セルティックの若手がタッチライン際でAir Pods!? その理由は意外なもの

2021.01.13 07:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11日、スコティッシュ・プレミアシップ第23節の試合が行われ、セルティックは、ホームでハイバーニアンと1-1で引き分けた。この結果、首位レンジャーズより消化試合が3試合少ないものの、勝ち点差が21まで広がってしまったセルティックだが、この試合で60分から途中出場したアイルランド人MFアームストロング・オコフレックス(18)の姿が話題になっている。

◆全く垂れないロングシュート、ティアニーの爽快40ヤード弾

普段はU-18チームを主戦場としているオコフレックスにとって、この試合がスコティッシュ・プレミアシップデビューだったが、ベンチから呼ばれたオコフレックスは耳にAirPodsを装着しており、タッチライン際でユニフォームに着替えている間もつけたままだった。

セルティックのコーチを務めるギャビン・ストラカン氏によれば、オコフレックスの通話相手は、セルティックのニール・レノン監督。

セルティックでは先日行ったドバイ合宿の際に、DFクリストファー・ジュリアンに新型コロナウイルスの陽性反応が出た結果、レノン監督と13人の選手が濃厚接触者と判定され、自主隔離を強いられていた。

試合後にイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに答えたストラカン氏は、通話相手がレノン監督だと明かした上で次のように語っている。

「彼はピッチに出る前にいくつかのメッセージを受け取っていた。誰もが利用できるあらゆるテクノロジーであり、私たちはそれを使用した。若いプレーヤーがピッチに出る前に監督の声を聞くのは良いことだ」

◆タッチライン際でもAirPodsを装着したままのオコフレックス
コメント
関連ニュース
thumb

セルティックに逆転勝利のミランがリールと共にグループステージ突破《EL》

ミランは3日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第5節でセルティックをホームに迎え、4-2で逆転勝利した。 リールとの連戦では劣勢を強いられ1分け1敗で終えた2位ミラン(勝ち点7)が、最下位セルティック(勝ち点1)をホームに迎えた一戦。 勝利すれば突破の可能性があるミランは、主力を半数ほど先発から外した中、3トップには右からカスティジェホ、レビッチ、ハウゲと並べ、トップ下にチャルハノールを据えた。 そのミランはまずい入りとなると7分に失点する。クルニッチがGKからのパスを受けてボールロストを犯すと、ロギッチに奪われてそのままゴールに蹴り込まれてしまった。 11分にケアーが負傷交代となってロマニョーリが投入された中14分、スルーパスをボックス内に侵入したエドゥアールに通されて、ミランは追加点を奪われてしまう。 それでもここからミランが反撃する。まずは24分、ボックス手前中央からチャルハノールが直接FKを蹴り込むと、2分後に追いつく。左サイドからのテオ・エルナンデスのクロスのルーズボールをカスティジェホが蹴り込んだ。 その後もミランが押し込む展開で推移した中、2-2で前半を終えた。 迎えた後半からクルニッチに代えてトナーリを投入したミランは開始5分に逆転する。左サイドからドリブルを仕掛けたハウゲがボックス左に侵入してコントロールシュートをゴール右に流し込んだ。 逆転に成功したミランは61分にチャルハノールとケシエをお役御免とし、ベナセルとディアスを投入。 73分にはクリスティーに直接FKでゴールを脅かされるも、守護神のドンナルンマが好守で防いだ。 そして82分に勝負を決定付ける。ハウゲのスルーパスでゴールエリア左に侵入したディアスがチップキックシュートで流し込んだ。このまま4-2としたミランが逆転勝利を収めている。 グループH第5節もう一試合のリールvsスパルタ・プラハは2-1でリールが勝利したため、最終節を残してリールとミランの突破が決まっている。 2020.12.04 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、最新検査で陰性確認されたピオリ監督の復帰を発表!

ミランは2日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染により静養の続いていたステファノ・ピオリ監督が最新の検査で陰性になったことを発表した。 ピオリ監督は11月14日に行われた検査で陽性反応が確認された。その後は自宅での隔離措置を継続しており、セリエAの2試合とヨーロッパリーグ(EL)1試合をベンチ外で見届けていた。 そんな中、ミランは1日行われた検査の結果でピオリ監督が陰性と確認されたことを報告。2日のトレーニングからチームに合流し、3日に行われるELグループH第5節のセルティック戦でベンチに復帰すると発表した。 なお、ミランは同じく新型コロナ陽性で静養中だったアシスタントコーチのジャコモ・ムレッリ氏の陰性も報告。同氏も2日のトレーニングからチームに合流するとのことだ。 2020.12.02 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 中村俊輔に憧れたDFティアニーの驚愕ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年11月9日にご紹介するのは、アーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがセルティック時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆全く垂れないロングシュート、ティアニーの爽快40ヤード弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRT1doNHNocyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! センターサークル付近でボールを持つと、そこから少しドリブルで進んだ後に思い切り左足を一閃。ゴールまでおよそ40ヤード(約36m)からの衝撃的ゴールです。 ◆中村俊輔に憧れたグラスゴーの少年 スコットランド・グラスゴー育ちのティアニーはセルティックの下部組織に入団。当時セルティックで大活躍していた元日本代表MF中村俊輔に憧れを抱き、17歳でトップデビューを飾りました。 すぐさまスタメンの座を勝ち取ると、2017年からは10代ながらキャプテンを務めるなど、自身の憧れのクラブで素晴らしいキャリアを送ります。 中村俊輔と同じレフティーのティアニーは、2017年8月8日に行われたスコットランド・リーグカップのキルマーノック戦では圧巻のゴールを決めています。 3-0のリードで迎えた65分、セルティックはハーフウェイライン前でボールを回すとセンターサークル付近のティアニーへとボールが渡ります。 ティアニーが前へ運びますが、ゴールまで距離があり、相手からのプレッシャーはない状態。すると、ティアニーは左足を一閃。誰も入るとは思わなかったシュートですが、グングンと伸び、ゴール右上隅へ吸い込まれるようにゴールネットを揺らしました。 およそ40ヤード(約36m)からの衝撃的なゴールは、セルティックの年間最優秀ゴールに選出されています。ティアニーはセルティックの3年連続国内三冠に大きく貢献した後、2019年夏からアーセナルでプレーしています。 2020.11.09 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

好調ミランが敵地でセルティック撃破! 後半追い上げ食らうもハウゲ初弾で逃げ切る!《EL》

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節、セルティックvsミランが22日に行われ、アウェイのミランが1-3で勝利した。 PK戦までもつれ込んだリオ・アヴェとの死闘を制してグループステージ進出を決めたミラン。ただ、セリエAでは直近のダービーでインテルを下すなど、開幕4連勝と好調を維持している。 26日にローマとのセリエAでのビッグマッチを控える中、インテル戦からのメンバー変更を5人に留めてイブラヒモビッチやGKドンナルンマ、ケシエ、テオ・エルナンデスを継続起用。一方、デビュー戦となるジオゴ・ダロトがクルティッチらと共に起用された。 立ち上がりは一進一退の攻防となったが、ミランの伏兵がいきなり仕事を果たす。14分、相手陣内右サイドでボールを持ったカスティジェホがカットインから左足インスウィングの絶妙なクロスを入れると、ニアにポジションを取ったイブラヒモビッチの後方から飛び出してきたクルニッチが頭で合わせてゴールネットを揺らした。 クルニッチの移籍後初ゴールで先手を奪ったミランは、古巣対戦で意気込むラクサールらを起点とする相手のサイドアタックにきっちり蓋をしながら、相手得意のセットプレーも冷静に撥ね返していく。 すると、前半終了間際の42分にはGKドンナルンマのスローイングからロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でタメを作ったイブラヒモビッチのスルーパスにテオが快足を飛ばして抜け出すと、ボックス手前でキープして後方から攻め上がってきたブラヒム・ディアスに丁寧なパス。これを受けたディアスがDF2枚をドリブルで振り切り、ボックス右から右足のシュートを左隅へ流し込んだ。 これで余裕の展開となったかに思われたミランだったが、後半はセルティックの攻勢に遭う。立ち上がりからリスクを冒して攻める相手に押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられる。 流れを変えたいミランベンチは、週明けのローマ戦も意識してか、66分にイブラヒモビッチとケシエを下げてレオン、ベナセルをピッチに送り込む。 だが、中盤で強度を維持していたケシエ、前線で抑止力となっていたイブラヒモビッチの不在によって、より押し込まれる苦しい状況に陥る。そして、76分にはクリスティの左CKをM・エルヨナシに頭で決められて点差を縮められる。 これで完全に勢いづいたセルティックを前に守勢を強いられたミランは、ドンナルンマが遅延行為でカードをもらうなど、逃げ切りに向けて精いっぱいという状況が続く。 それでも、後半アディショナルタイムまでリードを維持すると、92分にはサレマカーズの斜めのパスに反応したペナルティアーク付近のハウゲが相手に寄せられながらもそのままゴール前まで持ち込んで試合を決定付ける3点目を決め切った。 そして、デビュー2戦目となったハウゲの値千金の初ゴールで勝利を大きく引き寄せたミランが難敵セルティックとのアウェイゲームを制し、今季のELグループステージを白星で飾った。 セルティック 1-3 ミラン 【セルティック】 M・エルユヌシ(後31) 【ミラン】 クルニッチ(前14) ディアス(前42) ハウゲ(後47) 2020.10.23 06:33 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティック、ミランからウルグアイ代表MFラクサールをレンタルで獲得!

セルティックは5日、ミランからウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「93」。 母国ウルグアイでプロキャリアをスタートさせたラクサール。祖父母の出身国イタリアのパスポートを所持していることもあり、2013年7月に母国のデフェンソールからインテルへ完全移籍した。 インテル加入後、ボローニャ、エンポリ、ジェノアへとレンタル移籍を経験。2016年7月にジェノア、2018年8月にミランへと移籍した。 2019-20シーズンはトリノにレンタル移籍しており、セリエAで16試合に出場し1アシストを記録。しかし、冬の移籍市場でミランが補強に失敗した影響から、急遽レンタルバックとなり、ミラン復帰後はリーグ戦4試合の出場に留まっていた。 ウルグアイ代表には継続的に呼ばれ続け、ここまでのキャップ数は24。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では4試合に出場していた。 セルティックは既にGKヴァシリオス・バルカス、FWアルビアン・アイエティ、MFデイヴィッド・ターンブルらを今夏の移籍市場で獲得。国内リーグ戦だけでなく、ヨーロッパリーグ(EL)で勝ち抜くための補強を行っている。 2020.10.06 12:16 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly