財政危機の鳥栖で社長交代、竹原稔社長が退任し後任は福岡淳二郎氏

2021.02.05 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サガン鳥栖は5日、クラブを運営する株式会社サガン・ドリームスの竹原稔 代表取締役の退任が決定。新たに執行役員の福岡淳二郎氏が代表取締役に就任することを発表した。

竹原氏は、2011年5月に代表取締役に就任。尹晶煥監督(現ジェフユナイテッド千葉)が率いたシーズンでJ2で2位となりJ1に昇格していた。

チームはその後J1に定着した一方で、2016年にはドイツ人指揮官のフェリックス・マガト氏の招へいに動くも破談。2018年にはワールドカップでの優勝経験もある元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得するなど、大きな話題を集めていた。
一方で、昨シーズンは財政危機に陥り「サガン鳥栖の未来を護るために、私の辞任を含めて検討しております。それがサガン鳥栖の生き延びる道だからです」とし、「約10億円の赤字の見通しで、約10億円の債務超過として決算を報告する事になります。サガン・ドリームスにとっても、J1昇格以来、初めて負債総額が資産総額を上回る状態となります」と債務超過に陥ることが発表されていた。

新任の福岡氏は、佐賀県サッカー協会で技術委員長を務めたほか、九州サッカー協会でも技術委員長を務め、2020年からは佐賀県サッカー協会の会長を務めていた。

両氏はクラブを通じてコメントしている。

福岡淳二郎代表取締役
「本日開催された臨時株主総会、臨時取締役会をもちまして、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役を拝命いたしました。J1のステージで10シーズン目となる節目でありながら、厳しい財政状況が続くなかに新型コロナウィルス感染拡大の影響が重なるタイミングでバトンを受け取り、責任の重さに身の引き締まる思いでございます」

「いつもサガン鳥栖を応援していただいているファン・サポーターの皆様をはじめ、スポンサー企業、株主の皆様、そしてホームタウンである鳥栖市をはじめ地元行政の皆様などクラブを支えていただいている全ての方々と一緒に、しっかりと足下を見つめなおしながら一歩一歩、確実に前に進みたいと考えています」

「今年はクラブスローガンに「Full Power」と掲げ、チーム、フロント、そして皆様とともに“砂岩”となり全力で「クラブワーク」を発揮し、ホームタウンである鳥栖市をはじめとする佐賀県内の全市町とこれまで以上に連携を深めるなど、クラブを取り巻く全てのステークホルダーの皆様と共に、持続可能な地方クラブのモデルを目指していきます。サガン鳥栖が、より皆様に愛され、地域の誇りとして未来まで輝けるよう私自身も全力で努力して参ります。引き続きサガン鳥栖へのご支援と、より一層の熱いご声援をよろしくお願いいたします」

竹原稔前代表取締役
「この度、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役を退任することとなりました」

「2011年に就任してから約10年間、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、地域の皆様をはじめサガン鳥栖に関わるすべての皆様に支えていただきましたことを、心より御礼申し上げます」

「私はスポーツの力を限りなく信じておりますし、この街にこのクラブがあることも誇りに思っております。皆様に育てられ、愛されたこのクラブが、今後も未来に向かってこの地に根をはり続けられるよう、より一層のご支援をよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

鳥栖GK板橋洋青が21歳で引退決断、アカデミー育ちもプロでは出番なし「この決断に後悔はないです」

サガン鳥栖は27日、GK板橋洋青(21)の現役引退を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験。2020年に正式昇格を果たした。 しかし公式戦の出番はなし。2022シーズンは愛媛FCへと期限付き移籍していたが、愛媛でも出番はなかった。 U-17やU-18日本代表を経験した中、プロキャリアでは出番がなかった板橋はクラブを通じてコメントしている。 「小学一年生から始めたサッカーを辞めることに決めました。僕にとってこの決断に後悔はないです」 「サガン鳥栖の選手としてたくさんの方と出会い、支えられました。本当にありがとうございました」 2023.01.27 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

「アンラッキーなデビュー」グラスホッパー加入・原輝綺の欧州初出場はほろ苦に…クロス後逸で失点直結…

グラスホッパーへ新加入したMF原輝綺(24)。海外デビュー戦は無念の結果に終わってしまった。 原は今冬に清水エスパルスからスイス・スーパーリーグのグラスホッパーへ半年間の期限付き移籍で加入。初の欧州挑戦に臨んだ。 21日の第17節、雪が降りしきるホームでの首位・ヤングボーイズ戦で早速ベンチ入り。スタメン出場となった"先輩"2人、川辺駿と瀬古歩夢をサブから見守ると、1点ビハインドの60分にデビューの時を迎えた。 [3-4-2-1]の左ウイングで先発したドミニク・シュミットに代わってピッチへ立った原だが、残念ながら失点に関与することに。78分、自身への縦パスをカットされて懸命にリカバリーを試みるも、最終的にはボックス内でクロスのバウンドを見誤り、後逸。背後の相手選手にゴールを許してしまった。 グラスホッパーは終盤に1点を返すも1-2で惜敗。クラブの速報では「ポジショニングミス」で「アンラッキーなデビューとなった」と称された原。今後の巻き返しが期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】原輝綺、バウンドの処理を誤り失点に大きく関与…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="WfS2-QrQz_A";var video_start = 234;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 14:27 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖退団の湯澤洋介、九州リーグのジェイリースFCに加入

サガン鳥栖は20日、MF湯澤洋介(32)の新天地が九州サッカーリーグのジェイリースFCに決まったと発表した。 矢板中央高校出身の湯澤は2013年に駒澤大学から栃木SC入り。その後、水戸ホーリーホック、京都サンガF.C.を渡り歩き、2020年から鳥栖に活躍の場を移した。 鳥栖ではキャリア初のJ1挑戦にもなったが、2021年夏に右ヒザ前十字じん帯を断裂。昨季は天皇杯の1試合に出場したのみで、昨年12月に契約満了となった。 ジェイリースFCの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「まだサッカーを続けられる環境を与えてくださったジェイリースFCさんにとても感謝しています。今まで自分がJリーグで経験してきた様々な事をチームに還元し、チーム目標であるJFL昇格を掴む一助となるべく精進したいと思います。そして応援してくださる皆様と一緒に、大分を盛り上げていけるよう全力で頑張ります。どうぞよろしくお願いします」 2023.01.20 15:35 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW兒玉澪王斗、今季も修行へ! JFL鈴鹿が新たな活躍先に

サガン鳥栖は18日、FW兒玉澪王斗(20)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍する旨を発表した。移籍期間は2024年1月31日までとなる。 鳥栖アカデミー出身の兒玉は2種登録を経験して、2021年に正式昇格。SC相模原入りした同年夏に続くレンタルで、昨年もレノファ山口FCに活躍の場を移した。 山口では明治安田生命J2リーグ22試合に出場して1得点をマークしたが、レンタル契約が終了。そして、今季からはJFLの鈴鹿でさらに力を磨く運びとなった。 鳥栖の公式サイトを通じて、「鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍することなりました」と移籍を報告するとともに、活躍を誓った。 「結果という2文字のために全力で戦ってきます。また鳥栖の元を離れてしまいますが、少しでも気にかけてもらい応援してください。楽しんできます」 2023.01.18 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

GK朴一圭が永久欠番の逆「71」を背負うことに! 鳥栖が新シーズンの選手背番号を発表

サガン鳥栖は11日、2023シーズンの新体制と選手背番号を発表した。 2022シーズンは川井健太監督が就任し、若手を軸にアグレッシブなサッカーを体現。主導権を握るサッカーを植え付けていきながらも、シーズン終盤は敗戦が続くなど、11位でフィニッシュしていた。 2023シーズンに向けては多くの選手が入れ替わる事態に。期限付き移籍中だったFW宮代大聖(→川崎フロンターレ)、FW垣田裕暉(→鹿島アントラーズ)が揃って退団。また、MF小泉慶(→FC東京)、DFジエゴ(→柏レイソル)といった主軸に加え、MF福井太智(→バイエルン)、FW荒木駿太(→FC町田ゼルビア)、FW梶谷政仁(→ブラウブリッツ秋田)など若手は武者修行に出た。 一方で、ユースから4名を昇格させたほか、DFアンソニー・アクム(←カイザー・チーフス)、MF河原創(←ロアッソ熊本)、DF山﨑浩介(←モンテディオ山形)、MF樺山諒乃介(←横浜F・マリノス)、FW富樫敬真(←ベガルタ仙台)、FW横山歩夢(←松本山雅FC)などを補強した。 背番号では、新加入組では山﨑が「2」、アンソニー・アクムが「3」、河原が「5」、富樫が「22」、横山が「32」、樺山が「41」を着用する。 その他、GK朴一圭が「40」から「71」に変更。鳥栖の設立に奔走したことでも知られる坂田道孝氏の命日であり、鳥栖のサポーターナンバー、そしてJリーグ初の永久欠番ともなっている「17」の逆の数字を付けることになった。 ◆選手背番号 GK 12.コ・ボンジョ←龍仁大学(韓国)/新加入 21.オム・イェフン 31.岡本昌弘 35.内山圭←藤枝MYFC/完全移籍 71.朴一圭※背番号変更「40」 DF 2.山﨑浩介←モンテディオ山形/完全移籍 3.アンソニー・アクム←カイザー・チーフス(南アフリカ)/完全移籍 13.中野伸哉 20.ファン・ソッコ 26.平瀬大←早稲田大学/新加入 30.田代雅也 33.竹内諒太郎←サガン鳥栖ユース/昇格 38.大里皇馬←サガン鳥栖ユース/昇格 42.原田亘 49.坂本稀吏也←モンテディオ山形/期限付き移籍 MF 4.島川俊郎 5.河原創←ロアッソ熊本/完全移籍 6.福田晃斗 7.手塚康平 8.本田風智 10.小野裕二 14.藤田直之 18.西川潤←セレッソ大阪/期限付き移籍延長 19.森谷賢太郎※背番号変更「47」 23.菊地泰智 24.長沼洋一 27.楢原慶輝←サガン鳥栖ユース/昇格 37.坂井駿也←サガン鳥栖ユース/昇格 44.堀米勇輝 FW 22.富樫敬真←ベガルタ仙台/完全移籍 25.藤原悠汰←モンテディオ山形/復帰 28.河波櫻士←関東学院大/新加入 29.岩崎悠人←北海道コンサドーレ札幌/期限付き移籍→完全移籍 32.横山歩夢←松本山雅FC/完全移籍 41.樺山諒乃介←横浜F・マリノス/完全移籍 2023.01.11 22:08 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly