インテル戦完敗のユーベ、「酷い敗北」と苦言の指揮官ピルロが問題視したのは…?

2021.01.18 13:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が敗北を認め、チームに苦言を呈した。

4位のユベントスは17日に行われたセリエA第18節で2位のインテルと対戦。12分にMFアルトゥーロ・ビダルの恩返し弾を食らうと、後半にもMFニコロ・バレッラに追加点を許して、0-2の敗北を喫した。


10連覇を目指すユベントスにとって、重要なインテルとの“イタリア・ダービー”だったが、攻守に覇気なく、散ったユベントス。ピルロ監督は試合後、イタリア『スカイ』を通じて、敗戦の弁を述べた。

「入りから姿勢を間違って、決闘に勝つための闘志もなければ、難しくなる。ピッチに足を踏み入れようとせず、臆病だったよ」

「インテルの攻撃的な姿勢を恐れ、守りしか考えておらず、攻撃的になり切れなかった。インテルに主導権を握らせてしまえば、難しい相手になってしまう」

「個々のクオリティはアグレッシブさと闘志が相手と比例した場合に輝くもの。今日の我々はそうじゃなく、それを示した試合だった」

「酷い敗北だ。これ以上、酷い試合なんてない。予想外だったが、切り替えて、水曜日のナポリ戦、そして、スーペル・コッパに備えていかなければならない」

インテル相手の黒星で順位も5位に後退してしまったユベントスだが、ピルロ監督はスクデット争いに対するスタンスを問われ、「我々の野望は何も変わっていない」と語り、チームの姿勢を問題視した。

「強敵に対しての不手際はあるもの。私ががっかりしているのは姿勢だ。ユベントスのようなチームは自信と野心を持って、ここに来なければならない。試合の主導権を握る部分でも、あまりにも逃げ腰だった」

関連ニュース
thumb

ユベントスが2020-21シーズン上半期の決算を報告、コロナ禍により約80億円の減収

ユベントスは25日、2020-21シーズン上半期の決算を報告した。 新型コロナウイルスにより無観客で試合を行っていたため、昨季上半期と比べ収入が減少している。昨季上半期は3億2230万ユーロ(約418億円)の収入があったユベントスだったが、今季上半期は2億5830万ユーロ(約335億円)に減収となった。 一方で人件費等の支出は2億6340万ユーロ(約342億円)を計上。昨季の2億6000万ユーロから僅かに微増している。 人件費のカットに踏み込み辛いクラブにとって、コロナ禍による経営の厳しさを示す決算となった。 2021.02.26 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レジェンドストライカーが決めたおもいきりの良い豪快ドライブボレー!【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 マルコ・ディ・バイオ(当時27歳) 国籍:イタリア 所属:ユベントス ポジション:FW 身長:179cm ラツィオでプロデビューを果たしたディ・バイオ氏は、多くのセリエAクラブを渡り歩き、2002年にユベントスに加入。リーグ優勝に貢献するなど、存在感を示した。 【試合詳細】 日程:2003年11月1日 大会:セリエA第8節 対戦相手:ミラン 時間:後半39分(0-1) <div id="cws_ad">◆思い切りの良い豪快ボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtaXVoVWZSciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-1とミランにリードを許して迎えた84分、中央突破を図ったユベントスは、ディ・バイオが前線のFWダビド・トレゼゲにパスを送る。トレゼゲがこれをアウトサイドで叩き、浮き球のリターンパスを出すと、ディ・バイオが思い切りの良いボレーシュート。 左足から放たれた強烈なシュートはドライブしながらゴール左上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 試合はこのまま1-1のドローで終了。ユベントスは、敵地で貴重な勝ち点1を得た。 <span data-sg-movie-id="845" data-sg-movie-title="【火を噴くような豪快ドライブボレー】ディ・バイオがユベントスで決めた衝撃のゴール"></span> 2021.02.25 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

SBが覚醒!アタッカー顔負けの華麗なスラローム&弾丸ミドル弾【スーパーゴール図鑑/ユベントス編】

【得点者プロフィール】 ジョナサン・ゼビナ(当時31歳) 国籍:フランス 所属:ユベントス ポジション:DF 身長:189cm カリアリやローマなど主にセリエAクラブで活躍したゼビナ氏。189cmの長身を生かした守備と攻撃参加が売りのサイドバックであった。2004年に加入したユベントスでは絶対的な主力ではなかったものの、6年に渡って最終ラインを支えた。 【試合詳細】 日程:2010年3月11日 大会:ヨーロッパリーグ ラウンド16 1stレグ 対戦相手:フルアム 時間:前半25分(1-0) <div id="cws_ad">◆華麗なスラロームからの弾丸シュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWMWNSUWd2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-0とリードしている中、ユベントスは25分にもチャンスを迎える。一度最終ラインのゼビナまで下げると、ゼビナは巨体を揺らしながら相手DF二人の間を器用に抜いていく。 一気にボックス付近まで侵入したゼビナは、相手DFのプレッシャーが弱いことを見逃さずに、ボックス外から右足を一閃する。 思い切り良いシュートは、グングンと伸び、相手GKの手が届かない左のサイドネット、隅に見事に突き刺さった。 試合はその後、両チームともに1点を奪い3-1で勝利。しかし、ユベントスはアウェイでの2ndレグを1-4で落とし、まさかのラウンド16敗退となっている。 <span data-sg-movie-id="843" data-sg-movie-title="【伏兵SBが覚醒!】華麗なスラロームから最後は自らの足で弾丸ミドル"></span> 2021.02.25 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クロトーネに3発快勝のユーベ指揮官ピルロ、スクデットを諦めず「最後まで戦う」

ベントスのアンドレア・ピルロ監督がクロトーネ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは23日、セリエA第23節でクロトーネと対戦。試合は、FWクリスティアーノ・ロナウドが38分、46分と立て続けに2得点を決めると、71分にはMFウェストン・マッケニーがダメ押しの3点目を挙げ、ユベントスが3-0と快勝している。 ピルロ監督は試合後、先制点を決めるまでは焦りがあったものの、勝ち点3を獲得できたことが重要だったと振り返った。 「最近の試合のせいか、緊張したスタートを切ったが、2点を決めたことで落ち着き、ゲームをうまくコントロールすることができた」 「しかし、我々にとって最高のスタートと言えるものではなかった。早い段階でゴールを決めたいと急ぎすぎてしまったことで、パスが乱れてしまった」 「いずれにしても、今夜は勝ち点3を取ることが重要だった。動きについては改善に努めなければならないがね」 また、前線の選手たちについても言及。試合を通して3得点と好パフォーマンスを見せたが、指揮官は改善を促した。 「(アルバロ・)モラタは、ベストの状態ではなく、時間が必要だ。C・ロナウドを前線に置くときは、彼をボックスの中に入れるため、サイドでのプレーを改善しなければならない」 「(デヤン・)クルゼフスキについて言えるのは、ユーベでプレーするのと、パルマでプレーするのでは違いがあるということだ。ここでは引いてくる相手もいる。彼は今新しいポジションでプレーしているが、適応しているし、改善の余地もある」 最後にピルロ監督は「我々はインテルのライバルの一つだし、最後まで戦う」とコメント。首位インテルとは、勝ち点「8」の差があるものの、スクデットを諦めない姿勢を見せた。 2021.02.23 10:47 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのドッピエッタなどで3発快勝のユベントスが上位陣を追走!《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第23節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのポルト戦を1-2で敗れ、公式戦連敗のユベントスは、その試合から先発を3人変更。GKシュチェスニーやキエッリーニ、ラビオに代えてGKブッフォン、デミラル、ラムジーが先発に名を連ねた。 立ち上がりから後方に重心を置く最下位のクロトーネ(勝ち点12)に対してユベントスがボールを握って押し込む展開が続く。しかし、クロトーネの堅い中央の守備に苦戦してなかなかフィニッシュまで至らない。 それでもユベントスは28分、ベンタンクールのロングフィードを右サイドで受けたキエーザが縦への仕掛けからグラウンダーのクロスを供給すると、ファーサイドのC・ロナウドがダイレクトで合わせたが、シュートはわずかにゴール左に外れた。 攻勢を続けるユベントスは、38分にもキエーザの右クロスをファーサイドのラムジーが頭で合わせたが、これは相手GKがわずかに触りクロスバーに弾かれた。 さらに、これで獲得した右CKから三次攻撃までつなげると、左サイドでこぼれ球を回収したマッケニーのパスをボックス左手前で受けたアレックス・サンドロがクロスを供給。これをゴールエリア右に抜け出したC・ロナウドがヘディングでゴール左に流し込んだ。 待望の先制点を奪ったユベントスは、前半終了間際にもチャンス。前半アディショナルタイム1分、C・ロナウドが強烈なミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをボックス左横で拾ったラムジーがダイレクトクロスを供給。これをゴール前に走り込んだC・ロナウドが頭で叩き込み、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、再びスコアを動かしたのはユベントス。66分、キエーザの左CKをファーサイドのデ・リフトが頭で折り返すと、相手DFに当たったこぼれ球をマッケニーがゴールに流し込んだ。 試合を決定づける3点目を挙げたユベントスは、76分にもラムジーがゴールに迫ったが、シュートはGKコルダスの好セーブに阻まれた。 4点目こそ奪えないものの、最後まで危なげない試合運びを見せたユベントスが3-0で完勝。公式戦4試合ぶりの勝利で上位陣を追走している。 2021.02.23 06:46 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly