シティの“問題児”、世界で900台しかない6000万超えランボルギーニが押収

2021.02.25 18:44 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが愛車を押収されてしまった。イギリス『サン』が伝えている。メンディはフランスで高級車ランボルギーニを購入。世界で900台のみというレアモノでエンジン性能も抜群、47万5000ポンド(約6600万円)もする超一級品だそう。


イギリスでも高級車を乗り回していたメンディだったが、2020年11月、フランスのナンバープレートを付けたまま走っていたところを警察に見つかると、無免許で保険にも未加入だったことが判明していた。

必要な書類を提出するまで返却できない決まりとなっていたが、保管期限を過ぎてもメンディは提出せず、この度正式に押収されたようだ。

チェシャー警察は「プレストベリー出身の26歳の男性が、保険なしでの運転と無免許での運転を行い、オンラインで有罪判決が出た」と発表。「男性は罰金880ポンド(約12万2000円)を科され、88ポンド(約1万2200円)の被害者課徴金と90ポンド(約1万3500円)の追加金の支払いのほか、6ポイントの減点が科せられた」としていた。

自動車保険局によると、イギリスでは昨年13万7410台の車両が無保険で押収されており、4台に1台が正式に押収されているそうだ。

メンディは以前にも度重なるスピード違反で免許停止をくらっており、素行の悪さはジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても悩みの種となっている。

◆6600万円のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
関連ニュース
thumb

1人退場のリーズがたった2本のシュートでシティから大金星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節、マンチェスター・シティvsリーズ・ユナイテッドが10日に行われ、1-2でリーズが勝利した。 マンチェスター・ユナイテッド戦の連勝ストップから公式戦6連勝と、再び軌道に乗り始めたシティ。前節は3位レスター・シティを退けリーグ戦3連勝。その後にはチャンピオンズリーグでボルシアMGにホームで先勝を収めた。今節はそのボルシアMG戦からスタメンを7人変更。ハムストリングのケガで長らく戦線から離れていたアケがおよそ4カ月ぶりに先発復帰した。 前回対戦ではグアルディオラ監督が初めてポゼッションで上回られ、1-1の引き分けに持ち込まれたシティ。今回も開始3分にボックス左への侵入を許すなど、いきなり危険な場面を作られる。 その後も危ういシーンがあったシティがゴールに迫ったのは19分。スルーパスに反応したスターリングがボックス左からシュートを放ったが、ここはGKメリエに止められた。22分には左CKからゴール前にこぼれたボールをフェラン・トーレスが押し込みにかかったが、今度はDFのブロックに遭った。 徐々にシティにリズムが生まれる中、27分にスターリングが上げたクロスが相手に当たって、さらにエイリングの手に当たったが、主審の笛は吹かれず。 ここまではシュートゼロに抑えられ、数字的に圧倒されていたリーズだが迎えた42分、最終ラインのクーパーのロングフィードからエウデル・コスタが左サイドで収めると、バンフォードを経由して最後はダラスがペナルティアーク付近からシュート。これが左ポストを跳ね返ってゴールに吸い込まれた。 これが初シュートという超効率的な攻撃を成功させたリーズだが、前半アディショナルタイムにアクシデント。イーブンボールに対してクーパーとスターリングが接触。スライディングでクリアを試みたクーパーの足裏がスターリングの足に入り、イエローカードが提示された。しかし、VARで確認した結果、カードの色が赤に変わり一発退場。これを受けて、FWバンフォードを下げてDFストルイクを緊急投入した。 1点ビハインドのシティは、後半は立ち上がりからギアを上げて攻撃に出る。53分、ピッチ中央を持ち上がったストーンズの横パスを受けたジンチェンコが、ボックス手前から左足を一振り。ここはGKメリエが好セーブ。 59分にシティはアケを下げてギュンドアンを投入し攻勢の枚数を増やすと、対するリーズはロバーツを下げてコッホを投入し、守備を固める。 そんな相手にシティは再び持ち上がったストーンズが今度は自らシュート。そのこぼれ球をゴール前で拾ったベルナウド・シウバが畳みかけたが、相手に当たって枠を外れた。 後半は7割超えのポゼッションを記録するシティ。その数字が結果に表れたのは76分のことだった。 完全に引いて守る相手に対しフェルナンジーニョが高い位置まで運ぶと、DFのギャップを突いたベルナウド・シウバにパス。さらにこれを素早く横へ繋ぎ、最後はフェラン・トーレスがダイレクトで流し込んだ。シティはこれが24本目のシュートだった。 ようやく試合を振り出しに戻し、3バックでさらなる攻勢に出るシティだが、88分のベルナウド・シウバのドリブルシュートはゴール左に外れるなど、徐々にタイムリミットが近づく。 このまま終わるかに思われたが、予想外の展開が待っていた。後半アディショナルタイムの91分、リーズはGKのスローインから左サイドに展開。アリオスキがエウデル・コスタとのワンツーで持ち上がると、3バックの間を突くスルーパスにダラスが反応。GKと一対一となり、冷静にゴールに流し込んだ。 劇的過ぎる展開にリーズの選手たちは大興奮。さらにチームにとってこれが2本目のシュートだった。一方、優勝まであと3勝としていたシティだが、まさかの大金星を許し、足踏みすることになった。 2021.04.10 22:38 Sat
twitterfacebook
thumb

前回引き分けのリベンジに燃えるグアルディオラ監督「リーズの試合を20時間研究した」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、次節のリーズ・ユナイテッド戦に向けて並々ならぬ闘志を燃やしているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 10日にプレミアリーグ第31節のリーズ戦に臨むシティ。現在2位のマンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差を「14」とし、独走状態に入っているが、グアルディオラ監督は目の前の試合に集中していることを強調している。 特にリーズは、前回対戦で自慢のポゼッション率で上回られ、引き分けに持ち込まれた相手。そのリベンジを果たそうと、膨大な時間を使ってリーズを研究したという。 「私は残りのシーズンについて考えていない。明日のゲームだけに重点を置いている」 「昨日、私はリーズ戦の研究に20時間を費やした。彼らに対して何をすべきか見い出すためには、多大なエネルギーを使わなければならないのだ」 「リーズは普段我々が慣れていないタイプのゲームを展開してくる。それは他のゲームとは違う」 とはいえ、スペイン人指揮官は優勝を意識してないわけではないようだ。今後のカップ戦も見据えて、できるだけ早く決着を付けたい考えを明かした。 「レスター・シティ戦の勝利は重要だった。(優勝まで)7試合であと3勝する必要があるが、勝てば次の試合が楽になり、カップ戦に集中できる」 2021.04.10 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップ、アグエロの新天地にライバルクラブ浮上も「彼にとってのベストは我々のベスト」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)の意思を尊重するようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 今季限りでシティを退団するアグエロ。移籍先候補にバルセロナら国外クラブが挙がる一方で、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーらプレミアリーグ勢の関心も取り沙汰され、シティ退団後もイングランド残留の可能性が浮上している。 プレミアリーグのライバルクラブ移籍となれば、シティの脅威として立ちはだかり得るが、グアルディオラ監督は尊重するという。 「我々の誰もが彼の幸運を祈っている。セルヒオなら、キャリア最後の数年を過ごすために最善のものを見つけるはず。どんな決断が下されようと、彼や家族、彼のキャリアにとって最高のものなら、我々も喜ぶ。私の好むものは彼の好むもの。彼の好みは私の好みなのだ。彼にとってのベストは我々のベストだ」 スペイン人指揮官はまた、今季終了までにアグエロが再び点取り屋として輝きを放つ可能性について「すべてが起こり得る」と述べた。 「悪いが、私は1週間先を見通せる人間じゃない。選手や監督として、このフットボールからすべてがポジティブな方向にも、そうじゃない方向にも素早く変化することを学習した。全員の準備が必要で、セルヒオも準備ができていることを願う。セルヒオは特別な素質とスキルを持った素晴らしい人間。彼のことを知っており、ベストな状態に戻るまで時間が必要なのも重々承知している」 「私は先週に彼の去就が明らかにされた後、彼のトレーニング法について話をした。レスター戦は相手が深く守り、非常にタイトで、ストライカーからすれば簡単じゃない状況だったが、彼はよく動いて、我々をヘルプしてくれたね。だが、足に違和感があり、交代したんだ。今は良くなっているよ」 2021.04.10 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ退団決定のアグエロを鬼才ビエルサのリーズも注視か

アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(32)の新たな移籍先候補として、リーズ・ユナイテッドが浮上した。イギリス『90min』が報じている。 今季限りでマンチェスター・シティを退団するアグエロ。新天地としてバルセロナらが候補に挙がっているが、“鬼才”マルセロ・ビエルサ監督が率いるリーズも獲得レースに名乗りを上げる可能性があるという。 リーズはプレミアリーグに今季復帰。イングランドトップリーグを戦うにあたり、昨夏にクラブレコードの移籍金2700万ポンド(現レートで約40億5000万円)でスペイン代表FWロドリゴ・モレノを獲得した。 しかし、ロドリゴはここまでリーグ18試合の出場でわずか3ゴールとふるわず、リーズは今夏売却を視野に。新たなアタッカー獲得として、ビエルサ監督が好感を抱く同胞のアグエロを注視している模様だ。 リーズは今季のここまで11位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が厳しいが、シティと同じく北西部に拠点を置くチーム。チームの計画や熱いファンの存在も争奪戦に臨む上で利点になると考えているようだ。 なお、リーズはチームトップのリーグ14得点を記録するイングランド人FWパトリック・バンフォードに関して売却の意思がなく、新契約の話し合いを続けているとみられる。 2021.04.09 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョの後釜にブレイズのノルウェー代表ベルゲに関心か

マンチェスター・シティが、シェフィールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(23)の獲得を検討しているようだ。ベルギー『Voetbal24』が報じている。 ベルゲは2020年1月にヘンクからシェフィールド・ユナイテッドに加入した守備的MF。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、クラブレコードとなる移籍金2200万ポンド(当時約31億3000万円)を支払って獲得に漕ぎ着けた期待の選手だ。 1年目の昨シーズンに引き続き、今季も主力として出場を重ねていたが、昨年12月のマンチェスター・ユナイテッド戦で手術を伴う大ケガを負い、現在まで戦線離脱を強いられている状況だ。 だが、そんなベルゲにシティが関心。同クラブではMFフェルナンジーニョの現行契約が今季までとなっており、その後釜を探しているという。 ヘンクでは日本代表FW伊東純也とチームメイトだったベルゲは195㎝の長身が特長で、空中戦に加えて大きなストライドでボールを運べる点が魅力。ちょうど、シティのレジェンドであるヤヤ・トゥーレに近い選手だ。 シェフィールド・ユナイテッドは現在、プレミアリーグで4勝2分け24敗で最下位に沈んでおり、先月には3部からプレミア昇格に導いたクリス・ワイルダー監督と袂を分かち、過渡期を迎えている。 このまま降格となれば、ベルゲが移籍する可能性は高いが、イギリス『ヨークシャー・ライブ』によれば、2200万ポンド以下では手放すことはない模様。シェフィールド・ユナイテッド移籍前はリバプールやユナイテッドも関心を示したというが、23歳の去就は果たして。 2021.04.08 23:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly