【2020-21ラ・リーガ前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はマルコス・ジョレンテ

2021.01.27 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆圧巻アトレティコが首位独走!
昨季後半戦で圧巻のパフォーマンスを見せたレアル・マドリーの2連覇を推す声も多かった今季のラ・リーガだが、前半戦の主役はアトレティコ・マドリーだった。
 
シメオネ監督率いるチームは消化17試合で14勝1敗2分けの勝ち点44という見事な数字を叩き出し、消化試合数が1試合多い2位のレアル・マドリー(勝ち点37)、3位のバルセロナ(勝ち点34)の2強に7ポイント差以上を付ける独走を見せている。
 
昨夏の移籍市場においてはFWモラタ、MFトーマスの主力2選手が流出した中、後釜にFWルイス・スアレス、MFトレイラ、MFコンドグビアを補強。ただ、それ以外は比較的静かな市場を過ごすことになり、副官ブルゴスの退団を含めて厳しいシーズンが予想された。しかし、新たな前線の核として加入したスアレス、加入2年目で真価を発揮するFWフェリックス、DFエルモソの覚醒、新システムの採用によって大きくスケールアップしたチームは、リーグ最少失点(7点)の堅守に加え、バルセロナに次ぐリーグ2位の得点数(33点)と盤石の戦いぶりを見せている。
 
その盤石のアトレティコに今季唯一勝利した昨季王者のマドリーは、補強がMFウーデゴールのレンタルバックに留まるなど、コロナ禍における緊縮財政の影響で昨季のチームをベースとする継続路線を採用。前述のアトレティコ、エル・クラシコと上位対決で強さを見せた一方、カディス、バレンシア、アラベス相手の敗戦やオサスナ、エルチェとのドローと下位相手の取りこぼしが目立つ。また、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでの苦戦、3部相手のコパ・デル・レイ敗退と多くの失態を犯しており、ジダン監督の進退問題も騒がしい状況だ。それでも、MFクロース、MFモドリッチ、FWベンゼマと百戦錬磨のベテランの奮闘により、何とか優勝争いに踏みとどまっている。
 
マドリード勢の後塵を拝す昨季2位のバルセロナは昨季の無冠、クーマン新監督の下での大刷新、バルトメウ前会長の辞任、FWメッシの退団騒動など、ピッチ内外での多くの混乱の中で苦闘する前半戦となった。[4-2-3-1]、[3-5-2]の新布陣、DFデストやMFペドリら若手の抜擢など試行錯誤を続ける中、前半戦を通して安定した戦いぶりを見せられず。ライバルとの直接対決での惨敗含め、相手を圧倒するような本来のパフォーマンスは鳴りを潜め、財政難の中で負傷者の多さも気がかりだ。それでも、悩めるエースの復調気配、新星ペドリの躍動など、決してすべてが悪かったわけではない。
 
オトラ・リーガの争いは4位のセビージャ(勝ち点33)、5位のビジャレアル(勝ち点33)、6位のレアル・ソシエダ(勝ち点30)と例年に近い顔ぶれとなっている。
 
昨季、ロペテギ監督の下でヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたセビージャは、市場の人気株だったDFジエゴ・カルロス、DFクンデの2センターバックの残留を含め大きな流出はなく、主力クラスの入れ替えはMFバネガ、DFレギロンに代わって、MFラキティッチ、DFアクーニャの2選手ぐらいと継続路線を歩む。昨季同様に堅守は機能も、エースFWオカンポスの金属疲労によるパフォーマンスの低下など、FWエン=ネシリ頼みの攻撃面の改善は必須だ。
 
エメリ監督を新指揮官に据えたビジャレアルは首位のアトレティコに次ぐ2敗と堅実な指揮官らしく手堅い好チームに仕上がっている。だが、FWジェラール・モレノへの依存が顕著な攻撃面の停滞、多くの負傷者の影響などもあり、リーグ最多タイの9引き分けと勝ち切れない試合が目立つ。
 
ソシエダは試合数の影響もあり、序盤戦から首位を維持してきたが、FWオヤルサバル、MFダビド・シルバの長期離脱によって第11節から6戦未勝利と急失速。主力が揃えば、昨季同様の魅力的なアタッキングフットボールが展開される一方、前線の主力が1人、2人と欠けると、パンチ力不足の印象は否めず。
 
7位のグラナダ(勝ち点28)以下は前半戦を通して安定感を欠くチームが多く混戦模様だ。10位のヘタフェ(勝ち点20)、14位のバレンシア(勝ち点20)が足踏みする一方、昇格組で9位に位置するカディス(勝ち点24)の奮闘が印象的だ。
 
残留争いでは昨季セグンダ覇者のウエスカが最下位(勝ち点12)、昇格プレーオフを制したエルチェが18位(勝ち点17)と昇格組が苦戦。ここに19位のオサスナ、17位のアラベスといった辺りが残留争いのメインキャストとなっている。
 
最後に日本人選手4人の前半戦ではエイバルのMF乾貴士とFW武藤嘉紀の2選手が定期的に出場機会を得て、主力として活躍。シーズン中盤を迎えてゴールやアシスト、PK奪取など目に見える結果を残している。
 
プリメーラ初参戦のFW岡崎慎司もチームが最下位に低迷する中、ケガによる約1カ月の離脱期間を除けば、前線の主軸として起用されている。ミチェル監督からパチェタ新監督への指揮官交代の影響が懸念されるところが、就任2試合目でスタメン起用されており、構想に含まれているようだ。
 
最後に日本では今季のラ・リーガで最も注目を集める存在となっていたMF久保建英は、レンタル先をマジョルカからビジャレアルに変更しステップアップを図ったが、上位に付けるチームにおいてポジション争いに敗れ、今冬の移籍市場でヘタフェに電撃移籍。新天地デビューではいきなり2点に絡む鮮烈な活躍を見せており、後半戦での巻き返しに期待したいところだ。
 
【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆MFマルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー)
Getty Images

新生アトレティコをけん引する万能型MF。今季前半戦で首位を快走するアトレティコでは守護神オブラク、スアレス、フェリックスの2トップが主役を担い、控え選手を含めほとんどの選手のパフォーマンスが総じて高いレベルにある。その中でMVPを挙げるとすれば、マルコス・ジョレンテだ。
 
昨季後半戦にシメオネ監督の下、かつてのMFラウール・ガルシアのようにセカンドトップにコンバートされ、CLリバプール戦での大活躍も記憶に新しい25歳MF。しかし、今季は序盤戦こそセカンドトップや右サイドハーフで起用されたが、可変式の[3-5-2]の導入によって現在は右のインテリオールが主戦場に。ここまでアトレティコが戦ったリーグ戦全17試合に出場し、いずれもキャリアハイとなる6ゴール4アシストを記録。リーグ屈指のアスリート能力を生かした抜群の対人対応に加え、守備では驚異的な守備範囲の広さ、攻撃ではまさに“スペースをアタック”するという絶妙なスプリント、飛び出しで決定機に関与している。その攻守両面での貢献度の高さ、替えの利かない稀有なプレースタイルを評価してMVPに選出した。
 
★最優秀監督
◆ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)
Getty Images

就任9年目を迎えた不動の指揮官が進化。2011年12月の就任以降、幾度か布陣変更を図ったものの、シメオネのアトレティコの代名詞は中盤フラットの[4-4-2]。ボールポゼッションに関心を示さず、自身の志向する守備戦術を最も機能させる上で最適な布陣を重用し、それに合わせた用兵を一貫して行ってきたが、今季途中から更なるチームの進化に向けて[3-5-2]、[3-4-2-1]とも形容できる可変式の布陣を採用。これにより、もうひとつの代名詞である世界屈指の堅守を維持しつつ、攻撃では明らかにポゼッションの質、崩しのアイデアが改善され、長年課題とされてきた得点力が大幅に向上。また、放出候補にも挙がっていたMFレマルのインテリオール起用、DFエルモソの覚醒と新たなオプションの構築に成功。まさに、プランが完璧に嵌った満点の前半戦となった。
 
【期待以上】
★チーム
◆カディス
Getty Images

昨季セグンダ2位チームが15年ぶりに復帰したプリメーラで躍動。今季のラ・リーガ前半戦では上位陣に好不調の波があったものの、概ね予想通りのリーグテーブルとなっている。その中で唯一のサプライズチームがアンダルシアの伏兵だ。久々のプリメーラ参戦に向けて百戦錬磨のベテランFWネグレドら実力者数名をスカッドに迎え入れたものの、その戦力を考えれば、有力な降格候補と目されていた。しかし、かつてのアトレティコ、ヘタフェを彷彿とさせる[4-4-2]の堅守速攻スタイルを武器に、ここまで降格圏と7ポイント差の9位に付けている。シーズン中盤を迎えて3連敗を含む5戦未勝利と苦戦もあったが、シーズン序盤にはレアル・マドリー、バルセロナを破る大金星を挙げている。
 
★選手
◆MFペドリ(バルセロナ)
Getty Images

クレに“イニエスタ”を思い起こさせる驚異の18歳。昨夏、ラス・パルマスから17歳で世界屈指の名門にやってきた攻撃的MFは、当初他クラブへの武者修行に出される可能性が濃厚だった。だが、クーマン新監督の主導のチーム刷新、財政難による新戦力補強の停滞もあって短いプレシーズンにチャンスを与えられると、まるでマシア出身者と見まごうばかりの戦術理解ですぐさまトップチームのスタイルに順応した。
 
シーズン序盤は[4-2-3-1]の左右のウイングを主戦場としたが、MFコウチーニョの離脱や原点回帰の[4-3-3]への布陣変更などをキッカケに、自身が得意とする中央でのプレーが主戦場となると、卓越したポジショニング、判断力、テクニックを武器に、自身が憧れと語るイニエスタのようなプレーでバルセロナの攻撃をけん引。18試合2ゴール2アシストと目に見える貢献は限定的も、立ち位置と技術で局面を変える運び、崩しの部分での存在感は絶大。イニエスタらの退団以降、中盤の相棒不在だった大エースもペドリの台頭により、久々に連携を楽しんでいる印象だ。
 
【期待外れ】
★チーム
◆バレンシア
Getty Images

昨季の9位を下回る14位と名門の苦闘は続く。今シーズン、ハビ・グラシア監督の下で巻き返しのシーズンに臨んだバレンシアだが、深刻な財政難やクラブ首脳と選手の確執の影響によって主将MFパレホ、FWロドリゴ、MFコクラン、MFコンドグビア、FWフェラン・トーレスと多数の主力が流出。その穴を埋める補強もできず、開幕前の時点から今季の苦戦は目に見えていた。レアル・マドリーに大勝し、バルセロナと引き分けに持ち込むなど、見せ場は作ったものの、ここまで4勝7敗8分けの戦績で14位に低迷。FWユヌス・ムサやDFギジャモンなど若手の台頭は朗報も、攻守両面で停滞感が漂っており、今冬の移籍市場で目立った補強がなければ、昨季を下回る順位でシーズンを終える可能性は高い。
 
★選手
◆MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
Getty Images

原点回帰でやや復調も厳しい序盤戦に。昨夏各クラブが大型補強を行わなかったため、既存戦力からの選出に。マドリーのFWアザールやDFマルセロ、アトレティコのMFサウールらも厳しい前半戦となったが、バルセロナの絶対的なオーガナイザーを選出した。
 
昨シーズン辺りからチーム内での序列に変化が生まれ始めた中、今季はクーマン新監督の下でここまで17試合に起用されている。ただ、シーズン序盤は本職のアンカーからドブレピボーテの一角での起用となり、立ち位置や景色の変化の影響もあり、持ち味の配球の部分で苦戦。また、よりアグレッシブにボールを奪いに行くスタイルの中で機動力、守備範囲の問題も重なって自身の長所よりも短所が目立つ試合が多かった印象だ。それでも、[4-3-3]への原点回帰によって本来のポジションに戻った直近の数試合ではセンターバックの球出しの質の改善、相棒メッシの復調などもあり、徐々に本来のパフォーマンスを取り戻している。そのため、後半戦では頼れるオーガナイザーの本領発揮に期待したい。
 
【後半戦展望】
◆アトレティコ独走か、2強の巻き返しか
 
現時点ではアトレティコの2013-14シーズン以来のリーグ制覇が有力と見えるが、マドリーとバルセロナに劇的な改善が起こり、首位チームに勝ち切れない試合が増えた場合、数字上は十分に巻き返しが可能なはずだ。
 
アトレティコはFWジエゴ・コスタの契約解消によって一時スアレスのバックアップ不在の状況となったが、リヨンからFWムサ・デンベレを獲得したことで、今後のフィットの有無は別としてきっちり穴埋めに成功。また、控え選手がまずまずの働きを見せていることで、主力の大量離脱さえ起きなければ、ここから大崩れする可能性はなさそうだ。直近のバレンシア戦では賭博問題で10週間の出場停止を科されたトリッピアーの再離脱という懸念材料が生まれたが、MFカラスコの右サイドでの起用など新たなオプションがまずまず機能している。そのため、前述の2強が大幅な連勝など、大変貌を遂げない限り、引き分けの数が増えたとしても十分に逃げ切りは可能と思われる。
 
連覇に向けて厳しい状況のマドリーではアザール、アセンシオの完全復活やバルベルデ、ヴィニシウス、ミリトンといった若手の台頭が巻き返しの鍵を握る。現在、チームはフル稼働のベテランのハイパフォーマンスによって何とか2位を維持している状況であり、彼らに不測の事態が起きた場合、巻き返しはおろか、トップ4陥落の可能性もぬぐい切れない。財政難によって今冬の補強が難しい中、ここまで1年半に渡って期待外れの烙印を押されてきたベルギー代表の意地に期待したい。
 
マドリー以上に好不調の波が激しいバルセロナだが、伸びしろという部分では2位チームに勝る。ペドリやDFアラウホと心境著しい若手の台頭に加え、シーズン終盤に向けてはDFピケ、MFコウチーニョ、DFセルジ・ロベルトら負傷者の復帰も見込まれている。また、復調傾向のFWデンベレ、FWグリーズマンがこのまま離脱することなく調子を上げていけば、大型連勝の可能性は十分にあるはずだ。ただ、前半戦を通じて課題となる勝負強さ、上位陣との対戦成績の改善は必須だ。
 
トップ4争いではセビージャが有力と見る。持ち味の堅守に加え、今冬の移籍市場ではアタランタの主将MFパプ・ゴメスの獲得が決定的となっており、前線に決定力とアイデアをもたらす百戦錬磨のアルゼンチン人MFの加入はスマッシュヒットの予感だ。
 
EL出場権争いではビジャレアルとソシエダが有力も、13位のアスレティック・ビルバオに注目したい。両者との勝ち点差は9ポイント以上(1試合未消化)と開きがあるが、マルセリーノ新監督の下でスーペル・コパを制したチームは攻守の改善が顕著であり、ここからの巻き返しは十分可能なはずだ。
 
残留争いに関しては14位のバレンシア(勝ち点20)から最下位のウエスカ(勝ち点12)の7チームの争いが予想される。その中で日本人選手在籍のエイバルと、ウエスカでは共にリーグ下位の得点力向上が残留の鍵を握る。そして、エイバルでは絶好調のMFブライアン・ヒルを軸に、乾と武藤の連携向上、ウエスカでは岡崎とFWエスクリチェという動き出しに特長を持つストライカーたちの活躍に期待したい。

関連ニュース
thumb

誰もを魅了した唯一無二の“ミドルシュート”、レッズの“象徴”スティーブン・ジェラード

2019-20シーズンのプレミアリーグを圧倒的な強さで制し、30年ぶりのトップリーグ優勝を果たしたリバプール。ユルゲン・クロップ監督の下で悲願を達成し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝と共に、ファン・サポーターは喜びに明け暮れた。 ディフェンディングチャンピオンとして臨んでいる2020-21シーズンのプレミアリーグでは、24試合を消化し勝ち点40の6位に位置。昨シーズン見せた圧倒的な強さはそこにはなく、らしさが見て取れない。 もちろん、そこには様々な要因があるのは広く知られたこと。1つは、守備の要であったオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを含めたセンターバックが相次いで負傷したこと。2つ目は、チーム全体として精彩を欠いていることだ。これは、昨シーズンから続く連戦による蓄積された疲労に加え、代わりの選手がなかなか見つからないというところが影響していると考えられる。 クロップ監督によって作られた現在のリバプールは、個々の能力の高さもありながら、やはりチームとして、1つの集団として機能した時に絶大な強さを発揮する。一方で、その中核を担う選手が力を発揮できなければ、必然的にチーム力は落ちてしまうのも仕方のないことだろう。 しかし、敢えて言うならば、強烈な“タレント”が不足しているとも言える。例を挙げるなら、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードのような存在だ。 <span class="paragraph-title">◆若き頃から見せていた勝負強さ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20210224gerrard_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 幼少の頃からリバプールのアカデミーで育ったジェラードは、1998-99シーズンの11月にファーストチームでデビュー。18歳でデビューした当時は、右サイドバックとしてプレーしていた。 その後は、セントラルミッドフィルダーとしてプレーすると、3年目の2000-01シーズンからレギュラーに定着。ジェラール・ウリエ監督の下でFAカップ、リーグカップ、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のカップ戦三冠を達成していた。 このシーズンは、リーグカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦、そしてUEFAカップのアラベス戦でゴールを決めており、この頃から大舞台での勝負強さを発揮していた。 2003-04シーズン途中からチームのキャプテンを務めると、一気に中心選手としての才能が開花。2004-05シーズンは、チャンピオンズリーグのグループステージで敗退の危機にあった中、最終節のオリンピアコス戦で試合終了間際に衝撃のミドルシュートを決めて突破を決めると、このシーズンは決勝にまでチームは勝ち上がり、“イスタンブールの奇跡”と呼ばれるミランとの激闘を制して優勝を達成。この決勝でも逆転につながるゴールを決めていた。 チームの精神的支柱でもあったジェラードが持つ勝負強さは、何度となく救うことになった。 <span class="paragraph-title">◆誰もを魅了するミドルシュート</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20210224gerrard_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブキャリアではリバプールとロサンゼルス・ギャラクシーで191ゴールを記録、イングランド代表としても21ゴールを記録しているジェラード。そのジェラードの代名詞といえば、やはり“ミドルシュート”だろう。 右足から放たれる強烈な一撃は、打った瞬間に入る予感すらさせるもの。その軌道の美しさもさることながら、シュートスピードは驚くべきものがある。 スピードあるミドルシュートは“弾丸ミドル”という表現がピッタリであり、地を這うような軌道は圧巻そのものだった。 前述した通り勝負強さにも繋がるところだが、ジェラードのゴールはチームの窮地を救うものが多く、試合の終盤で劣勢な状況でも何か起こるのではという予感さえあった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqMXBzNXlFaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 例えば2004-05シーズンのミドルスブラ戦では、ハーフウェイライン付近からのフィードを受けたジェラードがトラップ。コースが空いているのを見ると、中央やや右寄りの距離のあるポジションから右足一閃。ゴール左上に強烈なミドルシュートが突き刺さっていった。 ミドルシュートというよりはロングシュートに近いが、あのポジションから右足を振り抜くという判断も、ミドルシュートが得意なジェラードならではかもしれない。 その他、前述の2004-05シーズンのチャンピオンズリーグのオリンピアコス戦。あと1点が必要な状況で、ボックス手前でルーズボールに反応したジェラードが右足を振り抜くと、高速シュートが右隅に決まった。 このように最大の武器であったミドルシュートで多くのピンチを救ったことで、ファン・サポーターからも一層愛される存在となっていったジェラード。似たようなミドルシュートを打てる現役選手はほとんどおらず、唯一無二の存在だったとも言える。まさに、サッカー史に残るレジェンドと言って良いだろう。 2021.02.25 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|鹿島アントラーズ】30周年のメモリアルイヤーで“常勝軍団”復活へ

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第16弾は、昨シーズンの明治安田J1で5位の鹿島アントラーズを紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-4-2]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021antlers_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK早川友基(21)←明治大学/新加入 DF林尚輝(22)←大阪体育大学/新加入 DF常本佳吾(22)←明治大学/新加入 MFアルトゥール・カイキ(28)←アル・シャバブ(サウジアラビア)/完全移籍 MFディエゴ・ピトゥカ(28)←サントス(ブラジル)/完全移籍 MF舩橋佑(18)←鹿島アントラーズユース/昇格 MF小川優介(18)←昌平高校/新加入 MF須藤直輝(18)←昌平高校/新加入 【OUT】 GK曽ヶ端準(41)→現役引退 DF山本脩斗(35)→湘南ベルマーレ/完全移籍 DF伊東幸敏(27)→ジェフユナイテッド千葉/完全移籍 DF奈良竜樹(27)→アビスパ福岡/期限付き移籍 DF小田逸稀(22)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍 DF佐々木翔悟(20)→いわてグルージャ盛岡/期限付き移籍延長 MF名古新太郎(24)→湘南ベルマーレ/期限付き移籍 MFレアンドロ(27)→FC東京/期限付き移籍→完全移籍 FW伊藤翔(32)→横浜FC/完全移籍 FW山口一真(25)→松本山雅FC/完全移籍 FW有馬幸太郎(20)→栃木SC/期限付き移籍延長 FW垣田裕暉(23)→徳島ヴォルティス/期限付き移籍延長 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=cr4issxf2re21wa95x3kzrbhj" async></script> </div> 加入と退団の人数だけを見れば、全くと言っていいほど補強ができていないように見える。今シーズンに向けて獲得したのは新人を除けば2人だけ。MFアルトゥール・カイキ(←アル・シャバブ)とMFディエゴ・ピトゥカ(←サントス)のブラジル人コンビだ。 ディエゴ・ピトゥカに関しては、今シーズンのコパ・リベルタドーレス決勝まで勝ち上がったサントスを支え、ブラジル国内でも評価が高い選手。鹿島の大きな戦力となる予定だったが、2人とも日本政府の新規入国制限の影響でまだ来日できていない状況だ。 そのため、実質補強はゼロの状況。即戦力として期待のかかる大卒ルーキー3名がいかにレギュラー陣に割って入るかが重要となる。 とはいえ、将来を見越しての投資という点ではクオリティの高い新人をしっかりと獲得している部分は評価すべきポイントだ。世代交代を絶妙に進めていく鹿島の伝統芸能とも言える新人スカウトは、今季も結果を残すだろう。 また、注目の高いMF須藤直輝(←昌平高校)も加入するなど、昨シーズンの高卒ルーキーに負けないパフォーマンスを見せてもらいたい。 そういった点で見れば、今の鹿島においては十分な補強だったと言える。早く新外国人選手が来日し、戦力として計算できるようになることを願うばかりだ。 ◆目標:優勝争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021antlers_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains,LTD.<hr></div> アントニオ・カルロス・ザーゴ監督の下でスタートした2020シーズン。しかし、“常勝軍団”である鹿島にとっては屈辱のシーズンスタートとなった。 まず、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の予選プレーオフでは、Jリーグ勢として初めてのプレーオフ敗退という屈辱的な歴史を残してしまった。 さらに、開幕戦で敗れると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間を挟み4連敗。何もかもが上手くいかない中でのシーズンスタートとなり、最下位に沈むという屈辱を味わった。 しかし、徐々にザーゴ監督の戦術が浸透していくと、破竹の7連勝で一気に上位へ。後方からのビルドアップを行い、しっかりとボールを握って戦うことに加え、サイドを効果的に使った攻撃、FWを起点に様々な選手たちがボールに絡んでいくという攻撃は破壊力を増していった。 また、若手の成長も著しかったほか、FWエヴェラウド、FW上田綺世のコンビが爆発。最終的にはACL出場権を争うなどしたが、序盤の出遅れが響き5位で終わっていた。 そのチームがほぼ踏襲されている今シーズンの鹿島。ザーゴ監督の戦術もより浸透するだけでなく、チームとして昨シーズンの悔しさを経験しているだけに、今シーズンに懸ける思いは強い。トレーニングマッチでもスムーズな攻撃を見せていただけに、フィニッシュの精度をしっかりと保てば優勝も見えてくる。 さらに、チームは創立30周年のメモリアルイヤー。Jリーグを牽引し続けてきた名門にとって、今シーズンこそタイトルを獲らなければいけないシーズンであり、“常勝軍団”が復活しなければならないシーズンとなる。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MFディエゴ・ピトゥカ(28) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021antlers_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、サントスから獲得したMFディエゴ・ピトゥカだ。 現時点で来日できていないため、鹿島のチームに入った時のプレーがどうなるのかは全くの未知数。しかし、必ずやチームの重要な戦力になることは間違いない。 ピトゥカは、エネルギーに溢れたユーティリティプレーヤー。これまでのキャリアでは、サイドバックやボランチ、攻撃的な中盤やトップでもプレーするほど、ユーティリティ性が非常に高い選手となる。 左利きでもあり、鹿島にはなかなかいないタイプ。ユーティリティ性で言えば、永木亮太や小泉慶に近いが、それ以上であるといって良いだろう。 チームプレーを厭わない珍しいタイプのブラジル人選手でもあり、鹿島というクラブに適応するのは早いと予想。ジーコ氏が獲得を熱望したという話もあり、チームの黄金期に存在すべき助っ人の予感がある。 今シーズンは再起をかけるシーズンとなる鹿島。早くそのユニフォームを身に纏ったピトゥカがプレーする姿を見たいものだ。 ◆2021年期待のヒーロー FW上田綺世(22) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021antlers_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains,LTD.<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、プロ3年目のFW上田綺世だ。 2020シーズンの序盤はケガの影響もあり離脱する期間が長く、復帰後も出場機会が限られたが、終盤戦はFWエヴェラウドとの2トップに固定。最終的には10ゴールを記録し、初の二桁得点を記録した。 持ち前の動き出しの巧さ、シュート精度の高さをより成長させている上田にとっては、勝負のプロ3年目。昨シーズンの大卒ルーキーたちの活躍は刺激になっているはずで、チームがタイトルを獲得するためにも、日本人エースとしての活躍が期待される。 特にエヴェラウドとのアベックゴールはチームを勝利に導くというジンクスも生まれ、今シーズンもそれを継続してもらいたいもの。より貪欲にゴールを目指す姿が見たいものだ。 背番号も「18」と自身が待ち望んだ番号に変更。思い入れのある番号を背負い、得点王も目指してもらいたい。 2021.02.24 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|FC東京】カップタイトルを手に、積み上げて狙うは初のリーグタイトル!

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第15弾は、昨シーズンの明治安田J1で6位のFC東京を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-3-3]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《B》※最低E~最高S 【IN】 GK阿部伸行(36)←AC長野パルセイロ/完全移籍 DFブルーノ・ウヴィニ(29)←アル・イテハド(サウジアラビア)/完全移籍 DF大森理生(18)←FC東京ユース/昇格 DF蓮川壮大(22)←明治大学/新加入 MF青木拓矢(31)←浦和レッズ/完全移籍 MF渡邊凌磨(24)←モンテディオ山形/完全移籍 MFレアンドロ(27)←鹿島アントラーズ/期限付き移籍→完全移籍 【OUT】 GK志村滉(24)→ジュビロ磐田/期限付き移籍終了 GK廣末陸(22)→ラインメール青森/完全移籍 DF丹羽大輝(35)→未定 DF木村誠二(19)→京都サンガF.C./期限付き移籍 DF柳貴博(23)→北海道コンサドーレ札幌/完全移籍 DF山田将之(26)→大宮アルディージャ/期限付き移籍延長 MF平川怜(20)→松本山雅FC/期限付き移籍 MF宮崎幾笑(23)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍 MFナ・サンホ(24)→FCソウル(観光)/完全移籍 MF鈴木喜丈(22)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍延長 FW矢島輝一(25)→大宮アルディージャ/完全移籍 FW原大智(21)→NKイストラ(クロアチア)/完全移籍 FWジャエル(32)→セアラー(ブラジル) <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ucigii4klsbr1b92y2ogkpkl2" async></script> </div> 人数としてはそれほど多くの補強をしなかったものの、チームとして層が薄い部分を埋めに行った形となった。 浦和レッズでボランチとして主軸を務めていたMF青木拓矢の補強は非常に大きく、チームとしては昨シーズンMF髙萩洋次郎とMF安部柊斗がメインに。シーズン途中からはMFアルトゥール・シルバも務めていた。 [4-3-3]中で、ダブルボランチやアンカーとどちらも試したが、アンカーとしての適任者が見つかったとはいえず。そういった点で、浦和時代にもアンカーを務めていた青木の獲得は非常に大きなプラス材料となるだろう。 また、アタッカーとしての活躍が認められ自身初のJ1挑戦となるMF渡邊凌磨(←モンテディオ山形)も貴重な存在だ。FWレアンドロが完全移籍となったために、ブラジル人トリオは健在だが、攻撃面で違うアクセントを与えてくれる渡邊の加入もプラスとなる。 一方で退団した選手は出場機会が限られていた選手がほとんど。昨シーズンの戦力になっていたのはFW原大智(→NKイストラ)ぐらいで、海外挑戦となれば勝手が変わってくる。 チームとしては、昨シーズンからのさらなる積み上げが期待されるところ。国内大会に照準を当てられるだけに、しっかりと新戦力をフィットさせ、チーム力を上げていきたい。 ◆目標:優勝争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の影響もあり、超過密日程を戦わなくてはいけなかったFC東京。さらに、シーズン途中にはMF橋本拳人、DF室屋成と主力が一気に2人も抜けたことで、バランスは崩れてしまった。 加えて、シーズン途中にケガ人が相次ぎ、フルスカッドが組めたことはほとんどない状態。一方で、若手の台頭も目立ち、降格がないシーズンを生かして、しっかりとチームの底上げを図れたことは大きなプラスだったといって良いだろう。 長谷川健太監督としては就任4年目。2019シーズンは優勝に手が届きそうなところで惜しくもタイトルを逃したが、2020シーズンはYBCルヴァンカップを獲得。もちろん狙うのは、リーグタイトルだろう。 チームとしてのベースが既にできあがっているだけに、今シーズンやるべきはどこまで精度を上げ、ブラッシュアップできるか。長谷川監督としてもスタイルを継続する中で、チームとしてのポテンシャルを最大限まで引き上げたい。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MF青木拓矢(31) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、浦和レッズから加入したMF青木拓矢だ。 ボランチのポジションでは、プロ入りした大宮アルディージャ、そして浦和とどちらのチームでもレギュラーとしてプレー。チームの屋台骨になってきた存在だ。 特にポジショニングの能力に長け、危機察知能力も高く、守備面で貢献が期待されるところ。一方で、非凡なパスセンスや試合を読む力も持っており、攻撃面でもチームの力になれる存在だ。 青木は「バランスを取ってというのが第一で、他に付加価値として縦パスやロングフィードというのができると思います」と自身のストロングポイントを語っていた。 中盤でボールを刈り取る守備力に加え、フィジカルに優れ、スピードもある前線を生かすパスも期待できる青木の存在には注目だ。 ◆2021年期待のヒーロー MF安部柊斗(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div> 今シーズン期待するヒーローは、2年目を迎えるMF安部柊斗だ。 昨シーズンはルーキーイヤーながら明治安田J1で27試合に出場し2得点を記録。長谷川監督が求める[4-3-3]のシステムにうまくフィットしていた。 シーズン途中には[4-2-3-1]のボランチにも入り、チームを支えた安部。豊富な運動量で中盤のどこにでも顔を出すところに加え、タイトなマーク、激しいプレスとショートカウンターの起点にもなれる存在だ。 上背はないが、デュエルできる部分もチームとしては助かる存在であり、中盤に厚みをもたらすことができる存在とも言える。 青木が加入し、渡邊も入ったことで、ポジション争いには変化が出てくるシーズンとなる。しかし、FC東京のサッカーを体現するには欠かせない存在。2年目のジンクスを感じさせない働きが安部には求められることになる。 2021.02.24 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|柏レイソル】連動性を高めたチーム力で大きく開いた穴を埋められるか

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第14弾は、昨シーズンの明治安田J1で7位の柏レイソルを紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-2-3-1]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021reysol_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK松本健太(23)←大宮アルディージャ/復帰 GK佐々木雅士(18)←柏レイソルユース/昇格 DF上島拓巳(24)←アビスパ福岡/復帰 DF大嶽拓馬(18)←柏レイソルユース/昇格 MFイッペイ・シノヅカ(25)←大宮アルディージャ/完全移籍 MF椎橋慧也(23)←ベガルタ仙台/完全移籍 MFドッジ(24)←フルミネンセ(ブラジル)/完全移籍 MFアンジェロッティ(22)←ブラガンチーノ(ブラジル)/完全移籍 【OUT】 GK中村航輔(25)→ポルティモネンセ(ポルトガル)/完全移籍 GK桐畑和繁(33)→FC岐阜/期限付き移籍 GK猿田遥己(21)→横浜FC/期限付き移籍 DF鎌田次郎(35)→SC相模原/期限付き移籍 DFパク・ジョンス(26)→城南FC(韓国)/完全移籍 DF宮本駿晃(21)→未定 DFユン・ソギョン(31)→江原FC(韓国)/完全移籍 DF杉井颯(20)→ガイナーレ鳥取/期限付き移籍 DF田上大地(27)→アルビレックス新潟/期限付き移籍延長 MF小林祐介(26)→ジェフユナイテッド千葉/完全移籍 MF村田和哉(32)→現役引退 MF田中陸(21)→レノファ山口FC/期限付き移籍→完全移籍 MF手塚康平(24)→横浜FC/期限付き移籍→完全移籍 MF菊池大介(29)→栃木SC/期限付き移籍 FWオルンガ(26)→アル・ドゥハイル(カタール)/完全移籍 FW山崎亮平(31)→V・ファーレン長崎/完全移籍 FWジュニオール・サントス(26)→サンフレッチェ広島/完全移籍 多くの選手がチームを去り、補強は最小限にとどめている印象の柏。何よりも目立つのは、昨シーズンのJ 1得点王であり、最優秀選手賞を獲得したFWオルンガのある・ドゥハイルへの移籍だろう。 圧倒的な破壊力を見せ、多くのDFたちを苦しめ、28得点を記録したオルンガ。久々に現れた手が付けられない助っ人ストライカーだったが、シーズン終了後に電撃的にカタールへと旅立っていった。 その穴が小さいとは当然言えない柏だが、新たなストライカーは現時点で補強していない。それ以外の退団選手で言えば、生え抜きの日本代表GK中村航輔がポルティモネンセへと移籍。奇しくもオルンガと同タイミングでの移籍となったが、あとは昨シーズンも期限付き移籍していた選手や試合に出場していなかった選手が多く、戦力ダウンという点ではオルンガが抜けた大きな穴だけがポッカリ空いている状況だ。 それでも、ボランチにはベガルタ仙台で結果を残したMF椎橋慧也を獲得。また、サイドアタッカーには横浜F・マリノス、大宮アルディージャで活躍したMFイッペイ・シノヅカを加え、チームとして厚みが増した印象だ。 また、昨シーズンはケガ人が続出した最終ラインにも、アビスパ福岡での武者修行を終えたDF上島拓巳が復帰。ここもしっかりと補強できたと言える。 その他、まだ入国できていないものの、ブラジルからMFドッジ、MFアンジェロッティの2人を獲得。ブラジル国内でも興味を持たれる存在だけに、チームに合流してからどこまで戦力になれるかは楽しみなところだ。 ◆目標:上位争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021reysol_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 1人で28得点を決めてしまうオルンガが去ったシーズン。ネルシーニョ監督が引いて3年目のシーズンは、チームとしての戦い方を見せなくてはいけないシーズンとなった。 昨シーズンはネルシーニョ監督のことも考え、新型コロナウイルス感染を避けるために中断期間中はトレーニングマッチなしで臨むと、なかなか試合コンディションが上がらずに中断明けは苦しんだ。 さらに、チーム内でクラスターが発生し、監督を含めて多くの選手が感染してしまった。その結果、チームは大きな連敗こそないものの、ケガ人を含めて一部の選手にしわ寄せが生き、徐々にパフォーマンスが低下する事態に。超過密日程に苦しめられたまま、シーズンを終えていた。 もちろん、オルンガという得点源がいたからこそ7位という順位で終えられた部分はあるが、チームとしてカウンターがハマった時のパフォーマンスは驚異的だった。 その軸であったオルンガなき今、柏はよりチームとして戦うこと、連動したプレーを高めて、オルンガの穴を埋めに行くことになる。 個人でオルンガに勝る存在感を示すことはなかなかできないが、チームとして機能することができればむしろ相手にとってはやり辛いはず。しっかりと戦術を落とし込み、チーム力を発揮すれば、上位争いに加わることは間違いないだろう。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MFイッペイ・シノヅカ(25) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021reysol_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、大宮アルディージャから加入したMFイッペイ・シノヅカだ。 大宮から柏への移籍といえば、10番を背負うMF江坂任やサイドアタッカーとしてプレーするMF瀬川祐輔がおり、直近では3人目の選手となる。 イッペイ・シノヅカは、横浜F・マリノス時代も含めてサイドでの一対一に自信を持っており、体の強さを含めたフィジカル面に長け、運動量も豊富。大宮ではウイングバックも務めていたため、守備力も期待できる。 特にゴールへ向かう意欲は強く、サイドであっても中に入ってもそれは変わらない。柏では2列目の右でプレーすることになると思うが、逆サイドでも問題なくプレー可能。柏としては攻撃の新たなオプションとして大きな計算ができるはずだ。 イメージとしては現在はヘンクでプレーする日本代表FW伊東純也か。当時はクリスティアーノを左において右サイドは伊東の突破力を最大限に生かしていた。今シーズンも当時に似たような姿が見られるかもしれない。 またFKも蹴る事が可能。戦術理解度も高く、豊富な攻撃陣の中でもポジション争いに割って入る可能性は十分にある。途中出場でも流れを変える力があるため、柏には心強い補強と言えるだろう。 ◆2021年期待のヒーロー MF江坂任(28) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021reysol_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、10番を背負うMF江坂任だ。 柏でプレーを初めて4年目となる江坂。昨シーズンはトップ下のポジションをメインに32試合に出場し9得点を記録した。 オルンガとのコンビネーションはもちろんのこと、2列目でプレーするクリスティアーノや仲間隼斗、瀬川祐輔、神谷優太らとのコンビネーションも良い。チームの攻撃をスムーズに進めるためのプレーはピカイチだ。 特にポジショニングの技術に長けており、自身が生きる事、そして味方を生かす動きとどちらも優れている。また、ボール受ける姿勢や体の向きも素晴らしく、ゴールへ向かう体制を整え、そのままゴールに絡んだり、セットプレーのチャンスを得ることもできる。 オルンガが抜けた今、江坂はチャンスメイクでの力を発揮することに加え、やはりゴールの期待もかかる。とにかくチームの得点力を落とさないための働きができるか。今シーズンの江坂には大車輪の活躍が期待される。 2021.02.23 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|サンフレッチェ広島】戦力変えずにシステムを変えて高みを目指す

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第13弾は、昨シーズンの明治安田J1で8位のサンフレッチェ広島を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-2-3-1]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK川浪吾郎(29)←ベガルタ仙台/完全移籍 DF今津佑太(25)←ヴァンフォーレ甲府/完全移籍 MFハイネル(30)←トンベンセ(ブラジル)/期限付き移籍延長 MF長沼洋一(23)←愛媛FC/復帰 MF藤井智也(22)←立命館大学/新加入 FWジュニオール・サントス(26)←柏レイソル/完全移籍 【OUT】 GK廣永遼太郎(31)→ヴィッセル神戸/完全移籍 DF櫛引一紀(28)→大宮アルディージャ/完全移籍 DFイヨハ理ヘンリー(22)→鹿児島ユナイテッド/期限付き移籍 MF松本大弥(20)→大宮アルディージャ/期限付き移籍 MF野津田岳人(26)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き移籍 DF水本裕貴(35)→町田ゼルビア/期限付き移籍→完全移籍 DFエミル・サロモンソン(31)→アビスパ福岡/期限付き移籍→完全移籍 MF松本泰志(22)→セレッソ大阪/期限付き移籍 MF川村拓夢(21)→愛媛FC/期限付き移籍延長 MF川井歩(21)→レノファ山口FC/期限付き移籍→完全移籍 FWレアンドロ・ペレイラ(29)→松本山雅FC/期限付き移籍終了 例年になく選手の出入りは多くない広島。特に放出した選手は期限付き移籍の選手が多い状況となっており、主力選手で退団したのはFWレアンドロ・ペレイラのみとなった。 チーム内得点王でありリーグ3位の15得点を挙げていたレアンドロ・ペレイラをチームに留まらせることができなかったことは大きな痛手となるところだったが、柏レイソルからFWジュニオール・サントスを獲得。昨シーズンは横浜F・マリノスへ期限付き移籍し、13得点を記録しただけに、数字上では大きな損失は無くなった。 また、愛媛FCで武者修行を積んできたMF長沼洋一が復帰。また、特別指定選手ながら15試合に出場したMF藤井智也も正式に入団し、チームとしては積み上げたシーズンとなりそうだ。 超過密日程だった2020シーズンも、先発と控えの入れ替えこそありながら、起用するメンバーはほとんど入れ替えずに戦い抜き、今シーズンも継続していく形となる。 補強という観点で言えば、物足りない部分も若干あるが、若い選手たちが持っているポテンシャルは高く、成長という部分が大きな補強となる可能性は秘めている。 ◆目標:上位争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 城福浩監督にとって4シーズン目となる2021シーズン。1年目の2位を頂点に、6位、8位と徐々に順位は下がっている状況。4年目の今季は再び上向きにしていきたいところだ。 前述の通り、大きく選手を補強しなかったことで、チームづくりをやり直すという観点では、積み上げの分だけ優位に働くことになるだろう。それでも「新しい立ち位置を試しているので、手探り状態ではあります」と城福監督が語ったように、チームとしてはブラッシュアップを繰り返している状況だ。 ベテランと若手のバランスも取れている中で、求められるのは準主力選手たちの底上げだろう。昨シーズンは途中出場が多かった選手たちが、レギュラー陣を脅かすことができれば、チームとして一段レベルアップすることができるだろう。 得点力の部分でも、ガンバ大阪へ移籍したFWレアンドロ・ペレイラ、そして今シーズンも広島で戦うFWドウグラス・ヴィエイラに頼り切っていた部分が大きく、なかなか勝ち点を伸ばせなかった理由もそこにあるだろう。 システムも変更し、より攻撃に厚みをかけて臨むシーズン。手堅い試合運びを見せていた一方で、悩みの種だった得点力不足が解消となれば、より上位を目指すことは不可能ではない。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 FWジュニオール・サントス(26) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、昨シーズンは横浜F・マリノスで圧倒的な攻撃力を見せつけたFWジュニオール・サントスだ。 柏レイソル時代は出場機会もあまり得られなかったジュニオール・サントスだが、シーズン途中に横浜FMへと移籍すると一気にその得点力が爆発する。 シュートレンジの広さと、前を向いた時の力強さは驚きを与え、シュートの上手さも目立った。推進力を持つ一方で、前線で起点にもなれるだけに、広島としては願っても無いストライカーの獲得となった。 ハマればレアンドロ・ペレイラ以上の得点も望め、2列目に入る選手たちとの相性次第では一気に飛躍する可能性もあるだろう。 テクニックに優れ、パスセンスも持ち合わせる選手が多い広島だけに、ジュニオール・サントスを活かす方法を見つけたら、脅威となるに違いない。 ◆2021年期待のヒーロー MF森島司(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sanfrecce_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、10番を背負うMF森島司を挙げたい。 昨シーズンはシャドーのポジションで全34試合に出場。5得点を記録した一方で、アシスト数は伸び悩んだ。 2018年はシーズンを通して8アシストとチャンスに多く関わっていただけに、本人としてはポイントを置きたいと考えているとのこと。「流れの中でどう得点に絡むかでチームの順位も変わってくるので、アシストでチームの得点に絡んでチームを助けたいと思っています」と意気込みを語っていた。 今シーズンはシャドーではなくトップ下に入ることが濃厚。チームとして素早いカウンター、ボール奪取からのショートカウンターを武器にしていくだけに、森島からのパスがゴールに繋がる必要がある。 本人も気にするアシストが増えていけば、自ずとチームは勝ち点を重ねるはず。チャンスメーカーとしての働きをいかに見せられるか。森島のプレーぶりに注目だ。 2021.02.23 21:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly