を6人変更。オリギやナビ・ケイタ、トレント・アレクサンダー=アーノルドらに替えてマネやチアゴ、ファン・ダイクに加え、デビュー戦のコナテらを先発で起用。南野は2試合連続でベンチスタートとなった。 前節のトッテナム戦で今季初勝利を飾ったクリスタル・パレスに対し、リバプールは開始早々にピンチを迎える。3分、左FKの二次攻撃からギャラガーがゴール前にロングパスを供給すると、これに反応したザハが決定機を迎えたが、シュートはGKアリソンが左手一本ではたくと右ポストに弾かれた。 肝を冷やす立ち上がりとなったリバプールだが、徐々にボールの主導権を握ると16分、ツィミカスのパスで左サイド深くまで侵入したマネのクロスをファーサイドのヘンダーソンがダイレクトシュートで狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。 サイドを起点にした崩しから攻撃を仕掛けるリバプールだが、ボックス内で集中した守りを見せるクリスタル・パレス守備陣に苦戦しなかなか決定機まで至らず。 それでもリバプールは38分、ヘンダーソンの右クロスをゴール前に走り込んだチアゴがダイビングヘッド。さらに相手GKの弾いたボールをジョタが詰めるがシュートは枠に上に大きく外した。 この試合最初のビッグチャンスを逃したリバプールだが、2度目のチャンスを確実にモノにする。43分、ツィミカスの左CKをニアに走り込んだサラーがヘディングで合わせると、相手GKが弾いたボールをゴール前で拾ったマネが冷静に流し込んだ。 後半の序盤は1点を追うクリスタル・パレスがペースを握ったが、リバプールは68分にチャンス。途中出場のN・ケイタがミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをサラーが詰めたが、シュートはGKグアイタのブロックに防がれた。 なかなか攻撃のリズムを掴めないリバプールだったが、再びセットプレーからネットを揺らす。78分、ツィミカスの左CKがゴール前で競り合ったファン・ダイクの肩に当たると、流れたボールをファーサイドのサラーがダイレクトシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 さらにリバプールは、89分にも右CKのこぼれ球からペナルティアーク左横のN・ケイタがボレーシュートをゴール右に突き刺し、3点目を奪取。 その後は危なげない試合運びでゲームを締めくくったリバプールが3-0と快勝。マネのリバプール通算100ゴール目となるメモリアル弾などで今季無敗を維持している。 2021.09.19 01:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly