首位アトレティコに食らいついたマドリー、ジダンは優勝諦めず 「戦い続ける」

2021.03.08 14:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がアトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。ラ・リーガで3位に位置するマドリーは7日に行われた第26節で首位アトレティコと対戦。15分に相手FWルイス・スアレスのゴールで先制を許すも、87分にFWカリム・ベンゼマが同点ゴールを決め、1-1でのドローに終わった。

土壇場で追いつき、アウェイで勝ち点「1」を手にしたマドリー。ジダン監督は試合を振り返り、チームのパフォーマンスに一定の満足感を示した。

「前半はアトレティコの方が良いチームだったし、後半は我々の方が良かった。この結果は妥当だと思う。チャンスがあったし、最後の最後にそれを掴むことができた」

「我々にとって重要なのは後半にもう一度、良いプレーをして、試合を変えることだった。それを成し遂げることができたよ」

また、ジダン監督は「この1ポイントによって、我々は生き残った。これからも戦い続けよう」とコメント。この一戦を引き分けたことで、タイトルレースに残ることができたと考えているようだ。

「我々の目標は戦い続けることだ。ラ・リーガにはまだ長い道のりがあり、多くのポイントが残っている。最後まで諦めないつもりだ」

「物事はすぐに変えられるし、我々は正しいことをしている。改善できることはわかっているし、それをやっていかなければならない。前半が良くなかったので、今日は後半にもっと良いプレーをしたかった。物事を変えるためには姿勢がとても重要だった」
関連ニュース
thumb

ベンゼマ、“チーム1st”示す内容で新契約にサインへ!

フランス代表FWカリム・ベンゼマ(33)がレアル・マドリーとの新契約にサインするようだ。 2009年夏にリヨンから加入して以降、数々のチームタイトルに寄与するベンゼマ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団してから本格的に点取り屋としての才能を輝かせ、今や欠かせない存在だ。 継続的な活躍ぶりを受けて、先のユーロ2020で久々の代表復帰も果たしたフランス人ストライカーとレアル・マドリーの契約は2022年夏まで。スペイン『ABC』によると、新たに2023年までの契約を結ぶという。 ベンゼマは当初こそ2024年までの3年契約をもらったが、重荷になりたくないという理由で拒否。2023年までの契約に関しても自身のプレーが見合ったものでないと感じたら即退団できる条件を含んでいる模様だ。 また、チームの苦しい財政事情がフォーカスされるなか、新契約のサラリー面に関してもシーズンを追うごとの減俸で合意。1年目は10%減、2年目は15%減という内容を受け入れての新契約締結になるようだ。 今年12月に34歳の誕生日を迎えるなか、チーム事情も汲んでの新契約締結に近づくベンゼマ。新シーズンはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが去ってのシーズンとだけあって、より精神的支柱としての働きも期待される。 2021.08.02 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、オドリオソラも新型コロナ感染

レアル・マドリーの選手から新たな新型コロナウイルス感染者が出てしまった。 レアル・マドリーは7月31日、スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラの検査結果から陽性反応が出たと報告。症状の有無は現時点で明らかにされていないが、しばらくチームから外れ、隔離措置を強いられるものとみられる。 チームからは先日、フランス代表FWカリム・ベンゼマとオーストリア代表DFダビド・アラバの感染も判明。カルロ・アンチェロッティ新監督の下、新シーズンに向けて始動したが、新たに離脱者を出してしまった。 2021.08.01 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

5年で150億円? レアルの新たな“4番”アラバの契約内容がリーク

今夏バイエルンからレアル・マドリーへと加入したオーストリア代表DFダビド・アラバ(29)だが、その契約内容がリークされたようだ。 2008年7月にオーストリア・ウィーンからバイエルンの下部組織に加入したアラバ、2010年7月にファーストチームへと昇格すると、2011年1月から半年間はホッフェンハイムへとレンタル移籍を経験するも、その後はバイエルンでプレーを続けた。 左サイドバックやセンターバックを主戦場としたアラバ。ジョゼップ・グアルディオラ監督時代には、サイドバックながらも中にポジションを取り、ボランチの位置でプレーする戦術を任され、“アラバロール”という名前がつくほど、戦術理解度の高さを持ち合わせていた。 バイエルンでは公式戦431試合で33ゴール55アシストを記録。ユーティリティ性を生かして何度となくチームを救ったが、契約満了でバイエルンを退団し、マドリーへと移籍を果たした。 アラバはフリーでの加入となるため、マドリーは1円も支払わずに獲得に成功。しかし、節約できた移籍金はサラリーやボーナスで消えることになるようだ。 ドイツ『シュピーゲル』がアラバとマドリーの契約内容をリークした。 アラバはマドリーと5年契約を結んだが、総額で1億1500万ユーロ(約150億円)をもらうことになるとのこと。年俸は1947万ユーロ(約25億3500万円)となり、契約時に1770万ユーロ(約23億円)を手にしているとのことだ。 また、この移籍においてイスラエルの剛腕代理人と知られるピニ・ザハビ氏は520万ユーロ(約6億7700万円)を受け取るとのこと。コンサルタントである父のジョージ・アラバ氏は630万ユーロ(約8億2000万円)を受け取るようだ。 なお、アラバがマドリーとの契約を一方的に早期で終了した場合は、8億5000万ユーロ(約1100億円)の違約金が発生するという。 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)へ、フランス代表DFラファエル・ヴァランがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。守備ラインを支えた2人が同時に去ったマドリー。新たに背番号「4」を託されたアラバにはそれだけの価値があり、それだけの期待をかけられるということになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アラバ入団発表の裏側</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxUDlhZ2ZYZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.31 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーリッシュ去就揺れるビラ、移籍希望ベイリーと個人合意か

アストン・ビラがレバークーゼンのジャマイカ代表MFレオン・ベイリー(23)と移籍合意に至ったようだ。 2017年1月にヘンクからレバークーゼンに加わり、2017-18シーズンに公式戦12得点6アシストの数字でブレイクを遂げたベイリー。その後の2シーズンこそケガの影響もあり、やや伸び悩んだものの、昨季は公式戦15得点11アシストの活躍で再び存在感を解き放ってみせた。 そんなスピード溢れるウィンガーを巡っては今夏の去就が注目の的に。ビラの関心が噂されるなか、本人も先日にアメリカのスポーツチャンネル『ESPN』で「次のステップに進む準備万全だ。最高のレベルでプレーがしたい。新たな挑戦が必要」と移籍の意欲を示した。 イギリス『Football Insider』によると、ビラはプレミアリーグ複数クラブからの関心も取り沙汰されるベイリーと個人条件の面で基本合意。レバークーゼンとは先週から交渉に入っており、移籍金3000万ポンド(約45億7000万円)のオファーで関心を表立たせたという。 ただ、レバークーゼンは3500万ポンド(約53億3000万円)以上の移籍金を要求。ビラは今夏にクラブ記録の移籍金3300万ポンド(約50億3000万円)でアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを射止めたが、ベイリー獲りでもさらに更新する必要もあり得る模様だ。 シンボルプレーヤーのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに今夏の移籍が囁かれるなか、上述のブエンディアに続き、元イングランド代表DFアシュリー・ヤングの復帰を決めるだけでなく、他にも補強の動きが指摘されるビラ。注目株のベイリーも獲得なるか。 2021.07.31 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマからユナイテッド移籍のヴァランへ…「寂しくなる」

レアル・マドリーから旅立つフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)に対して、チームメイトの同胞がエモーショナルなメッセージを送った。 2011年夏のレアル・マドリー入りから最終ラインの一角として、数々のタイトルに寄与したヴァラン。だが、新たな挑戦を求め、2022年まで契約が残るレアル・マドリーからの延長オファーを断り、今夏に推定移籍金5000万ユーロ(約65億1000万円)でマンチェスター・ユナイテッド行きが内定した。 十代でスペインの強豪レアル・マドリーの門を叩き、今や世界トップクラスのセンターバックにまで成長を遂げたヴァランの姿を見守ってきたひとりが同胞のフランス代表FWカリム・ベンゼマだ。自身のSNSを通じて、エールを送っている。 「ブラザー、君がここのレジェンドであるという以外に何を言えば良いのだろうか」 「君がいなくなってしまうと寂しくなるが、新たなチャレンジでの成功と幸せを祈念している」 「君はこれまでに成し遂げたすべてに値する。僕は君のさらなる活躍を祈っている」 なお、ヴァランはユナイテッド移籍に先立ち、10年間を過ごしたレアル・マドリーの会長やチームメイト、スタッフのもとを訪れ、それぞれに別れの挨拶。これからマンチェスターに飛び、移籍を完了させるものとみられる。 2021.07.31 11:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly