ジダンが決勝ゴールについて…「リハーサルされたプレー。蹴るのはフェルランじゃなかったがね」

2021.02.25 09:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が結果を重要視した。スペイン『マルカ』が伝えている。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦に勝ち上がったレアル・マドリーは2季連続ベスト16入りのアタランタと激突。24日に1stレグが行われ、レアル・マドリーが86分に生まれたフランス代表DFフェルラン・メンディのゴールにより、1-0で先勝した。


早い段階でアタランタに退場者が出て、数的優位に立ったものの、なかなかこじ開けられず、苦戦を強いられたレアル・マドリー。ジダン監督も試合後、苦戦を認めたが、勝利という結果を何より評価した。

「難しい試合だったが、最終的に良い結果を手にできた。アウェイゴールは大事な結果だが、まだ2ndレグがあり、勝たなければならない」

「11人対10人となり、良い試合じゃなかったが、体力面でも、守備面でも良いチームが相手だった。そんな相手から良い結果を掴めたね」

フランス人指揮官はまた、ショートコーナーを繋いで、メンディがバイタルエリア中央から右足ミドルシュートを相手のゴールマウスに突き刺した場面について、事前に用意された形だったと明かしている。

「リハーサルされたプレーだった。フィニッシュに持ち込むべき選手は本来、フェルランじゃなかったのだがね。彼は右足でも強く蹴り込める。利き足である左足の方がより正確だが、右足で強くシュートを打てることもあるんだ」
関連ニュース
thumb

レアル会長でありESL会長のペレス氏が今回の騒動に言及、出てくるワードは“お金”と“クオリティ”

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)について口を開いた。スペイン『マルカ』が報じた。 18日、ヨーロッパの12のクラブが一斉にESLへの参戦を表明。欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するチャンピオンズリーグ(CL)に代わる新たなリーグとしての構想だった。 12クラブに3クラブを加えた常任クラブと、5クラブを招待した20クラブでのリーグ戦を運営。15クラブには特権が与えられるなど、リーグ戦のフォーマットが決まっていた。 しかし、発表直後にUEFAや国際サッカー連盟(FIFA)が反対声明を出すと、各クラブの選手や監督も反対。さらに、ファン・サポーターが大きな声を挙げて反対していた。 その結果、20日にプレミアリーグの6クラブが撤退すると、21日にはアトレティコ・マドリー、インテル、ミランが撤退。創設に大きく関わっているとされるユベントスは撤退こそしないものの、敗北宣言をした。 そんな中、マドリーとバルセロナだけはまだ態度を保留。そのマドリーの会長であり、ESLの会長でもあるペレス氏が、スペイン『カデナ・セル』でESLについて言及した。 まず、ESLの発足表明からの動きについては「我々はこのプロジェクトに長年取り組んできたが、恐らくそれを上手く説明することができなかった」とコメント。受け入れてもらえるだけの説明が足りていないとした。 そんな中、48時間で9クラブが撤退を表明していることについても言及。今のフォーマットでは稼げないため、新たなプロジェクトを立ち上げたと語った。 「悲しい。私は3年間動いてきた。ラ・リーガは手に負えす、お金を稼がなければならないのはミッドウィークだ」 「チャンピオンズリーグのフォーマットは時代遅れで、準々決勝にしか興味を持っていない。昨シーズンは6億5000万ユーロ(約847億8500万円)の損失を出したが、このフォーマットは機能していない」 「我々はヨーロッパで最も重要なチームが、シーズンの最初から対戦するという形式を考えた。他の人と連帯し、大きなものを失わないところで、より多くのお金を得ることができる」 また、翌日にはUEFAが新フォーマットのCLを発表。その際にUEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長がESLについて言及したが、その攻撃についても語った。 「UEFAの会長からこのような攻撃を受けるのはみたことがない。それは組織だっているし、そういったものはみたことがない」 「脅迫と侮辱だ。誰かを殺したかのようにだ。サッカーは救われなければならない」 「複雑なことが起きた。イングランドのグループにはあまり興味のない人もいたようだ」 一方で、12クラブが拘束力のある契約にサインをしているとも明かし、フランスやドイツのチームが参戦していない理由を語った。 「我々12クラブは、拘束力のある契約にサインした。他のチームを受け入れることができた。UEFAが自分たちを見世物にしたことで、彼らが去っていった」 「我々が説明していないだけで、チャンスを与えられていないのかもしれない。トップの我々が損をし、他の人たちが儲けるというのはあり得ない」 また、マドリーの会長として、牽引していく必要があるとかたるペレス会長。そのポイントはやはりお金。そして、若者の興味を引くためには、3年間は待てないとも語った。 「私には、レアル・マドリーをパイオニアにする責任がある。お金があれば、みんなにお金が回る。プロジェクトは保留中だ」 「みんなで一緒に未来を見ている。ユベントスは消えていない。一番のポイントは、若い人にとって面白いゲームであるということだ」 「今、やるしかない。3年も待てない。お金になるのは、競争力のある良い試合からだ。フェデラーとナダルのように、ファンに興味を持ってもらえるような試合をしなければならない。誰も排除せず、最高レベルの試合をする」 大反発をした多くのファンについても言及したペレス会長は、時代が変われば変わっていく必要があると語り、ファンのことも考えていると語った。 「人生は変わる。20年も経てば、新しいことを求める世代が出てくる。サッカーは華やかだが、大切にしなければならない」 「新しいプラットフォームで見てもらえるように、競争力のある試合をしなければならない」 「我々はファンのことだけを考えれば良い。我々は、彼らをみている。我々を捨てるのはファンだ」 2021.04.22 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガのクラブが続々と「フットボールはファンのため」Tシャツを着用!未だ離脱せずのバルセロナは今夜ヘタフェと対決

欧州12のビッグクラブは、18日に相次いでヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)への参加を正式表明。 しかし、この一方的な決定に対しては、欧州サッカー連盟(UEFA)を始め、各国サッカー協会、各リーグが激しい批判を展開し大きな騒動となった結果、続々と撤退するクラブが続き、残すはレアル・マドリーとバルセロナのスペイン2クラブのみとなった。 そんな中、マドリーは21日にラ・リーガ第31節でカディスと対戦。するとカディスの面々はピッチ入場の際、「スーパーリーグ? サッカーはみんなのものだ」と書かれたTシャツを着用し、ESL反対の意思を表示した。 さらに、21日に行われた他のラ・リーガの試合でも多くのクラブが似たような意味の文章が描かれたTシャツを着用し、リーグ総出でESL創設に抗議する活動を見せている。 ラ・リーガでは今夜も4試合が行われる。バルセロナは日本代表MF久保建英も所属するヘタフェとホームで対戦するが、同様に抗議活動にあう可能性が高い。 ESL構想の首謀者とされているフロレンティーノ・ペレス会長のマドリー、そしてバルセロナは正式に脱退を表明するのだろうか。いまだに立場を明確にしていない。 <span class="paragraph-title">【画像】ラ・リーガの多くの選手が着用した「フットボールはファンのため」TシャツにはCLのロゴも!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">フットボールはこれまでも、そしてこれからもファンのためのものです。<br><br>本日、私達はこのシャツで入場します<br>El Fútbol Es Para LOS FANS<br>「フットボールはファンのためのもの。」<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベティスの日</a><a href="https://twitter.com/hashtag/RealBetisAthletic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RealBetisAthletic</a> <a href="https://t.co/CPcfD5hmN1">pic.twitter.com/CPcfD5hmN1</a></p>&mdash; レアル・ベティス・バロンピエ (@RealBetis_jp) <a href="https://twitter.com/RealBetis_jp/status/1384922473569951748?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.22 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

中盤で出場したレアルDFマルセロ、2ゴールのベンゼマを語る「彼のクオリティを知っている」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロがカディス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは21日、ラ・リーガ第31節でカディスと対戦。リーグ優勝のためには負けられない一戦に臨んだ。 この試合では前半にカリム・ベンゼマが2ゴール、アルバロ・オドリオソラもゴールを奪い、0-3で勝利。暫定ながら首位に立つことに成功した。 中盤の左サイドで先発したマルセロは試合を振り返り、メンタル的にも良い試合だったとした。 「良い試合をして勝てると思って出てきた。チームは意欲的に臨み、高い位置からプレスをかけて、多くのボールを奪った。それがゲームプランの1つだった」 「ラ・リーガには簡単な試合がないことはわかっている。今日は、他の試合ほど厳しいものではなかったかもしれないが、僕たちはとても良かったと思う」 「特にメンタル面では、試合中ずっと集中していなければいけないのでよくやっていた」 「どの試合でも自分たちが何をすべきかわかっているし、それが上手くいっていた。我々は最後まで戦う。マドリーは決してあきらめないし、少なくともトップに立ちリーダーを眠らせる可能性はある。ポイントを失わないよういに、各試合で戦い続けていく」 また、2ゴールのベンゼマについても言及。能力を活かしたいと語った。 「カリムは僕たちを助け、各試合で多くの貢献をしてくれている。僕たちは彼のクオリティを知っているし、それを活かすためにここにいる」 <span class="paragraph-title">【動画】3発快勝、マドリーが暫定首位に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1kjkkyis1fsx1x57n00tznyus" async></script> 2021.04.22 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

暫定首位のレアル、ジダン監督は「納得のいく良い勝利」と渦中での試合を語る

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、カディス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは21日、ラ・リーガ第31節でカディスと対戦。リーグ優勝のためには負けられない一戦に臨んだ。 しかし、セルヒオ・ラモスなどケガ人に加え、フェデリコ・バルベルでも新型コロナウイルスの陽性判定を示すなど苦しい台所事情となっているマドリー。それでも、この試合は[3-4-3]のシステムでスタートした。 すると30分にカリム・ベンゼマがPKを決めて先制すると、中盤で起用されたアルバロ・オドリオソラが33分に追加点。40分にはベンゼマがこの試合2点目を奪い、前半で0-3とする。 主導権を握り続けるマドリーは、後半は選手を入れ替えて戦いそのまま試合終了。0-3で勝利し、暫定で首位に立った。 試合後、ジダン監督は勝利を喜ぶとともに、前半で3点を奪ったことが良かったと語った。 「我々は2つの大会で生き残っており、これからも続けていく。今までの活動を継続するために、とても重要な3ポイントを獲得したが、まだまだ先は長い」 「試合をうまく始めることがとても重要だった。0-3でハーフタイムになると、チームを別の方法でコントロールできるようになり、それが我々のやったことだ」 「納得のいく良い勝利だと思う。我々は真剣にプレーしたので、全ての選手に満足している」 「勝ち点3を獲得し、明日は土曜日に試合があるのでしっかりと休まなければいけない」 また、この試合では[3-4-3]でスタートし、後半は[4-3-3]にシステムを変更。DFミゲル・グティエレスがデビューするなど若手も起用しての勝利だった。 ジダン監督は、今の選手の事情に合わせて戦っていると語り、2つのタイトルを目指す上では全員が必要だと強調した。 「我々は3バックでプレーし、マルセロとオドリオソラのように非常に攻撃的な選手を2人起用した。我々にとって、それはとても良い結果となった」 「システムについては誰もが好き勝手に話すことができるが、我々にとって重要なことは、自分たちのプレーや守り方だ。彼らを起用しどう守るかを考えた」 「今日はとてもよく守れた。3試合続けて無失点というのは、私にとっては基本的なことだ」 「全ては選手の長所だ。新型コロナウイルスやケガなどで欠場している中、全選手が参加し、システム面では試合の状況に合わせて対応した」 「最初は3人のCBでスタートし、その後はカルバハルとデビューしたミゲル(・グティエレス)を加えた[4-3-3]でプレーしていた。今からシーズン終了までの間に、全ての選手が必要となる」 2021.04.22 10:09 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマのドブレーテにオドリオソラが今季初弾! カディスに完勝のマドリーが暫定首位に浮上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第31節、カディスvsレアル・マドリーが21日にエスタディオ・ラモン・デ・カランサで行われ、アウェイのマドリーが0-3で勝利した。 前節、ヘタフェ相手に痛恨のドローとなった2位のレアル・マドリー(勝ち点67)は、13位のカディス(勝ち点36)を相手に2戦ぶりの白星を狙った。 負傷者続出のチームは新型コロナウイルスから回復したヴァラン、サスペンション明けのナチョとカゼミロがベンゼマらと共に先発に復帰。その一方で、モドリッチとクロース、バルベルデの離脱を受け、前節途中出場のブランコをカゼミロの相棒として初スタメンで起用。さらに、並びを[3-4-3]に変更した。 リスクをかけない相手の堅守速攻のスタイルに対してややスロースタートな入りを見せたマドリーはボールを握るものの、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 それでも、前半半ば過ぎの28分にスペースで仕掛けたヴィニシウスがボックス内でDFイサと交錯する。一度プレーは流されたもののオンフィールドレビューの結果、アウェイチームにPKが与えられた。そして、これをキッカーのベンゼマがきっちり決めて今季のリーグ戦20点目とした。 良い時間帯に先制に成功したマドリーはここから畳みかける攻めを見せて一気に試合を決めてしまう。まずは33分、ボックス左で鋭い縦への仕掛けを見せたベンゼマが絶妙な浮き球のクロスを上げると、これをファーサイドに詰めたオドリオソラが頭で合わせ、今季初ゴールとした。続く40分にはボックス内で相手のクリアミスを奪ったヴィニシウスからの落としを受けたカゼミロのループパスを再びベンゼマが頭で合わせ、前半のうちにドブレーテを達成した。 3点リードで試合を折り返したマドリーは、ハーフタイム明けに一気に4枚替えを敢行したホームチームに対してゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。これにより相手にフィニッシュまで持ち込まれる場面が目立ち始めるが、守護神クルトワを中心とする守備陣が冷静に撥ね返し続ける。 さらに、60分過ぎには病み上がりのヴァランやオドリオソラ、ヴィニシウスを下げて負傷明けのカルバハル、アセンシオ、イスコの投入で主力のプレータイムをコントロール。さらに、74分には殊勲のベンゼマとマルセロに代えてマリアーノとミゲルを送り込み、試合を締めにかかった。 その後、ジダン監督にアピールしたいロドリゴやマリアーノが幾度かゴールに迫る場面を作り出したものの、後半にスコアは動くことなく試合はこのままタイムアップ。ベンゼマのドブレーテの活躍などによって敵地でカディスに完勝のマドリーが2戦ぶりの白星を飾り、暫定ながら首位に浮上した。 2021.04.22 06:51 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly