ボローニャが冨安健洋のFW起用を明言!?監督が「運動能力と巧みなシュート技術」を評価

2021.04.01 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋がポジションをFWへと変更するようだ。クラブの日本語版公式ツイッターが伝えている。冨安は2月に左ふくらはぎの負傷で離脱するまで、セリエA全試合に出場。本職のセンターバックに加え、チーム事情により両サイドバックをこなすなど獅子奮迅の活躍を見せていた。

右サイドバックで起用されたアタランタ戦ではストライカー顔負けの冷静沈着なチップシュートも決めていた冨安だが、クラブによると、シニシャ・ミハイロビッチ監督が「その高い運動能力と巧みなシュート技術を評価し、FW起用を宣言」したとのことだ。

もちろん、これはすべてエイプリルフールによるボローニャの企画なのだが、日本のサポーターからは、「マジで出来そう」「1試合でいいから本当にやってほしい」「見てみたい」など冨安のFW起用を実際に望む声もかなり多かった。

日本代表でセンターバックとして安定した活躍を見せた冨安。ボローニャは3日に行われるセリエA第29節でリーグ首位のインテルと対戦するが、FWばりの活躍を見せるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

元インテルのイブラヒマ・エムバイェがルーマニアへ移籍

ルーマニアのCFRクルジュは16日、セネガル代表DFイブラヒマ・エムバイェ(27)の加入を発表した。 インテルの下部組織出身のエムバイェ。だが、トップチームでの出場機会にはほとんど恵まれず、リボルノでの武者修行を経て2015年1月に加入したボローニャでブレイクを果たした。 通算では131試合に出場しているが、ここ2シーズンは1年間で10試合以下の出場に。今季は公式戦4試合でベンチ入りするも、ピッチには一度も立てていない状況だった。 エムバイェにとって初のイタリア国外のクラブとなるCFRクルジュは、1907年創立の歴史あるクラブだが、その歴史のほとんどが2部や3部リーグでのもの。ところが、2000年のアールパード・パースカーニ氏の会長就任をきっかけにクラブは大成長。初めて1部リーグ制覇を成し遂げた2007-08シーズンから8度の優勝を誇っている。現在は5連覇中だ。 2022.09.16 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ監督に就任したチアゴ・モッタが意気込み「誇りに思う」

ボローニャのチアゴ・モッタ新監督が会見で意気込みを語った。 シニシャ・ミハイロビッチ監督の解任を受け、12日に新監督として発表されたチアゴ・モッタ氏。指揮官としては2018年の現役引退以降、パリ・サンジェルマンのU-19やジェノア、スペツィアを歴任し、昨季1年を通じて指揮を執ったスペツィアではセリエA残留という実績を残した。 12日の発表の前に11日のフィオレンティーナ戦を観戦していたという新監督。2-1で逆転勝利したチームの姿に感銘を受けたようだ。 「1点を失った後のチームのリアクションは素晴らしく、私は選手たちを褒め、この調子で続けてほしいと伝えた」 「ボローニャの歴史とチーム力に背中を押され、ここに来ることになったボローニャの監督としてここに来れたことを誇りに思う。ミハイロビッチには十分な敬意を払っている。彼は常にボローニャの歴史の一部だ」 「私は攻撃的なサッカーをするチームが好きだが、バランスが取れていることが重要だ。ボールを失ったらすぐに反応するようなチームがいい」 「私が考えるに、チームは戦術的な組織を持たなければならないし、個々の選手がピッチ上で自由に自分を表現できるようにしなければならない。チームにとって何がベストなのかを常に考えなければならない」 2022.09.14 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ボローニャがモッタ監督の就任を正式発表、白血病と戦ったミハイロビッチ監督の後任

ボローニャは12日、新監督にチアゴ・モッタ氏(40)が就任することを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの2年間となる。 ボローニャは6日にシニシャ・ミハイロビッチ監督を解任。日本代表DF冨安健洋(アーセナル)も指導した一方で、ここ数年は白血病と闘いながらの指揮となっていたが、今季はセリエA開幕5試合未勝利となり、解雇されていた。 後任としてすぐに浮上したモッタ氏は、現役時代はバルセロナやアトレティコ・マドリー、ジェノア、インテル、パリ・サンジェルマン(PSG)とヨーロッパでプレー。ブラジルにルーツを持ちながら、イタリア代表として30試合に出場し1ゴールを記録していた。 引退後は指導者となり、PSGのU-19で監督業をスタート。その後、ジェノア、スペツィアとイタリアで指揮していたが、昨シーズン限りでジェノアの監督を退任していた。 セリエAでは通算47試合を指揮して11勝9分け27敗と大きく負け越している。 2022.09.12 20:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャの次期監督はチアゴ・モッタに! CEOが明言

ボローニャのクラウディオ・フェヌッチCEOが、チアゴ・モッタ氏(40)の就任が決定していることを明らかにした。 ボローニャは先日、シニシャ・ミハイロビッチ監督を解任。同氏は2019年1月の2度目のボローニャ就任から白血病と闘いながらも精力的に指揮を執っていたが、今季はセリエA開幕から5戦未勝利と低迷し、袂を分かつことになった。 その後任となるチアゴ・モッタ氏は、2018年の現役引退後、パリ・サンジェルマンのU-19で監督業をスタート。2019年10月に就任したジェノアでは、10試合で2勝3分け5敗という成績でわずか2カ月で解任という無念を味わったが、昨夏に就任したスペツィアでは1年間指揮し、セリエA残留という実績を残した。 今夏に双方合意で契約を解除していたが、早くも新天地が決定した模様。フェヌッチCEOによれば、チームに合流するのは12日からとのことで、11日に控えるセリエA第6節のフィオレンティーナ戦は、ボローニャのU-19で監督を務めているルカ・ヴィジャーニ氏が暫定的にベンチに座る予定のようだ。 2022.09.10 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ボローニャ解任のミハイロビッチ氏… クラブやファンへ感謝を綴る「私は無愛想なセルビア人のままだった」

ボローニャ指揮官を解任されたシニシャ・ミハイロビッチ氏が、クラブやファンなどへ向けた感謝の思いを綴った。 6日にボローニャの職を解かれたミハイロビッチ氏。ここ数年間、白血病と戦いながらも卓越した手腕を発揮してきたが、今季はセリエA開幕から5戦未勝利と低迷し、首脳陣らが苦渋の決断を下していた。 解任から数日が経ち、同氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に、クラブスタッフやファン、さらには自身の白血病治療でお世話になったという医療関係者への感謝の思いを綴った手記を寄せた。 「別れを告げるのは初めてではない。遅かれ早かれクラブを去ることがキャリアの一部と言える。この3年半、私を愛してくれたボローニャのファン…人生で最も困難だった瞬間に、私は彼らの暖かさに救われた。その愛に応えるべく、いつも全力で取り組んできたよ」 「イタリアで何年も過ごしたが、私は無愛想なセルビア人のまま。いつも自分の気持ちをうまく表現できるわけではない。ボローニャのファンとクラブが満足感を得られるよう、自分の役割を最大限に果たしてきた。私は全力を尽くせただろうか? 答えはもちろんイエスだ」 「熱狂的なファンには感謝しかない。ここで3年半働かせてくれた会長は常に信頼を示してくれた。私のそばにいてくれたスポーツ・ディレクター(SD)のリカルド・ビゴンや、ボローニャを愛する全てのクラブスタッフ、いつも支えてくれた選手たち…全員が私を愛してくれた」 「最後に、ボローニャのサントルソラ=マルピーギ総合病院とフランチェスカ・ボニファーツィ博士にも感謝したい。私はボローニャを愛する全ての人たちの成功を祈っている。すぐにでも会いたいよ。私はいつまでもあなたたちのファミリーだ」 2022.09.08 18:19 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly