選手が人種差別的侮辱、被害訴えラ・リーガ初の試合中断…バレンシアが声明を発表

2021.04.05 18:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインで悲しい人種差別が起こってしまった。事件は4日に行われたラ・リーガ第29節のカディスvsバレンシアで発生。1-1で迎えた30分、バレンシアのフランス人DFムクタル・ディアカビがカディスのDFフアン・カラと衝突。その際に激しい反応を見せていた。


主審のデイビッド・メディー・ヒメネス氏に対して猛抗議を続けるディアカビは、カラから人種差別的な言葉を浴びせられたと主張。しかし、主審は抗議を続けたディアカビにイエローカードが提示されたが、この判定に怒りを見せると、ディアカビを含めたバレンシアの選手たちがピッチを勝手に去る事態が起きていた。

試合は30分間中断していたが、このままでは勝ち点が没収される可能性もある上、ディアカビがピッチに戻ることを促した結果、選手たちは再びピッチに立ち試合を再開していた。ディアカビはそのまま交代し、スタンドで試合を観戦することとなった。

なお、ラ・リーガでは人種差別が告発されての試合中断は初の事例となったとのことだ。

今回の件についてバレンシアは声明を発表。10のポイントを挙げて抗議した。

1.ムクタル・ディアカビは今、サッカーにおける人種差別のもう1つの犠牲者となった

2.堪え難い人種背別的な侮辱を受けた後も、抗議するためにイエローカードを受け取った

3.ディアカビがチームメイトから受けたサポートと、ピッチから一斉に立ち去るという決断を誇りに思う

4.この出来事が調査されることを信じている

5.残念ながら、処分は下されなかった

6.クラブは、選手にピッチに戻るように促したことはありません。主審はスタジアム戻らないことの潜在的な結果を選手へ伝えた。人種差別主義者の侮辱と、ディアカビへのイエローカードの後にペナルティの脅威の下でプレーすることを余儀なくされた選手は、フィールドに戻ることにした

7.ディアカビはチームメイトにピッチに戻って戦うように依頼した。彼のチームメイトは、彼の意志を尊重した

8.今日起こったことは、サッカーにおいては2度と起こらないはずだ

9.バレンシアは人種差別に反対しており、ムクタル・ディアカビを完全にサポートする。今日は我々にとって悲しい日だ

10.今日我々が失ったものは、試合ではなく、経緯とフットボール、スポーツの精神を失ったことだ

1 2
関連ニュース
thumb

試合中の人種差別を疑われたカディスDF、ラ・リーガは証拠なしと判断

先日、試合中に選手から人種差別発言を受けたとして試合がボイコットされそうになった事件だが、進展があったようだ。 事件は4日に行われたラ・リーガ第29節のカディスvsバレンシアで発生。1-1で迎えた30分、バレンシアのフランス人DFムクタル・ディアカビとカディスのDFフアン・カラが衝突。ディアカビが激怒し、カラから人種差別的な言葉を浴びせられたと主張。しかし、主審からイエローカードが提示されたディアカビは、そのままピッチを去ってしまった。 試合は30分間の中断を経て再開。ディアカビはそのままスタンドで試合を見守った一方で、カラは6日に「そんな事実はない」と真っ向から人種差別発言を否定していた。 この事件に関して、ラ・リーガが調査に動いているとされていたが、スペイン『ディアリオ・デ・カディス』によると、人種差別発言の証拠がなかったようだ。 ラ・リーガは、カディスとバレンシアの試合での音声に対してフィルタリングとクリーニングを専門とする企業の協力を仰いだとのこと。また、映像もチェックし、ジェスチャーや会話、読唇術を使うなどして調査したようだ。 スペイン『アス』によれば、その中で聞こえた表現は「たわごと」、「僕を放っておいて」、「申し訳ない。怒ってはいけない」だけだったとのこと。ディアカビに対する人種差別発言はなかったとされている。 バレンシアは人種差別を疑わず、クラブを上げてディアカビをサポートし、人種差別反対の映像を撮影。一方のカラは自ら記者会見でこの件について触れ、記者の質問に応え真っ向から否定していたが、今回の調査ではカラの主張が認められることとなった。 なお、今回のカラへの扱いに対してカディスは法的措置も視野に入れていたが、今回の件でバレンシアを訴えることはしないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】バレンシアは人種差別反対に立ち上がる動画を撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxVndUd09qVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.09 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スペインで「クソ黒人」発言の可能性? 被害のバレンシアがチームをあげて人種差別反対の姿勢

カディスvsバレンシアの一戦で起こった選手による人種差別的な侮辱発言について進展があった。 事件は4日に行われたラ・リーガ第29節のカディスvsバレンシアで発生。1-1で迎えた30分、バレンシアのフランス人DFムクタル・ディアカビがカディスのDFフアン・カラと衝突。その際に激しい反応を見せると、主審のデイビッド・メディー・ヒメネス氏に対して猛抗議を続けるディアカビは、カラから人種差別的な言葉を浴びせられたと主張。しかし、主審は抗議を続けたディアカビにイエローカードが提示された。 この判定に怒りを見せると、ディアカビを含めたバレンシアの選手たちがピッチを勝手に去る事態が発生。試合は30分間中断していたが、このままでは勝ち点が没収される可能性もある上、ディアカビがピッチに戻ることを促した結果、選手たちは再びピッチに立ち試合を再開。ディアカビはそのまま交代し、スタンドで試合を観戦することとなった。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、このシーンの動画が『TheSportsmen』のツイッターアカウントで公開されるとその映像では「クソ黒人が、泣くのか?」という言葉が聞こえくるとのこと。ファン・カラがディアカビに対して放った言葉であると見られ、再び大きな問題となっている。 またバレンシアは6日に動画を公開。チーム全体として今回のディアカビが受けた人種差別に反対する姿勢を見せ、みんなが支えることを改めて示した。 「バレンシア全体が、日曜日にラモン・デ・カランサで起こった事件の後、ムクタル・ディアカビを全面的にサポートしていることを示している」 「我々は最後まで戦い、何が起こったのかを明らかにし、選手を守り、人種差別を根絶します」 「ディアカビへのサポートと人種差別への非難の証倒して、アニル・マーシー会長、ハビ・グラシア監督、チームメイト、コーチングスタッフが、シウダ・エスポルティバ・デ・パテルナでディアカビとともにポーズをとった。メッセージは明白で、全員一致している。ストップ・レイシズム」 なお、カディス側の当事者であるファン・カラは、6日のトレーニング後に会見を実施するとのこと。何を語るのかが注目されている。 <span class="paragraph-title">【動画】バレンシアが仲間のために反人種差別を改めてアピール</span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxVndUd09qVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.06 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

人種差別発言で一時試合ボイコットのバレンシア…主将は憤り隠さず 「勝ち点剥奪の可能性もあると言われた」

バレンシアのスペイン代表DFホセ・ルイス・ガヤが試合中のチームメイトを標的にした人種差別についてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。 バレンシアは4日に行われたラ・リーガ第29節でカディスと対戦。試合中、チームのDFムクタル・ディアカビがカディスのDFファン・カラから人種差別発言を受けたとして猛抗議。しかし、主審がディアカビにイエローカードを提示すると、バレンシアは選手全員がピッチから引き上げ試合は中断に。その後、バレンシアの選手たちはピッチに戻り試合は再開されたが、ディアカビは交代となりピッチには戻らず、チームも1-2のスコアで敗れている。 試合後、インタビューに応じたキャプテンのガヤはピッチやドレッシングルームで何があったかを説明。クラブは審判から、ボイコットすれば勝ち点剥奪もあると話されたことを声明で発表しているが、ガヤも同様の発言を行っている。 「ディアカビは侮辱されたと言っており、バレンシアはクラブとしてそれを非難した。僕たちはピッチを後にしたが、戻らなければ勝ち点3を失うだけでなくさらに何ポイントか剥奪される可能性があると言われた」 「ディアカビは皆に対してピッチに戻るよう言ってくれたから、僕らはそれに従った。もし、彼がそう望まなければ僕らは戻らなかっただろう」 また、ガヤはディアカビが非常に落ち込んでいたことにも言及。チームメイトへの侮辱に対して、大きな憤りを見せている。 「ディアカビは試合に戻る準備ができていなかった。とても落ち込んでいたからね。彼が受けたのはとても酷い侮辱だ。それ以上言うことは何もない」 2021.04.05 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

クラブでは不遇もU-21代表で活躍のクトローネ「いつも最大限のトレーニングをしている」

バレンシアのU-21イタリア代表FWパトリック・クトローネが、代表での活躍を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 クトローネは今季、ウォルバーハンプトンからフィオレンティーナにレンタル移籍中だったが、今年1月にウォルバーハンプトンに復帰。しかし、それから1カ月も経たないうちに今度はバレンシアにレンタル移籍となった。 クラブを転々としていることもあり、ここまでリーグ戦ノーゴールで出場機会の確保にも苦戦しているクトローネだが、30日に行われたU-21欧州選手権グループB第3節のU-21スロベニア代表戦では2ゴールをマーク。チームの4-0での勝利に大きく貢献している。 イタリア『RAI Sport』のインタビューに応じたクトローネは、難しい時期を過ごしていると認めつつ、キャプテンとして出場したU-21代表戦での勝利を喜んだ。 「長い間、(クラブで)先発出場がなかったから簡単ではなかったよ。でも、いつも最大限のトレーニングをして、チャンスが来たときに備えていた」 「スロベニアのことは過小評価していなかった。そんなことをすれば、大変な事態になるのは分かっていたからね。このチームのキャプテンであることを誇りに思うよ。僕にとって名誉なことだ」 「残念ながら、僕にとって今シーズンは運がなかった。とはいえ、常にベストを尽くしているよ。これは世界最高のスポーツであり、自分の出番がいつか来ることを知っているからね」 「(U-21イタリア代表の)監督には感謝している。いつも僕に信頼を寄せてくれていて、それはとても大きな意味がある。僕はこのチームが素晴らしい組織であり、より大きなことを成し遂げられると確信している」 <span class="paragraph-title">【動画】バレンシアに加入したクトローネ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJud2RnYUQ0UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.03.31 12:19 Wed
twitterfacebook
thumb

18歳の逸材WGユヌス・ムサがアメリカ代表を選択!

バレンシアに所属するFWユヌス・ムサ(18)は、アメリカ代表で戦うことを正式に決断したようだ。アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)が15日に公式サイトで発表した。 アーセナルの下部組織出身のユヌス・ムサは、2019年の夏にバレンシアに加入。リザーブチームでのプレーを経て、今シーズンからトップチームに昇格すると、FWフェラン・トーレスの抜けた右ウイングでレギュラーを掴み、ここまでラ・リーガ24試合に出場。第8節のヘタフェ戦ではプロ初ゴールを決めていた。 2002年11月29日にガーナ人の両親を持つユヌス・ムサは、ニューヨークで生を受けたが、イタリアのジョルジョーネ・カルチョの下部組織に入団するために渡伊。その後、2012年夏にアーセナルの下部組織に移籍すると、2019年夏にバレンシアに加入するまで7年間イングランドで過ごした。 そのためアメリカのほかにガーナ代表、イタリア代表、イングランド代表でプレーする権利も持っており、アンダー世代の代表ではイングランド代表に呼ばれることが主だったが、2020年11月に行われた国際親善試合のウェールズ代表戦でアメリカ代表デビューを飾っており、どのA代表を選ぶかが注目されていた。 そんな中、USSFは公式サイトで「イングランド、ガーナ、イタリア、アメリカの代表資格を持つユヌス・ムサは、アメリカ代表として国際大会に出場することを選択した」との声明を発表。 また、ユヌス・ムサ本人も「僕がアメリカ代表を選択したことは難しいことではなかった。自分の生まれた国を代表することが一番正しい選択だと思ったんだ」と理由を説明している。 2021.03.16 01:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly