「彼も人間だった」C・ロナウドのらしからぬミスとポストへの八つ当たりに海外注目

2021.04.08 20:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは7日、延期されていたセリエA第3節でナポリと対戦。先発フル出場したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、1ゴールを決めたものの、らしからぬ決定機逸もあった。

試合開始早々の2分、ユベントスが右サイドからチャンスを作ると、オーバーラップしたDFダニーロがクロス。ゴール前でフリーになったC・ロナウドが後は頭で合わせるだけだったが、うまくミートできず、ボールはそのままゴールラインを割っていった。

ゴールまでわずか2、3mという絶好の位置からのミスに、フラストレーションを溜めたC・ロナウドは思わずポストに八つ当たりし、険しい表情を見せた。

トップスコアラーの珍しいミスには、イギリス『SPORTBIBLE』も「ミス・オブ・ザ・シーズン」と反応。さらに『BESOCCER』も「ロナウドも人間だった」と伝えている。

それでも13分は右サイドのFWフェデリコ・キエーザからのクロスを確実に決めたところがさすがといったところか。ミス1つで話題になるのも一流の証とも言えるかもしれない。



1 2
関連ニュース
thumb

チェルシーがデ・リフトをターゲットに? クラブレコードの更新が必須に

チェルシーが、ユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)をターゲットに設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強に失敗したチェルシー。パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFマルキーニョスや、セビージャのフランス代表DFジュール・クンデとの交渉が伝えられていたが、前者は移籍に関心を示さず、一方後者は前向きだったものの、セビージャの要求額を満たすことができなかった。 クンデに関しては今後も動向を注視していくとみられているが、新たに獲得リストに挙がったのがデ・リフトのようだ。 同選手は2019年夏にユベントス史上最高額となった7500万ユーロの移籍金でアヤックスから加入。DFレオナルド・ボヌッチとDFジョルジョ・キエッリーニという2人の大ベテランが鎮座していたものの、キエッリーニがケガによる離脱が少なくなかったことから、1年目から主力としてプレーを続けている。 伝えられるところによると、デ・リフトには今季終了時に発動するリリース条項があり、1憶ポンドを超える契約解除金が設定される模様。そうなると、チェルシーでは今夏にベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に支払った9750万ポンドの現クラブレコードを超える必要がある。 現状でユベントスに売却の意思はないため、値切りは難しい状況だが、果たしてチェルシーが獲得に動くことはあるのだろうか。 2021.09.23 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

交通事故で愛車のフェラーリ破損…ユベントスMFにケガはなし

ユベントスに所属するブラジル代表MFアルトゥールが事故を起こしていたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 昨夏、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードでバルセロナからユベントスへと移籍したアルトゥール。7月に右足の手術を受け、今シーズンはまだプレーしていない。 復帰を目指しトレーニングに励むアルトゥールだが、クラブの施設でのメディカルチェックを行う予定だったが、向かう途中に交通事故に遭ったようだ。 『Juventusnews24』によると、アルトゥールは22日の朝に事故に巻き込まれたとのこと。幸いケガなどはなかったが、愛車のフェラーリが大きな損傷を受けた。 アルトゥールのフェラーリは右のヘッドライトが大きく破損。事故の大きさを物語っている。なお、アルトゥールに過失はないとのことだ。 昨シーズンは公式戦32試合に出場し1ゴールに終わったアルトゥール。今季は開幕から苦しい状況が続くチームを救う活躍ができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】交通事故に遭い破損した愛車のフェラーリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Arthur?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Arthur</a> coinvolto in un incidente questa mattina. Il brasiliano, non responsabile dell’accaduto, è rimasto illeso <a href="https://t.co/ybxIS7N59n">pic.twitter.com/ybxIS7N59n</a></p>&mdash; JuventusNews24.com (@junews24com) <a href="https://twitter.com/junews24com/status/1440632905898737666?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2cEVTNDM0ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 12:47 Thu
twitterfacebook
thumb

5試合目で今季セリエA初勝利のユベントス、アッレグリ監督は「取り組むべきはドリブルのクオリティ」と課題を口に

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、今季セリエA初勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは22日、セリエA第5節でアウェイに乗り込みスペツィアと対戦。28分にモイゼ・ケアンが先制ゴールを奪うものの、今季の悪い流れを断ち切れない。 33分に失点し同点に追いつかれると、迎えた後半立ち上がりの49分にも失点し逆転を許す展開に。いやなムードが漂い始めたが、66分にフェデリコ・キエーザが同点ゴールを決めると、72分にはマタイス・デ・リフトが逆転ゴールを奪い、そのまま逃げ切り2-3で勝利した。 今季のリーグ戦で初勝利を収めたアッレグリ監督は、試合後に勝利を喜び、苦しみながらも勝ち点3を獲得できたことを喜んだ。 「最も重要なことは勝利だ。苦しんできた中でのものなので、私は幸せだ。スペツィアは良く戦うチームだ。2-0にできなかったのは、少し軽かったからだ」 「スペツィアがリードした後、我々は良いリアクションができた。これまでも大胆に負けたり、引き分けたために緊張感はあったが、危険な部分を抑えることができた」 また、途中出場の選手たちの活躍も評価。次はホームでの初勝利を目指すとし、課題を挙げた。 「ベンチから途中出場した選手は、正しいメンタリティで良い形で試合に入った。この成功を楽しもう、明日からは最初のホーム戦勝利に向けて考える」 「我々はまだ集中力を高め、もう少し楽しまなければいけないが、今夜は正しく守れたと思う」 「(メンバー構成については)試合数が多いので、同じシステムを見るのは難しいだろう。取り組むべきはドリブルのクオリティだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ユベントスが今季セリエAで初勝利を記録!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0ELeIUUG9fE";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.23 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

格下スペツィアとのシーソーゲームを制したユベントスが初勝利《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第5節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。 ユベントスは3日前に行われた前節ミラン戦を1-1の引き分けに持ち込まれ、開幕から4戦勝利のない状況。そのユベントスはミラン戦のスタメンから5選手を変更。モラタやロカテッリ、クアドラードらがベンチスタートとなった。 1勝1分け2敗スタートのスペツィアに対し、ディバラとケアンの2トップで臨んだユベントスが徐々に押し込む流れとすると、28分に先制する。ラビオのヘディングでのパスを受けたケアンがペナルティーアーク右からゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ケアンに復帰後初弾が生まれたユベントスだったが33分、ヴェルデにGKシュチェスニーを強襲されるミドルシュートを打たれると、直後に失点する。ルーズボールを拾ったギャシにボックス左からカットインシュートを決められた。 追い付いかれたユベントスは前半終盤、ディバラが直接FKとミドルシュートでゴールに迫るも前半を1-1で終えた。 後半からアレックス・サンドロとロカテッリを投入したユベントスだったが、開始4分に逆転される。ロングカウンターを受けた流れからアンティストにボックス左へ侵入され、カットインシュートを決められた。 失点を受けてケアンに代えてモラタを投入したユベントスは66分、同点に追いつく。左サイド高い位置でキエーザがボールを奪取した流れから、モラタのシュートのルーズボールを拾ったキエーザがゴールへねじ込んだ。 そして72分、ユベントスが逆転する。左CKの流れからデ・リフトの左足ボレーがネットを揺らした。 終盤の85分、ゴール至近距離からマッジョーレに決定的なシュートを許したユベントスだったが、ここはGKシュチェスニーが凌ぎ、3-2で逃げ切り。ようやく今季のリーグ戦初勝利を挙げている。 2021.09.23 03:28 Thu
twitterfacebook
thumb

アッレグリ監督がチーム内の不協和音を否定、選手たちの喧嘩は「普通のこと」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チーム内での問題はないと強調した。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ユベントスは19日に行われたセリエA第4節でミランと対戦し、1-1のドロー。60年ぶりに開幕4試合未勝利となり、順位も18位と降格圏に低迷している。 さらに、失点シーンでの対応について、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがMFアドリアン・ラビオに激怒したと伝えられていた。 アッレグリ監督は22日に行われる第5節のスペツィア戦に向けての会見でその件について問われると、問題視していないことを明かした。 「緊迫感はない。GKが呼び出した場合、話し合いがあるのは普通のことだ。ロッカールームでは常に起こっている。練習中に殴り合いになることもある。時にうまくいくこともあるし、それはチーム内の緊張感が理由ではない」 「日曜日はCKから失点した。ラビオが2m後ろにいなければならなかったから、シュチェスニーは起こった。今後のCKで、ラビオが上手くやらなければ、我々はまたゴールを決められて試合に負けるだろう」 万が一スペツィア戦でも敗れるようなことがあれば、今後の去就にも影響しかねない土壇場に追い込まれたアッレグリ監督だが、スペツィア戦では念願のリーグ戦初白星を手にすることが出来るだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】シュチェスニーがラビオに怒ったCKのシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/6b-1jjvEOI4?start=107" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.09.22 20:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly