逆転勝利に大満足のサウサンプトン指揮官「この結果は間違いなく我々の後押しになる」

2021.04.05 12:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督がチームの逆転勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

日本代表MF南野拓実の所属するサウサンプトンはプレミアリーグ第30節でバーンリーと対戦。2点を先取される苦しい展開となったが、そこから猛反撃に転じたチームは前半だけで同点とすると、後半にMFネイサン・レドモンドのゴールで逆転。その後もチャンスを作り続けたチームは3-2のスコアで勝利した。

この結果、サウサンプトンは3試合ぶりの勝利を手にし、順位も13位まで浮上。残留争いから一歩抜け出すことに成功しており、試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督も満足感を口にしている。

「今日はタフな戦いだったが、最終的には勝利に値するものだった。2失点のスタートは良くなかったが、相手が少し勝利を確信し過ぎていたかもしれない。しかし、そこから、我々は当初やりたかったことをやり始めた」

「普段からしっかりとした深い守備を築いてくる相手に対して、これだけ多くのチャンスを作れたのだ。我々のクオリティの高さがわかるだろう。こうした試合で、得点やチャンスを作ることは簡単ではない。それを素晴らしい形で実現できたことは重要であり、間違いなく我々を後押ししてくれるはずだ」

また、ハッセンヒュッテル監督はこの試合結果が今後に好影響を及ぼしてくれるとコメント。これからよりパフォーマンスが向上することを期待している。

「今日の結果は素晴らしいものだった。何かに取り組み、週末に結果が出るのはいつだって良いことだ」

「我々はこの試合を見ていて気分が良く、常に得点できるとも相手を間延びさせられるとも思っていた。今後もこのようにしていく必要があり、そうすれば我々は良いチームになるだろう」

関連ニュース
thumb

サウサンプトン、ウォード=プラウズ狙うビラのオファー拒否か

サウサンプトンがイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズ(26)に対するアストン・ビラからの1stオファーを蹴ったようだ。 サウサンプトン一筋で、プレミアリーグ屈指のプレースキッカーとしての評判高きウォード=プラウズ。昨夏にサウサンプトンとの契約を2025年まで延長したばかりだが、今夏の積極補強が光るビラの次なるターゲットに取り沙汰されている。 しかし、イギリス『The Athletic』によると、もちろんながら新シーズンでも直接的なライバルになり得るチームに主将を手放す意思はサウサンプトンになく、ビラから届いた2500万ポンド(約38億1000万円)のオファーを拒否した模様だ。 そんなビラは今夏、積極補強。アルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアをクラブ新の移籍金3300万ポンド(約50億3000万円億円)で獲得したほか、インテルから元イングランド代表DFアシュリー・ヤングのフリー加入を決めている。 なお、1stオファーで門前払いを食らったビラだが、今後にさらなるアタックが見込まれているという。 2021.07.31 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

セインツがチェルシーからU-19イングランド代表DFを獲得!

サウサンプトンは27日、チェルシーからU-19イングランド代表DFディネル・シメウ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 なお、当面はサウサンプトンBでプレーすることになる。 カメルーン生まれのシメウはU-13カテゴリーからチェルシーのアカデミーに加入。強靭なフィジカルを駆使したパワフルな対人守備を特長とするセンターバックは、2019年にプロ契約を締結した。 チェルシーではトップチームデビューを果たせなかったものの、U-18チームやリザーブチームでは主力としてプレーし、イングランドの世代別チームの常連でもある有望株だ。 2021.07.28 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ニース、サウサンプトンで構想外のMFレミナを獲得!

ニースは24日、サウサンプトンからガボン代表MFマリオ・レミナ(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は発表していないが、フランス『レキップ』は3年契約と伝えている。 ロリアンの下部組織出身のレミナは、マルセイユやユベントスへの移籍を経て、2017年8月にサウサンプトンへ完全移籍。サウサンプトンでは2シーズンで公式戦52試合に出場したが、2018年12月に就任したラルフ・ハッセンヒュッテル監督の構想外となり、2019-20シーズンはガラタサライへレンタル移籍。 昨夏にセインツへ復帰するも引き続き構想外となり、2020-21シーズンはフルアムへレンタル移籍。フルアムでは、細かなケガに悩まされながらもプレミアリーグ28試合に出場したが、チームは1年での2部降格となった。 2021.07.25 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、セインツ退団のバートランドを2年契約で獲得

レスター・シティは15日、サウサンプトンを退団した元イングランド代表DFライアン・バートランド(31)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 チェルシーのプロキャリアをスタートさせたバートランドは、2014年夏の当初はレンタル加入だったセインツで7シーズン過ごし、公式戦240試合に出場。8ゴール20アシストを記録するなど、サイドバックを主戦場に左サイドのスペシャリストとして絶対的な主力に君臨してきた。 昨シーズンもプレミアリーグ29試合に出場するなど、チームを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督からの信頼は厚かったが、契約を更新することなく今夏に退団。フリーとなっていた。 レスター加入の決まったバートランドは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「レスターに移籍したことで、自分の中にある野心や、キャリアの中で実現したいことが明確になった。ブレンダン・ロジャーズ監督になって以来、レスターは何年にもわたって素晴らしい成績を収めてきた。この素晴らしいクラブの一員になれたことは誇らしいことだよ」 2021.07.16 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

セインツの若手MFヤンケビッツがヤング・ボーイズに完全移籍! 昨季スタメンデビューで開始早々退場…

ヤング・ボーイズは12日、サウサンプトンからU-21スイス代表MFアレクサンドル・ヤンケビッツ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 2018年に母国のセルヴェットからサウサンプトンのU-18チームに加入したヤンケビッツは、今年1月19日に行われたFAカップのシュルーズベリー戦でトップチームデビュー。 同月末のアストン・ビラ戦でプレミアリーグデビューも飾った身体能力に優れるセントラルMFだったが、初スタメンとなった2月2日のマンチェスター・ユナイテッド戦では試合開始1分30秒を過ぎたところで、五分五分のルーズボールに反応した際に相手MFスコット・マクトミネイのヒザ上に足裏を見せたアフターチャージを見舞い、2分を待たずに一発退場となるほろ苦いスタメンデビューを経験していた。 その試合でチームが0-9の衝撃的な大敗を喫したこともあり、以降はトップチームで出番が与えられることはなかったが、スイス代表の世代別チームで主力を担ってきた実力に疑いはない。 2021.07.12 19:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly