25年続くラウールの記録 CLでの最年少ハットトリック

2020.12.08 16:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズンのスペイン代表FWアンス・ファティ(バルセロナ)、そして今シーズンのU-20ドイツ代表FWユスファ・ムココ(ドルトムント)など、次々と逸材が現れる欧州サッカー界。

チャンピオンズリーグ(CL)でもその傾向は強く、最年少出場やゴールの記録が次々と更新されている。

◆若きラウールの偉業


そんな中、25年間破られていない一つの記録がある。元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏による、最年少ハットトリックの記録だ。

レアル・マドリーの下部組織出身のラウール氏は、1994年に、当時の監督ホルヘ・バルダーノ氏の抜擢を受け、わずか17歳4カ月でロス・ブランコスのファーストチームデビューを飾る。

デビューシーズンにリーグ戦28試合9ゴールと結果を残し、クラブのリーグ制覇に貢献すると、そのまま主力へと定着していった。

そんなラウール氏のCL初ゴールと初ハットトリックは、1995年10月18日に行われたグループステージ、ハンガリーのフェレンツヴァーロシュ戦。

まずは23分、左CKの流れからラウールがダイビングヘッドで詰め、幸先よく先制点を奪う。さらに直後の24分にはFWイバン・サモラーノのパスを受けたラウールが左足で流し込み、すぐさま追加点を奪取する。

その後、両チームが得点を奪い合い、5-1で迎えた84分にはマドリーの華麗なパスワークから最後はラウールが沈め、ハットトリックを達成した。

当時のラウールは18歳と113日という若さ。CLの舞台で10代の選手がハットトリックを達成するのは史上初の出来事だった。

ちなみに、ラウール氏に次ぐ若さでハットトリックを達成したのは、現レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ。2019-20シーズンのグループステージ、ガラタサライ戦で、18歳301日で達成している。

◆CL最年少ハットトリック(当時の所属クラブ)
18歳113日:ラウール・ゴンサレス(レアル・マドリー)
1995年10月18日 vsフェレンツヴァーロシュ

18歳301日:ロドリゴ(レアル・マドリー)
2019年11月7日 vsガラタサライ

18歳339日: ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)
2004年9月28日 vsフェネルバフチェ

19歳58日: アーリング・ハーランド(ザルツブルク)
2019年9月17日 vsヘンク

19歳306日: ヤクブ・アイエグベニ(マッカビ・ハイファ)
2002年9月24日 vsオリンピアコス

関連ニュース
thumb

一瞬で瓦解したスーパーリーグ構想、ロナウド氏は理解を示す「マドリーvsインテルは誰もが見たい」

元ブラジル代表のロナウド氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に一定の理解を示した。『フットメルカート』がコメントを伝えている。 今年4月、世界中のフットボール界を騒がせたESL構想。レアル・マドリーやユベントスの会長らが主導となり、プレミアリーグの“ビッグ6”やセリエAのインテルやミラン、ラ・リーガからはバルセロナやアトレティコ・マドリーといった、ビッグクラブのみを集めた新たなリーグの設立を目論んでいた。 ところが、選手を含む関係各所、ファンによる大反発を受け、構想発表からわずか2日後にプレミアリーグのクラブが次々と不参加を表明すると、ミラノ勢やアトレティコもそれに続いて辞退を決定。 そして、程なくしてESL構想は立ち消えとなり、実現に至ることはなかった。だが、ロナウド氏は全面的に反対意見というわけではないようだ。選手時代の古巣マドリーの会長で友人でもあるフロレンティーノ・ペレスとの関係性も考慮しての発言かもしれないが、魅力は確かにあったと語った。 「ファンは最高の試合を見たいと思うものだ。私のようなサッカーフリークは、レアル・マドリーがミランやインテル、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンと対戦するところを見てみたいのだ。準々決勝や準決勝を待つことなくね」 「イギリスではスーパーリーグに対して抗議行動が行われたことがあったが、これはきちんとした説明がなされていなかったり、適切に設定されていなかったりしたためだ。このプロジェクトには可能性があると思うし、近い将来にクラブやファンのためにイノベーションが起こるだろう」 そしてサッカー界のレジェンドは「計画を改善し、より良い条件と最高の試合を提供するために、ヨーロッパのチームと責任ある機関との間で、オープンな対話が必要不可欠だ」と呼びかけている。 2021.09.24 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

コマン、軽度の心臓手術を受け2週間ほど離脱

バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンが16日、軽度の心臓手術を受け、2週間ほど離脱するようだ。バイエルンを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が17日に行われた試合前日記者会見で明かしている。 コマンは直近の14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では後半37分から出場していた。 ナーゲルスマン監督によればコマンは時折、息苦しさを感じ、心拍数が上がることがあったそうで、軽度の手術を受けることになったとのことだ。ただ、本人の状態は良く、痛みもないため2週間以上欠場することはないと断言していた。 バイエルンは18日にブンデスリーガのボーフム戦、24日にグロイター・フュルト戦、29日にCLのディナモ・キエフ戦を控えている。 2021.09.17 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「皆様の怒りをお察し…」3rdユニフォームを巡るドルトムントファンの憤慨にプーマが謝罪

ファンの怒りにサプライヤーが謝罪した。 大きな物議を醸し、ファンからの反発を受けているのはドルトムント。プーマが手がけた3rdユニフォームを巡って問題が起きていた。 今シーズンの3rdキットは、プーマがサプライヤーを務めるクラブで統一のデザインが用いられており、サッカーとストリートウェアの文化を融合させた新しいアプローチでユニフォームを再考するという考えのもとになされたデザインとなっている。 特徴的なのは、通常は胸に施されるクラブのエンブレムが全面から消え、背面の首元に施されていること。胸にはクラブ名とメインスポンサーが大きく記されている。 しかし、5月にこの3rdキットが出回ると、スポンサーが目立つとしてドルトムントのファンが憤慨。クラブは「ファン、新しいシーズンのカップジャージに対する批判を受けました。リークされたジャージはどのように見えるかわかりません。少々お待ちください。どうぞよろしくお願いします」と答えていた。 そんな中、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節でベシクタシュと対戦。この試合で、選手たちが実際に着用してお披露目された。 しかし、公式に着用されたユニフォームに対しても批判的な意見が殺到していた。 この件に対し、プーマのビョルン・ガルデン最高経営責任者(CEO)が謝罪したとドイツ『ビルト』が伝えた。 「ファンの皆様の怒りをお察しし、心よりお詫び申し上げます」 「ファンの批判は、BVBのロゴが素材に何度かトーンイントーン(トーンを統一して明度差を小さくした配色)で加工されているだけで、シャツの胸元に大きくエンボス加工されているものの、クラブのクレストとは明確に認識できないという点にあります」 この3rdキットは今週に入りインターネット上で公開され大騒ぎに。クラブはその事態を見て、なんとかロゴを入れることで対応したとのことだ。 しかし、全く肉眼で確認できず、透かしになっていることが大きく問題視されたが、すでにユニフォームをUEFA(欧州サッカー連盟)に登録していたため、他の対応ができなかったという。 ガルデン氏はこのようなことを二度と起こさないと約束した。 「いただいた意見を真摯に受け止め、これまでと同様に、今後のユニフォームに反映させていきたいと思う」 <span class="paragraph-title">【写真】ファンが憤慨した3rdユニ、目を凝らさなければわからない対応</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/puma20210917_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/puma20210917_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2021.09.17 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランとの激闘振り返るアレクサンダー=アーノルド 「CLを戦うときに期待するものだった」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、チャンピオンズリーグ(CL)初戦での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは15日に行われたCLグループB第1節でミランと対戦。前半圧倒的に試合を支配して先制点を奪ったものの、ハーフタイム直前に逆転を許す厳しい展開に。それでも後半FWモハメド・サラーとMFジョーダン・ヘンダーソンのゴールで再逆転すると、その後はリードを守り切り3-2で勝利した。 クラブ公式サイトのインタビューに応じたアレクサンダー=アーノルドは激戦を振り返り、勝利した喜びについてコメント。同時にミランのほか、アトレティコ・マドリー、ポルトと同組になったグループの難しさについても語っている。 「本当にワイルドだったね。いい試合だった。CLを戦うときに期待するものだったと思う。本当に優れたチーム同士の対戦であり、最後に試合を終わらせるのは難しかったよ」 「前半の立ち上がりは素晴らしかった。大きなプレッシャーを与え、相手は何が起こったのかわからなかったと思う。前半の終わりに調子を落としたけど、何とか勝利を手にできた。いくつかの良いゴール、特にヘンド(ヘンダーソン)の素晴らしい一撃でね」 「ああいった試合展開になると難しい。2、3分でも気を抜くと罰を受けることになるんだ。でも、これはエリートクラブが集う大会なのだから、そういうこともあるだろう。こうしたことが二度と起こらないようにしないと、また罰を受けるだろうね。でも、僕たちは勝利を手にできた。それは本当に重要だよ」 「タフなグループさ。4つのチームが抽選で決まったとき、誰もがもっとも難しいグループの一つだろうと考えていた。このグループは簡単な試合がない。タフな戦いになるだろうし、すべてのポイントを獲得する必要がある」 また、アレクサンダー=アーノルドはこれから過密日程が続くことにも言及。チームに所属する選手全員の力が必要になるだろうと語った。 「シーズンの流れだからね。最初のインターナショナルマッチウィークから戻るとすぐ週に3試合、3日に1試合のペースになる。だからこそ、25人のフルメンバーが必要になるはずだ。毎回同じメンバーで試合に臨むのではなく、ローテーションが必要になる」 「僕たちはそのための準備をしなければならない。でも、ミラン戦で出場した選手たちは、間違いなく準備できていたと思うよ」 2021.09.17 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックス主砲アラーがファン・バステン以来のCLデビュー戦4ゴール!

アヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーが歴史的快挙でチャンピオンズリーグ(CL)デビューを飾った。 今年1月のアヤックス入りから早々に点取り屋としての立ち位置を確立するアラー。15日に敵地で行われたCLグループC第1節のスポルティング・リスボン戦は自身にとって、“初CL”だったが、開始2分の先制弾で個人としても好スタートを切ると、9分、51分、63分とネットを揺らし続け、1試合4ゴールの大活躍を披露した。 データ集計サイト『Opta』によると、CLデビュー戦での1試合4ゴールという活躍は史上2人目の快挙。1992年11月にミランの選手としてヨーテボリ戦で成し遂げた元オランダ代表FWのマルコ・ファン・バステン氏以来だという。 昨季、チームの登録ミスでCLに出られなかったことで当時の話題をさらったハラーは試合後、『UEFA.com』で「まだ信じられない。夢のようさ。これ以上は期待できないね。今はただ幸せで、今夜を楽しもうと思う」と喜びの心境を露わにしている。 そんなハラーは昨季途中にウェストハムから加入してエールディビジ19試合の出場で11得点の活躍を披露。今季もここまでリーグ戦4試合に出場して、4ゴールと身長190cmの大型エースとして存在感を際立たせている。 <span class="paragraph-title">【動画】CLデビュー戦で圧巻の4ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oHhR1Hiobq4";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.17 09:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly