ポドルスキ、盟友エジルのトルコリーグ加入を歓迎 「彼はリーグにとっての財産」

2021.01.21 01:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンタルヤスポルに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、アーセナルとの契約を解消し、フェネルバフチェ加入が迫る元ドイツ代表MFメスト・エジルについて語った。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。

アーセナルの司令塔として7年半を過ごしたエジルだが、近年はウナイ・エメリ前監督、ミケル・アルテタ監督の下で構想外となり、今シーズンはプレミアリーグ、ヨーロッパリーグの登録メンバーを外される冷遇を受けている。


そして、以前から契約解消の可能性が取り沙汰された同選手はようやくアーセナルとの交渉が完了し、現在は愛するフェネルバフチェ移籍に向けてイスタンブールを果たしている。

ドイツ代表とアーセナルで共闘し、以前のインタビューではクラブに長らく在籍したエジルに対する古巣の心無い扱いに苦言を呈していたポドルスキは、元同僚のスュペル・リグ加入を歓迎している。

「僕はメストが将来的にトルコで僕らのためにプレーすることを喜んでいるよ。彼はリーグにとっての財産であり、32歳という年齢は未だフットボーラーとして全盛期にあると思うよ」

「スュペル・リグではクラブのボスたちがファンを満足させるために偉大なプレーヤーを連れてきた歴史があるんだ」

また、ポドルスキは昨年3月以降、公式戦の舞台から遠ざかっている元相棒が再びピッチでプレーできることを、1人の友人として喜んでいる。

「(アーセナルでのキャリアが)このような終わり方になってしまったのは本当に残念だったよ。だけど、プロフェッショナルとしてプレーすることが許されなければ、誰でも満足できないものさ」

「これでようやくメストも僕らが愛するフットボールをプレーすることができるようになるね」

なお、このままエジルの移籍交渉が無事完了した場合、ポドルスキとエジルのピッチ上での久々の競演が果たされるはずだ。