D・コスタ退団のアトレティコ、後釜はリヨンFWムサ・デンベレか

2021.01.09 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーがリヨンのフランス人FWムサ・デンベレ(24)を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

アトレティコは先日、元スペイン代表FWジエゴ・コスタの意向に沿う形で契約解除。本職のセンターFWがウルグアイ代表FWルイス・スアレスのみとなり、今冬の移籍市場で後釜探しに乗り出すとされている。

その候補にレアル・ソシエダのブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(29)も挙げ、新たなセンターFW獲りに乗り出したアトレティコだが、最終的にリヨンのムサ・デンベレに照準を定め、獲得に近づいているという。

アトレティコが提示する契約内容は買取義務オプションなしの半年レンタルだが、パフォーマンス次第でさらなる交渉も視野。リヨンとのクラブ間交渉はまだ成立していないが、全てがまもなく合意に達し得る模様だ。

ムサ・デンベレは2018年夏にセルティックからリヨン入り。現在、腕を骨折した影響で離脱中の今季はリーグ・アン16試合の出場で1得点にとどまっているが、昨季は27試合16得点の数字を収めた。

なお、ムサ・デンベレの回復は2月中旬頃までかかるとみられるが、アトレティコはあと数週間で復帰可能と見立てているようだ。

関連ニュース
thumb

10秒で2枚のイエロー、審判への侮辱ジェスチャーのフェリックスにシメオネ監督「他の選手がしたとしたら…」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、退場処分を受けたポルトガル代表FWジョアン・フェリックスについて言及した。スペイン『アス』が伝えた。 アトレティコは18日、ラ・リーガ第5節でアスレティック・ビルバオと対戦。試合は決め手を欠いて0-0のドローに終わった。 この試合ではチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦の低調ぶりを払拭したかったなか、結果としてゴールを奪えず。さらに、途中出場したフェリックスは20分足らずで2枚のイエローカードをもらい退場処分となっていた。 問題のシーンは、相手との競り合いのシーンでヒジを当てたとしてファウルを取られフェリックスはイエローカードをもらう。すると、この判定にフェリックスが激昂。ヒル・マンサーノ主審に対し、頭に指を当てて抗議すると、侮辱的なジェスチャーと捉え、すぐさまイエローカードが提示され、10秒間で2枚のイエローをもらい退場処分となった。 シメオネ監督はこのシーンについて言及。見ていないとし、良いプレーをしていたと語った。 「私は見ていなかった。彼はとても良い状態で試合に臨み、良いリズムでプレーしていたことは間違いない」 「彼は手を使うプレーをし、注意を受けていた。我々が望んだ形でピッチに立っていた。復帰した後の良いことだと思う」 それでも退場をした件について「どんな声をかけるか?」という質問には、現役時代に同じ経験があるとし、審判の判定も他の選手だったら違うだろうと語った。 「私も何度か同じことをしたことがあるが、試合で求められていることとは違った。そして、時間が経つにつれて理解していった」 「どんな選手にも起こるエピソードであり、審判は彼を退場させなければいけないと理解していた」 「ただ、そのジェスチャーを他の選手がしたとしても、同じように理解はしないだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】審判に侮辱ジェスチャーで10秒で2枚目のイエローを受けるフェリックス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Joao Felix was sent off after receiving two yellow cards in the space of ten seconds against Athletic Bilbao <a href="https://t.co/2bTG4M5BTH">pic.twitter.com/2bTG4M5BTH</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1439285137007513603?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.19 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコがアスレティックの堅守崩せず、公式戦2戦連続ゴールレス…途中出場フェリックスが退場…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、アトレティコ・マドリーvsアスレティック・ビルバオが18日にワンダ・メトロポリターノで行われ、0-0のドローに終わった。 レアル・マドリーとバレンシアの上位2チームと勝ち点10で並ぶアトレティコは、開幕から4戦無敗の難敵アスレティックをホームで迎え撃った。前節のエスパニョール戦では物議を醸した10分のアディショナルタイムの最終盤にレマルが値千金の逆転ゴールを挙げ、痺れる2-1の勝利を収めた。 ただ、チャンピオンズリーグ(CL)初戦ではポルトの堅守に手を焼き、消化不良のゴールレスドローに。賛否両論のワンダ・メトロポリターノ凱旋となったグリーズマンも精彩を欠き、攻撃面では大いに課題を残した。そのポルト戦での停滞感を払しょくしたいシメオネ監督は、GKオブラク、ヒメネス、エルモソ、コンドグビア、マルコス・ジョレンテを除く6選手を変更。2トップはグリーズマンとアンヘル・コレアのコンビとなった。 試合は開始直後に右サイドで相手の背後を取ったジョレンテの鋭いグラウンダーのクロスにグリーズマンが反応。ニアに飛び込んで左足アウトで合わせるが、これは枠の右に外れる。さらに、2トップの機動力を生かして縦を意識した攻めで主導権奪取を狙う。 以降もボールの主導権を握りながら相手得意のカウンターを許さず、試合を支配することに成功。だが、ここ最近の試合同様に崩しの局面での精度や創造性を欠き、リーグ屈指の堅守を誇るアスレティックの守備を前にジャブを打つに留まった。 戦前の予想通り、互いの守備の良さが目立った前半を経て試合は後半に突入。立ち上がりにはロージの左クロスに飛び込んだコレア、直後にはイニャキ・ウィリアムズが快足を飛ばしてボックス内に抜け出してシュートと、互いにビッグチャンスを作り出す。 その後、アトレティコは前節のエスパニョール戦同様に早い時間帯に動き、55分にグリーズマン、コンドグビア、ロージに替えてスアレスとエレーラ、カラスコを同時投入。さらに、コレアとトリッピアーを下げてフェリックス、マテウス・クーニャと70分過ぎまでに5枚の交代カードを使い切った。 一連の交代で攻勢を強める中、75分にはボックス手前でスアレスからパスを受けたジョレンテがゴール左下隅を捉えた鋭い右足のシュートを放つ。だが、このシュートはGKウナイ・シモンに指先で触られると、左ポストを叩く。 すると、この絶好機を逸した直後の78分には相手との競り合いでエルボーのファウルを取られてイエローカードを掲示されたフェリックスが激高。高圧的な態度で知られるヒル・マンサーノ主審に対して、執拗な抗議と侮辱的なジェスチャーを行った結果、すぐさま2枚目のカードをもらい、退場処分を科された。 この退場で数的不利を背負ったアトレティコだが、バランス重視の戦い方を継続するアウェイチームに対して、あくまで勝ち点3を狙いに行く戦いを見せた。だが、幾度か訪れたカウンターチャンスをモノにできずにいると、試合終了間際の91分には大ピンチが訪れる。ボックス右でベレンゲルからラストパスを受けたビジャリブレにGKと一対一の状況を作られたが、ここはGKオブラクの絶妙な飛び出しがプレッシャーとなったか、ループ気味に放ったシュートはクロスバーの上を越えた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、難敵相手に開幕無敗を継続したものの、公式戦2試合連続で無得点と今後の戦いに向けて不安を残す結果となった。 2021.09.19 01:46 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督、ビルバオ戦を前に「一つのチームにならなければならない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チームに団結を促した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは、18日に行われるラ・リーガ第5節でアスレティック・ビルバオと対戦する。第4節終了時点で3勝1分けとリーグ戦では良いスタートを切った昨季王者だが、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のポルト戦では攻めあぐねる展開が続き、スコアレスドローに。 さらに、後半から途中出場したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、2019年にバルセロナへ移籍する際に残した遺恨から、ファンによって大きなブーイングを浴びる場面もあり、ピッチ内外で不和が感じられる内容となった。 アスレティック戦を前に、シメオネ監督は「我々がとても良い集団であることは間違いない。しかし、一つのチームになり、力を発揮する必要がある」とコメント。チームが団結する必要性があることを強調した。 また、対戦相手であるアスレティックを強く警戒した。 「明日はリーグで最も手強いチームの一つを相手に良い試合をしたいと思っている。彼らは競争に競争を重ねてきている。すべてのチームを思い通りのプレーができるように導いてきた名監督がいるし、彼らは高い位置でも、低い位置でもプレスをかけることが可能だ」 「サイドバックが高い位置を取り、スピードの速く、非常にダイナミックなサッカーを展開してくる。終盤戦まで、トップを争っているチームだと思う」 「アスレチックについては、私が言ったことすべてに関心がある。彼らはとても強いチームだ。明日は誰が先発するか見てみよう」 2021.09.18 22:04 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼に敬意を」フェリックスが「グリーズマンをケガさせるんだ!」と言ってきたファンを叱る

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが失礼なファンを一喝した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコには、今夏の移籍市場でフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが3年ぶりに復帰。しかし、2019年のバルサ移籍時には契約解除金の金額を巡ってアトレティコとバルセロナが対立するなど円満な退団とはならず、グリーズマンは多くのアトレティコファンの恨みを買っている。 15日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のポルト戦では、先発出場したフェリックスとの交代でグリーズマンが途中出場すると、指笛と拍手が入り混じる異様な雰囲気で迎えられた。 そんな中、16日の練習からフェリックスが帰宅する際、ファンが「ジョアン、グリーズマンをケガさせるんだ!彼が君の前でスタートすることはあり得ない。練習ですねを踏むんだ!忘れるなよ!」と要求した。 この男性は、グリーズマンによってフェリックスの出場機会が減少することを危惧したのかもしれないが、あまりに失礼な要求にフェリックスは「グリーズマンにもっと敬意を払うべきだ」と答えて去っている。 グリーズマンの「7」番を受け継いだフェリックス。21歳ながら毅然とした素晴らしい対応だった。 <span class="paragraph-title">【動画】フェリックスも最初は笑顔だったが徐々に表情が曇る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> IMAGEN <a href="https://twitter.com/hashtag/GOLAZO?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GOLAZO</a> <br><br> Encontronazo de <a href="https://twitter.com/joaofelix70?ref_src=twsrc%5Etfw">@joaofelix70</a> con un aficionado del <a href="https://twitter.com/Atleti?ref_src=twsrc%5Etfw">@Atleti</a> que estaba hablando mal de <a href="https://twitter.com/AntoGriezmann?ref_src=twsrc%5Etfw">@AntoGriezmann</a> <a href="https://t.co/W07mwhiKiH">pic.twitter.com/W07mwhiKiH</a></p>&mdash; El Golazo de Gol (@ElGolazoDeGol) <a href="https://twitter.com/ElGolazoDeGol/status/1438479142195023884?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.17 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルト戦で負傷交代のレマル、太ももの筋肉損傷でリーグ戦3試合欠場の可能性

アトレティコ・マドリーは16日、フランス代表MFトマ・レマルが太もものケガで離脱したことを発表した。 15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のポルト戦に先発出場したレマルだが、36分に太ももを負傷。プレー続行不可能となり、そのままデ・パウルとの交代を余儀なくされた。 クラブによれば、精密検査を受けたレマルは太ももの筋肉の損傷と診断された、今後は個別の理学療法とリハビリを行いながら、経過観察を続けるという。 なお、スペイン『マルカ』は離脱期間について、10日前後になると伝えており、レマルは今後のラ・リーガ3試合を欠場。28日に行われるCLグループB第2節のミラン戦か、10月2日に行われるラ・リーガ第8節のバルセロナ戦での復帰を目指していると報じている。 2021.09.17 01:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly