不安定なドルトムントを元ドイツ代表OBが酷評「規律もキャラクターもないチーム」

2021.01.20 13:29 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてバイエルンやリバプールに所属した元ドイツ代表MFのディトマール・ハマン氏が、ドルトムントの戦いぶりを批判している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。

ドルトムントは12月、成績不振を理由にルシアン・ファブレ監督を解任。後任として、アシスタントコーチを務めていた38歳のエディン・テルジッチ氏を据えたが、ここまで不安定な戦いが続いている。


ブンデスリーガ第15節でRBライプツィヒとの上位対決を制したまでは良かったものの、続く第16節で降格圏に沈むマインツを相手に勝ちきれずドロー。19日に行われた第17節では、レバークーゼンとの上位対決に1-2のスコアで敗れ、4位にとどまる結果となった。

なかなか波に乗れず、タイトル争いに加われないドルトムントに対して、ドイツ『スカイ』でコメンテーターを務めているハマン氏も、特にレバークーゼン戦の敗戦を酷評している。

「(レバークーゼン戦の)ドルトムントは規律に欠け、淡白で、キャラクターを示せなかった。彼らにはすべてが欠けていたと思うよ」

「レバークーゼンのような強いチームを相手にする以上、規律やキャラクターは見せなければならない。しかし、結局90分間のなかでそうした姿を見ることはなかったね」

また、ハマン氏は今季既に監督交代を敢行しているドルトムントが、これ以上混迷を深めずにいられるか、注意して見ていきたいと語った。

「ドルトムントの現状には説明がつかないね。彼らは今シーズン既に監督を1人失っているが、ここからコーチング不能の状態に陥らないか、見ていくことが重要だ」

関連ニュース
thumb

ドルトムント、来季に向けて3人の若手CBをリストアップ!

ドルトムントが来シーズンに向けてセンターバックの補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムントではサイドバックとセンターバックのバックアッパーを担う元ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(35)が今シーズン終了後に現役を引退し、U-21フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥ(21)も度重なる負傷に悩まされており、来シーズンに向けてセンターバックの補強が優先事項のひとつとなっている。 そういった中、『スカイ』は新戦力候補にセリエAで活躍する2人のセンターバックと、パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミーに在籍する10代の若手DFの名前を挙げている。 現時点で最有力候補に挙がるのは、フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)。 母国のパルチザンで台頭したミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナへ加入。3バックと4バックのセンターバックに加え、右サイドバックもこなす汎用性が高い195cmの若手DFだ。 抜群の空中戦の強さと長いストライドを生かした幅広い守備範囲、一定のボールスキルと、総合力の高いプレーでセリエA屈指のセンターバックと評される逸材は、現行契約が2022年6月までとなっており、今夏のタイミングで市場に出る可能性が高い。そして、ドルトムントはすでに獲得を目指してコンタクトを取っているという。 そのミレンコビッッチのプランBとして名前が挙がっているのは、カリアリに所属するポーランド代表DFセバスティアン・ウォルキエビッツ(20)。 2019年にカリアリに加入した188cmの大型DFは、昨シーズン後半からレギュラーに定着。すると、2年目の今季はチームが下位に低迷している中、個人としては安定した守備に加え、ビルドアップの局面でも存在感を発揮しており、国内外で評価を高めている。ドルトムントはポゴニ・シュチェチン在籍時代から関心を示している同選手に対して具体的な動きは見せていないが、財政難のカリアリが換金対象に見なしていることもあり、獲得の可能性は十分にあるようだ。 3人目はPSGのU-19チームに在籍しているU-18フランス代表DFスマイラ・クリバリ(17)。 将来性豊かな190cmのセンターバックは、PSGとの契約が今シーズン終了までとなっており、ドルトムント移籍に向けて口頭合意に至っているという。ただ、先日にクリバリはヒザ前十字じん帯を断裂する重傷を負っており、その影響によって現時点では正式契約に踏み切るかどうかが慎重に検討されているようだ。 2021.02.23 23:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがコロナ対策違反で罰金、ダービー勝利の喜びでソーシャルディスタンス守れず

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は22日、ドルトムントが新型コロナウイルス(COVID-19)における医療衛生コンセプトに違反したとして、7万5000ユーロ(約960万円)の罰金を科すと発表した。 問題とされたのは、20日に行われたブンデスリーガ第22節のシャルケとの“レヴィア・ダービー“後の出来事だった。試合はドルトムントが、4-0で勝利していたが、その勝利を喜びすぎたようだ。 DFLによると、ダービーでの勝利に熱狂したドルトムントの選手たちは、試合後のチームバス内で口や鼻を塞がずに行動。また、ソーシャルディスタンスを確保することなく、喜びを爆発させていたという。その様子は、選手たちのSNSなどでも見て取れ、証拠として残ってしまっていた。 また、バスの周囲にも150~200人のファンが大挙し、大声を出して勝利したチームへ声援を送っていたとのこと。選手、サポーターともに収拾がつかない事態となっていたようだ。 DFLは「レヴィア・ダービーが特別な試合であることは間違いありません。ただ、それでもクラブには規則の遵守を管理、監督する責任があります」と、勝利を喜ぶことを理解しながらもクラブの対応を指摘。「全ての試合において、到着時と出発時において、現在有効とされる医療衛生のコンセプトを考慮し、遵守して実行する必要があります」と特別扱いはできないとした。 なお、ドルトムントはすでに謝罪の声明を発表しており、罰金の支払いも受け入れている。 2021.02.23 12:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ハーランドがまたも2発、ドルトムントがシャルケとのダービーを4発完勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第22節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが20日に行われ、0-4でドルトムントが完勝した。 前節ホッフェンハイム戦を2-2の引き分けに持ち込んだ6位ドルトムント(勝ち点33)は、チャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦ではハーランドの2ゴール1アシストの大活躍で先勝とした。そのドルトムントはセビージャ戦のスタメンから2選手を変更。ベリンガムとアカンジに代えてブラントとデラネイを起用した。 前節ウニオン・ベルリン戦を引き分けたものの、復調の兆しが見えない最下位シャルケ(勝ち点9)に対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にハーランド、2列目に右からロイス、ブラント、サンチョと並べた。 そのドルトムントに対し、シャルケが良い入りを見せる。速攻の形でドルトムントを牽制しつつ、自陣に引いての守備で隙を見せなかった。 ボールを持たされる展開となったドルトムントは8分にサンチョが枠内シュートを浴びせたものの、なかなか決定機を生み出すには至らない。 それでもGKフェールマンが負傷し、31分にランガーが投入されたシャルケに対し、42分にドルトムントが先制した。敵陣高い位置でモレイがボールを奪った流れからサンチョがシュートを決めきった。 さらに45分、ドルトムントが一気に突き放す。ボックス手前左角からサンチョがクロスを送ると、ハーランドが見事なボレーシュートを叩き込んだ。 ドルトムントが2点をリードして迎えた後半、2選手を交代したシャルケは開始5分にセルダーのシュートが左ポストに直撃。 ひやりとしたドルトムントだったが、60分に勝負を決定付ける。ロイスとのパス交換からラファエウ・ゲレイロがシュートを決めた。 さらに79分、ベリンガムの右クロスをハーランドが押し込み、4-0としたドルトムントが圧勝。CLの勝利で得た勢いをブンデスリーガに持ち込み、リーグ戦3戦ぶりの勝利としている。 2021.02.21 04:21 Sun
twitterfacebook
thumb

同世代ムバッペの活躍を意識するハーランド「彼のカンプ・ノウでのハットが刺激をくれた」

来たるサッカー新時代の主役を担うであろうドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは互いに高め合う存在なのかもしれない。 先日から始まったチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント。1回戦から早くも好カードの連続で、バルセロナvsPSGやセビージャvsドルトムントは白熱の試合となった。 そのふたつの試合ではこれからのサッカー界を担う2人のヤングスターが輝きを放った。バルセロナvsPSGでは22歳のムバッペがハットトリックを達成。CLにおいて、バルセロナの本拠地カンプ・ノウでハットトリックを決めたのは史上2人目の快挙だった。 そしてそれに呼応するかのように、20歳のハーランドもセビージャ戦で2ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導いており、世界中のメディアは専らこの2人を取り上げた記事を見出しにしている。 ハーランドは17日のセビージャ戦後、『UEFA.com』のインタビューで活躍できた秘訣を尋ねられると、前日に同世代のムバッペが活躍していたことがモチベーションになったと明かした。 「カンプ・ノウでのムバッペのハットトリックに感銘を受けたんだ。今日は彼に感謝するよ。素晴らしい夜だった」 一方、若き至宝2人が輝いた裏で、現サッカー界の2大スターであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ともに1stレグでそれぞれPSGとポルトに敗れており、世代交代を囁くメディアも。 まだまだ第一線から降りるつもりはなさそうな2人だが、それでもそう遠くない未来に、ハーランドとムバッペがトップに立つのは間違いないだろう。 2021.02.18 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

20歳ハーランドが早くもCL通算18ゴール!その上を行く“神童”は?

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、またもチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でゴールを決めた。 ドルトンムントは17日、CLラウンド16・1stレグで、セビージャと対戦。アウェイゲームとなる中、ハーランドが躍動。2ゴール1アシストを記録し、チームの勝利に大きく貢献した。 20歳のハーランドはこれで早くもCL通算18ゴールに到達。『UEFA.com』によると、21歳になるまでにハーランドよりも多くゴールを決めたのは、パリ・サンジェルマンのフランス代表キリアン・ムバッペ(19ゴール)のみとなっている。 ハーランドは7月21日に21歳の誕生日を迎えるため、今シーズン中に2ゴールを記録すればムバッペの記録を更新することとなる。 なお、21歳未満でのCL通算ゴール数は、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(12ゴール)、元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏(9ゴール)が続いている。 <div id="cws_ad">◆ハーランドのCL通算18ゴール目<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CLaC0SElNj5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CLaC0SElNj5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CLaC0SElNj5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.02.18 18:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly