スカッとゴール! ファルカオの本能から生まれた絶妙ループシュート

2021.02.21 07:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。2021年2月21日にご紹介するのは、今から4年前にコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが決めたゴールです。


◆2戦合計12発の打ち合い!モナコのCLベスト8を手繰り寄せるファルカオのループ

◆ここがスカッと!
チャンピオンズリーグの決勝トーナメント、2-2の同点の状況というプレッシャーのかかる場面で、完璧なループシュートを決めるファルカオのストライカーらしさが見事です。

◆完全復活
プレミアリーグではケガもあり結果を残せなかった中、ファルカオは2016年夏にモナコに復帰すると、2016-17シーズンは公式戦43試合で30得点を記録し、完全復活を遂げます。

中でも、2017年2月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16のマンチェスター・シティとの1stレグでのゴールは圧巻でした。

FWキリアン・ムバッペ(現パリ・サンジェルマン)と2トップを組んだファルカオ、両者ともに得点を奪い、2-2で迎えた61分にファルカオが2点目を奪います。

MFトマ・レマル(現アトレティコ・マドリー)からのパスを受けたファルカオは、ボックス左端でDFジョン・ストーンズと対峙。切り返しでかわし、中へ侵入すると、飛び出してきたGKウィリー・カバジェロ(現チェルシー)の頭上を越すループシュートで、ゴールネットを揺らします。

この試合は、ここからシティが3点を奪い、5-3でシティが勝利。しかし、ファルカオ不在で迎えた2ndレグでは、モナコがムバッペやMFファビーニョ(現リバプール)らのゴールで3-1と勝利し、2戦合計6-6という壮絶な打ち合いの末に、アウェイゴール差でモナコがベスト8へと進出しています。
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 運も味方したセーブ不能のディフレクションゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月5日にご紹介するのは、今から3年前にイングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆名手デ・ヘアが一歩も動けず!タウンゼントが決めた鮮やかなダイレクトミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFRjBOTzdzNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ゴールには時に運も必要なモノ。シュートを撃たなくては点は入らないという言葉を体現するようなゴールです。 ◆ディフレクションしたボールが完璧なコースへ 2016年からクリスタル・パレスでプレーするタウンゼントは、ドリブルやボレーシュートを得意としており、これまでにいくつかのスーパーゴールを決めてきました。そんなタウンゼントですが、2018年3月5日に行われたプレミアリーグ第29節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、上位相手にややラッキーなゴールを決めています。 0-0で迎えた11分、クリスタル・パレスが攻め立てると、ボックス左でFWクリスティアン・ベンテケがボールを受けます。相手からのプレッシャーをいなしながらボールをキープするベンテケは後方から上がってきたタウンゼントへとパス。 タウンゼントはボックス中央手前からダイレクトミドルシュートを放つと、左足から放たれたシュートは目の前にいたDFに直撃。しかし、ディフレクションしたボールが見事なコースへと飛んでいくと、名手GKダビド・デ・ヘアも一歩も動けず、ゴール右隅に吸い込まれました。 シュートを打たなければ100%ゴールは入らない。トライすることの大事さを教えてくれるゴールです。 2021.03.05 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 最初から最後まで自分の力だけで決めた“究極”のソロゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月4日にご紹介するのは、今から4年前にイングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ボール奪取からゴールまで…全てを1人でやってのけたタウンゼントの100%ソロゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDRGhkTTg1USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 自分で相手からボールを奪い、そのまま誰にもボールを渡すことなくピッチを駆け上がり、ゴールを決めてしまう。究極のソロゴールです。 ◆1から10まで自分の力だけで決める クリスタル・パレスにおいて、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハとともにドリブラーとして攻撃を牽引するタウンゼント。今シーズンも好調を維持するレフティーですが、2017年3月4日に行われた、プレミアリーグ第27節のWBA戦では圧巻のソロゴールを決めています。 1-0でリードして迎えた84分、前線に人数をかけて最後の攻勢に出るWBAに対して、クリスタル・パレスが守りを固める展開が続く中、タウンゼントが魅せます。 ボックス右まで侵入してきたWBAのMFジョナサン・レコとマッチアップしたタウンゼント。駆け引きの中でボールを奪取したタウンゼントは、そのままドリブルを開始。ボールを取り返そうと追いかけてくるレコのプレッシャーをいなすと、そのまま独走態勢に入ります。 試合終盤ということもあり、中々戻ってこないWBAディフェンスに対し、ドリブルを続けるタウンゼントは、連続シザースで相手DFを左右に振りながらボックス内に侵入。左へ切り替えし、一瞬シュートチャンスを得ると左足で強烈なシュート。GKベン・フォスターのニアポストを抜き、試合を決定づける2点目を奪ってみせました。 試合終了間際にピッチの縦幅ほぼ全てを1人で走り切って得点を奪ったタウンゼントは、両手を挙げて喜びながらピッチ上に大の字に倒れ込む。その姿はこのゴールの素晴らしさを物語っています。 2021.03.04 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 左右に相手DFを翻弄するC・パレスのエースFWのドリブル突破

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月3日にご紹介するのは、今から約2年前にコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆パレスのエース、ザハが相手DF2人を一度に手玉に取った鋭角ターン<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxdWRUMjlIMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 対峙した相手DFをキックフェイントで左右に翻弄。しかもそれが1人ではなく2人となれば、決まった時の爽快感は圧巻です。 ◆古巣で復活 マンチェスター・ユナイテッドではMF香川真司ともプレーしたザハですが、赤い悪魔では輝けず、2014年夏にクリスタル・パレスに復帰しました。 復帰後は抜群のドリブル突破力でチームのエースとして攻撃を牽引するザハですが、2019年3月2日に行われたプレミアリーグ第29節のバーンリー戦では、見事なゴールを決めています。 2-0とパレスリードの76分、ボックス手前やや右でボールを受けたザハは、細かいフェイントやステップを絡めながらゴール前へ仕掛けます。マークに来た相手を鋭いターンで引きはがすと、必死に食らいついてきた相手DF2人の前で、もう一度鋭角ターン。両DFを手玉にとってシュートスペースを作ったザハは、GKの足元を抜く鋭いグラウンダーのシュートを決め、試合を決める3点目を奪いました。 一度失敗の烙印を押されながらも、復活を遂げたザハ。年齢的にも28歳とキャリアの最盛期を迎えています。 2021.03.03 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ヤヤ・トゥーレの技巧派ミドルシュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月2日にご紹介するのは、今から7年前に元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆頼れる男のゴールで反撃の狼煙!パワー型MFヤヤ・トゥーレが見せた技巧派ミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6azJLbDduZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 思い切り振りきるのではなく、ゴルフのアプローチのように狙いすましたシュートで相手GKの届かないコースへと蹴り込む。ここしかないというコースへピンポイントで吸い込まれた素晴らしいゴールです。 ◆意表を突くダイレクトシュート 2月にウクライナのオリンピック・ドネツクでアシスタントコーチに就任したヤヤ・トゥーレ氏は、2010年に加入したマンチェスター・シティで公式戦316試合に出場し79ゴール50アシストを記録。中盤の選手らしからぬ得点力を発揮しました。 2014年3月2日に行われたEFLカップ決勝のサンダーランド戦では、テクニックの光るゴールを決めています。 格下とされながらも、リーグ戦でマンチェスター・シティが苦戦することの多かったサンダーランドとの決勝戦となったこの試合では、サンダーランドが先制。それでも0-1で迎えた55分にシティにチャンスが訪れます。 右サイドのDFパブロ・サバレタのボールを敵陣中央やや左で受けたヤヤ・トゥーレは、ゴールまで距離のある位置からダイレクトでロングシュート。狙いすまされたカーブシュートは、相手GKの虚をつき、美しい弧を描きながらファーサイドのサイドネットへと吸い込まれていきました。 ヤヤ・トゥーレの同点弾で反撃の狼煙を上げたシティは、直後にすぐさま勝ち越し。試合終了間際にも1点を加え、3-1で見事EFLカップを制覇しています。 2021.03.02 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! マンチェスター・シティ攻撃陣の完璧な崩し!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年3月1日にご紹介するのは、今から約3年前に元スペイン代表MFダビド・シルバが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆完璧な崩し!シティ攻撃陣による流れるようなパスワークから生まれたD・シルバの2ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6YUVQbVlCbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ワンタッチもしくはツータッチのパスを続け、相手のディフェンスを翻弄した上でのゴール。攻撃的かつ流動的なサッカーの理想形とも言えるゴールです。 ◆マンチェスター・シティの中盤を司る存在 ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、質そして量ともに申し分ない中盤を擁し、支配的なサッカーを披露するマンチェスター・シティ。今シーズンからレアル・ソシエダでプレーするD・シルバはシティの中盤をコントロール存在として唯一無二の存在感を発揮しました。 2018年3月2日に行われたプレミアリーグ第30節のストーク・シティ戦では、シティの攻撃陣がその能力を存分に発揮しています。 まずは、0-0で迎えた10分、中央を経由してのサイド突破で、FWラヒーム・スターリングが右サイドの相手DFの裏を取るとそのままボックス右まで侵入。ここで絶妙のタイミングで攻撃参加し、相手DFの間でフリーになっていたD・シルバがゴール前でボールを受け、これを流し込み先制点を決めます。 続いて1-0で迎えた50分、またしても素早いパス回しでハーフウェイライン付近から瞬く間にゴール前でチャンスを作ると、ボックスの手前でボールを受けたD・シルバが、FWガブリエウ・ジェズスとのパスを経て、ボックス内でパスを受けます。飛び出してきたGKの取れないコースにしっかりとシュートを放つと、貴重な追加点を奪いました。 これで完全に試合の主導権を握ったシティは、D・シルバの2ゴールをそのまま守り、2-0で危なげなく勝利しています。 2021.03.01 07:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly