3分間に2失点で完敗のナポリ、ガットゥーゾ監督は嘆き節「リードされると落ち込んでしまう」

2021.02.19 12:38 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)での敗戦に落胆している。クラブ公式サイトが伝えた。

18日に行われたELラウンド32・1stレグで、ナポリはグラナダとアウェイで対戦。先週末のリーグ戦でユベントスに勝利し、ガットゥーゾ監督は解任を免れたものの、この日は19分、21分と3分間で2失点を喫すると、反撃も及ばず2-0でそのまま敗れた。


敗戦しただけでなく、アウェイゴールも奪えなかったナポリは、2ndレグを前に非常に苦しい状況に。ガットゥーゾ監督は、結果が必ずしも内容を反映したものではないと語っている。

「0-2というスコアは嘘だと思う。この結果は、試合全体の流れを反映したものではない。敗北という結果にも、我々が達成できたはずのものを逃した内容にも後悔がある。もう少し正確さと冷静さがあれば、少なくとも1ゴールは奪えただろう」

「最初の20分の我々は、あまりにも正確性に欠けミスが出てしまい、大きな代償を支払った。しかし、その後チームは良い反応を示せたと思う。多くの欠場者が出ていたにもかかわらず、均衡した試合ができたんだ」

ガットゥーゾ監督は、現在チームが多くの負傷者を抱えていると言及。代わりに出場した選手のプレーについては称えつつ、ミスを引きずるメンタリティを嘆いた。

「起用できる選手の数が限られており、緊急事態に陥っているのは事実だ。しかし、今夜プレーした選手たちはまだ生きていることを示してくれたし、試合に出るだけの資質があると信じている」

「残念ながら、我々はリードされると落ち込んでしまう。自分たちのミスに溺れ続け、試合に復帰するのに時間がかかるんだ」

「しかし、我々はもっと多くを成し遂げられたはずということは繰り返したい。まだ敗退したわけではなく、2ndレグで自分たちを出すことはできる。今はその日のために生きなければならない。明日は起用可能な選手を数え、週末のアタランタ戦に集中していく」

関連ニュース
thumb

グラムに再び悲劇…左ヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱に

ナポリは8日、アルジェリア代表DFファウジ・グラムが左ヒザ前十字靭帯の断裂で手術を受けることを発表した。 グラムは7日に行われたセリエA第26節のボローニャ戦に先発出場。しかし、試合中に負傷し、22分にDFエルセイド・ヒサイと交代していた。 そして、8日に精密検査を受けたグラムは、左ヒザ前十字じん帯断裂と診断された。クラブによれば、同日中にローマのヴィラ・スチュアート病院にてピエル・パオロ・マリアーニ医師の下で手術を受けるとのことだ。 2014年1月にサンテチェンヌからナポリへと加入したグラムは、過去にもヒザを負傷し長期離脱を経験している。 2017年11月には右ヒザ前十字じん帯を断裂すると、2018年2月には右ヒザの膝蓋骨を骨折。2018年7月に手術を受けていた。 今シーズンはここまでケガなくプレーし、セリエAで11試合に出場。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していたが、またしてもヒザのケガに見舞われることとなってしまった。 2021.03.08 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリDFグラムが左ヒザを負傷、過去に2度右ヒザにも大ケガ

ナポリは7日、アルジェリア代表DFファウジ・グラムの負傷を発表した。 グラムは7日に行われたセリエA第26節のボローニャ戦に先発出場。しかし、試合中に負傷し、22分にDFエルセイド・ヒサイと交代していた。 クラブの発表によると、グラムは左ヒザを捻挫したとのこと。8日に精密検査を受けることになるようだ。 2014年1月にサンテチェンヌからナポリへと加入したグラムは、過去にもヒザを負傷し長期離脱を経験している。 2017年11月には右ヒザ前十字じん帯を断裂すると、2018年2月には右ヒザの膝蓋骨を骨折。2018年7月に手術を受けていた。 今シーズンはここまでケガなくプレーし、セリエAで11試合に出場。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していたが、またしてもヒザのケガに見舞われることとなってしまった。 なお、イタリア『カルチョメルカート』によると、前十字じん帯を損傷している可能性があるとのことだ。 2021.03.08 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェのドッピエッタでナポリが冨安欠場のボローニャに勝利《セリエA》

セリエA第26節、ナポリvsボローニャが7日に行われ、3-1でナポリが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場となっている。 前節サッスオーロにラストプレーのPK被弾で3-3の引き分けに持ち込まれた6位ナポリ(勝ち点44)は、メルテンスを最前線に、2列目に右からポリターノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べた。 冨安の負傷欠場が続く12位ボローニャ(勝ち点28)に対し、 ナポリは8分に先制する。ジエリンスキの意表を突いたヒールパスに反応したペナルティアーク中央のインシーニェがゴール右に蹴り込んだ 先制後もナポリが主導権を握る中、20分にオルセンのシュートが左ポストに直撃したボローニャがオープンな展開に持ち込むと、25分にはインシーニェのミドルシュートが枠を捉えたが、GKスコルプスキのファインセーブに阻まれる。 続く29分にはパラシオがゴール至近距離からヘディングシュートを放つも、こちらはGKオスピナの好守に阻まれ、44分にはスルーパスに抜け出したパラシオがネットを揺らすもわずかにオフサイドで、ナポリが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半開始2分、パラシオがGKオスピナのキックをカットしてネットを揺らしたが、ファウルを取られてノーゴールに。 その後半はボローニャが押し込む時間が増えたものの、65分にナポリが突き放す。途中出場のオシムヘンがジエリンスキのパスを受けてDFをぶっちぎりボックス右からシュートを決めきった。 昨年11月以来となる今季3ゴール目がオシムヘンに生まれたナポリは、68分にもインシーニェのラストパスを受けたオシムヘンにビッグチャンスが訪れるも、ここは枠を捉えきれない。 すると73分、ボローニャが1点を返す。デンメの自陣でのボールロストを誘い、最後はソリアーノがボレーで蹴り込んだ。 しかし77分、ナポリが勝負を決定付けた。決めたのはキャプテンのインシーニェ。デ・シルベストリからボールを奪ったインシーニェが持ち上がってボックス手前左からミドルシュートを決めきった。 85分にはFKからバロウの強烈なシュートがGKオスピナを強襲したものの、ナポリが3-1で勝利。主将のドッピエッタで上位に食らいついている。 2021.03.08 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ激昂、練習態度の悪かったマリオ・ルイを強制帰宅

ナポリのポルトガル代表DFマリオ・ルイが練習態度の悪さを理由に、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の逆鱗に触れたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 イタリアの報道によるとマリオ・ルイは4日の練習中にガットゥーゾ監督の怒りを買ったようだ。練習態度に問題があったマリオ・ルイに対し、ガットゥーゾ監督は練習を止めさせ、強制帰宅にしたとのことだ。 今季もナポリの左サイドバックのレギュラーを務めていたマリオ・ルイだったが、公式戦ここ3試合はベンチ入りのみで出場機会がない状況だった。 2021.03.05 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「クソチーム」発言のインシーニェ、クラブは問題なしと公式声明

イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの発言を巡って、ナポリがSNSを通じて公式声明を発表した。 問題発言があったのは3日に行われたセリエA第25節のサッスオーロ戦後のこと。ナポリは90分にインシーニェのPKで逆転に成功したのだが、その後の後半アディショナルタイムで逆にPKを与えてしまい、眼前で勝利を逃していた。 この結果に怒りを爆発させたインシーニェは、ピッチからの去り際に看板を蹴り付け、さらには不甲斐ない内容だったチームに対し「クソチーム」と暴言を吐いたと、イタリアメディアによって伝えられていた。 また、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督とも衝突したと言われたインシーニェだが、その後、代理人のピサカーネ氏は「そのようなことはない」と迅速に否定。そして、クラブもこの発言におけるチームメイトとの摩擦はないと声明を発表した。 「様々なメディアによってニュースが広まりましたが、ロレンツォ・インシーニェとチームメイトとの間に摩擦がなかったことを確認します。サッスオーロ戦後の選手の怒りは、試合結果のみに向けられたものです」 2月以降のナポリは公式戦9試合で3勝しか挙げておらず、ガットゥーゾ監督もクビ寸前まで追い込まれたことも。この苦境に、インシーニェはキャプテンとして責任を感じ過ぎてしまったのかもしれない。 2021.03.05 19:24 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly