財政危機の鳥栖で社長交代、竹原稔社長が退任し後任は福岡淳二郎氏

2021.02.05 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
サガン鳥栖は5日、クラブを運営する株式会社サガン・ドリームスの竹原稔 代表取締役の退任が決定。新たに執行役員の福岡淳二郎氏が代表取締役に就任することを発表した。竹原氏は、2011年5月に代表取締役に就任。尹晶煥監督(現ジェフユナイテッド千葉)が率いたシーズンでJ2で2位となりJ1に昇格していた。


チームはその後J1に定着した一方で、2016年にはドイツ人指揮官のフェリックス・マガト氏の招へいに動くも破談。2018年にはワールドカップでの優勝経験もある元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得するなど、大きな話題を集めていた。

一方で、昨シーズンは財政危機に陥り「サガン鳥栖の未来を護るために、私の辞任を含めて検討しております。それがサガン鳥栖の生き延びる道だからです」とし、「約10億円の赤字の見通しで、約10億円の債務超過として決算を報告する事になります。サガン・ドリームスにとっても、J1昇格以来、初めて負債総額が資産総額を上回る状態となります」と債務超過に陥ることが発表されていた。

新任の福岡氏は、佐賀県サッカー協会で技術委員長を務めたほか、九州サッカー協会でも技術委員長を務め、2020年からは佐賀県サッカー協会の会長を務めていた。

両氏はクラブを通じてコメントしている。

◆福岡淳二郎代表取締役
「本日開催された臨時株主総会、臨時取締役会をもちまして、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役を拝命いたしました。J1のステージで10シーズン目となる節目でありながら、厳しい財政状況が続くなかに新型コロナウィルス感染拡大の影響が重なるタイミングでバトンを受け取り、責任の重さに身の引き締まる思いでございます」

「いつもサガン鳥栖を応援していただいているファン・サポーターの皆様をはじめ、スポンサー企業、株主の皆様、そしてホームタウンである鳥栖市をはじめ地元行政の皆様などクラブを支えていただいている全ての方々と一緒に、しっかりと足下を見つめなおしながら一歩一歩、確実に前に進みたいと考えています」

「今年はクラブスローガンに「Full Power」と掲げ、チーム、フロント、そして皆様とともに“砂岩”となり全力で「クラブワーク」を発揮し、ホームタウンである鳥栖市をはじめとする佐賀県内の全市町とこれまで以上に連携を深めるなど、クラブを取り巻く全てのステークホルダーの皆様と共に、持続可能な地方クラブのモデルを目指していきます。サガン鳥栖が、より皆様に愛され、地域の誇りとして未来まで輝けるよう私自身も全力で努力して参ります。引き続きサガン鳥栖へのご支援と、より一層の熱いご声援をよろしくお願いいたします」

◆竹原稔前代表取締役
「この度、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役を退任することとなりました」

「2011年に就任してから約10年間、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、地域の皆様をはじめサガン鳥栖に関わるすべての皆様に支えていただきましたことを、心より御礼申し上げます」

「私はスポーツの力を限りなく信じておりますし、この街にこのクラブがあることも誇りに思っております。皆様に育てられ、愛されたこのクラブが、今後も未来に向かってこの地に根をはり続けられるよう、より一層のご支援をよろしくお願いします」
関連ニュース
thumb

これぞ宇佐美貴史!今季初ゴールを奪いG大阪が初白星、鳥栖はホーム初黒星【明治安田J1第18節】

14日、明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖vsガンバ大阪が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1でG大阪が勝利を収めた。 G大阪がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するため、前倒しで行われた試合。互いに中2日でのゲームとなる。 鳥栖は前節ホームで横浜FCに3-0で勝利。連敗を2でストップさせたが、この試合ではスタメンを3名変更。大畑歩夢、小屋松知哉、樋口雄太が外れ、中野伸哉、中野嘉大、本田風智が入った。 対するG大阪は前節アウェイで柏レイソルと対戦し、1-0で敗戦。今シーズンは無得点で未勝利が続いている状況だ。前節からはスタメンを5名変更。チアゴ・アウベス、チュ・セジョン、山本耕平、倉田秋、レアンドロ・ペレイラが外れ、小野瀬康介、井手口陽介、奥野耕平、福田湧矢、宇佐美貴史が入った。 序盤にペースを握ったのはホームの鳥栖。セットプレーからシュートチャンスを作るがゴールを奪えない。対するG大阪は、前線のパトリックをターゲットに攻撃を仕掛ける。しかし、攻め手を欠いて、決定機を作れない。 11分には宇佐美が決定機。バイタルエリアでDFと一対一になった宇佐美がボックス手前からシュート。しかし、これはGK朴一圭がわずかに触る。 飲水タイムを挟んで迎えた25分にG大阪チャンス。宇佐美からのスルーパスにパトリックが反応するが、GK朴一圭が前に出てクリアする。 31分に鳥栖は左サイドから仙頭がクロス。これをファーサイドで林がヘディングで合わせるが、力なくGK東口がセーブする。 直後の32分にはG大阪がチャンス。福田が左サイドからクロスをあげると、ボックス内で小野瀬がトラップ。そのままシュートを放つが、DFエドゥアルドがブロックする。 34分には鳥栖がカウンター。ハーフウェイライン付近で林がボールを奪うとそのままドリブルで持ち上がる。ボックス内に侵入したが、コントロールを誤りシュートは打てず。仙頭がカバーするも、これもボールを奪われてしまう。 ゴールレスで終わった後半。鳥栖は47分に山下、中野嘉、仙頭とつなぎ、最後は仙頭のスルーパスを中野嘉がボックス内で受けてシュート。しかし、GK東口が前に出てセーブする。 後半立ち上がりから積極的なプレーを見せる鳥栖は54分にチャンス。本田からのスルーパスに林が反応するが、並走した昌子が間一髪防ぐ。 58分にも鳥栖がチャンス。ボックス付近でパスをつなぐと、ボックス内右でパスを受けた林が角度がないところからシュート。しかし、これは枠を外れる。 63分にはG大阪がCKからチャンス。左CKからのクロスがクリアされるが、ボックス手前で福田が拾いミドルシュート。しかし、これは枠を外れる。 互いに攻め合う中、G大阪に待望の瞬間が訪れる。68分、こぼれ球を奥野が拾って左へ展開。福田が周りを見てクロスを上げると、ファーサイドに走り込んだ宇佐美がトラップからそのままシュート。これが決まり、G大阪が先制。2021シーズンの初ゴールとなった。 先制を許した鳥栖は71分にチャンス。右CKからエドゥアルドがヘッド。そのボールを小屋松がヘディングで合わせるが、これはGK東口がキャッチする。 G大阪は今シーズン初めてリードして試合を進める中、追いつきたい鳥栖が猛攻。しかし、G大阪はFWのパトリックも積極的に守るなど、集中した守備を見せてシュートチャンスをなかなか作らせない。 最後まで鳥栖が押し込む展開が続くが、G大阪が集中し続けてタイムアップ。0-1でG大阪が勝利し、シーズン初白星を記録。鳥栖はホームで初黒星となった。 サガン鳥栖 0-1 ガンバ大阪 【G大阪】 宇佐美貴史(後23) 2021.04.14 20:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鳥栖vsG大阪】ホームで連勝目指す鳥栖、G大阪は初ゴール&初白星を目指す

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年4月14日(水) 19:00キックオフ サガン鳥栖(17pt/4位) vs ガンバ大阪(2pt/18位) [駅前不動産スタジアム] ウノゼロでの連敗を止めた鳥栖はホームで連勝を。対するG大阪はアウェイ連戦で、初ゴールを奪えるか。 ◆連敗ストップ、連勝へ【サガン鳥栖】 前節はホームで新体制となった横浜FCを相手に3-0で快勝。アウェイでの連敗を止め、再び無失点で勝利を収めた。 セレッソ大阪、川崎フロンターレと連続して1-0で敗れ、気落ちしかねない状況だったが、チームとしての可能性どの違いを遺憾なく発揮し3ゴールを奪い切ることに成功した。 中2日で行われる今節。ホームでの連戦となるため、移動の負担はない。金明輝監督がどのようなメンバーを並べるのかは注目。ホームでの連勝を飾理、上位争いを続けたいところだ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、本田風智 監督:金明輝 ◆今季初ゴールを奪い初勝利なるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦。ともに結果が出ていない中での対決となったが、柏が1-0で勝利し、またしても今期初勝利はお預けとなった。 チームとしてのパフォーマンスが極端に悪いわけではない。柏戦ではFWパトリック、FWチアゴ・アウベス、FWレアンドロ・ペレイラのブラジル人トリオを同時起用。ゴールへ迫るシーンはあったが、結局ネットは揺れなかった。 活動を再開して迎える4戦目。中2日でのアウェイ連戦となり、チームとしてもコンディション面が気になるところだ。 さらに4試合連続無得点というのも気になるところ。あと一歩まで迫っているものの、決め切れていないという事実は選手にも見えないプレッシャーとなっていることだろう。開幕から無失点を続けるなど堅い守備を見せている鳥栖相手に今季初ゴールを奪えるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:小野瀬康介、井手口陽介、チュ・セジョン、倉田秋 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:宮本恒靖 <span class="paragraph-title">【動画】鳥栖の山下が横浜FC相手に4試合ぶりゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1qb8judy9xo151mr2e8m5607p0" async></script> 2021.04.14 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:鳥栖vs横浜FC】アウェイ連敗も前を向いてホームで仕切り直しへ、再出発図る横浜FCに鳥栖キラーあり

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 15:00キックオフ サガン鳥栖(14pt/7位) vs 横浜FC(1pt/20位) [駅前不動産スタジアム] 開幕6戦無失点から一転連敗の鳥栖。対する横浜FCは今季J1で最初の監督交代、鳥栖キラーのFW渡邉千真は今季もゴールを奪うのか。 ◆ウノゼロ連敗、顔を上げられるか【サガン鳥栖】 開幕から6試合連続で無失点をキープしていた鳥栖だが、セレッソ大阪、川崎フロンターレと実力のあるチーム相手に1-0で敗戦。アウェイゲーム2連戦で連続失点に加えて連敗を喫してしまった。 このままズルズルと順位を下げることだけは避けたい鳥栖。連敗した2試合も決して内容が悪くて負けたわけではない。どちらかといえば、チームとしての戦いは十分に発揮したが、個の部分で差をつけられたイメージと言って良いだろう。 川崎F戦でもしっかりと相手を封じて前半を戦った中、後半にDF田代雅也がDOGSOによる一発退場で数的不利に。システムを変えて川崎Fに対抗したが、その後に失点し1-0で敗れた。 この連敗で気落ちしているようでは、ズルズルと転落する可能性もある。鳥栖がここまで積み上げてきたものは崩れていない状況なだけに、3試合ぶりのホームゲームでしっかりと前を向いて戦えるかが重要だ。 気になるポイントは2試合連続でCBが退場しているところ。今節はファン・ソッコが復帰するが、落ち着いて対応しなければ足元を掬われる可能性はある。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 出場停止:田代雅也 ◆早い決断、リスタートなるか【横浜FC】 開幕から8戦未勝利。ポゼッションサッカーを継続しているものの、守備陣の不安定さと攻撃陣の不発が響き、光明が見えない中で下平隆宏監督が解任された。 今シーズンの明治安田J1で最初の監督交代となった横浜FC。J2時代からチームを率い、昇格を果たした上にチームに新たなサッカーを確立させた功労者がチームを去っていった。 そのチームの再建を託されたのは、現役時代も横浜FCでプレーし、引退後は育成年代で指導を続けていた早川知伸氏だ。「横浜FCへの想いは誰にも負けません」と就任時に語ったが、その思いを結果につなげてもらいたいところだろう。 新監督の下で再出発を図る横浜FCだが、中3日では大きく方針転換をすることは難しいだろう。とはいえ、上位相手にポゼッションサッカーは通用せず。個々の局面での稚拙さを突かれてしまう展開は目に見えている状況だ。 早川監督が何を見せるのかは不明だが、1つの可能性を探るのであれば、鳥栖キラーとして知られるFW渡邉千真の存在だ。鳥栖との対戦では16試合で13得点と圧倒的な得点力を誇り、昨シーズンもガンバ大阪の一員としてアウェイで2得点を記録している状況。活路を見出す可能性はあるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:南雄太 DF:岩武克弥、田代真一、韓浩康、袴田裕太郎 MF:瀬古樹、手塚康平 MF:ジャーメイン良、伊藤翔、松尾佑介 FW:渡邉千真 監督:早川知伸 <span class="paragraph-title">【動画】 鳥栖MF松岡大起が見せたゴールライン際でのブロック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=14kvzwpq470z019icubeg19vrq" async></script> 2021.04.11 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.69】19歳でのカタール行きはあるのか?「ポスト・長友佑都」の呼び声高き17歳!/中野伸哉(サガン鳥栖/DF)

「俺の見立ては結構当たるんだよね。彼はA代表になる可能性が非常に高い選手の1人。クオリティも人間性も抜群だからね」 槙野智章(浦和)や菅原由勢(AZ)、久保建英(ヘタフェ)など数々の名選手を育てたU-17日本代表の森山佳郎監督が太鼓判を押した“彼"というのは、3月のU-24アルゼンチン2連戦に17歳で初招集された中野伸哉(鳥栖)。日本サッカー界で最も不足していると言われる左利きの左サイドバック(SB)だ。 とはいえ、左利きと言っても、右足も同レベルに蹴れるのが逸材の強み。だからこそ、左右のどちらのサイドに入っても全く違和感がない。4月7日のJ1・川崎フロンターレ戦を見ても、スタート時は3バックの右に入っていたが、攻撃時は右SB同等の高い位置を取ってプレー。最前線の酒井宣福目がけて蹴り込んだ前半10分のクロスに象徴されるように、攻撃姿勢を鮮明にしていた。 後半に入り、最終ラインの中央に位置していた田代雅也がレアンドロ・ダミアンの決定的機会を阻止して一発退場になった後は、4バックの左SBへ移動。敵のポジションを見ながら自らも上がっていく。得点機をお膳立てするようなラストパスやクロスは出せなかったものの、2020年J1&天皇杯王者を敵に回してもまるで物怖じすることなくプレー。90分フル出場を果たした。 これで今季開幕からリーグ戦8試合連続スタメン。J1初黒星を喫した2日のセレッソ大阪戦後には「シンプルな技術ミスが多くて修正できなかった。後ろにいる僕らがしっかりとコントロールしていかないといけない」と反省の弁も口にしていた。向上心がひと際高い分、目につくのは収穫より課題の方。その謙虚さが森山監督の言う「優れた人間性」なのだろう。 将来有望の若武者が頭角を現したのは、鳥栖U-15に所属していた13歳の時。2016年にU-13Jリーグ選抜で中国遠征に参加し、2017年ナショナルトレセンU-14に参加。同年から森山監督率いるU-15代表入りし、2019年U-17ワールドカップ(W杯)まで軸を担うなど、順調に階段を駆け上がってきた。そして2020年には16歳で2種登録され、8月1日のFC東京戦でプロデビュー。影山雅永監督率いるU-19日本代表のコアメンバーにも位置付けられた。 だが、ご存じの通り、新型コロナウイルスの影響で同代表が参戦するはずだったアジア予選も2021年U-20W杯(インドネシア)の中止が決定。鳥栖の先輩である松岡大起や本田風智ら2001年世代は大きな打撃を受けた。 しかしながら、2003年生まれの中野はその次のU-20W杯を目指せる年齢だ。むしろ今の時期は鳥栖の活動に専念した方がベターかもしれない。 「1年後には海外に行き、2~3年後にはA代表に入りたい」と野望を抱く本人にとっても、クラブで実績を残して近未来の欧州行きを叶える方が先決。そう考えながら今季は目の前のゲームを1つ1つこなしている状況ではないか。 川崎戦で示した通り、Jリーグトップと肩を並べられるパフォーマンスを維持しているのは確かだ。普通の17歳であれば、ブラジル代表歴のあるレアンドロ・ダミアンらと戦えば萎縮したり、強度で見劣りしたりするものだが、強心臓の男にはそんな素振りを一切、見せない。 U-24代表合宿でも、2つ上の久保から「先輩には敬語じゃなくていいよ。僕も敬語を使っていないから」とアドバイスされたというが、そんな助言がなくても、彼にはプレッシャーも気負いも遠慮もない。そのメンタルに実績と経験値が伴ってくれば、本当に2~3年後のA代表入りはあるかもしれない。場合によっては、1年7カ月後の2022年カタールW杯滑り込みもないとは言えない。 実際、2008年から13年間、日本代表の左SBを担い続けてきた長友佑都(マルセイユ)の後継者探しは本当に深刻なテーマだ。3月代表シリーズでも、FC東京の後輩・小川諒也が抜擢され、代表定着への一歩を踏み出したところだが、「欧州組との差を感じた」と本人も述懐する通り、まだ超えなければならないハードルは少なくない。U‐24代表の方でも旗手怜央(川崎)、古賀太陽(柏)がテストされたが、旗手は守備に難を抱え、古賀は攻撃面で物足りなさを感じさせた。 こうしたライバルに比べると、中野伸哉は多彩な役割をこなせるし、両足で正確なキックを蹴れて、攻撃のお膳立てにも関与できるという魅力がある。さらに際限ない伸びしろがある。 「僕が目指す海外の選手はリバプールの(アンドリュー・)ロバートソン選手です」 こう公言する中野にしてみれば、目指すべき領域は高いが、貪欲に前へ前へと突き進んでいくはず。そうやって世界に羽ばたく彼の姿をぜひとも見てみたい。 10代から注目される日本人選手は、小野伸二(札幌)にしても、香川真司(PAOK)にしても、久保にしても、何らかの挫折を味わうケースが多い。中野もそういう時期は来るだろうが、それを乗り越えてこそ、本物のワールドクラスになれる。近い将来の長友超えを果たすべく、今を大事にしてほしい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.04.10 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「これは痺れた!」鳥栖MF松岡の決定機“寸前”ブロックに脚光「決まったと思った」

明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレvsサガン鳥栖が7日に等々力陸上競技場で行われた。 パスを繋いで攻撃を組み立てる両チームだが、クオリティで上回る川崎Fがより多くゴール前に侵入していく展開となるが、28分に最大の先制チャンスを迎える。 敵陣左サイドでボールを奪い、FWレアンドロ・ダミアンがボックス右のFW小林悠へ。その折り返しをボックス中央に飛び込んできたMF田中碧が蹴り込むも、懸命に戻った鳥栖MF松岡大起に寸前のところでブロックに入られてしまった。 松岡は、田中がシュートを撃つ前からゴールに戻っており、右肩でシュートをブロック。自身はその勢いでゴールネットまで突っ込んでいたが、ボールはラインを割らせなかった。 危機察知能力の高さを見せた松岡のプレーには、「これは決まったと思った」「良く止めたな」「これは痺れた!」とファンから称賛の声が挙がった一方で、「川崎ゴール前での落ち着き半端ない」と、川崎F攻撃陣の冷静さを称える声もあった。 松岡の守備もあり前半をゴールレスで折り返したものの、鳥栖が後半に1人退場者を出すと、川崎FのFW遠野大弥が先制点をマーク。そのまま1-0で川崎Fが勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】「これは痺れる!」松岡の決定機“寸前”ブロック!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=14kvzwpq470z019icubeg19vrq" async></script> 2021.04.08 12:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly