元仏代表DFマテューがバルサでの苦悩を語る「孤独を感じていた」同胞ラングレへの同情も

2021.02.23 20:21 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表DFジェレミー・マテューが、スペイン『RAC1』のインタビューでバルセロナでの苦悩を語っている。

2014年から2017年にかけてバルセロナでプレーしていたマテュー。在籍3シーズンで公式戦91試合に出場し、ケガで欠場した試合は少なくなかったものの、ほぼ主力としてプレーした印象だ。


だが、本人の考えは異なるようだ。マテューは2017年4月に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのユベントス戦を回想。この試合で3バックの一角として先発した同選手だったが、担当していた左側の守備は明らかな穴となり、2失点した前半だけで交代を命じられていた。

「バルサでの最後の年は最悪だったよ。確かにトリノで負けた原因は自分にあったと感じているけど、なぜそれだけで吊し上げられたのかわからない。サッカーは11人でやるものなのに」

「ドレッシングルームでは孤独を感じたよ。誰も手を差し伸べてはくれなかった。僕に言わせればこんなのサッカーではないよ」

この試合後には、各国のメディアが挙ってマテューのプレーを批判しており、強度・アジリティ・スピードなどあらゆる面で劣っていたと酷評するメディアもあった。

マテューはまた、現在似たような状況に陥っている同胞で後輩のDFクレマン・ラングレに同情の声を寄せている。

「今はラングレがその被害に遭っている。彼がどんな気持ちが僕にはわかるよ。そういう時は状況が好転することを願ってポジティブに振る舞い、ベストを尽くすしかないんだ」

そして、最後に矛先は当時監督を務めていたルイスエンリケに。マテューと同じ2014年夏にバルセロナの監督に就任し、その後の3シーズンを指揮したため、マテューとは丸々3年間共にした。

しかし、マテューによるとその3年間でほとんど会話はなかった模様。さらに、上述のユベントス戦同様に前半のみで交代となった2017年4月のマラガ戦を引き合いにし、批判の声を強めた。

「エンリケとは全く会話は無かった。僕も少しは愛情を受けたい。スポルティング(・リスボン)では感じることができたんだ。彼らは勇気を与えてくれた」

「でもバルセロナではそれが無かった。例えばミスしてしまったマラガ戦の次の日、彼(エンリケ)は僕に何も言ってはくれなかった。一言もね」

なお、元フランス代表DFは一時昨シーズン限りでの引退を表明していたが、新型コロナウイルス感染が広がった昨年4月に引退を撤回。しかし、同年6月に左ヒザにケガを負ってしまい、スポルティング退団後に引退した。

関連ニュース
thumb

逮捕されたバルサ前会長を糾弾するイタリア代表OB「サッカー界に大きな災いをもたらした」

かつてインテルやフィオレンティーナでプレーした元イタリア代表DFダニエレ・アダーニ氏が、バルセロナの前会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏を猛烈に批判している。『フットボール・イタリア』が伝えた。 2014年1月にバルセロナの会長に就任したバルトメウ氏は、在任期間中に4度のラ・リーガ優勝、1度のチャンピオンズリーグ制覇、4度のコパ・デル・レイ制覇を達成。一方で、汚職問題やクラブ運営に関する批判も多く、選手の中傷工作を行っているとも報じられていた。 こうした行いもあり、バルトメウ氏らクラブフロントと、FWリオネル・メッシら多くの選手は対立。加えて、ファンから辞任要求のデモが起こされたこともあり、昨年10月に会長職を辞任している。 そして今月1日、クラブの内部情報や財務取引の文書が流出したことで浮上した「バルサゲート」への関与があり、汚職・不正を行った疑いがかけられたことで、バルトメウ氏はカタルーニャ警察に逮捕された。 会長辞任後もスキャンダルを起こし続けるバルトメウ氏に対しては厳しい批判が多く上がっており、アダーニ氏も『Twitch』を介して「彼が許されることはない」と酷評している。 「人生において、ある行動を行えば高い代償を払うものだ。ここ4~5年、サッカー界においてバルトメウのバルセロナは、いくつかの大きな災いをもたらした」 「バルセロナは選手を買い続け借金を膨らませただけでなく、メッシや(ジェラール・)ピケのような選手の信用を落とし続けた。すべては自分がまいた種だよ」 「スペインでは、幸いなことにイタリアよりもしっかり正義が下されるようだ。もしもバルトメウがメッシとピケを貶めるため、ソーシャルメディアを使ったのが事実ならば、彼はスペインから追放されるべきだろう」 「私は彼を許すことができない。彼はスペイン国民全体をも踏みにじっているからね」 2021.03.02 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

期待の若手CBのバルサ行きを予想するグアルディオラ「私にとって息子のような存在」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チームに所属するスペイン代表DFエリック・ガルシア(20)の移籍先について予想している。スペイン『マルカ』が伝えた。 2017年夏にバルセロナの下部組織からシティに加入したエリック・ガルシアは、グアルディオラ監督の下で公式戦32試合に出場。将来に高い期待がかけられていた。しかし、2021年夏にシティとの契約が満了となるエリック・ガルシアは、クラブからの再三に渡る延長オファーを固辞。昨夏も古巣のバルセロナへの移籍が取り沙汰されたが、今夏にも古巣バルセロナ復帰が確実視されている。 こうした事情や、シティが昨夏にポルトガル代表DFルベン・ジアスやオランダ代表DFナタン・アケを獲得したこともあり、エリック・ガルシアの出場機会は激減。今シーズンはここまで公式戦9試合の出場にとどまっている。 しかし、エリック・ガルシアの移籍についてメディアから質問されたグアルディオラ監督は、行先はバルセロナになるだろうと予想しつつ、選手に対しては変わらぬ愛情を持っていると強調した。 「バルセロナは平凡な選手の獲得は考慮しないクラブだ。エリック(・ガルシア)がトップクラスの選手だからこそ、クラブは彼を欲しがっており、彼もまたバルセロナでのプレーを望んでいると思う」 「エリックが私にとってどのような存在であるか、皆には想像もつかないだろう。彼は私にとって、息子のような存在なんだ」 「昨シーズンの新型コロナウイルス(COVID-19)による中断明けから、彼は我々にとって最高のセンターバックだった。彼は我々とのプレーで、1度もミスをしていない。本当に1度もね」 2021.03.02 12:06 Tue
twitterfacebook
thumb

えげつないカミソリボレー!アウベスが決めたGKから逃げるような超絶変化ゴラッソ/2010-11【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 ダニエウ・アウベス(当時27歳) 国籍:ブラジル 所属:バルセロナ ポジション:DF 身長:172cm 2008年夏にセビージャからバルセロナに加入したダニエウ・アウベスは、不動の右サイドバックとしてチャンピオンズリーグを3度制覇。また、リーガエスパニョーラで6度の優勝を達成するなど、バルセロナに在籍した8年で23個ものタイトルを獲得した。 【試合詳細】 日程:2011年3月19日 大会:ラ・リーガ第29節 対戦相手:ヘタフェ 時間:前半16分(0-0) <div id="cws_ad">◆“逃げる”豪快ハーフボレー!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrS3RISmpYNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> スコアレスで迎えた前半16分、ボックス内に攻め入ったバルセロナだったが、FWダビド・ビジャのパスは相手ボックス内でカットされ、DFにヘディングでクリアされる。 しかし、このボールはボックス中央手前で待っていたアウベスの下へ。思い切り走りこんだアウベスはそのまま躊躇なく右足を振り抜くと、ショートバウンドしたボールをしっかりと捉えたシュートはアウト回転がかかり、相手GKジョルディ・コディーナから逃げていくようにして、ゴール右隅に突き刺さった。 アウベスの退団以降、中々右サイドバックを固定できていないバルセロナだが、このゴールを見る限り、アウベスに匹敵するサイドバックを確保することは至難の業かもしれない。 <span data-sg-movie-id="869" data-sg-movie-title="【えげつないカミソリボレー!】アウベスが決めたGKから逃げるような超絶変化ゴラッソ"></span> 2021.03.02 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカムがメッシとC・ロナウド獲得の仰天プランを明かす「最高の選手を引き入れたい」

インテル・マイアミの共同オーナーを務めるデイビッド・ベッカム氏が、壮大なプランを語った。 新シーズンの開幕を控えているメジャーリーグ・サッカー(MLS)。インテル・マイアミは、新シーズンのユニフォームを発表したが、それ以上の衝撃発言がベッカム氏からなされた。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ベッカム氏は2月27日に行われた新ユニフォームのプレゼンテーションの場で、将来の壮大なプランを明かし、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを迎え入れたいと語った。 「マイアミでは、ファンがビッグスターを見たいと思っていることを理解している。ゴンサロ・イグアインやブレーズ・マテュイディのような、すでに輝きと魅力をもたらしてくれる選手がいるが、将来的には有名な選手を呼び込むチャンスが欲しいと思っている」 「レオ(リオネル・メッシ)とクリスティアーノ(・ロナウド)が言及されている。彼らは彼らのレベルのトップであり、過去15年間で最高だった。私は最高の選手を引き入れたい」 「マイアミはどこよりも大きな魅力があり、これらは我々が連れてきたい選手だ」 メッシは、昨夏にバルセロナからの退団を希望。マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンなどとともに、インテル・マイアミも獲得に動いていた。今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーで獲得することが可能となる。 また、クリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスとの契約が2022年6月までとなっており、残り1年半。契約を延長しなければ、アメリカでまさかの2大スターの共演が見られるかもしれない。 2021.03.01 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

元バルサ会長のバルトメウ氏が汚職事件の容疑で逮捕、スペインメディアが一斉報道

バルセロナの前会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が、汚職事件に関与したとして逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』や『アス』などの主要メディアが一斉に報じた。 報道によると、2014年1月24日にサンドロ・ロセイ会長の辞任により、バルセロナの会長に就任したバルトメウ氏。2021年3月に会長選が予定されていたが、2020年夏にクラブの象徴でもあるリオネル・メッシが退団を希望。それにより、辞任要求のデモなどが行われた。 その結果、クラブの理事会メンバーがバルトメウ会長の辞任を申し立て、2020年10月27日に辞任を発表していた。 そのバルトメウ氏だが、「バルサゲート」への関与の疑いがかけられ、カタルーニャ警察のモスズ・ダスクアドラが1日にバルセロナのオフィスを家宅捜索。バルトメウ氏も逮捕されたうちの1人とのことだ。 また、バルトメウ氏のほかにも、CEO(最高経営責任者)のオスカル・グラウ氏、法務を担当していたロマン・ゴメス・ポンティ氏、バルトメウ氏の右腕としても知られたジャウメ・マスフェレール氏も逮捕されたとのことだ。 「バルサゲート」事件は、クラブの内部情報や財務取引を示すとされる文書が流出したことに関連して浮上した事件。2020年には『カデナ・セル』がバルセロナが第三者に資金を提供し、バルトメウ会長の敵対者とみられていたメッシやジェラール・ピケの個人の評判を落とそうとしていたことが発覚した。 この第三者は「I3 Ventures」という会社と言われており、ツイッターやフェイスブックなどで他人の評判を落とすために動いていたとされる。 また、『エル・ムンド』は昨年9月にバルトメウ氏が汚職で疑いをかけられていると報道していた。バルセロナはこの手の報道をすべて否定してきたが、今回改めて疑われ、逮捕されたと報じられている。 なお、バルセロナは3月7日に会長選を控えている状況。新たな会長決定前に大きな動きがあったこととなる。 2021.03.01 20:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly