浦和FWレオナルドの山東泰山への移籍が合意「『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」

2021.02.22 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは22日、FWレオナルド(23)が中国スーパーリーグの山東魯能泰山への完全移籍で合意したことを発表した。レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入。明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王に輝いた。2019年にアルビレックス新潟へ移籍すると、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和へ活躍の場を移した。


浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、一定の結果を残していた。

シーズン終了後に移籍の噂が浮上したが、ここまで決まらず。それでも、最終的には中国へ移籍することとなった。

レオナルドはクラブを通じてコメントしている。

「チームの目標を達成することができずに、浦和を去ることになったことを悲しく感じています。しかし同時に、みんなに歓迎され、愛され、サポートいただいたことを幸せに思っています。これまでの温かい応援ありがとうございました。いつかこのチームに戻ってきて、浦和での物語の続きを再開できればと思います。『さようなら』ではなく、『またね!』でありますように」

また、西野努テクニカルディレクターもコメントしている。

「クラブとしては目標達成する上で重要な戦力であり、監督を含め本人とも話し合いましたが、本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することとなりました。クラブのために全力で戦ってくれたレオナルド選手の新天地での活躍を応援しています」

「今後の戦力補強については、焦点を絞り、的確な戦力を迎え入れるために情報収集を行っております。チームの目標達成に向け、4月2日までの移籍ウインドーと夏の移籍ウインドーで色々な可能性を引き続き検証し、最善を尽くしていきます」
関連ニュース
thumb

浦和DF藤原優大が左眼窩底骨折で手術…プロデビュー戦で全治4週間のケガ

浦和レッズは5日、DF藤原優大の負傷を発表した。 藤原は2日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ グループC第1節の湘南ベルマーレ戦にフル出場したが、試合中に顔面を打撲していた。 試合後に病院で精密検査を受けたところ、脳震とうに関しては否定され、脳にも器質的な問題がないことが確認されていた。 しかし、翌日に改めて検査を受けた結果、左眼窩底骨折と診断。脳震とうはなかったものの、5日に手術を受けたという。なお、全治4週間の見込みだ。 青森山田高校から今季入団の藤原。その湘南戦がプロデビュー戦だった。 2021.03.05 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

WEリーグ参戦の浦和レッズレディース、「三菱重工」がネーミングライツ取得

浦和レッズは5日、浦和レッズレディースチーム名に関して、三菱重工業株式会社がネーミングライツを取得したことを発表した。 浦和レッズレディースは、今年9月に開幕する日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)に参戦。浦和は、経営・運営の安定化が極めて重要であることから、株主でありクラブ設立時から長年支援してもらっている三菱重工に3年間の命名権を取得してもらったとのことだ。 チーム名は、「三菱重工浦和レッズレディース」に変更。正式名称や略称の変更はないものの、呼称が変更となる。 今回のネーミングライツ契約について、経営面を掲げ「中長期的に自立経営することを目指しますが、必ずしも女子サッカーがビジネスとして容易に成立する状況ではないため、1993年の日本プロサッカーリーグ(以下、Jリーグ)の発足時と同様、立ち上がりの一定期間は母体企業等の支援を受けて運営していきます」としている。 2021.03.05 15:35 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が増山の復帰後初ゴールなどで大分に逆転勝利! 湘南と浦和はゴールレスドロー《ルヴァンカップ》

2021シーズンのYBCルヴァンカップが2日に開幕した。 昨季は新型コロナウイルス禍による特別レギュレーションの下、FC東京が11年ぶり3度目の優勝を果たした。 今大会は従来のレギュレーションに戻し、4チーム4グループのグループステージを戦ったあと、各グループ上位2チームで行われるプレーオフステージで4チームまで絞り、AFCチャンピオンズリーグに出場する川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪を加えた計8チームでプライムステージを行う。 その開幕戦ではCグループの湘南ベルマーレと浦和レッズが激突。日程を考慮して互いに控えメンバー主体で臨む中、湘南は三幸、浦和は金子がシュートを放っていく。 先に決定機を迎えたのはホームの湘南。19分、セットプレーの流れから、こぼれ球を拾った池田がボックスの外からシュートを狙う。上手くゴール前の密集地を抜けて枠を捉えたが、浦和は下部組織のルーキーGK鈴木がファインセーブを見せた。 さらに27分の湘南のFKでは、右サイドの深い位置から平松が直接ゴールを強襲。意表を突く意図があったが、GK鈴木にとっては想定内。横っ飛びで弾き出した。 その後は互いに決定機を作れず試合は後半へ進む。55分に湘南は左から上げたクロスのこぼれ球を二次攻撃に繋げ、今度は右から上がったクロスに毛利が反応。左足でボレーシュートを狙ったが、枠を捉えることはできなかった。 残り時間も少なくなる中、両チームともに交代策で膠着した状況にテコ入れを図る。浦和は投入された山中のクロスから杉本が頭で合わせにいくシーンや、交代直後の汰木の83分のチャンスシーンで徐々にゴールに迫っていく。 しかし湘南も85分に攻撃の形を作る。平松がFKからゴール前に送ったボールを大野が頭で折り返し、最後はオリベイラがヘディングシュート。決定機だったが、ここでもGK鈴木が立ちはだかった。 浦和は94分にボックス右に抜け出した田中がGKと一対一となり、勝ち越しの千載一遇のチャンスを迎えるが、今度は湘南GK富居がビッグセーブ。結局、開幕戦はゴールレスドローに終わった。 2日に行われたもう1試合、Bグループの大分トリニータvsヴィッセル神戸は、序盤は神戸が攻勢に出たが、徐々に押し返した大分が先制点を挙げる。20分、ボックス右でボールを持った長沢からパスを受けた松本がダイレクトでクロスを供給。これを藤本が頭で合わせてネットを揺らした。 対する神戸も前半終了間際のCKで、初瀬のクロスに増山が頭で合わせてゴール。同点で試合を折り返した。 神戸は後半もこの勢いを持続。51分、右サイドから櫻内が上げたクロスをニアで受けた増山が胸トラップからさらに中へ供給。頭で合わせた櫻井シュートはGKに弾かれるものの、セカンドボールを中坂が押し込み逆転に成功した。 その後、互いに交代策を施す中、神戸は途中出場の井上のお膳立てから田中がゴールに迫る。するとその2分後の81分、途中出場の佐々木がボックスへ侵入しラストパス。ボックス中央から田中が流し込んだ。 そして、試合は神戸が1-3で逆転勝利。J1リーグ同様に白星スタートを切った。 ◆YBCルヴァンカップ 【Bグループ】 《第1節》 大分トリニータ 1-3 ヴィッセル神戸 【Cグループ】 《第1節》 湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ 2021.03.02 21:28 Tue
twitterfacebook
thumb

いきなりVAR発動! 杉本弾取り消しの新生・浦和が終始ペース握るもFC東京が追いつきドロー【明治安田J1第1節】

27日、2021明治安田生命J1リーグ開幕節の浦和レッズvsFC東京が埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。 新シーズンの開幕戦。緊急事態宣言下での試合となったため5000人に制限され、FC東京のサポーターは観戦できない状況で開幕を迎えた。 ホームの浦和は、徳島ヴォルティスを昨シーズンの明治安田J2優勝に導いたリカルド・ロドリゲス監督を招へい。[4-4-2]をベースに可変システムを採用している。 開幕戦の先発には、GKに西川周作、最終ラインは右からDF宇賀神友弥、DF岩波拓也、DF槙野智章、DF山中亮輔が入り、ボランチには新加入のMF伊藤敦樹とキャプテンのMF阿部勇樹、右サイドに新加入のMF明本考浩、左サイドにMF汰木康也、トップ下気味にMF小泉佳穂が入り、トップにFW杉本健勇が起用された。 対するFC東京は、昨シーズンはYBCルヴァンカップを制し、悲願のリーグ制覇に臨む。長谷川健太監督の下、昨シーズンから継続する[4-3-3]を採用。GKは波多野豪、守備ラインは右からDF中村帆高、DF渡辺剛、DF森重真人、DF小川諒也が並び、アンカーにMFアルトゥール・シルバ、インサイドハーフにMF東慶悟とMF安部柊斗を起用。3トップは右に新加入のMF渡邊凌磨、左にFWレアンドロ、中央にFWディエゴ・オリヴェイラを起用した。 昨シーズンはFC東京が2勝したカード。目まぐるしくポジションを入れ替えるリカルドイズムが表れている浦和が最初にチャンスを作る。 5分、山中のパスを受けた小泉が丁寧にスルーパス。これを受けた杉本がボックス内左から落ち着いて流し込みネットを揺らした。 幸先よく浦和が先制したかと思われたが、このゴールに対して今シーズンはJ1の全試合で導入されるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェックが入り、杉本のポジションがオフサイドだったとして得点が取り消されている。 FC東京はJ1デビューとなった右サイドの渡邊の突破からの組み立てを目指すが、なかなかゴールに迫れない。 浦和は集中した守備と、トランジションの早さでFC東京の攻撃の芽を敵陣で詰みペースを握る。FC東京はディエゴ・オリヴェイラやレアンドロを使うも、なかなか崩すまでは至らない。 30分にも浦和が決定機。岩波からの縦パスを受けた明本が森重を背負いながら体を入れ替えて抜け出すと、ボックス内でかわして折り返し。しかし、杉本はシュートをミートできず。こぼれ球を小泉が拾うがシュートは打てない。 押し込み続ける裏は38分、汰木からの浮き球のパスに対して飛び出した明本がヘッド。しかし、GK波多野が飛び出してパンチングで対応した。 浦和は前半アディショナルタイムにボックス手前、24mの位置でFKを獲得。これを山中が豪快に左足で狙うと、壁に入っていた汰木の背中に当たってディフレクト。シュートは枠に飛んだが、GK波多野がしっかりとキャッチし前半が終了する。 FC東京は後半スタートからディエゴ・オリヴェイラに代えてアダイウトンを起用する。すると後半立ち上がりの47分、森重の浮き球のパスに抜け出した東がボックス中央でトラップ。浦和守備陣の一瞬の隙を突いたが、これはシュートまではいけない。 後半もペースを掴んだのは浦和。パスをつなぎつつ、サイドを起点にFC東京ゴールに迫る。 出足の早い守備は変わらず、細かいパスを繋いでいた前半からサイドからのクロスが増えている後半。しかし、高さのあるFC東京はしっかりと対応して得点を許さない。 それでも迎えた74分、ついに浦和が均衡を破る。右CKを獲得すると小泉のクロスをニアで明本がフリックするとボックス内で槙野がシュート。これをGK波多野がなんとか触り、東がクリア。しかし、これを阿部がダイレクトで蹴り込むと、コースが変わりネットを揺らし、浦和がついに先制する。 先制を許したFC東京は、アルトゥール・シルバと東に代えて、新加入の青木拓矢と三田啓貴を投入。浦和は攻守で良いパフォーマンスを見せていた小泉を下げ、新加入の田中達也を入れた。 そのうらは79分にもビッグチャンス。ボックス左から山中がクロスを入れると、杉本がニアでヘッド。しかし、GK波多野が左手一本でナイスセーブを見せ、追加点を許さない。 ここまでチャンスを作れていなかったFC東京だが、セットプレーから86分についに仕留める。岩波のファウルでFKを得たFC東京は、三田が精度の高いボールをボックス内に入れると、中央で森重がドンピシャヘッド。これが決まり、FC東京が同点に追いつく。 試合終盤で追いついたFC東京に対し、浦和は最後まで攻勢を強めるがゴールは奪えず。そのまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。 浦和レッズ 1-1 FC東京 【浦和】 阿部勇樹(後29) 【FC東京】 森重真人(後41) 2021.02.27 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和加入の田中達也に第一子となる女児誕生 「より一層責任感を持ってサッカーに」

浦和レッズは25日、MF田中達也(28)の第一子誕生をクラブ公式ツイッターを通じて報告した。 9日に女の子を授かった田中はクラブを介して「コロナ禍で立ち会いもできない中、がんばって出産してくれた妻と、元気に産まれてきてくれた娘、そしてサポートしてくれた病院のスタッフの方々には感謝しかありません。家族も増え、これからはより一層責任感を持ってサッカーに打ち込んでいきたいと思います」と決意を新たにした。 浦和のレジェンドであるFW田中達也(現・アルビレックス新潟)と同姓同名の選手として話題を呼び、背番号も同選手と同じ「11」を背負う田中は今季、大分トリニータから完全移籍加入。ドリブラーとしてはもちろん、大分時代に磨きをかけた得点力の面でも活躍が期待される。 2021.02.25 16:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly