モウリーニョ、急遽開催でフルアム不利との見方に反論「我々全員に謝罪するべきだ」

2021.01.13 17:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が世間の見方に反論した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

トッテナムは13日、延期されていたプレミアリーグ第16節でフルアムと対戦予定。元々は第18節のアストン・ビラ戦が開催される予定だったものの、ビラ戦が新型コロナウィルスの影響で延期されたことによって、この試合の組み込まれた。これにより、フルアムは急遽1週間に3試合を戦うこととなった。


この日程変更を受け、フルアムのスコット・パーカー監督は「スキャンダラスだ。試合をしなければならないということは受け入るが、急すぎる」とコメント。元々ミッドウィークに試合を予定していなかったため、試合への準備ができないと不満をぶちまけた。

パーカー監督のコメント、そして世間におけるフルアム不利の見方に対して、モウリーニョ監督は反論。自分たちよりも試合間の日数が多いにも関わらず、準備が間に合わないという相手指揮官の意見は理解できないと強い口調で語った。

「彼らは土曜日にロンドンでQPRと対戦した 。それから明日(水曜日)の試合に向けて、日曜日、月曜日、火曜日と準備が出来る」

「もし彼らがチームの半分だけで(試合に)来たら、我々がアドバンテージを持っていたと最初に言うし、彼らに謝罪するだろう。しかし、もし彼らがフルメンバーで来たら、我々全員に謝罪するべきだと思う」

またモウリーニョ監督は、フルアムはほぼベストのチームで試合に臨めると予想。試合を前に対戦相手を強烈に皮肉った。

「我々は彼らのチーム、スターティングラインアップ、ベンチ、そしてメンバー外の選手を見るべきだ。その上で、我々は彼らに同情するか、あるいはそうではないかを考えることができる」

「私の感覚では、彼らはほぼ全員プレー出来るだろう。抜けるにしても1人か多くても2人だと推測している。もちろん我々はその情報知ることはできないが、ただ私が感じているのは、最高のフルアムがここに来るだろうということだけだ」

「我々が最高のフルアムを前にしたとき、多くの事が意味を持たないと気づくだろう」

関連ニュース
thumb

ケイン&ソンがプレミア最強2トップの称号獲得! 絶好調ベイルも 2発躍動スパーズが リーグ3連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節、トッテナムvsクリスタル・パレスが7日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-1で快勝した。   現在、1試合未消化で8位に位置するトッテナム(勝ち点42)は前節、フルアムとのダービーを相手のオウンゴールで得た虎の子の1点をしぶとく守り切って2021年初の連勝を飾った。   来週にヨーロッパリーグ(EL)のディナモ・ザグレブ戦、アーセナルとのノースロンドン・ダービーを控える中、直近の試合でマンチェスター・ユナイテッド相手に0-0のドローに持ち込んだ13位のパレス(勝ち点34)とのロンドン・ダービーに臨んだ。辛勝したフルアム戦からはスタメン3人を入れ替え、ベン・デイビス、エンドンベレ、デレ・アリに代えてレギロン、ウィンクス、ルーカス・モウラを起用した。   立ち上がりから相手を押し込むトッテナムは6分、ボックス右でボールを持ったベイルが左足に持ち替えて浮き球のクロスを上げると、これをゴール前のソン・フンミンが頭で合わすが、GKグアイタの正面を突く。   以降は自陣でブロックを組むパレスに対して、内を一度使って中央に寄せて高い位置を取るサイドバックの攻撃参加を使いながらドハーティのクロスから幾度か惜しい場面を作り出す。さらに、守備の切り替えも徹底されており、前線の選手のけん制からウィンクスとホイビュルクの2セントラルMFのところでボールを奪い切り、波状攻撃に繋げていく。   立ち上がり以降は決定機まであと一歩という状況が続いたが、連動した守備から繰り出したショートカウンターからゴールをこじ開ける。25分、相手陣内中央左で後ろ向きでボールを持ったミリボイェビッチにプレッシャーをかけたルーカスがうまくボールを突っつくと、こぼれ球を回収したケインがそのままボックス左に持ち込んで鋭い折り返しを供給。これをファーに走り込んだベイルが左足インサイドで流し込んだ。   絶好調ベイルのゴールで先制に成功したトッテナムは直近のフルアム戦の反省を生かし、ここで落ち着くことなく積極的に2点目を狙っていく。ルーカスが先制点と似たような形でボールを奪いドリブルでボックス内に侵入する決定機を作ると、37分にはベイルからの正確な右クロスに反応したレギロンがゴール前に飛び出して左足ボレーで合わすが、これは惜しくも枠の左に外れる。   その後も危なげなく試合を進めるトッテナムだったが、1点リードでハーフタイム突入と思われた前半アディショナルタイムに追いつかれる。左サイドに流れたミリボイェビッチの浮き球のクロスをゴール前にタイミング良く入ってきたベンテケに打点の高いヘッドで合わせられ、この試合パレスに許した初めてのシュートが痛恨の失点となった。   1-1のイーブンで折り返した後半、先に動いたのは追いついたパレス。エゼに代えて負傷明けのザハを投入し、ザハがベンテケと共に2トップに入り、アイェウが左サイドハーフに移った。   一方、後半も同じメンバーで臨んだトッテナムは新旧エースのホットライン開通で早々に勝ち越しに成功する。49分、右サイドでルーカスとのパス交換で局面を打開したベイルが左サイドのスペースに飛び出したレギロンに大きく展開。そのままゴール前に走り込んだベイルはレギロンからのクロスをファーでケインが頭で折り返したところをヘディングシュートで流し込み、前々節のバーンリー戦に続く1試合2ゴールとした。   さらに、畳みかけるトッテナムは52分、見事なチームプレーからエースが圧巻のゴールを決める。自陣でのリスタートからパスを15本以上繋ぎ、ハーフウェイラインを越えた辺りでボールを受けたケインからルーカス、ソン・フンミン、ベイル、ドハーティと流れるようにボールが動く。そして、ボックス手前右でドハーティからの短いマイナスのパスに反応したケインが右足ダイレクトシュート。これがゴール左上隅を射抜き、エースのスーパーなミドルシュートでリードを一気に広げた。   新旧エースの活躍で勝利に大きく近づいたトッテナムは、ここからゲームコントロールをより意識した戦い方にシフトしつつカウンターで更なる追加点を狙う。68分には相手のカウンターからザハに決定的なシュートを打たれるが、これは右ポストに救われる。   このピンチを何とか凌いだホームチームは70分、殊勲のベイルとウィンクスに代えてラメラ、ムサ・シソコを同時投入。すると、この選手交代がダメ押しの4点目をもたらす。   77分、ボックス手前でパスを受けたラメラが手前のDFの頭上をギリギリで越える絶妙な浮き球のパスをボックス左に走り込むソン・フンミンに通す。これをソン・フンミンが右足インサイドで折り返すと、ドフリーのケインが難なく頭で流し込んだ。オフサイドのチェックのためにVARのレビューが入るも、ギリギリでオンサイドと判断された。   なお、このゴールによってケインとソン・フンミンのコンビが挙げた今シーズンのリーグ戦のゴール数は「14」となり、1994-95シーズンにブラックバーンのアラン・シアラー、クリス・サットンのコンビが記録したリーグ記録の「13」を抜き、プレミア最強の2トップの称号を獲得することになった。   その後、2ゴール2アシストを記録した殊勲のエースを下げてカルロス・ヴィニシウスを最後のカードとして切ったトッテナムは、最後まで安定した試合運びを見せてこのまま4-1のスコアを維持してタイムアップを迎えた。   そして、ベイル、ケインと新旧エースが大暴れを見せたトッテナムがリーグ3連勝を飾り、来週に控えるディナモ・ザグレブ戦、アーセナルとのノースロンドン・ダービーに向けて大きな弾みを付けた。 2021.03.08 06:18 Mon
twitterfacebook
thumb

目の覚めるような一発!元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル/2013-14【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はブラックバーンの元ドイツ代表MFルイス・ホルトビーがトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ホルトビーの豪快な一発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmVTJwSzduZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてシャルケで頭角を現したホルトビーは、多くのビッグクラブから注目を集める中、2013年1月にトッテナムに加入。2014年1月までの1年間同クラブでプレーした。 中盤から前のポジションであればどこでもプレーできる器用さを持った現代的なMFであるホルトビーだが、2013年12月4日に行われたプレミアリーグ第14節のフルアム戦では、豪快なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた82分、右サイドの高い位置でDFカイル・ウォーカーがボールを持つと、ドリブルでボックス右角手前まで侵入し、中央へマイナスのパスを送る。ホルトビーがこのパスを受けると、中央へ進み、ペナルティーアーク手前から豪快なシュート。左足で放たれた強烈なシュートは、GKにセーブする隙を与えないゴール右上のコースに決まった。 ホルトビーの見事な勝ち越しゴールでリードを奪ったトッテナム。2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="898" data-sg-movie-title="【目の覚めるような一発!】元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル"></span> 2021.03.06 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

2021年初連勝のスパーズ、モウリーニョも「チームとしてのパフォーマンスを示せた」と勝利喜ぶ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を掴んだチームのパフォーマンスを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは4日に行われたプレミアリーグ第33節でフルアムと対戦。トップ4浮上に向け、連勝を目指すチームは前半にオウンゴールで先制すると、後半にVAR判定による相手ゴールの取り消しもあり、1-0のスコアで勝利した。 この結果、トッテナムは2021年に入って初の連勝を記録。順位は8位のまま変わらなかったが、未消化試合に勝利すればトップ4争いに割って入れる状況となっている。試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はチームの姿勢を称賛した。 「重要なのは我々がすべきこと、できることを行い、特に前半は試合を終わらせるのに十分なプレーをしたことだ。ただし、試合を終わらせるまでには至らず、この場合後半は常にハードであると我々は知っていた。しかし、相手チームが反応を示した時も、我々はソリッドだったと思う」 「3人の交代によって、そのときにチームが必要としていたエネルギーと質をもたらしてくれた。ルーカス(・モウラ)は(ジョー・)ブライアンをうまく翻弄していたし、(エリック・)ラメラはハリー(・ケイン)と中央でプレーしてゾーンにボールを運び、創造性を発揮していたね。彼のインテンシティでFKも獲得できた。ムサ(・シソコ)は必要な力を与えてくれたと思う」 「チームとしてのパフォーマンスを示せた。全員がプレーする価値を持っており、11人を交代させたいとも思っていたが3人にしたよ。現時点では、チームの仕組みに応じて次の試合でも3人を交代させる必要がある」 また、モウリーニョ監督はクリーンシートを達成した守備についても言及。集中力を維持した選手たちを称えている。 「クリーンシートは重要だった、2つの重要なセーブがあり、良い集中力も見られた。多くの選手が攻撃に出てきたチームを、うまくコントロールできたと思う。チームとして、選手たちはよくやったよ」 2021.03.05 12:03 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが2021年初の連勝! 開幕以来スタメンのデレ・アリ絡んだOGを守り抜きフルアムに辛勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、フルアムvsトッテナムが4日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが0-1で勝利した。   現在、1試合未消化で8位のトッテナム(勝ち点39)は前節バーンリーを相手に4-0の快勝。リーグ戦の連敗をストップすると共に3試合ぶりの白星を手にした。2021年初の連勝を狙う今節は前回対戦で引き分けた18位のフルアム(勝ち点23)と対戦。バーンリー戦からは先発3人を変更。両サイドバックをレギロン、オーリエからドハーティ、ベン・デイビスに入れ替え、ルーカス・モウラに代わってデレ・アリが開幕戦以来となるリーグ戦でのスタメン復帰を果たした。   今季2度目のロンドン・ダービーは出足で勝るフルアムが押し込む入りを見せる。格上相手に前から圧力をかけるホームチームは、左サイドのロフタス=チークのキープ力を生かしてサイドバックも積極的に高い位置を取って攻撃に厚みを加える。その流れの中でロビンソンらがフィニッシュに絡んでいく。   一方、トッテナムも15分を過ぎた辺りから相手のプレッシャーに順応すると、ここから相手守備を引っくり返すカウンターからチャンスを創出。まずは16分、エンドンベレの仕掛けで得たFKをキッカーのベイルがブレ球で狙うと、直後の18分には左サイドのソン・フンミンが入れた右足アウトにかけた絶妙なクロスをゴール前でドフリーのケインが頭で合わすが、これはGKアレオラの守備範囲。   それでも、続けて良い形の攻めを見せたアウェイチームは19分、得意のロングカウンターでゴールをこじ開ける。自陣でボールを持ったベイルからの縦パスを受けたデレ・アリが左サイドでフリーのソン・フンミンへ繋ぐ。そして、ボックス左にそのまま持ち込んだ韓国代表FWからのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に走り込んだデレ・アリが右足アウトで合わせると、後方にいたDFアダラバイヨに当たってゴール方向に向かったボールが右隅へ決まった。   デレ・アリの今季プレミア初ゴールとはならずも、オウンゴールで先制に成功したトッテナムは、以降もスムーズなポジティブトランジションからうまく浮くデレ・アリ、ソン・フンミンを起点に良い形でカウンターを仕掛けていく。   その流れから4戦ぶりのゴールを目指すソン・フンミンが際どい2本のシュート、エンドンベレのスルーパスに反応したケインがボックス内で相手と交錯してPK獲得に迫る場面を創出。また、守備の局面でもドハーティやホイビュルクが強度の高いプレーで相手の起点を潰す。前半ラストプレーではロビンソンに突破を許してマジャの落としからレミナに決定機に持ち込まれたが、ここはシュートミスに助けられた。   1点リードで試合を折り返したトッテナムだが、後半は相手の攻勢に晒される展開に。立ち上がりに続けて与えたCKからアンデルセン、アダラバイヨに枠を捉えたヘディングシュートを放たれるも、ここはGKロリスの連続セーブで凌ぐ。   以降は相手に押し込まれる中でカウンターチャンスを幾度か得るが、前半のように前線の選手に良い形でボールが繋がらず、なかなかフィニッシュで攻撃を完結できない。   すると、63分には相手の波状攻撃を受けてボックス内でルーズボールを拾ったマジャに左足のシュートを決められる。だが、VARのレビューの結果、DFサンチェスのクリアをレミナが腕を使ってブロックしたとの微妙な判定により、ゴールは取り消しとなった。   判定に救われてリードを維持したトッテナムは68分、ベイルとデレ・アリを下げてルーカス、ムサ・シソコを同時投入。さらに、75分にはエンドンベレを下げてこの日が29歳のバースデーとなったラメラを3枚目のカードとして切った。   互いに交代枠を使い切った残り15分の攻防ではそのバースデーボーイが攻守に気を吐く。83分にはシソコからの縦パスを受けゴール前に走り込むケインへ絶妙なラストパスを通すが、ケインのシュートは勇敢に飛び出したGKアレオラのビッグセーブに阻まれ、試合を決定づける2点目とはならず。   以降はホームチームのミトロビッチを目がけたシンプルなロングボール、サイドからの再三のクロスを撥ね返し続けたトッテナムが、辛くも2試合連続クリーンシートで試合をクローズ。   相手のオウンゴールで得た決勝点を微妙なVAR判定などもあり、何とか守り切る辛勝ながらも昨年11月の4連勝以来となるリーグ連勝を飾ったトッテナムが熾烈なトップ4争いにおいて価値ある勝ち点3を手にした。 2021.03.05 04:59 Fri
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督がトッテナムのEL日程変更に異論、ダービー前の移動に差が発生

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、欧州サッカー連盟(UEFA)の決定に対して異論を唱えた。イギリス『BBC』が伝えた。 アルテタ監督が異論を唱えたのは、今月行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の日程についてだ。 UEFAは1日、ELラウンド16のトッテナムとディナモ・ザグレブの試合日程を変更。当初は1stレグをザグレブで、2ndレグをロンドンで行う日程が組まれていたが、試合会場を逆にすることを発表していた。 変更の理由は、大会規則の第21条に則った形であり、その内容は同じ都市の2つのチームが同日にホームでプレーすることは避けなければならないというもの。アーセナルとトッテナムが2ndレグをロンドンで戦う日程となっていたため、変更されることとなった。 アーセナルの日程が変更されなかった理由は、アーセナルがFAカップのタイトルホルダーであったためであり、UEFAによって2ndレグをホームで戦うように優先されたということだ。 しかし、1stレグと2ndレグの間には、アーセナルとトッテナムの“ノースロンドン・ダービー”が予定されており、この一件についてアルテタ監督は異論を唱えた。 「2つのチームが同じ条件でプレーできることを望んでいる」 「我々は声を上げることができる。そして、そうすべきだと思う。しかし、決定は下されてしまった」 アーセナルはELラウンド16でオリンピアコスと対戦。予定通り1stレグはギリシャのアテネへと遠征することとなるが、その3日後にロンドンでトッテナムとのダービーを戦うことになる。 トッテナムは日程が変更されたことで、ホームゲームを行え、移動がない状況。アーセナルは約3000マイル(約4800km)の移動が必要となり、その点についてアルテタ監督は異論を唱えていた。 アルテタ監督は「その試合に対して『彼らには利点がある』と言って言い訳をしたくない」とコメント。それでも「それが変わることはない」と語った。 昨シーズンはオリンピアコスに敗れて敗退していたアーセナル。今シーズンはその壁を越えることができるだろうか。 2021.03.04 19:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly