「マドリー相手の勝利は常に満足」 スーペル・コパ決勝進出に歓喜のマルセリーノ

2021.01.15 12:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督がレアル・マドリー戦の勝利を喜んでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。

ビルバオは14日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でマドリーと対戦。先週末のラ・リーガが寒波の影響で延期となり、日程的に余裕のあるビルバオは戦力で優るマドリー相手に前半で2点を先取すると、守りも1失点でまとめ上げ、2-1のスコアで決勝進出を決めた。


3日にビルバオの指揮官に就任してからさっそく大きな結果を出したマルセリーノ監督は、試合後の会見でこの結果を大いに喜んでいる。

「とても良い感覚だよ。レアル・マドリー相手の勝利は常に満足感があるね。選手たちは絶大な献身性と連帯感を持って仕事をしてくれた。彼らは我々がやりたいと思っていたことに取り組んでくれたよ。だから、私はとても満足している」

「これまでの経験を生かして、個人にもチームにも自信を与えたいと思っていた。アトレティコ戦が延期になったのは幸運だったね。多くの時間をトレーニングに割けたよ。選手たちの姿勢もあって、より楽になった」

「マドリーがボールを持つ位置に応じて、プレッシャーをかけたかった。中央でブロックを組み、ウイングにプレッシャーをかけるのはとても効果的だったと思う。非常に良いパフォーマンスだった」

「チームの守備は素晴らしく、カウンターも良かった。ボールを持ったときの自信は少し欠けていたが、すべては求められない。アディショナルタイムが6分間と知ったときは逃げ切れるか心配だったけどね」

上機嫌のマルセリーノ監督は試合後にマドリーとの契約延長交渉が進んでないDFセルヒオ・ラモスと話したことを明かし、「彼に契約を更新するかどうか尋ねてみたんだが、答えてはくれなかったね」と語った。

関連ニュース
thumb

120分間の激闘を制したビルバオが2年連続の決勝進出!レバンテは初の決勝進出ならず…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレバンテvsビルバオが4日に行われ、延長戦までもつれ込んで激闘を制したビルバオが2戦合計スコア3-2で2年連続となる決勝進出を決めた。 2月11日に行われた1stレグで1-1のドローで終え、優位な形でホームでの2ndレグを迎えたレバンテと、突破にはゴールが絶対条件となるビルバオの決勝進出を懸けた一戦。 試合が動いたのは17分、ホセ・モラレスのパスをボックス左で受けたロチーナの折り返しをゴールエリア左で受けたロジェールが反転からシュートをゴール右隅に流し込み、レバンテが先制した。 先手を許したビルバオだったが、28分に反撃。左サイドを持ち上がったイニャキ・ウィリアムズの折り返しに反応したラウール・ガルシアがボックス内でドゥアルテに倒されPKを獲得。これをラウール・ガルシアがゴール右に決め、2戦合計スコアをタイに戻した。 1迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先に決定機を迎えたのはビルバオ。65分、ベスガのパスをボックス中央で収めたラウール・ガルシアの落としからイニャキ・ウィリアムズがシュートを放ったが、これはゴール右に逸れた。 さらにビルバオは、75分にも右クロスのセカンドボールをベレンゲルがバックヘッドで狙ったが、これは枠に左に外れた。82分には、イニャキ・ウィリアムズの左クロスがボックス内でクリアしようとしたミラモンの腕に当たったが、VARの末にノーハンドと判定された。 結局、90分では決着が付かず試合は延長戦に。延長戦も一進一退の展開が続く中、レバンテは延長前半アディショナルタイムにチャンス。ボックス左角横で獲得したFKからバルディが直接FKでゴールを脅かしたが、これはGKウナイ・シモンの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだビルバオは112分、中盤でパスを受けたベレンゲルがバイタルエリア中央まで切り込みミドルシュート。N・ブクセビッチにディフレクトしてコースが変わったシュートがゴール左に吸い込まれた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。この結果、2戦合計スコアを3-2としたビルバオがレバンテを下し、バルセロナの待つ決勝へ駒を進めた。 2021.03.05 07:39 Fri
twitterfacebook
thumb

34歳ラウール・ガルシアがビルバオと契約延長!「この更新は僕の日々の仕事が評価されたということ」

アスレティック・ビルバオは24日、元スペイン代表FWラウール・ガルシア(34)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。特定の条件を満たせば、さらに1年延長される条項も含まれている。 オサスナの下部出身で、2007年から8年過ごしたアトレティコ・マドリーから2015年夏に加入したラウール・ガルシア。ここまで公式戦通算238試合に出場し70ゴール33アシストを記録しており、今季も主力としてここまで公式戦27試合に出場し、7ゴール1アシストを記録。スーペルコパ準決勝のレアル・マドリー戦では2ゴールの活躍を披露していた。 そのスーペルコパでは、決勝でバルセロナを下してビルバオで初優勝を経験したラウール・ガルシア。アトレティコから移籍した理由に、新しいクラブでタイトルを獲得することだったことを回想しながら、契約更新に喜びを示した。 「満足しているよ。この契約更新は僕の仕事や日々の積み重ねが評価されているということだからね」 「成長を続けたいと強く思っているよ。新しいクラブにいて、最初のタイトルを獲ることができた。それは目標にしていたことで、僕たちはもう一つの決勝に進む可能性を残している。僕たちをいつもサポートしてくれている人たちに届けられることを楽しみにしているよ」 2021.02.24 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

コパ準決勝で初戦ドローのビルバオ、指揮官は前半のプレーに不満 「弱々しかった」

アスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督がチームのパフォーマンスに対して不満を語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ビルバオは11日にホームで行われたコパ・デル・レイ準決勝1stレグでレバンテと対戦。前半の低調ぶりから反撃に転じた後半に追いついたものの、その後は勝ち越せず、1-1のドローに終わった。 アウェイゴールを奪われ、3月4日にアウェイで行われる2ndレグに臨むこととなったマルセリーノ監督は1stレグ後、とりわけ前半のパフォーマンスに不満を示している。 「前半は弱々しいプレーだった。準決勝であれば、もっと高いレベルでプレーしなければならない。ほとんどピンチの場面はなかったが、支配はされてしまっていた。最後には少し改善できたが、それでも十分ではなかったと思う」 「有利な状態で(レバンテの本拠地である)バレンシアに行きたかったから、この結果はあまり良くない。特に、前半を見た後では良い印象がなかった。後半は相手よりもはるかに優れていたが、相手のGKは非常に良いパフォーマンスで、守備も機能していたと思う。決勝戦進出のため、後半のプレーが必要なのは明らかだ」 「我々は自分自身により多くを要求しなければならない。前半の低調について、理由を正確に把握するのは難しい。はっきりしているのは活性化できていなかったことだ。メンタルに問題があったかもしれない」 「試合のどの面においても、我々は快適ではなかった。シンプルなパスでミスがあり、機動性にも欠いていた。前半は、ほとんどの選手が自分たちのレベルに達していなかったと思う。その後、試合への取り組み方は変わり、自分たちのプレーを見つけられた」 2021.02.12 12:26 Fri
twitterfacebook
thumb

ビルバオとレバンテの準決勝初戦は譲らずドロー決着《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝1stレグのビルバオvsレバンテが11日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 準々決勝でベティスをPK戦の末に下したビルバオと、ビジャレアルに勝利したレバンテの一戦。 試合が動いたのは26分、ポスティゴのパスを右サイドで受けたコケがワンタッチで繋ぐと、ボックス右横まで持ち上がったデ・フルートスがクロスを供給。これに反応したメレロのボレーシュートは空振りに終わるが、軸足に当たり絶妙なトラップとなったこぼれ球をメレロがゴール左に流し込み、レバンテが先制した。 1点を追うビルバオは、後半立ち上がりの49分に反撃。右サイドで獲得したFKからムニアインがクロスを供給すると、ワンバウンドしたボールをファーサイドの走り込んだラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKカルデナスのファインセーブに阻まれた。 同点のチャンスを逃したビルバオだったが、58分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ムニアインの右CKをニアに走り込んだイニゴ・マルティネスがヘディングシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 その後、勝ち越しゴールを狙うレバンテは68分にデ・フルートスとロジェールを下げてロチーナとD・ゴメスを投入していく。 対するビルバオは、79分にビジャリブレを投入して試合を動かしにかかるも、互いに決め手を欠いてゴールは生まれず3月4日に行われる2ndレグに決着は委ねられることになった。 2021.02.12 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、ベテラン左SBのバレンシアガと契約更新!

アスレティック・ビルバオは10日、スペイン人DFミケル・バレンシアガ(32)と2022年6月30日まで契約延長したことを発表した。 ソシエダの下部組織出身のバレンシアガは、2008年夏に一度目のアスレティック移籍をした後、ヌマンシアへのレンタルやバジャドリーへのフリー移籍を経て、2013年夏に復帰を果たす。 ここまで通算9年半過ごし、歴代23番目の多さとなる公式戦271試合に出場。ここ2シーズンは出番が限られていたものの、在籍10年目の今季はスーペルコパのレアル・マドリー戦やバルセロナ戦など13試合に出場している。 2021.02.10 20:59 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly