アルゼンチンの点取り屋、ディエゴ・ミリートがミラノ・ダービーで決めた狡猾なゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2021.01.23 10:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリート氏がインテルで決めたゴールだ。


◆ミリートがミスを見逃さずに決めた決勝点

2009年夏にジェノアからインテルに加入したミリート氏は、貴重な得点源として活躍。公式戦171試合に出場し、75ゴールを記録している。

抜群の決定力でゴールを量産し、多くの試合でチームを勝利に導いたミリート氏だが、2012年1月15日に行われたセリエA第18節のミラン戦では、見事なゴールを決めている。

“ミラノ・ダービー”となったこの試合、0-0のまま迎えた54分、右サイドをDFハビエル・サネッティがドリブル突破で駆け上がっていく。相手陣内までボールを運んだサネッティは、中央へアーリークロスを送る。DFイグナツィオ・アバーテがパスカットを試みたものの、対応を見誤りフリーのミリートにパスを通してしまう。相手のミスから決定的チャンスを得たミリートは、ドリブルでそのままボックス内に侵入。ゴール右下のコースへシュートを流し込み、先制点を奪ってみせた。

試合はインテルがそのまま1-0で逃げ切り勝利。ミスを見逃さなかったミリートの決定力が際立った試合となった。


関連ニュース
thumb

戦慄のジャンピングボレー!落ちてきたボールに完璧に合わせたアクロバティックなゴール/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバーゼルのブラジル人FWアルトゥール・カブラルが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆戦慄のスーパーボレーシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPeENFY3ROVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2019年夏に19歳でブラジルの強豪パウメイラスからスイスのバーゼルに加入したカブラルはすぐさま活躍を見せ、主力に定着。エースとしてプレーしている。 ゴールハンターとして得点を量産するカブラルだが、2021年1月23日に行われたスイス・スーパーリーグ第15節のチューリッヒ戦では、豪快なゴールを決めている。 0-2とバーゼルビハインドの75分、ボックス内に攻め入ったバーゼルだったが、ゴール前で相手DFがボールをクリア。しかしこれが中途半端なクリアになると、高く上がったボールの落下点にカブラルがいち早く入り、走り込んだまま豪快な左足ジャンピングボレーを放つ。空中で完璧にボールを捉えたボレーシュートは、ゴール左に突き刺さり、見事なゴールとなった。 点差を詰めたバーゼルだったが、その後さらに失点を許し、1-4と大差で敗れている。 <span data-sg-movie-id="874" data-sg-movie-title="【戦慄のジャンピングボレー!】落ちてきたボールに完璧に合わせたアクロバティックなゴール"></span> 2021.03.03 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃の無回転ロングシュート!イタリアのレジェンド、ザンブロッタのミラン初ゴールとなったスーパーゴール/2008-09【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆衝撃の無回転ロングシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTeXp6UzZ5diIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バーリで頭角を現したザンブロッタ氏は、ユベントスやバルセロナを渡り歩いた後、2008年ミランに加入。不動のSBとして活躍した。 攻守に安定したパフォーマンスを見せる世界屈指のSBとして知られたザンブロッタ氏だが、2008年9月21日に行われたセリエA第3節のラツィオ戦では、衝撃のゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた35分、相手陣内中央やや右でボールを持ったザンブロッタは、ドリブルでボールを運ぶと、強烈なロングシュート。右足で放たれた豪快なシュートは、無回転気味のままゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットに突き刺さった。 衝撃のゴールでミラン初ゴールを記録したザンブロッタ。4-1でのチームの勝利に大きく貢献した。 <span data-sg-movie-id="871" data-sg-movie-title="【衝撃の無回転ロングシュート!】イタリアのレジェンド、ザンブロッタのミラン初ゴールとなったスーパーゴール"></span> 2021.03.02 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

抜群の動き出しでマーカーを置いてけぼり!ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかなダイビングヘッド!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlN3F2Unh0RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シュトゥットガルトユース出身のキミッヒは、同クラブやRBライプツィヒで頭角を現すと、2015年夏にバイエルンに加入した。 中盤やサイドバックもこなす器用さを武器に“フィリップ・ラームの後継者”と期待されるキミッヒだが、2016年10月1日に行われたブンデスリーガ第6節のケルン戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた40分、左サイドに抜け出したDFフアン・ベルナトが鋭いクロスを入れる。中盤から攻撃参加していたキミッヒは、素早い加速でフリーのままゴール前に飛び出すと、鮮やかなダイビングヘッド。ゴール右に見事なゴールを決めてみせた。 先制に成功したバイエルンだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="873" data-sg-movie-title="【マーカーを置いてけぼり!】ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド"></span> 2021.03.02 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ファーサイドに突き刺す!全盛期の“英雄”シェフチェンコがミランで見せた強烈ゴール/2003-04【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆強烈グラウンダーシュートがネットに突き刺さる!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYeElHZEtLdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1994年にウクライナの名門ディナモ・キエフでプロデビューし、大活躍を果たしたシェフチェンコ氏は、スーパースターたちが顔を揃えるミランに1999年加入。ここでも存在感を発揮し、世界屈指の名手に名を連ねる程の評価を受けた。 スピードを活かした突破と高い技術を持った点取り屋としてゴールを量産したシェフチェンコ氏だが、2004年1月6日に行われたセリエA第15節のローマ戦では、強烈なゴールを決めている。 1-1で迎えた63分、カウンターからミランがチャンスを作ると、MFマヌエル・ルイ・コスタからのパスをシェフチェンコがボックス内左で受ける。ゴール左の角度の厳しい位置から左足を振りぬくと、強烈なグラウンダーのシュートが一直線にゴール右のネットに突き刺さった。 これで勝ち越しに成功したミラン。シェフチェンコの活躍で2-1の勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="867" data-sg-movie-title="【ファーサイドに突き刺す!】全盛期の“英雄”シェフチェンコがミランで見せた強烈ゴール"></span> 2021.03.01 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

狭いスペースからの豪快な一撃!ボルシアMG主将が決めたロケット砲ミドルシュート/2017-18【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボルシアMGのドイツ代表MFラルス・シュティンドルが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロケット砲のような一撃!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrYmpwUkRwUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カイザースラウテルンでキャリアをスタートさせたシュティンドルは、ハノーファーでのプレーを経て2015年夏にボルシアMGに加入。主力として定着し、ここまで公式戦201試合に出場している。 状況判断能力の高さと正確なプレーを持ち味に、クラブのキャプテンも務めるシュティンドルだが、2017年9月16日に行われたブンデスリーガ第4節のRBライプツィヒ戦では、豪快なゴールを決めている。 1-2とボルシアMGビハインドの61分、相手陣内でルーズボールを拾ったMFデニス・ザカリアがシュティンドルにパス。素早く前を向いたシュティンドルは、ボックス左角手前の位置から右足を一振り。強烈なシュートはゴール右に一直線に飛んでいき、サイドネットに突き刺さった。 このゴールで同点としたボルシアMG。試合はそのまま2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="865" data-sg-movie-title="【ロケット砲ミドルシュート】ボルシアMG主将が狭いスペースから決めた豪快な一撃"></span> 2021.03.01 14:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly