FA杯前回覇者下して16強入りのセインツ、指揮官ハッセンヒュッテル「良いチームパフォーマンス」

2021.01.24 12:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督がFAカップ5回戦進出に満足感を示した。サウサンプトンは23日に行われた4回戦で、26日に予定するプレミアリーグでも相対するアーセナルと対戦。前回覇者との一戦だったが、24分のオウンゴールで先制すると、この得点が決勝点となり、1-0で勝ち切った。

ウォルバーハンプトンが待つ16強にチームを導いたハッセンヒュッテル監督は試合後、選手たちの頑張りを労った。


「前半の我々はよりパンチを利かせ、よりパワーを持ってプレーができたと思う。後半に入り、相手が巻き返そうとしてくるのは当たり前のことだ」

「そうしたなかで、我々は1つ、2つのチャンスを作り出しただけに、追加点を掴み取らないと。シェーン・ロングはPKのチャンスをもらうべきだったしね」

「早い段階でボールの主導権争いで優位に立ったが、最後の部分において必ずしもベストじゃなかった。ボールがないときの働きは総じて良かったがね」

「良いチームパフォーマンスだったよ」
関連ニュース
thumb

5試合ぶり白星を喜ぶサウサンプトン指揮官「残り3試合で順位を上げていきたい」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、チームの快勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表FW南野拓実も先発出場したサウサンプトンは、11日に行われたプレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスと対戦。開始早々に失点する厳しいスタートとなったものの、FWダニー・イングスの2ゴールもあり逆転に成功。その後失点を許さず、3-1で勝利を収めている。 この結果、5試合ぶりの勝利を収めたサウサンプトンはリーグ14位に浮上。既に残留は確定しているが、少しでも順位を上げるために重要な勝利となった。 試合後のインタビューに臨んだハッセンヒュッテル監督も、この日のチームのパフォーマンスに満足しているとコメント。今シーズンの中でも優れた試合ができたと喜んだ。 「スタートはあまり良くなかったが、緊張したり疑ったりすることはなかったと思う。我々はすぐに試合のスピードを上げようとした。ポゼッションについても、今日のチームは非常によくオーガナイズされており、適切なタイミングで適切な場所を見つけていた」 「前半にも多くの得点チャンスがあり、ダニー・イングスとチェ(・アダムス)で3ゴールを決められた。特にイングジー(イングス)は素晴らしい働きをしてくれたと思う。我々のゲームプランに沿い、ボールを使って何ができるか考えられていた」 「もっと頻繁に得点できたはずだ。チャンスは多く作れていたからね。とはいえ、しっかりボールを握っており、今シーズンの中でも良い試合ができていたと思う」 また、ハッセンヒュッテル監督はこの試合で特に好パフォーマンスを見せたGKフレイザー・フォースターとFWダニー・イングスを称賛。今後もこの状態を維持して、少しでも順位を上げていきたいと意気込んだ。 「フラーゼ(フレイザー・フォースター)は素晴らしいセーブをしてくれた。我々を試合に集中させてくれたね。いかに優れたGKであるか、しっかり示してくれた」 「イングジー(ダニー・イングス)がフィットしていることは嬉しいし、シーズン終わりまでフィットしていて欲しい。そうすれば、あと3試合でも勝ち点3を獲得するチャンスが出てくるだろう」 「我々は常に自分たちのことを考えている。シーズン後半に多くのポイントを落としてしまったため、順位が上がらないのは残念だ。だからこそ、残り3試合で順位を上げていきたい」 2021.05.12 13:26 Wed
twitterfacebook
thumb

南野フル出場のセインツ、イングス&フォースター活躍で5戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

サウサンプトンは11日、プレミアリーグ第32節でクリスタル・パレスをホームに迎え、3-1で勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実はフル出場している。 3日前のリバプール戦を落とした17位サウサンプトン(勝ち点37)は、後続のチームが勝ち点を落としたことで残留が決まった中、所属元のリバプール戦を規約のため欠場していた南野がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となった。 13位クリスタル・パレス(勝ち点41)に対し、サウサンプトンは開始2分に失点する。FKの流れからベンテケにゴールを許した。 失点後、ボールを持たされる展開となったサウサンプトンは攻めあぐねる状況が続いたが、20分に追いつく。左サイドからのレドモンドのクロスを受けたイングスが巧みな反転シュートを決めた。 その後は同点としたサウサンプトンが攻勢を強める展開となったが、40分にPKを献上してしまう。ボックス内で仕掛けてきたザハをレドモンドが倒してしまった。しかし、キッカーのミリボイェビッチが枠の右を狙ったシュートをGKフォースターが止め、1-1で前半を終えた。 すると迎えた後半開始3分、サウサンプトンが逆転する。右CKのサインプレーからアームストロングがシュートに持ち込むと、ルーズボールをゴールエリア左のアダムスが押し込んだ。 勝ち越し後の51分、CKの流れからベンテケのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフォースターがセーブ。 その後はサウサンプトンが試合をコントロールする中、75分に決定的な3点目。アダムスのスルーパスをボックス中央に抜け出したイングスがシュートを決めきった。 終盤にかけてはサウサンプトンが危なげなく試合を運び、3-1で快勝。2ゴールを挙げたイングス、PKを止めたGKフォースターの活躍で、5戦ぶりの勝利を飾っている。 2021.05.12 06:06 Wed
twitterfacebook
thumb

マネ&チアゴ初弾にアリソン躍動のリバプールが公式戦4試合ぶりの白星! 南野欠場のセインツはリーグ4戦未勝利…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リバプールvsサウサンプトンが8日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-0で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は契約上の問題で招集メンバー外となった。   前々節にニューカッスル相手に痛恨のドローとなった7位のリバプール(勝ち点54)は、2日に開催予定だったマンチェスター・ユナイテッド戦が対戦相手のサポーターによるスタジアムでの過激な抗議活動の影響で試合当日に延期となるアクシデントに見舞われた。   その影響により2週間ぶりの試合となった今節は15位のサウサンプトン(勝ち点37)を相手に公式戦4試合ぶりの白星を狙った。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。負傷のオザン・カバクに代えてリース・ウィリアムズ、フィルミノに代えてフィリップスを起用。ファビーニョをアンカーに戻し、前線は右からサラー、ジョタ、マネの3トップとなった。   休養十分のホームチームは勝ち切れない直近数試合の反省を生かして立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。ボール支配に加え、守備時も高い位置からプレッシャーをかけて攻守の主導権を掴むと、アレクサンダー=アーノルドのロングフィードに反応した10分のマネの決定機を皮切りに、サラー、ジョタがGKフォースターにファインセーブを強いる。さらに、28分にはアレクサンダー=アーノルドの右CKをワイナルドゥムが頭で合わすが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。   ゴール前あと一押しという状況が続くリバプールだが、30分には一転して大ピンチを迎える。DFフィリップスがテラに背後を取られて決定的なカウンターシーンに持ち込まれると、テラの折り返しに反応したボックス中央フリーのチェ・アダムスにシュートを許すが、ここはGKアリソンが見事な飛び出しでシュートコースを消してブロック。さらに、こぼれ球を回収したレドモンドのシュートも素早くポジションを取り直した守護神がきっちり防いだ。   すると、守護神の連続ビッグセーブに触発された攻撃陣が直後にゴールをこじ開ける。31分、相手ボックス手前でルーズボールを回収したファビーニョがボックス右角のサラーに繋ぐと、サラーからファーに走り込んだマネに絶妙な浮き球のクロスが供給される。そして、セネガル代表FWが古巣のゴールへヘディングで流し込んだ。   先制に成功したリバプールは以降も攻撃の手を緩めずに積極的に追加点を狙うが、サラーの決定的なシュートが相手DFのブロックに遭うなど前半の内に2点目を奪うまでには至らず。それでも、レドモンドやテラの決定機を危なげなく凌ぎ切り、1点リードで試合を折り返した。   互いに選手交代なしで臨んだ後半も先にゴールに迫ったのはリバプール。49分、ロバートソンからパスを受けたボックス左のジョタが角度のないところから左足のシュートを放つが、これはニアを消していたGKフォースターの好守に遭う。   以降はなかなか決定機まで持ち込めないものの、集中した守備でリードを維持するリバプール。だが、66分にサウサンプトンのオバフェミ、ディアロの同時投入という交代策によって徐々に劣勢を強いられる。   盛んに背後を狙うオバフェミにスピード不足のセンターバックコンビが幾度か入れ替わられる場面を作られる中、GKアリソンが見事な飛び出しや決定的なシュートストップでピンチを救った。   その後も2点目が遠い中で逃げ切りを意識し始めたクロップ監督は79分にジョタを下げてフィルミノ、87分にサラーを下げてオックスレイド=チェンバレンをピッチへ送り出す。すると、この逃げ切り策が結果的に試合を決める追加点をもたらした。90分、相手陣内左サイドでマネとの連携でボールを奪い切ったフィルミノからボックス手前でパスを受けたチアゴがペナルティアーク付近まで切り込んで丁寧な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   そして、途中投入フィルミノのお膳立てからチアゴに待望の加入後初ゴールが生まれたリバプールはこのまま試合をクローズ。守護神アリソンに救われる場面は多かったものの、きっちり格下相手に勝ち切って公式戦4戦ぶりの白星を挙げてトップ4争いに何とか踏みとどまった。 2021.05.09 06:13 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実の将来は…? サウサンプトン指揮官「まだわからない」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が日本代表MF南野拓実(26)の去就について、不透明さを口にした。イギリス『デイリー・エコー』が報じている。 リバプール在籍2年目の今季もポジション奪取に至らず、今冬の移籍市場最終日にシーズンローンでサウサンプトンに活躍の場を移した南野。デビュー戦で即ゴールを挙げると、翌々節のチェルシー戦でも得点をマークして、インパクトを残した。 しかし、徐々に出場機会が減り、ここまでプレミアリーグ7試合の出番のみ。今季終了後の去就が注目されるなか、第34節のレスター・シティ戦で4試合ぶりの先発復帰を果たしたが、退場者の影響もあり、守備に追われ、76分にピッチを退いた。 そうしたなか、ハッセンヒュッテル監督が南野の将来について口を開き、8日に行われる第35節でリバプールとのアウェイ戦に向けた会見で南野との交渉の有無を問われると、「いや、まだだ」と返答。さらに、「まだわからない」と濁した。 「我々は彼にできるだけ出場時間を与えようとしているだけ。彼は我々の下で居心地の良さを感じていると思う。先のレスター戦でも守備のクオリティを示しつつ、チームのために懸命に頑張ってくれた。非常に強いメンタリティを持った選手だ。我々のために良い仕事をしてくれている。この夏に何が起こるのかまだわからない」 2021.05.08 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レスター戦で一発退場のヴェステルゴーア、処分撤回でリバプール戦出場へ

プレミアリーグは5日、サウサンプトンのデンマーク代表DFヤニク・ヴェステルゴーアに対する退場処分を撤回したことを発表した。 ヴェステルゴーアは4月30日に行われたプレミアリーグ第34節レスター・シティ戦(1-1)で先発。開始10分に一発退場となっていた。しかし、サウサンプトンがこの退場に異議を申し立て、その主張が通った格好だ。 ヴェステルゴーアは自陣ゴール前でトラップが大きくなり、ロストしたボールをFWジェイミー・ヴァーディから奪い返すべくスライディングタックルを行ったが、ボールを捉えた後にヴァーディの足首にスパイクが入っていた。プレミアリーグはこのタックルが退場処分に値しないと判断し、処分が撤回された。 この結果、ヴェステルゴーアは8日に行われる次節リバプール戦に出場できることになった。 2021.05.06 00:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly