好調ジェームズがねん挫…スールシャール「シリアスなものじゃないのを願う」

2021.02.26 11:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのウェールズ代表MFダニエル・ジェームズが負傷してしまった。クラブ公式サイトが伝えている。昨季と比べて明らかに序列を落としたなか、ここ数試合で調子の良さをうかがわせ、2得点1アシストとしっかり結果も残すジェームズ。25日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのレアル・ソシエダ戦で公式戦3試合連続の先発入りを果たした。


しかし、59分にメディカルスタッフに付き添われながらピッチを退き、コートジボワール人FWアマド・ディアロと交代。スールシャール監督は2ndレグが0-0のドローに終わり、ベスト16進出決定後、ウェールズ人快速アタッカーの状態に言及した。

「ねん挫してしまった。強度の高いプレーをしている最中に違和感を覚えたらしい。シリアスなものじゃないのを願う。そういうわけで、アマドに30分ほどプレーのチャンスを与えたんだ」

ユナイテッドは今週末の28日に敵地で予定するプレミアリーグ第26節でチェルシーと対戦。ジェームズはここ数試合にわたり、調子の良さをアピールする選手だっただけに、離脱となれば、チームとしても痛手となりそうだ。
関連ニュース
thumb

カバーニ弾でグラナダに連勝のユナイテッドが準決勝進出!《EL》

マンチェスター・ユナイテッドは15日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでグラナダとホームで対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計スコア4-0でユナイテッドが準決勝進出を決めた。 8日に敵地で行われた1stレグを2-0で先勝したユナイテッドは、直近のトッテナム戦からスタメンを5人変更。出場停止のマグワイアやショー、ラッシュフォードやGKヘンダーソンらに代えてグリーンウッドやマティッチ、GKデ・ヘアらをスタメンで起用した。 大きなアドバンテージを手にホームへ帰還したユナイテッドは、最前線にカバーニ、2列目にグリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ポグバを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 試合はユナイテッドが開始早々に先制する。6分。テレスの左クロスをニアのポグバがバックヘッドでフリックすると、ボックス中央でフリーのカバーニが左足ボレーでゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したグラナダは、直後の8分にショートコーナーからチャンス。モントロの右クロスをY・エレーラがヘディングシュートで合わせたが、これはわずかにゴール右に逸れた。 その後は一進一退の展開が続いたが、グラナダは32分にアクシデント。左肩を痛めたゴナロンがプレー続行不可能となり、モリーナを緊急投入した。 先制後はグラナダに攻め込まれる場面もあったものの、ユナイテッドは34分にチャンス。マティッチのロングパスをボックス右まで上がったブルーノ・フェルナンデスが右足ボレーで合わせたが、シュートは枠上に外れた。 迎えた後半、ユナイテッドはポグバを下げてファン・デ・ベークを投入。対するグラナダは、ソルダードとケネディを下げてスアレスとA・プエルタスを投入する2枚替えを敢行した。 後半先にチャンスを迎えたのは、1点を追うグラナダだった。50分、A・プエルタスの右クロスをゴール前に走り込んだモリーナが頭で合わせたが、これはGKデ・ヘアの正面を突く。 対するユナイテッドも、直後にロングパスを右サイドで受けたファン・デ・ベークのクロスからグリーンウッドがヘディングシュートを放ったが、これも相手GKが正面でキャッチ。さらに60分には、ファン・デ・ベークがボックス外からゴールを狙ったが、シュートはわずかにゴール左に逸れた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、ユナイテッドは90分にテレスの左クロスからバジェホのオウンゴールを誘発しダメ押しのゴールを奪う。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。2戦合計スコア4-0で勝利したユナイテッドが準決勝進出を決めた。なお、準決勝ではアヤックスを下したローマと対戦する。 2021.04.16 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショー、伝説的左サイドバックの名前をもじったニックネームに「滅相もない」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーが、自身につけられたあるニックネームに驚きと謙遜を示した。イギリス『サン』が伝えている。 2014年夏にサウサンプトンから加入し、今季でユナイテッド在籍7シーズン目を迎えているショー。当初は度重なるケガでなかなか戦力になれずにいたが、今季は新加入DFアレックス・テレスというライバルとの競争を制し、不動の地位を確立。ユナイテッド加入以降で最高のシーズンを過ごしている。 そんなショーにはファンから、左サイドバックとしては世界一の一人として認知されているロベルト・カルロスの名をもじって、“Shawberto Carlos”というニックネームが付けられており、今季のパフォーマンスの高さを明快に表すものとなっている。 しかしショーは、クラブの公式インタビューを通じて「滅相もない」と謙遜。SNSで見かけることはあるものの、その度に笑って済ませていると明かした。 「正直に言うと、ソーシャルメディアで見つけたことがあるんだ。時々僕のグループチャットでも仲間が送ってくるんだけど、その度に笑って済ませているよ」 「僕なんて彼と比較できないし、現役時代の彼はとんでもなかった。その名前と一緒に言及されることだけでも素晴らしいよ。でも僕はただ笑うだけさ」 ショーはまた、同じイングランド人の左サイドバックとして一時代を築いたアシュリー・コール氏にも言及。子供の頃から同選手の大ファンだったようだ。 「ロベルト・カルロスをお手本にしようとは思わなかったけど、昔はアシュリー・コールのようになりたいと思っていた」 「僕はずっと彼の大ファンで、子供の頃、彼は当時最高の左サイドバックの一人だった。僕にとっては攻撃と守備を兼ね備えた総合的なサイドバックとして、これまで見た中で最高の選手の一人だったんだ」 2021.04.15 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【ELプレビュー】窮地アーセナル、激戦必至のローマvsアヤックスに注目! 4強懸けた運命の第2戦

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグが15日に開催される。ベスト4進出を懸けた4つのビッグマッチの見どころを紹介していく。 ◆準々決勝2ndレグ◆ ▽4/15(木) 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs(AGG:2-0) グラナダ スラビア・プラハ vs(AGG:1-1) アーセナル ローマ vs(AGG:2-1) アヤックス ビジャレアル vs(AGG:1-0) ディナモ・ザグレブ ★3選手サスペンションもユナイテッドの逃げ切り濃厚 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドと、今大会初出場ながら快進撃を見せるグラナダの初対決は、ユナイテッドが地力の差を見せつけ、敵地で2-0の先勝を飾った。 グラナダの健闘もあって試合内容自体に大きな差はなかったが、DFリンデロフとFWラッシュフォードの見事な連携プレー、MFブルーノ・フェルナンデスが決めたPKによるゴールによってユナイテッドがきっちり勝ち切った。 この快勝によって大きなアドバンテージを手にした今回の2ndレグに臨むプレミアリーグ2位チームは先週末のリーグ戦ではトッテナムとのビッグマッチをMFフレッジ、FWカバーニ、FWグリーンウッドのゴールによって鮮やかな逆転勝利で飾り、公式戦3連勝を達成した。グラナダとのリターンマッチに向けて唯一の懸念材料は、いずれもサスペンションとなるDFマグワイア、DFショー、MFマクトミネイと3選手の欠場。とりわけ、逃げ切りを図る上で最終ラインの主力2選手の欠場は不安要素だが、代役を担うDFトゥアンゼベやDFテレスらの奮闘を期待すると共に自慢の攻撃力で押し切りたい。 一方、逆転に向けてかなり厳しい立場にいるグラナダだが、直近のリーグ戦ではバジャドリー相手に試合終盤のFWモリーナ、DFキニの連続ゴールによって劇的な逆転勝利を収め、公式戦の連敗を「4」でストップしている。格上相手に失うものがないメンタル面のアドバンテージを武器に開き直ったアグレッシブな戦いを期待したい。 ★窮地のアーセナル勝負強さ発揮できるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補に挙がるアーセナルと、レスター・シティ、レンジャーズのイギリス勢を連破してきたスラビア・プラハの初戦は白熱の1-1のドロー決着となった。 試合を通してボールの主導権を握ったアーセナルは前半半ばにMFサカ、DFホールディング、後半立ち上がりにFWラカゼットに絶好の先制機が訪れたが、いずれもイージーなフィニッシュを決め切れず。その後、選手交代で流れを引き寄せたホームチームはFWペペのゴールによって土壇場で先制に成功。だが、後半ラストプレーで与えた右CKの流れからDFホレシュに劇的同点ゴールを決められて逃げ切り失敗となった。 この拙い試合運びによって公式戦4戦未勝利となったアーセナルだが、週末のリーグ戦では最下位のシェフィールド・ユナイテッド相手にラカゼットの2ゴール、FWマルティネッリの今季初ゴールによって3-0の完勝。公式戦15試合ぶりのクリーンシートまで達成し、良い流れで敵地での2ndレグに臨む。FWオーバメヤンやMFウーデゴールに欠場の可能性がある中、サカやラカゼット、ブレイズ戦で本来のパフォーマンスの一端を示したMFトーマスらの奮起でベスト4進出を果たしたい。 一方、持ち味の粘り強い戦いぶりでアウェイゴールを持ち帰ることに成功したスラビア・プラハは、スパルタ・プラハとのダービーとなった週末のリーグ戦も2-0で快勝。最高の形で逃げ切りを図るホームでの大一番に臨む。前回対戦では右サイドから内に入ってくるサカの対応に苦慮していただけに、布陣や人選の変更なども含めてきっちり修正したい。それ以外は前回対戦の戦いを踏襲し、ゴールの匂いを感じさせるセットプレーでゴールをこじ開けたい。 ★ローマ優位も激戦必至 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今ラウンド屈指の好カードとなったローマとアヤックスの名門対決の初戦は互いにミスから1失点ずつ喫した中、アウェイのローマが試合終盤のゴールによって敵地で2-1の先勝を飾った。 戦前は公式戦24試合無敗中のアヤックス優位との見方が多く、試合全体を見てもハイライン・ハイプレスで主導権を握ったオランダ王者がより優位に試合を運んだ。そして、前半終盤には相手のバックパスのミスを突きMFクラーセンが先制点を挙げると、後半立ち上がりにも押し込んだ形からPKを獲得。2点目のチャンスを得たが、FWタディッチの中央を狙ったシュートをGKパウ・ロペスが見事な反応で阻止。 この直後にMFペッレグリーニの直接FKをアヤックスGKスヘルペンがファンブルしローマに同点ゴールが生まれると、以降はアヤックスの猛攻をローマ守護神が再三のビッグセーブで阻止。さらに、試合終了間際には左CKからDFイバニェスに圧巻の左足ボレーでのゴールが決まり、やや大味だった初戦はローマに軍配が上がった。 アウェイゴールだけでなく望外の勝利を持ち帰ることに成功したローマは、先週末のリーグ戦でもボローニャ相手にFWマジョラルのゴールでウノゼロの勝利。リーグ戦でも4試合ぶりの白星を手にした。今節ではMFスピナッツォーラを負傷、MFブルーノ・ペレスを欠くことになるが、サスペンション明けのDFカルスドルプに加え、負傷明けのMFムヒタリアンの復帰は朗報だ。加えて、FWジェコら主力もボローニャ戦で温存されており、休養十分でこの大一番に臨めるはずだ。初戦ではジェコを起点としたカウンターが機能した一方、GKと最終ラインのビルドアップでミスを重ねており、その改善が4強進出のカギを握る。 一方、ショッキングな形で2021年初黒星を喫したアヤックスだが、週末のRKC戦では多くの主力を起用した中で今大会登録外のFWアラーのゴールによって1-0で勝ち切り、リバウンドメンタリティを示した。敵地での逆転突破を狙う一戦ではMFレンシュがサスペンションとなるが、古巣対戦のGKステケレンブルフに復帰の可能性があり、経験豊富なベテランの復帰は追い風だ。初戦ではハイプレスが機能した一方、最終ラインと相手の攻撃陣の力関係で劣勢を強いられたことで、一度プレスを剥がされると、即ピンチというリスキー過ぎるスタイルの弱点も露呈。当然、アドバンテージを持つローマはプレス回避のプランを準備しているだけに修正が求められるところ。また、レフティーが並ぶアタッカー陣のノッキングも顕著だっただけに前線の人選にも注目したい。 ★試合巧者ビジャレアルが逃げ切り狙う <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210414_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> EL3度制覇のエメリ監督率いるビジャレアルの経験と、トッテナム撃破の勢いを持つディナモ・ザグレブの第1ラウンドは、試合巧者のスペインの強豪が敵地で1-0の先勝を飾った。 試合内容自体は互いに決定機を作り合う非常に拮抗した展開となったが、GKルジの再三の好守とDFアルビオルを中心とする繊細なラインコントロールなどエメリ仕込みの堅守が光ったビジャレアルがホームチームにゴールを割らせず。 逆に、やや幸運なハンドで得た前半終了間際のPKをエースFWジェラール・モレノがきっちり決めてアウェイゴールを奪取。流れの中では決定機をモノにできなかったものの、要所を締めたビジャレアルが老獪な試合運びで初戦をモノにした。 ホームで逃げ切りを図るビジャレアルだが、先週末のラ・リーガのオサスナ戦ではジェラール・モレノを温存するなど、大幅なターンオーバーを敢行した結果、ホームで1-2の敗戦。公式戦の連勝が「6」でストップとなった。主力不在のエクスキューズはあったものの、この敗戦が今回の大一番にどのような影響を与えるか。 一方、前ラウンドのトッテナム戦同様に初戦を落としたディナモ・ザグレブだが、週末のロコモティヴァ戦は2-0で快勝きっちりバウンスバックを果たしている。トッテナム戦での逆転劇はホームでの戦いだったが、ビジャレアル相手の初戦では最後の精度を除き互角以上に戦えていただけに、臆せずアグレッシブな戦いを期待したい。トッテナム撃破の立役者であるFWオルシッチに加え、攻撃の起点を担うMFマイェルのパフォーマンスに注目だ。 2021.04.15 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバがAmazonと契約!2022年にドキュメンタリーが配信

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが、「Amazon(アマゾン)」と契約を結んだようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ポグバが契約を結んだ理由は、自身のドキュメンタリーを制作するためとのこと。「Amazonプライム」と契約したとのことだ。 ポグバのドキュメンタリーは『The Pogmentary』となり、ピッチ内のことは私生活などについてのものとなるとのこと。2022年に配信される予定とのことだ。 Amazonスタジオのヨーロッパ・オリジナルズの責任者であるジョージア・ブラウン氏は「当代きっての才能の持ち主」とポグバを語り、コラボレーションできることに「感激している」とコメントしている。 また「私たちはみんな、ポールがサッカーのピッチで何ができるかを知っていますが、彼の影響力ははるかに大きく、間違いなく全世代のアイコンです」ともコメント。「プライム・ビデオではかつてないほどのアクセスを提供することで、名声の裏にある彼の姿を映し出し、ピッチ外での生活を掘り下げ、彼自身の言葉で語ってもらいます」と語り、普段感じられないポグバを届けてくれるようだ。 「Amazonプライム」ではマンチェスター・シティやトッテナムなどのドキュメンタリーをすでに制作。今後も増やしていくようだ。 2021.04.15 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ELに臨むユナイテッド指揮官、2点先行もグラナダを警戒「いかなるチャンスも与えてはいけない」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のグラナダ戦に向けたコメントを残した。UEFAが伝えている。 15日にEL準々決勝のグラナダ戦2ndレグに臨むユナイテッド。8日に行われた敵地での1stレグはFWマーカス・ラッシュフォードとMFブルーノ・フェルナンデスのゴールで先勝。その後のリーグ戦でもトッテナムに快勝するなど、有利な状況かつ精神面でも申し分ない。 それでも指揮官は、勝利して準決勝へ進まなければならないと選手たちを鼓舞。国内リーグでビッグクラブ相手に一定のパフォーマンスを発揮していることを引き合いにし、いかに優位だとしても警戒すべきだと、慎重な姿勢を見せた。 「我々は1stレグで素晴らしい結果を得ることができたが、勝たなければならない。相手は持ち得る全ての力をぶつけてくるだろう。フットボールでは勢いも大事だからね」 「グラナダはゴールを目指して果敢に攻めてくるだろう。我々は彼らのバルセロナ戦やレアル・マドリー戦を見て、どれほど危険な相手であるかを思い知った。我々は良い試合をしなければならず、相手にいかなるチャンスも与えてはいけない」 また、公式戦18試合でわずか1敗というチームについて、選手たちの精神面において自信の変化が見られると話した。 「彼らのメンタリティが変わったかどうかは、私が言い切れることではない。我々の仕事は選手たちの能力を最大限に引き出すことであり、そのスタイルは監督ごとに異なる」 「私は選手たちの自信に変化を感じている。私がこのチームを再建し始めてから、数カ月、数シーズンの間に学ぶことができた。今、我々はトロフィーを勝ち取り、できる限り最高の成果を得たいと思っているよ」 2021.04.15 17:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly