元仏代表FWゴミスが圧倒的なボックス内での強さを見せて決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2021.01.03 20:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、サウジアラビアのアル・ヒラルに所属のするフランス代表FWバフェティンビ・ゴミスがマルセイユで決めたハットトリックだ。

◆マルセイユでゴミスが見せたハットトリック

リヨンでブレイクを果たしたゴミスは、2014年夏にスウォンジー・シティに加入。その後2016年にレンタル移籍でマルセイユに加入し、母国に復帰していた。

強靭なフィジカルが特長のゴミスだが、2017年1月27日に行われたリーグ・アン第22節のモンペリエ戦では、見事なハットトリックを記録している。

まずは開始早々の4分、MFレミ・カベッラのパスに抜け出したゴミスが相手からのプレスを跳ね飛ばしてボールを収めると、ボックス内からシュートを決め、いきなりの先制点を挙げる。

続く19分、左サイドから再びカベッラのゴール前へのパスに、いち早く反応したゴミスが合わせ、すぐさま追加点を決める。

最後は3-1で迎えた77分、ボックス内へのロングボールを受けたFWフロリアン・トヴァンのパスにゴミスがしっかりと合わせ、見事なハットトリックを決めている。

試合はゴミスのハットトリックを含む大量5ゴールを決めたマルセイユが、5-1で大勝を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

アフリカ史上最高ストライカーの1人、エトーがユナイテッド戦で決めた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏がチェルシーで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆エトーがユナイテッド相手に決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIeFZIdW1iRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナやインテルで圧倒的な活躍を見せたエトー氏。2013年夏には、当時インテル時代の恩師ジョゼ・モウリーニョ監督が率いていたチェルシーにフリートランスファーで加入していた。 抜群の身体能力と攻撃センスで得点を量産したエトー氏だが、2014年1月19日に行われたプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、ビッグゲームでハットトリックを記録している。 まずは0-0で迎えた17分、相手陣内中央右でボールを持ったエトーは、ドリブルで中央へカットインしていく。鮮やかなフェイントでマークをはがしたエトーは、ボックスの際から左足でミドルシュート。ディフレクションでトップスピンのかかったシュートは、美しい弧を描いてゴール左に決まり、見事な先制点となる。 続く45分、チェルシーが右コーナーキックを得る。クロスはクリアされたものの、こぼれ球を拾ったMFラミレスが、右サイドのDFギャリー・ケイヒルにパス。ケイヒルがグラウンダーのボールをゴール前に入れると、フリーのエトーが合わせ、2点目を奪った。 最後は後半開始早々の49分、再び右コーナーキックのチャンスから、ケイヒルが叩きつけるようなヘディング。これはGKダビド・デヘアがセーブしたものの、跳ね返りをエトーが押し込み、ハットトリックを達成した。 試合は、ビッグゲームで気を吐いたエトーの活躍でチェルシーが3-1でユナイテッドを撃破している。 2021.01.23 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルの若きエース、ラウタロ・マルティネスが決めたストライカーらしいインテル初ハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ラウタロがインテルで初めて決めたハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJueDA5QmxFbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2018年夏にインテルに加入したラウタロは、2019-20シーズンに公式戦21得点の活躍を見せ、チームのエースへと成長。今シーズンも好調ぶりを維持し、得点を重ねている。 抜群の裏抜けの巧さや決定力の高さを持つラウタロだが、2021年1月3日に行われたセリエA第15節のクロトーネ戦では、インテル加入以来初のハットトリックを記録している。 まずは0-1とインテルビハインドの20分、前線で体を張ってボールを収めたFWロメル・ルカクからのスルーパスにラウタロが抜け出すと、ゴール正面から鋭いシュートをゴール左に突き刺し、同点ゴールを決める。 続いて2-2で迎えた57分、またしてもルカクが作った溜めから、ボックス手前でヒールパスを受けたMFマルセロ・ブロゾビッチがボックス内に走り込むマルティネスにパス。このパスを受けたマルティネスが、飛び出してきたGKの頭上を抜くシュートを沈め、勝ち越しゴールを決めた。 最後は4-2とインテルがリードを広げて迎えた78分、ボックス左手前でボールを持ったFWイバン・ペリシッチがドリブルでボックス内に切り込み、強烈なシュートを放つ。このシュートはGKにセーブされるも、ゴール前にポジション取りをしていたラウタロが、こぼれ球をすかさず頭で合わせ、あっさりとハットトリックを決めてみせた。 試合は大量6ゴールでクロトーネを圧倒したインテルが、6-2で勝利している。 2021.01.21 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

一度乗ると止まらないスアレスがアヤックス時代に決めた圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがアヤックス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスが決めた圧巻のハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlVFdFc3hGTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リバプールやバルセロナで活躍し、今シーズンからはアトレティコでプレーするスアレス。欧州でのブレイクのきっかけを掴んだのは、2007年に加入したアヤックスだった。 キレのあるドリブルと相手DFを欺く狡猾なプレーで、一度波に乗ると誰も止めることができないスアレスだが、2009年4月12日に行われたエールディビジ第30節のヴィレムⅡ戦では、ハットトリックの大暴れを見せている。 序盤からアヤックスが大量リードを奪い、3-0として迎えた35分、アヤックスがPKを獲得すると、キッカーはスアレス。GKにコースを読まれながらも、鋭いPKをゴール右に沈め、ダメ押しとなる4点目を決めた。 続いて5-0とさらにリードを広げて迎えた69分、ボックス外左でスアレスがボールを持つと、ドリブルで中央にカットイン。シュートコースを作り出すと、ペナルティーアーク左の位置から右足で豪快なシュートを放つ。またしても鋭いシュートをゴール左に突き刺し、チームの6点目を決めてみせた。 最後は82分、味方とのパス交換からスアレスが中央突破に成功し、ボックス内に侵入すると、必死に守る相手からのファールを誘い、自らPKを獲得。このPKを勢い良くゴール中央に叩き込み、ハットトリックを達成した。 試合はスアレスのハットトリックを含む、大量7得点を挙げたアヤックスが7-0の歴史的大勝を収めている。 2021.01.20 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドイツの万能アタッカー、シュールレがチェルシーで決めた唯一のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ氏がチェルシーで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆シュールレが見せた抜群の決定力<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJYRldBajR6eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マインツやレバークーゼンで頭角を現し、2014年ブラジルワールドカップ(W杯)では、ドイツ代表の優勝メンバーとなったシュールレ氏は、2013年夏にチェルシーに加入。プレミアリーグでも活躍を見せた。 チェルシーでは、在籍1年半で公式戦65試合に出場し、14ゴールを記録したが、2014年3月1日に行われたプレミアリーグ第28節のフルアム戦では、チェルシーでの唯一となるハットトリックを決めている。 前半を0-0で折り返して迎えた52分、自陣からFWエデン・アザールが放ったロングボールにシュールレが抜け出すと、相手DFとの競り合いを制してそのままボックス内まで侵入。GKとの1対1の場面で落ち着いてシュートを沈め、先制点を挙げる。 続く65分、再びアザールがボールをボックス手前まで運ぶと、右サイドから中央にスライドしてきたシュールレに絶妙のタイミングでスルーパスを出す。ボックス内左に抜け出したシュールレは、ゴール左の位置からファーポストへ正確なシュートを流し込み、追加点をマークした。 直後の69分、今度はロングボールを前線で収めたFWフェルナンド・トーレスからのスルーパスにシュールレが抜け出し、そのままGKと1対1に。このチャンスもしっかりとゴール左にシュートを決め、抜群の決定力を活かした見事なハットトリックを決めた。 試合は、フルアムが1点を返したものの、チェルシーが3-1で逃げ切り、勝利を収めている。 2021.01.18 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

まさに縦横無尽!メッシがアトレティコ相手の歴史的大勝で見せた半端ないゴール3連発【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがアトレティコ相手に決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4ZFBGN21hViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 世界最高峰の選手として長らくフットボールシーンを牽引し続けているメッシ。バルセロナが掲げる美しく勝つサッカーの体現者として、華麗なテクニックで観客を魅了している。 絶対的エースとして活躍を続けるメッシだが、2011年9月24日に行われたラ・リーガ第6節のアトレティコ・マドリー戦では、縦横無尽のパフォーマンスでアトレティコ守備陣を翻弄し、ハットトリックを記録している。 まずは2-0とバルセロナがリードして迎えた26分、右サイド深くでボールを持ったメッシは、ドリブルでボックス内に侵入すると、キレのあるキックフェイントでDF2人を一気に置き去りにし、鋭いシュートでGKティボー・クルトワのニアポストを抜き、この日1点目を挙げる。 続く78分、相手陣内中央でボールを受けたメッシが再び仕掛けていく。高速ドリブルでDFを寄せ付けずに、ボックス内に侵入すると、意表を突くタイミングでゴール右に正確なシュートを沈め、2点目をマーク。 最後は終了間際の91分、FWダビド・ビジャとのワンツーからメッシが抜け出すと、ゴール左の角度の厳しい位置からクルトワの股を抜くシュートを決め、圧巻のハットトリックを達成した。 試合は大量5得点を挙げたバルセロナが、強豪アトレティコ相手に5-0と歴史的大勝を収めている。 2021.01.16 22:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly