シント=トロイデンが王者相手に新年黒星発進…連勝も3でストップ《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.01.11 06:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンは10日、ジュピラー・プロ・リーグ第30節でクラブ・ブルージュと対戦し1-2で敗戦した。

この試合には日本代表GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発フル出場、MF伊藤達哉とDF松原后はベンチ入りも出場機会はなかった。また、FW中村敬斗はメンバー外となっている。

試合は14分にドストのゴールでクラブ・ブルージュが先制。35分にはノア・ラングが追加点を奪い、クラブ・ブルージュが2点のリードで前半を終えた。

シント=トロイデンの反撃は50分、中盤で獲得したFKからデ・リッダーが素早くリスタート。パスを受けたナゾンがボックス右からシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。

良い入りを見せたシント=トロイデンは55分、ショートコーナーの流れからボックス左手前でパスを受けたデ・リッダーがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだマナンガがヘディングシュートを叩き込み、1点を返す。

後半の主導権を握ったシント=トロイデンは、63分にもダーキンのロングパスに抜け出したナゾンが決定機を迎えたが、シュートは右ポストに弾かれた。その後は膠着状態が続いたが、86分にナゾンが相手選手の顔を平手で殴り、一発退場。

結局、数的不利となったシント=トロイデンはそのまま1-2で敗戦。新年初戦を勝利で飾れず、連勝も“3”でストップした。

シント=トロイデン 1-2 クラブ・ブルージュ
【シント=トロイデン】
マナンガ(後10)
【クラブ・ブルージュ】
ドスト(前14)
ラング(前35)

コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスにニュージーランド代表DFが移籍か…今季シント=トロイデン加入

ユベントスが、シント=トロイデンに所属するニュージーランド代表DFリベラト・カカーチェ(20)に近づいているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 同選手はニュージーランドのウェリントン・フェニックスから昨夏にシント=トロイデンに移籍した左サイドバックの選手。今季はジュピラー・プロ・リーグ16試合で2アシストを記録している。また、2018年に代表デビューしており、ここまで3キャップを持つ。 伝えられるところによると、ユベントスは500万ユーロ(約6億3000万円)から600万ユーロ(約7億5600万円)の移籍金で獲得に近づいているようで、最初はセリエCに所属するU-23チームで経験を積ませる意向だという。 イタリア人の父を持つカカーチェはイタリアのパスポートも所有しており、非EU選手枠の問題には引っかからないメリットもあるようだ。なお、父親はナポリ出身で、自身もまたナポリファンとのことだ。 2021.01.22 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨が2戦連続の2ゴールでシント=トロイデンが連勝!《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの鈴木優磨が今季11ゴール目を記録した。 15位のシント=トロイデンは20日にアウェイで行われたジュピラー・プロ・リーグ第25節で11位のコルトレイクと対戦。鈴木はシュミット・ダニエルとともに先発した。 リーグ戦連勝を目指すシント=トロイデンは13分に相手ボックス内でボールを奪ったダーキンがグイエに倒されPKを獲得。このPKを鈴木が左ポストに当てながらもゴールに流し込んだ。 さらにシント=トロイデンは、前半終了間際にも左サイドを突破したカカチェの折り返しから鈴木がゴール左隅に流し込み、2点のリードで前半を終えた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=qomnfgpyxxo81r39s9domca9r" async></script></div> 迎えた後半は立ち上がりからコルトレイクに押し込まれる展開となったが、シュミット・ダニエルを中心に守り抜き、2-0で勝利。鈴木の2戦連続2ゴールの活躍でシント=トロイデンが連勝を飾った。 なお、鈴木は80分にお役御免。シュミット・ダニエルはフル出場を果たしている。 コルトレイク 0-2 シント=トロイデン 【シント=トロイデン】 鈴木優磨(前15[PK],前46) 2021.01.21 02:22 Thu
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨ら日本人5選手所属のシント=トロイデン、マインツからベルギー人DFをレンタルで獲得

シント=トロイデンは18日、マインツからベルギー人DFディミトリ・ラヴァリー(24)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間については明かされていないものの、ドイツ『キッカー』によれば、今季終了までの模様だ。 スタンダール・リエージュの下部組織で育ったラヴァリーは2018年7月からマーストリヒト(ベルギー2部)に1年間のレンタル。2019-20シーズンにスタンダール・リエージュ復帰を果たしたが、安定した出場機会を得られず、今季から完全移籍でマインツに加わった。 しかし、マインツでもトップチームでの出場がなく、わずか半年でのベルギー復帰となった。 シント=トロイデンはジュピラー・プロ・リーグ21試合を消化した現時点で15位。立石敬之氏が最高経営責任者(CEO)を務める同クラブには、GKシュミット・ダニエル、DF松原后、FW鈴木優磨、FW中村敬斗、FW伊藤達也の日本人5選手が所属している。 2021.01.19 10:57 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨が今季二桁到達の2ゴール! 本拠地で上位撃破に大きく貢献《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの鈴木優磨が今季初の1試合2ゴールを記録した。 15位のシント=トロイデンは17日に本拠地で行われたジュピラー・プロ・リーグ第20節で5位のルーベンと対戦。鈴木はシュミット・ダニエルとともに先発した。 上位を相手に2試合ぶりの勝利を目指すシント=トロイデンは10分、左サイドからインスイングのクロスが上がると、ファーサイドから中に絞った鈴木がうまく相手DFの前に潜り込んでヘッド。ボールがゴール左に決まり、先制する。 鈴木の今季9得点目でリードした後、25分に追いつかれてしまったシント=トロイデンだが、37分にルーベンDFヌガワがレッドカードで退場。数的優位に立つと、その2分後にムボヨのゴールで再びのリードに成功する。 <div id="cws_ad">◆鈴木のゴールで上位相手に勝利!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=5ov2vdruan3u1c4nu3a9xm6fi" async></script></div> 1点リードで試合を折り返したシント=トロイデンは53分にカウンター。完全に相手最終ラインの背後を取り、ボックス右に侵攻のムボヨと並走したフリーの鈴木がゴール前でラストパスを右足で押し込み、ルーベンを突き放した。 鈴木のこの試合2ゴール目となる今季10得点目で勝利に大きく前進したシント=トロイデンは終盤にルーベンの反撃を受ける時間帯もあったが、シュミット・ダニエルを中心に守り抜き、3-1で勝利。2試合ぶりの勝利を掴み取った。 なお、殊勲の鈴木は73分にお役御免。シュミット・ダニエルはフル出場を果たしている。 シント=トロイデン 3-1 ルーベン 【シント=トロイデン】 鈴木優磨(前10、後8) ムボヨ(前39) 【ルーベン】 トーマス・アンリ(前25) 2021.01.18 08:25 Mon
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】12月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、12月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は11/25(水)〜12/28(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同 DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」12月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:FW南野拓実(リバプール)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_minamino.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:225分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:1勝2分け </p></div> 2020年の1月に加入した南野は、12月19日のプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で待望のプレミア初ゴールを記録。中盤でのプレーでユルゲン・クロップ監督の信頼を得つつある中で、なんとか加入1年以内にリーグ戦でゴールを記録した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF冨安健洋(ボローニャ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:6試合(先発6試合) 出場時間:540分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:1勝3分け2敗 </p></div> 11月度も2位だった冨安は、2カ月連続で2位にランクイン。安定したパフォーマンスでチームの守備を支えるとサイドバックでもプレー。チームも徐々に結果が出るようになり、12月23日のセリエA第14節のアタランタ戦では右サイドバックとして出場しシーズン初ゴールを記録した。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_suzuki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">©STVV</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:6試合(先発6試合) 出場時間:497分 成績:3ゴール2アシスト チーム成績:2勝1分け3敗 </p></div> 12月度の1位に輝いた鈴木はついに覚醒の予感。今シーズンはコンスタントに結果を残してきたが、12月に入り3ゴールを記録。アシストも2つ記録した。チームの結果がなかなか出ない中で、新監督を迎えても信頼を掴み取った。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:MF森岡亮太(シャルルロワ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/202012_morioka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:7試合(先発7試合) 出場時間:630分 成績:1ゴール2アシスト チーム成績:3勝1分け3敗 </p></div> 期間中のゴールは1だが、2アシストを記録。チーム内での信頼を得ているほか、リーグ3位と状態は良い。ただ、期間中はチームとしてなかなか結果が出ず。それでも森岡が結果を残した試合は勝利しており、しっかりとこの先も数字を残したいところだ。 2021.01.14 12:15 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly