酒井宏樹にライバル到来! ヴィオラの快足SBリロラが買い取りOP付きレンタルでマルセイユ加入

2021.01.12 23:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは12日、フィオレンティーナのスペイン人DFポル・リロラ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、来夏に1200万ユーロ(約15億2000万円)の移籍金を支払った場合、完全移籍での獲得が可能となるようだ。

エスパニョールの下部組織からユベントスに引き抜かれた快足を売りとするリロラは、2016年夏にレンタルで加入したサッスオーロで3シーズンに渡って主力として活躍。その後、昨シーズンにレンタル加入したフィオレンティーナでも主力を担い、昨夏完全移籍に移行していた。今シーズンはサイドバックとウイングバックを主戦場にセリエAで12試合に出場していた。

マルセイユは昨夏にフランス人DFブナ・サールがバイエルンに移籍したことで、右サイドバックを本職とする選手は日本代表DF酒井宏樹のみとなっており、以前から補強の必要性が指摘されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

「何もできなかった」連敗マルセイユの日本代表2人に辛口評価「ナガトモの守備を利用した」

マルセイユは20日、リーグ・アン第9節の延期分で、RCランスとホームで対戦し、0-1で敗れた。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹と長友佑都は両サイドバックで先発出場を果たし、酒井はフル出場、長友は66分までプレーした。 痛恨の連敗となったマルセイユだが、2人の日本人DFに対しての現地紙の評価も厳しいものになっている。 <div id="cws_ad">◆酒井宏樹がRCランス戦でダイレクトワンツーからクロスを上げる<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8vjirr9t6rf81g17il77nvssm" async></script></div> フランス『Homme Du Match』の採点(10点満点)では、2人とも4点評価に。酒井は「エネルギーが枯渇していた。日本代表はトップフォームの時に見せる上下動の繰り返しができなかった。ランスのゴールはそれも一因だった」とコメントし、長友には「逆サイドの味方を見つけることは難しく、日本人は近くの選手に迅速に確実にパスすることを好んだ。66分に交代した」と評価を下している。 一方、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選んだランスの右サイドのアタッカー、ジョナタン・クラウスには6.5点の評価とともに、「ナガトモの守備を利用し、フランスの多才なアタッカーは右サイドを制圧した。クロスが正確でなかったとしても、彼は常にそうすることができた。これは彼の前から日本人を消すことができたからだ」と長友とのデュエルに勝利したと高評価を下している。 また、フランス『maxifoot.fr』の採点(10点満点)でも、厳しい評価は変わらず、酒井が4点。長友が3点の評価だった。 寸評では、酒井に対し「前半は彼のサイドで守備の心配がなく、(フロリアン・)トヴァンとの連携をためらわなかった。時間が経つにつれて疲れが見え、ランスのゴールの場面では(マサディオ・)ハイダラに時間を与えすぎた」としている。 長友には「左サイドの日本人にはまだ安心できない。攻撃時には小さい視野で、ランスの先制点の場面でも何もできなかった」と辛口だった。 3戦未勝利のマルセイユは23日に第21節でモナコとアウェーで対戦する。 2021.01.21 12:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ獲得断念のマルセイユ、ミリクを巡ってナポリとの交渉が進む

マルセイユとナポリによる、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の去就に関する交渉が進んでいるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 今冬の移籍市場でストライカーの補強を目指すマルセイユ。一時はアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表FWジエゴ・コスタ獲得の噂も流れたが、最近アンドレ・ビラス=ボアス監督が高額なサラリーを理由に獲得の可能性を否定した。 一方で、しばらく補強候補に上がっていたミリクの方は交渉が進んでいるようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』をはじめ、『スカイ』や『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』も報道。また、ポーランドメディアも移籍間近と伝えている。 ミリクは昨夏にも移籍の可能性はあったものの、ローマやフィオレンティーナとの交渉はいずれも破談に。それに加え、残留を望んでいたナポリは移籍を目論んだミリクを戦力外扱いとし、セリエAとヨーロッパリーグの登録メンバーから排除。プレーする機会を与えないことを決定していた。 飼い殺し状態のミリクも今年6月に契約満了を迎えるため、ナポリは少しでも移籍金が手に入る今冬に手放すことを優先しており、マルセイユとは800万ユーロ(約10億円)の基本移籍金と、ボーナス最大500万ユーロ(約6億3000万円)という条件で合意に近づいているという。 ただ、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、ミリクがマルセイユからセリエAクラブに移籍できないようにする条項を含めることを企てているようだ。 2021.01.19 18:31 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのジエゴ・コスタ、マルセイユ移籍の可能性がなくなる

元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(32)の移籍先候補からマルセイユが消えた。イギリス『サン』が報じている。 D・コスタは昨年12月末、「個人的事情」を理由に今季いっぱいまで残すアトレティコ・マドリーとの契約の早期解消を望み、双方合意の下で退団。フリーの身となり、今後の動向に注目が集まっているところだ。 戦線離脱が続くメキシコ代表FWラウール・ヒメネスの代役探しに奔走するウォルバーハンプトンが行き先候補に挙がるなか、マルセイユも興味を示すクラブの1つに。しかし、マルセイユ入りは非現実的な模様だ。 今冬に課題の得点力向上を狙い、ストライカーポジションの強化が取り沙汰されるマルセイユだが、アンドレ・ビラス=ボアス監督は売り込みを認めつつ、高額なサラリーを理由に獲得の可能性を否定した。 「まずジエゴ・コスタが年俸1600万ユーロ(約20億1000万円)の受給者だというのを認識すべきだ」 「知らない番号からのWhatsAppを介してジエゴ・コスタがオリンピック・マルセイユに来たがっているというメッセージを受け取った。冗談かと思ったよ」 「彼はベストストライカーの1人だが、(我々は)他を探すつもりだ。あんなにもサラリーを支払えない」 2021.01.19 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井&長友の同僚MFサンソンがイングランドへ移籍か、監督も可能性を認める

マルセイユのフランス人MFモルガン・サンソン(26)がプレミアリーグに挑戦するかもしれない。イギリス『BBC』が報じた。 日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都の同僚でもあるサンソンは、今冬の移籍市場でプレミアリーグのクラブから関心を寄せられている。 サンソンにはウェストハムなどが興味を示していた中、アストン・ビラが交渉をスタートしているとのこと。今冬の移籍が実現する可能性があるようだ。 これにはマルセイユ側も乗り気で、補強資金を調達するためにサンソンを売却することは可能とのこと。約1500万ポンド(約21億2200万円)になるとのことだ。 アストン・ビラはアイルランド代表MFコナー・フーリハン(29)が移籍する可能性があり、その場合を考えてもサンソンを獲得したいとのことだ。 <div id="cws_ad">◆サンソン決めた強烈ハーフボレー<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJqTG51ZFRDSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督は「移籍ウインドーは開いている。サンソンは高い評価を得ている選手だ。彼はその特徴もあり、イングランドのチームが興味を持っている選手だ。何かが起こる可能性がある」と語っており、移籍する可能性を示唆していた。 アストン・ビラは現在プレミアリーグで10位。しかし、チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生し、多くの試合が延期となっていた。 2021.01.19 14:54 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスの小さき名手ヴァルブエナが決めた美しいピンポイントロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はオリンピアコスの元フランス代表MFマテュー・ヴァルブエナがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴァルブエナが決めた美しいロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYdDJzTUl2SCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2006年夏にマルセイユに加入したヴァルブエナは、リーグ屈指のMFとして長年に渡りフランスの名門クラブで活躍。代表のタレントひしめく中盤でも、主力の1人としてプレーした。 抜群のテクニックを活かしたドリブルとパスを武器に、攻撃面で違いを生み出すヴァルブエナだが、2008年1月26日に行われたリーグ・アン第23節のカーンでは、見事なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた41分、相手陣内左でヴァルブエナがボールを持つと、中央へ向けてややカットインし、ゴールからまだ距離がある位置からロングシュートを放つ。カーブのかかったシュートは、大外から美しい弧を描きながらゴール右上に決まり、素晴らしい勝ち越しゴールとなった。 ヴァルブエナはこの試合で、このロングシュートを含む2ゴールをマーク。それ以外にもFWジブリル・シセがハットトリックを達成するなど、大量6ゴールを奪ったマルセイユが6-1で大勝を収めている。 2021.01.18 18:00 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly