J1昇格を逃した長崎、元神戸監督の吉田孝行コーチの監督就任を発表

2020.12.21 15:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
V・ファーレン長崎は21日、新監督に吉田孝行氏(43)が就任することを発表した。

吉田監督は現役時代に横浜フリューゲルスや横浜F・マリノス、大分トリニータ、ヴィッセル神戸でプレー。

引退後は指導者の道を歩み、神戸でコーチやヘッドコーチそして監督を務めていた。

2020シーズンからは長崎で解任された手倉森誠監督の下でコーチを務めていた。

吉田新監督はクラブを通じてコメントしている。

「いつも応援していただきありがとうございます。 来シーズンより、V・ファーレン長崎の指揮を執ることになりました吉田孝行です」

「まずは今シーズン、目標であったJ1昇格を果たすことができず申し訳なく、そして悔しく思っています。 あと1歩で届かなかったJ1昇格。もっと自分にできることはなかったのかと問いかけています」

「来シーズンは、今シーズン取り組んできたことをベースに、さらに強いチームを作れるよう精進していきます。そして、ファン・サポーターの皆さんとともにJ1昇格を果たしたいと強く思っています。引き続き、熱い応援、サポートをよろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

長崎、5月に就任し昇格争いを繰り広げた松田浩監督と契約更新「悲願のJ1昇格を目指します」

V・ファーレン長崎は3日、松田浩監督(61)との契約更新を発表した。 松田監督は、サンフレッチェ広島のコーチやヴィッセル神戸のコーチ、監督、アビスパ福岡の監督、栃木SCの監督を歴任。2018年から長崎の育成部長兼アカデミーダイレクターに就任した。 しかし、今シーズン就任した吉田孝行監督は成績不振により5月3日に早い段階で解任。松田氏が就任すると、チームは結果を残し始め、昇格争いを繰り広げることに。シーズン終盤まで昇格争いに加わったが、勝ち点差を詰め切ることができず、4位でシーズンを終えることが決まっていた。 チームを立て直し、昇格争いを繰り広げた松田監督は、クラブを通じてコメントしている。 「V・ファーレン長崎を支えてくださっている皆さま、ファン・サポーターの皆さま、2022シーズンもV・ファーレン長崎の指揮を執らせていただくことになりました」 「2021シーズンは、途中からバトンを受ける形でしたが、2022シーズンは心新たにスタートを切り、今年構築したベースをより発展させるべく、チーム一丸となって悲願のJ1昇格を目指します。来シーズンも引き続き、よろしくお願いいたします」 2021.12.03 15:16 Fri
twitterfacebook
thumb

「めっちゃステキ」岡山DF安部崇士が引退するベテランから試合中に声を掛けられ感激「試合中にも関わらず鳥肌が立ちました」

ファジアーノ岡山のDF安部崇士が、試合中の仰天エピソードを明かした。 岡山は28日、明治安田生命J2リーグ第41節でV・ファーレン長崎と対戦した。 長崎にとってのホーム最終戦。今シーズン限りで現役を引退する元日本代表FW玉田圭司も53分から途中出場。ホームでのラストマッチとなった。 試合後には引退セレモニーが実施され、ホームのファンに向けて挨拶を行ったが、この試合中に岡山のDF安部崇士が玉田から声を掛けられていたとのこと。そのエピソードを自身のツイッターで明かした。 「今日の試合で玉田選手に『何歳?いい選手だね!』と試合中に声をかけてもらいました」 「玉田選手に少しでも印象に残るプレーができていると、試合中にも関わらず鳥肌が立ちました」 「試合にこれだけ余裕を持ってプレーをできる玉田選手を尊敬し、人の良さも感じられました。ありがとうございます!!」 現役生活も残り2試合となった玉田は、相手のDFのプレーを称賛。試合中に相手チームの後輩に声を掛ける余裕を見せるベテランに、安部は感動していた。 このエピソードには「めちゃくちゃ凄い」、「めっちゃステキ」、「こんなんいわれたら昇天するわ」とコメントが寄せられ、ベテラン選手が見せた対応にも称賛を集めた。 <span class="paragraph-title">【SNS】引退するベテランからの声掛けに感動</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今日の試合で玉田選手に<br>『何歳?いい選手だね!』と試合中に声をかけてもらいました。<br>玉田選手に少しでも印象に残るプレーができていると、試合中にも関わらず鳥肌が立ちました。<br>試合にこれだけ余裕を持ってプレーをできる玉田選手を尊敬し、人の良さも感じられました。<br>ありがとうございます!! <a href="https://t.co/3kbaX7Plpz">https://t.co/3kbaX7Plpz</a></p>&mdash; 安部崇士 (@atm_at_nmmtct) <a href="https://twitter.com/atm_at_nmmtct/status/1464925646543417355?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 12:37 Tue
twitterfacebook
thumb

「不快な思いをされた方々もおられたと思います」豊田陽平のツイートが話題…誠実な対応「心からお礼申し上げます」

栃木SCの元日本代表FW豊田陽平のツイートが話題となっている。 長年過ごしたサガン鳥栖から今年7月に完全移籍で栃木へと加入した豊田。明治安田生命J2リーグでは16試合に出場し3得点を記録していた。 その栃木は、28日に明治安田J2第41節でギラヴァンツ北九州と対戦。豊田はベンチ入りも出番はなかったが、1-2と栃木が勝利しJ2残留が決定していた。 この試合は北九州で開催されたこともあり、かつて在籍した鳥栖のサポーターが駆けつけていた。 豊田は残留を決めたことを喜ぶとともに、北九州、そして13日に行われたV・ファーレン長崎戦に訪れていた鳥栖サポーターに感謝した。 「栃木サポーターの皆さん、おめでとうございます!そしてありがとうございました」 「長崎、北九州と応援に駆けつけてくれた鳥栖サポーター皆さん、ありがとうございました。遠路駆けつけてくれる皆さんには1人1人にご挨拶したかったです。元気な姿をお見せ出来るように励みます」 一方で、試合とは関係ない鳥栖のサポーターが鳥栖のユニフォームを掲げていたりすることが一部で問題視されていた中、その件についても言及。中には嫌がる方もいる中で、しっかりと受け入れてくれた栃木サポーターへ感謝した上で、相手の長崎、北九州のサポーターへも感謝の気持ちを示した。 「また、現地で鳥栖サポーターを快く受け入れてくださった栃木サポーターの皆さん、改めましてありがとうございました」 「長崎、北九州のサポーター皆様には、不快な思いをされた方々もおられたと思います」 「目をつぶっていただいたサッカーファミリーの皆様に、心からお礼申し上げます」 豊田の人間性が非常に表れているツイートには多くの反響が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【SNS】豊田陽平が寛容なサポーターへ感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">また、現地で鳥栖サポーターを快く受け入れてくださった栃木サポーターの皆さん、改めましてありがとうございました。<br>長崎、北九州のサポーター皆様には、不快な思いをされた方々もおられたと思います。<br>目をつぶっていただいたサッカーファミリーの皆様に、心からお礼申し上げます。</p>&mdash; 豊田陽平 (@yohei_toyoda_) <a href="https://twitter.com/yohei_toyoda_/status/1464866358579974148?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

テーマは「多様性」! 昇格争いも4位フィニッシュ確定の長崎が来季ユニフォームを発表

V・ファーレン長崎は28日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 アンブロ製の新ユニフォームのテーマは、「V・ファーレン長崎の「V」の意味の一つでもある「多様性(VARIEDADE)」」とのことだ。 ホーム・アウェイともにチームカラーのブルーとオレンジを基調としたグラデーションを使用。ホームユニフォームは、一人ひとりの多種多様な個性が集まりながら、チームが結束していくイメージをデザインに込められている。また、多様性を大切にし、敵味方問わず相手に対するリスペクトの気持ちを大切にする想いも込められている。 アウェイユニフォームは、世界に飛び立つ様子をドットで表現。私たちのホームタウン「古く昔から世界に開かれたまち・長崎」は、これから100年に1度の大きな変革の時期を迎える。2024年には、ホームスタジアムを含む長崎スタジアムシティプロジェクトの開業もあり、V・ファーレン長崎も未来に向かって、「長崎から世界へ」という想いを込めてデザインされている。 今シーズンは吉田孝行監督の下スタートした長崎だったが、シーズン序盤に黒星が込んだことで途中解任。松田浩監督を迎えるとチームは結果を残し始め、昇格争いを繰り広げることとなる。 シーズン終盤まで昇格争いに加わったが、勝ち点差を詰め切ることができず、4位でシーズンを終えることが決まっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】V・ファーレン長崎の新ユニフォーム!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022シーズンユニフォーム発表<br>「多様性(VARIEDADE)」を大切に長崎から世界へ飛び立つクラブへ<a href="https://t.co/8c89zpUzD2">https://t.co/8c89zpUzD2</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vvaren?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vvaren</a> <a href="https://t.co/Llro6jQRfy">pic.twitter.com/Llro6jQRfy</a></p>&mdash; V・ファーレン長崎 公式 (@v_varenstaff) <a href="https://twitter.com/v_varenstaff/status/1464868286986735621?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.28 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

勝利の長崎が磐田の今節戦わずしての昇格決定を阻止! 残留かけた関門海峡ダービーは北九州に軍配【明治安田J2第39節】

明治安田生命J2リーグ第39節の4試合が13日に各地で行われた。 昇格圏2位京都サンガF.C.との勝ち点差を縮めるためにも勝利を積み上げたい3位のV・ファーレン長崎はホームで残留争いの渦中にある15位の栃木SCと対戦した。引き分け以下に終わると、首位ジュビロ磐田の昇格が決まる長崎だが、開始早々の4分に先制する。敵陣右の中央でFKを得ると、ウェリントン・ハットが鋭いクロス。すると、ゴール前での混戦が生まれ、栃木の守備陣が身体を張ってゴールを守るものの、最後は江川が流し込んだ。 これで勢いのついた長崎は11分にボックス内でウェリントン・ハットが倒されてPKを獲得。一度はGKオビ・パウエル・オビンナが凌いだものの、蹴る前にラインから離れていたとしてやり直しの判定になり、2度目のPKのこぼれ球をキッカーのウェリントン・ハットが押し込んで、追加点を奪った。2点をリードして試合を折り返すと、64分に米田がボックス内で倒されて獲得したPKを途中出場の都倉がゴール左下隅に決めて3-0とし、その後ゴールを割らせることなく完封勝利。これにより、長崎が暫定的に京都との勝ち点差を「4」まで詰め、逆転昇格に望みを繋いだ。 降格圏に沈む21位のギラヴァンツ北九州はアウェイの維新みらいふスタジアムで降格争いから抜けつつある14位のレノファ山口と対戦。関門海峡ダービーとなる一戦は互いにチャンスを作りながらも無得点のまま折り返すと、後半はやや押され気味だった北九州が76分に均衡を破る。右サイドでのプレッシングから西村が自陣でボールを奪うと、前線でこのボールを受けた高橋が左を駆け上がってきた椿に繋ぐ。すると、その高橋がさらに左から椿を追い越してボックス内左で再度ボールを受け、ダイレクトでゴール左上に突き刺して先制。これが決勝点となり、関門海峡ダービーは北九州に軍配が上がった。 こちらも残留争いを強いられる20位の愛媛FCはアウェイのデンカビッグスワンスタジアムで7位のアルビレックス新潟と対戦。生き残るためには勝ち点3を積み上げたい愛媛だったが、31分にCKの混戦からロメロ・フランクにゴールを許すと、前半のうちに反撃に出るもそのまま試合を折り返す。後半はGK岡本を中心にゴールを守り、攻撃面ではカウンターから決定機を作りつつもゴールは生まれず、90+1分にPKを決められて万事休す。他会場で北九州が勝利したことにより、暫定的に21位に沈む結果となった。 ◆第39節 ▽11/13(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 愛媛FC レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ギラヴァンツ北九州</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-0 栃木SC FC琉球 2-2 ジェフユナイテッド千葉 ▽11/14(日) 《13:00》 SC相模原 vs ファジアーノ岡山 《13:05》 ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC 《14:00》 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック vs ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア vs ザスパクサツ群馬 ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ 京都サンガF.C. vs ブラウブリッツ秋田 2021.11.13 18:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly