柏FW瀬川祐輔が入籍 「彼女のため、レイソルのため、より一層の責任と自覚を」

2021.02.03 14:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは3日、FW瀬川祐輔(26)の入籍を報告した。一般女性の方と入籍したという瀬川はクラブを通じて喜びの心境を明かしつつ、決意を新たにした。

「この度、お付き合いさせて頂いていた女性と入籍しました。彼女となら明るく楽しい結婚生活を過ごしていけると思いますし、これから先、人生に起こるすべてのことを彼女と一緒に乗り越えていけると思うと、とても幸せです」

「彼女のため、レイソルのため、より一層の責任と自覚を持って、活躍していきたいと思います! これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。2021シーズンがもうすぐ開幕しますが、最高のスタートを切りましょう!」
瀬川は2018年に大宮アルディージャから加入。昨季は明治安田生命J1リーグ19試合2得点をマークした。


関連ニュース
thumb

柏が山形からMF山田康太の獲得を発表!「クラブのためにベストを尽くしていきたい」

柏レイソルは24日、モンテディオ山形からMF山田康太(23)の完全移籍加入を発表した。 神奈川県出身の山田はジュニアユース時代から横浜F・マリノスの下部組織に所属し、2017年にトップチームデビュー。その後は出場機会に恵まれず、名古屋グランパスや水戸ホーリーホックへのレンタルを経て、2021年に期限付き移籍の形で山形入り。不動の主軸としてチームに定着すると、今シーズンから完全移籍に切り替わった。 迎えた今シーズンは明治安田生命J2リーグで35試合に出場して5ゴールを記録。チームはJ1参入プレーオフでロアッソ熊本に敗れ目標としていた昇格を果たせぬ中、主力としてプレーした。 来季から柏でプレーすることが決まった山田は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆柏レイソル 「柏レイソルに加入することになりました、山田康太です。自分を必要としてくれたこのクラブのためにベストを尽くしていきたいと思います。黄色く染まったスタジアムでレイソルに関わる全ての人と喜び合える日を楽しみにしています。応援よろしくお願いします」 ◆モンテディオ山形 「この度柏レイソルに移籍することになりました。山形に在籍した2年間を振り返るとどうしても悔しいという感情が1番に出てきます。このクラブの歴史に、ファン・サポーターの記憶に残るような事をやり遂げたかったですが、それができず悔しい気持ちでいっぱいです」 「ただ自分の中でモンテディオ山形という特別なクラブができました。このような決断をした時に色々な声が聞こえてくるのは理解しています。ですが、モンテディオ山形が好きになって、このクラブのために全力でプレーをし、本気で上を目指していた事は胸を張って言えます」 「短いサッカー人生の中で環境を変えてチャレンジできる機会は多くないと思っていますし、今の自分がより成長するためには、新しい環境に身を置いて色々なものを吸収する事が必要だと思ったのでこの決断をしました。次のチームに行っても山形から移籍してきた選手として堂々と自分らしいプレーを沢山していきたいと思います。モンテディオ山形が常にベストであるように心から応援しています!2年間本当にありがとうございました!」 2022.11.24 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「日本を代表するサッカー選手になるために」 札幌生え抜きの高嶺朋樹が柏移籍!

柏レイソルは19日、北海道コンサドーレ札幌からMF高嶺朋樹(24)の完全移籍加入決定を発表した。 高嶺は札幌アカデミーからの生え抜きで、一度は筑波大学に進学して離れたが、2019年3月に特別指定選手として戻り、翌年に正式入団。そのルーキーイヤーから明治安田生命J1リーグ30試合に出場するなど、主力として徴用され、2年目の昨季は全38試合でプレーした。 そして、今季も負傷による一時離脱がありながら26試合に出場。ボランチや、センターバックをこなす24歳は来季も札幌に残れば当然ながら主力として使われるはずだが、柏で心機一転を図る決断を下した。 そんな高嶺は柏を通じて「柏レイソルに加入することになりました、高嶺朋樹です。覚悟を持って、このクラブに来ました。それをピッチで表現したいと思います。応援してもらえるよう頑張ります。よろしくお願いします」と意気込みを語っている。 一方で、札幌を通じては「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆さん、いつも応援していただきありがとうございます。今回リリースされたように、移籍を決断しました」と柏移籍を報告。さらに移籍決断の経緯を説明するとともに、感謝の言葉を述べた。 「『日本代表になって海外で活躍する』そう目標を立て、プロの世界に入りました。3年間では達成できず、まだまだ実力が足りないんだと痛感しました。日本を代表するサッカー選手になるために、もっと努力して、自分に足りないところを補わないといけない。そのために新しい環境に身を置いて、自分にプレッシャーをかけて挑戦する必要があると思い、この決断に至りました」 「下部組織から12年間サッカー選手としてだけではなく、人としても大きく成長させてくれたクラブ、北海道コンサドーレ札幌に関わる皆さんの支援、ミシャが寄せてくれた信頼と指導、チームメイトやスタッフの方の支え、そしてファン・サポーターの方々からの応援、その全てに感謝の言葉しかありません」 「コンサドーレでプレーできて本当に幸せでした。多くの経験をして『いつかまたコンサドーレに戻って来たい。』そう思っています。一度しかない人生、自分の決めた道に覚悟を持って、力強く切り拓いていきたいと思います。最後になりますが、パートナーの皆様、サポーターの皆様、今後とも北海道コンサドーレ札幌を宜しくお願いします」 2022.11.19 18:11 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が2年前に契約満了後再契約のGK桐畑和繁と契約満了…2年間は岐阜でプレー「また柏の街で会いましょう」

柏レイソルは17日、FC岐阜に期限付き移籍していたGK桐畑和繁(35)の契約満了を発表した。 桐畑は山梨県出身で、U-18から柏に所属。2006年にトップチームに昇格した。 控えGKという立ち位置で出番はほとんど巡ってこなかったが、常に準備を整えていたことで、2014シーズンや2018シーズンは正守護神の負傷を受けてしっかりとゴールを守った。 2020シーズンを最後に契約満了となっていたが、突如再契約。2021シーズンから岐阜に2年間の期限付き移籍を果たし、岐阜では明治安田生命J3リーグで合計37試合、天皇杯で1試合に出場していた。 柏ではJ1通算48試合、J2通算3試合、リーグカップ通算18試合、天皇杯通算3試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)通算2試合に出場していた。 改めて、契約満了となった桐畑は両クラブを通じてコメントしている。 ◆柏レイソル 「柏レイソル、ありがとうございました!!この2年間、レイソルにはなんにも貢献できませんでしたが。レイソルで出会えた仲間と違うユニフォーム同士で試合をしたり。柏レイソルのおかげで今の自分がいます」 「これからもずっと応援しています。また柏の街で会いましょう。本当にありがとうございました」 ◆FC岐阜 「これまで関わってくださった関係者の皆さん、サポーターの皆さんありがとうございました。このチームで出会えた一癖も二癖もある最高に個性豊かな仲間と闘えたのは財産です」 「J2昇格の目標を達成できなかった事が本当に悔しいです。来シーズンはFC岐阜の成功とサポーターみなさんの笑顔の数が増える事を想いながら自分も前へと進んでいきます。2年間本当にありがとうございました。ホーム最終戦、2022シーズンのこのメンバー・スタッフでやれる最後の試合みんなで頑張ります!!」 2022.11.17 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

JリーグMVPの岩田智輝は優秀選手賞の投票数で3位…1位は谷口彰悟、2位は家長昭博、30選手のランキング

2022年の明治安田生命J1リーグが終了。7日にはJリーグアウォーズが開催され、横浜F・マリノスのDF岩田智輝が最優秀選手賞(MVP)を受賞した。 全18クラブの監督と、17試合以上出場した選手の投票により選ばれた優秀選手30名の中から、ベストイレブンと最優秀選手賞が選考委員会によって決定する中、投票結果の詳細が発表。意外な事実が判明した。 Jリーグは30名の投票数の結果を好評。MVPとなった岩田は152票を獲得したが、これは全体の3位だった。 最も多くの票を集めたのは218票で川崎フロンターレの日本代表DF谷口彰悟。2位は1票差の217票で川崎FのMF家長昭博だった。 3連覇を目指しながら、シーズン途中に失速。最後は追い上げたものの2位で終わった川崎Fの2名が圧倒的な票を集めることとなった。 ◆優秀選手賞 投票数順 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)ー218票 MF家長昭博(川崎フロンターレ)ー217票 DF岩田智輝(横浜F・マリノス)ー152票 MF水沼宏太(横浜F・マリノス)ー133票 FWチアゴ・サンタナ(清水エスパルス)ー124票 DF山根視来(川崎フロンターレ)ー112票 GK高丘陽平(横浜F・マリノス)ー99票 MF脇坂泰斗(川崎フロンターレ)ー98票 FWエウベル(横浜F・マリノス)ー96票 FWマルシーニョ(川崎フロンターレ)ー95票 DF小池龍太(横浜F・マリノス)ー91票 DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)ー90票 FW西村拓真(横浜F・マリノス)ー80票 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)ー79票 DFアレクサンダー・ショルツ(浦和レッズ)ー65票 MF橘田健人(川崎フロンターレ)ー58票 MF喜田拓也(横浜F・マリノス)ー55票 FW満田誠(サンフレッチェ広島)ー55票 MF奥埜博亮(セレッソ大阪)ー54票 MF野津田岳人(サンフレッチェ広島)ー54票 FW町野修斗(湘南ベルマーレ)ー43票 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ)ー41票 DF永戸勝也(横浜F・マリノス)ー40票 MFマテウス・サヴィオ(柏レイソル)ー39票 MF森島司(サンフレッチェ広島)ー39票 DF酒井宏樹(浦和レッズ)ー37票 DFエドゥアルド(横浜F・マリノス)ー37票 FWマテウス・カストロ(名古屋グランパス)ー36票 GK東口順昭(ガンバ大阪)ー31票 GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪)ー30票 2022.11.07 23:40 Mon
twitterfacebook
thumb

MVPは岩田智輝! 優秀監督に広島のスキッベ監督が選出《2022Jリーグアウォーズ》

7日に2022シーズンJ1部門のJリーグアウォーズが行われた。 今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。今回は先日横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じたばかりの明治安田生命J1リーグの各賞が発表された。 最も注目の年間最優秀選手賞を手にしたのは、王者・横浜FMのDF岩田智輝。今季は退場とケガによる欠場を除いて32試合に出場し、加入後初ゴールを含む2ゴール1アシストの成績を収めた。 ベストイレブンは、横浜FMおよび最後まで優勝を争った川崎フロンターレの選手で大半が占められたが、14ゴールで得点王に輝いた清水エスパルスのFWチアゴ・サンタナが唯一、上記2クラブ以外からの選出となった。 そのほか、優秀監督賞をサンフレッチェ広島を躍進に導いたミヒャエル・スキッベ監督が受賞。年間ベストゴールには、その広島からMF川村拓夢が第28節の清水戦で決めた超ロングシュートが選ばれた。 各賞の一覧は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">【2022 リーグ各賞受賞者】</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span> DF<span style="font-weight:700;">岩田智輝</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">◆ベストイレブン</span> GK <span style="font-weight:700;">高丘陽平</span>(横浜F・マリノス) DF <span style="font-weight:700;">谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">岩田智輝</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">山根視来</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">小池龍太</span>(横浜F・マリノス) MF <span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">水沼宏太</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">脇坂泰斗</span>(川崎フロンターレ) FW <span style="font-weight:700;">チアゴ・サンタナ</span>(清水エスパルス) <span style="font-weight:700;">マルシーニョ</span>(川崎フロンター) <span style="font-weight:700;">エウベル</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">◆得点王</span> 【14得点】 FW<span style="font-weight:700;">チアゴ・サンタナ</span>(清水エスパルス) <span style="font-weight:700;">◆ベストヤングプレーヤー賞</span> FW<span style="font-weight:700;">細谷真大</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">◆優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">ミヒャエル・スキッペ</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">◆最優秀ゴール賞</span> MF<span style="font-weight:700;">川村拓夢</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞高円宮杯</span> <span style="font-weight:700;">清水エスパルス</span> <span style="font-weight:700;">浦和レッズ</span> <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">浦和レッズ</span> <span style="font-weight:700;">清水エスパルス</span> <span style="font-weight:700;">ヴィッセル神戸</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀主審賞</span> <span style="font-weight:700;">佐藤隆治</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀副審賞</span> <span style="font-weight:700;">聳城巧</span> <span style="font-weight:700;">◆功労選手賞</span> <span style="font-weight:700;">青木剛</span> <span style="font-weight:700;">阿部勇樹</span> <span style="font-weight:700;">石原直樹</span> <span style="font-weight:700;">大久保嘉人</span> <span style="font-weight:700;">角田誠</span> <span style="font-weight:700;">小林祐三</span> <span style="font-weight:700;">高橋義希</span> <span style="font-weight:700;">田中達也</span> <span style="font-weight:700;">田中マルクス闘莉王</span> <span style="font-weight:700;">田中佑昌</span> <span style="font-weight:700;">玉田圭司</span> <span style="font-weight:700;">谷澤達也</span> 2022.11.07 20:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly