マラドーナの“5人抜き”に酷似!19歳のメッシが見せたメッシ史上最も有名なゴールの1つ!【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

2021.02.02 12:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
リオネル・メッシ(当時19歳)
国籍:アルゼンチン
所属:バルセロナ
ポジション:FW
身長:170cm2004-05シーズンのトップデビュー以降、バルセロナの絶対的なエースとして君臨し続けるメッシ。33歳となった今シーズンもここまで公式戦24試合に出場して16得点を挙げ、フットボール界のトップを走り続けている。

【試合詳細】
日程:2007年4月18日
大会:コパ・デル・レイ準決勝1stレグ
対戦相手:ヘタフェ
時間:前半28分(1-0)
◆メッシ圧巻の5人抜きを見せる

バルセロナが1点リードで迎えた前半28分、メッシはMFチャビ・エルナンデスからのパスを自陣内右サイドで受けると、まずはマークについていた相手DFハビエル・パレデスをかわす。

さらに、カバーに来たDFナチョの股を抜き、一気にスピードを上げるとボックス付近まで来たメッシは、相手DFアレクシス・ルアーノとDFダビド・ベレンゲルの間を突破しボックス内に侵入。最後は前に出てきたGKルイス・ガルシアをもかわし、右足でゴールを決めた。

元アルゼンチン代表FWディエゴマラドーナ氏が1986年メキシコ・ワールドカップのイングランド代表戦で見せた5人抜きゴールを豊富とさせるこのスペクタクルなゴールは、これまでのキャリアで通算700ゴール近く決めているメッシの中でも最高のゴールと言えるだろう。

関連ニュース
thumb

準決勝の組み合わせが決定! マドリーvsバルセロナの“クラシコ”が実現《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝の組み合わせ抽選会が30日に行われ、セミファイナルの対戦カードが決定した。 26日に終えた準々決勝を勝ち抜いた4チームは、バルセロナ、オサスナ、ビルバオ、レアル・マドリー。 注目の準決勝では、アトレティコ・マドリーとのダービーを制したレアル・マドリーと、久保建英の所属するソシエダを下したバルセロナによるファイナル進出を懸けた“クラシコ”が実現。 また、今シーズンのラ・リーガで7位と躍進続くオサスナは、準々決勝では不調のセビージャを下して18季ぶりの4強入り。この準決勝では3週間前にリーグ戦でも対戦したビルバオと対戦する。 なお、準決勝はこれまでの一発勝負からホーム&アウェイ形式の2試合制に変更され、1stレグが2月28日,3月1日に、2ndレグが4月4,5日のいずれかの日程で開催予定だ。 ◆コパ・デル・レイ 準決勝組み合わせ レアル・マドリー vs バルセロナ オサスナ vs ビルバオ 2023.01.31 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スポルティングがベジェリン獲得に接近! スパーズ行き迫るペドロ・ポロの後釜候補

スポルティングCPが、バルセロナの元スペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)の獲得に動いているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのデイビッド・オーンスタイン氏が報じている。 スポルティングでは、右ウイングバックの主力を務めていたスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)のトッテナム行きが決定的に。これを受け、クラブは後釜の確保に動いている。 当初はブライトンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)が有力な候補に挙がっていたが、ここにきて残留が濃厚となっている。 そして、新たな代役候補の中からリスボンの名門は、バルセロナで思うように出場機会を得られずにいる元スペイン代表DFとの交渉を進めているようだ。 報道によると、現在バルセロナとベジェリンの双方と話し合いを進めており、ここまでは交渉が順調に運んでいるようだ。 長らくアーセナルの右サイドを支えてきたベジェリンは昨夏、近年の出場機会減に伴い、右サイドバックの補強が必要となった古巣バルセロナに、大幅な減俸を呑む形で11年ぶりの帰還を果たした。 ただ、今季ここまでは負傷者や一部主力の登録の問題でライバル不在だった序盤こそ出場機会を得たものの、以降は思うように出番を得ることができず。ここまで公式戦7試合の出場にとどまっている。とりわけ、昨年10月半ば以降はリーグ戦で一度も出場機会がない。 2023.01.30 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナがリーガ3連勝、チャビ「台本にないことをしなければ」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がジローナ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは28日のラ・リーガ第19節でジローナとのアウェイ戦に臨んだ。立ち上がりは相手に攻め込まれる場面も見られたが、徐々にペースを握り、際どいシーンを何度か作ると、試合を折り返して61分にショートカウンターの流れからスペイン代表MFペドリが先制点を奪取。終盤には相手のパワープレーに苦しめられたが、なんとか守り切り、1-0で辛勝した。 これでラ・リーガ3連勝となり、しっかりと首位をキープしたバルセロナ。しかし、チャビ監督は試合後、攻撃面での改善を強く求めた。 「もっと改善しなければならないし、なによりも攻撃面でもっとできることがある。我々は序盤から試合を支配し、ポゼッションを高め、ハイプレッシャーで相手からボールを奪っていた。しかし、ジローナは途中でスタイルを変え、我々を驚かせた] 「才能と技術を発揮し、攻撃力を向上する必要がある。敵陣ではもっと冷静にならなければならない。我々は苦しんだ。勝ち点3には満足しているが、もっとパワーのある攻撃を生み出さないといけない」 「我々は創造することに苦労した。台本にないことをしなければならない。周りの動きは良かったが、ボールを持った選手がドリブルで仕掛けること、クロスを上げることが必要で、攻撃面ではもっとアグレッシブにならなければらならない」 また、「ペドリは差を生み出す存在だ。攻守に走り、ラストパスを出せる。アシストやゴールという面を含めれば、同じポジションでは世界最高の選手と言えるだろう」ともコメント。バルセロナでの通算100試合目の出場となったこの一戦で決勝点を決めたペドリを絶賛した。 2023.01.29 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ痛手のデンベレ負傷離脱…迫るELユナイテッド戦も出場難しく

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがケガを負ってしまった。 今季のここまで公式戦28試合に出場して8得点7アシストのデンベレ。28日にラ・リーガ第19節のジローナ戦に先発したが、スプリント時に左足を痛め、26分にスペイン代表MFペドリと交代を余儀なくされた。 この試合を1-0で勝利したものの、デンベレの状態が懸念されるバルセロナは検査結果を公表。左大腿部の前直筋に負傷が確認され、離脱が決まったという。復帰時期はリカバリー具合によるとだけ記される。 スペイン『マルカ』によると、最低3週間の離脱が予想され、1カ月を要す恐れも。2月中旬から下旬にかけてホーム&アウェイで行われるヨーロッパリーグ(EL)プレーオフのマンチェスター・ユナイテッド戦も難しいという。 今季のここまで大きなケガなく、存在感を示すデンベレの離脱はバルセロナにとって打撃となりそうだ。 2023.01.29 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ペドリがリーグ2戦連発! 鉄壁バルセロナが公式戦3試合連続のウノセロ勝利《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第19節、ジローナvsバルセロナが28日にエスタディ・モンティリビで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。 今節に2位のレアル・マドリーと3位のレアル・ソシエダによる上位対決が控える中、きっちり勝ち点3を重ねて首位固めを目指すバルセロナは、11位のジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨んだ。 前節のヘタフェ戦、直近のコパ・デル・レイ準々決勝のソシエダ戦をいずれも渋い内容のウノセロ勝利で飾ったチャビ率いるチームは、コパから先発4人を変更。サスペンションのレヴァンドフスキに代えてアンス・ファティを起用したほか、クリステンセンとバルデ、ペドリに代えてエリック・ガルシア、マルコス・アロンソ、ハフィーニャがスタメン入りした。 開始直後の3分にハイラインの背後へ飛び出したヤン・コウトが決定機に絡むなど、集中した入りを見せたホームのジローナ。これに対して、受け身の立ち上がりを凌いだバルセロナは、ボールを握って徐々に試合をコントロールしていく。 ハフィーニャとデンベレの両ウイングを起点に相手のコンパクトな守備ブロック攻略を図る中、アウェイチームに思わぬアクシデントが発生。20分過ぎに縦へ仕掛けたデンベレが左大腿部を痛めて自ら交代を要求。これを受け、25分にペドリをスクランブル投入し、ガビを左ウイングに移した。 その後、相手のビルドアップのミスを突いたファティのシュートで際どいシーンを作り出したバルセロナは、中央と外側で細かくボールを出し入れしながら点と点で合わせるコンビネーションプレーで局面の打開を図る。その形からペドリやファティにチャンスが訪れたが、先制点を奪い切るまでには至らなかった。 迎えた後半、攻撃停滞のバルセロナはマルコス・アロンソに代えてジョルディ・アルバを投入し、左サイドの攻撃を修正した。 この交代とハーフタイムの修正によって攻撃にリズムが生まれ始めたバルセロナは、60分過ぎに先制に成功する。61分、相手陣内右サイドでのハイプレスからボールを奪い切ってショートカウンターを発動。中央のファティを経由したボールがボックス左に走り込むアルバに繋がると、アルバのグラウンダーのクロスをGKガッサニーガが触ってこぼれたところをゴール前のペドリが冷静に押し込んだ。 ペドリのリーグ戦2試合連続ゴールによってリードを手にしたバルセロナは、ここからゲームコントロールを優先した戦い方にシフト。さらに、ファティやハフィーニャと前線の選手を下げてバルデやケシエの投入で逃げ切りを図る。 一方、追う展開となったホームチームは切り札のストゥアーニを始め、攻撃的な選手を次々にピッチへ送り出すと、リスクを冒して前に出ていく。 バルセロナが幾度か得たカウンターチャンスをモノにできず、最少得点差のまま試合は最終盤に突入。その中で相手のパワープレーに対して防戦一方の展開を強いられるアウェイチームだが、ゴール前でのマルティンのシュートミスやクンデやアラウホらの再三の好守によってゴールを割らせず。 そして、公式戦3試合連続のウノセロで勝ち切る勝負強さを発揮したバルセロナがラ・リーガ3連勝でマドリーとソシエダにプレッシャーをかけることに成功した。 2023.01.29 02:18 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly