GS首位通過の横浜FMポステコグルー監督、決勝トーナメントでは「マリノスのサッカーをしっかり出していきたい」

2020.12.04 22:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、シドニーFC戦を振り返った。横浜FMは4日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH最終節でシドニーFC(オーストラリア)と対戦。試合の主導権を握りながらも決定機を生かせず、1-1の引き分けに終わった。

すでにグループステージの突破を決めていた横浜FMは、引き分けたことで首位通過が確定。ラウンド16でのヴィッセル神戸との対戦を避けることができた。

ポステコグルー監督は試合を振り返り「良いプレーという部分ではできたと思う」とし、「しっかりゲームをコントロールし、たくさんのチャンスも作り出した」とパフォーマンスを振り返った。

一方で、「相手のカウンターだったり強さもあって失点もしたが、今日は何人かが久々の試合ということもあり、2、3人はいつもと違うポジションでプレーした」とイレギュラーな形で戦ったとコメント。前線のパフォーマンスについては「その中で前の3人のところで落ち着きが必要だと思った。ただ、しっかり良い試合を今日もやってくれたと思う」とし、一定の満足感がある様子だった。

この試合ではGK高丘陽平、MF大津祐樹など、カタールに来てからプレーしていなかった選手を起用した。パフォーマンスについては「自分たちのサッカーという部分はできていたし、グラウンドの状況の中でも自分たちのサッカーを選手たちが見せてくれた」と満足感を示し、「いつもと違うポジションでやる選手もいながら、みんなよく頑張ってくれたと思う」とパフォーマンスを評価した。

一方でこの先の決勝トーナメントの戦いを見据えて選手を休ませることができたが、「自分たちだけでなく、他のチームもある。色々なチームがグループステージ突破に重点を置いて、自分たちは突破することができた」とまずは決勝トーナメント進出を喜んだ。

また、「このグループ戦では上海上港戦は難しい試合になったが、今年はケガ人が多く出たシーズンだったので、この大会ではそういったことなく臨みたいと思っていた」とし、ケガ人を出さないことを考えていたとのこと。「その中でもそこまで大きなケガもなく、みんなが良い状態で、良いパフォーマンスレベルが続いていると思う。やり続けていくことが大事だ」とし、選手たちのカタールでの闘いぶりに満足感を示した。

この先も勝ち進めば連戦が続くが「次の決勝トーナメントでも、疲れはあると思うが前向きに捉えている。しっかりフレッシュな状態に次の試合に向かえるように、しっかり準備ができると思う」とし、準備をしっかり行っていくことが大事だとした。

試合前の会見ではアプローチの変化はないとしていたポステコグルー監督。この先の決勝トーナメントの戦いについても「アプローチの部分に変わりはない。信じているサッカーをやるだけだ」と明言。「グループステージはこのサッカー、決勝トーナメントではこういったサッカーをしようと変えると、ブレてしまって、何を求めているのかわからなくなる」とし、変化することがプラスに働かないとコメントした。

マリノスらしいサッカーということで「自分たちはボールをしっかり握って、試合の中で支配してやっていくことが大事になる。それをすることでダイナミックさを見せられると思う」と、自分たちのサッカーにこだわることも続けるという。

最後に、「毎試合毎試合自分たちにとっては重要な試合になる。この大会では色々な選手たちが良い経験ができる」とACLで戦えることの意義をコメント。「しっかり質の高い相手と試合ができる中で、自分たちがどう戦っていくのか。アプローチを変えることはなく、マリノスのサッカーをしっかり出していきたいと思う」とし、マリノスらしさで頂点を目指すことに意気込みを語った。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMのDF畠中槙之輔が契約更新、昨季はJ1で25試合出場

横浜F・マリノスは21日、DF畠中槙之輔(25)との契約更新を発表した。 畠中は東京ヴェルディの下部組織出身で、FC町田ゼルビアへの期限付き移籍を経験。2018年途中に横浜FMへ完全移籍していた。 2年目の2019年は明治安田J1で34試合に出場。センターバックとして全試合に出場しチームのJ1優勝に貢献していた。 2020年はケガなどもありながら、明治安田J1で25試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で4試合に出場していた。 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

“ハマのGT-R”こと仲川輝人が契約更新、昨季はケガもあり18試合2得点

横浜F・マリノスは20日、FW仲川輝人(28)の契約更新を発表した。 仲川は川崎フロンターレの下部組織出身で、専修大学を経て2015年に横浜FMへと入団。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡への武者修行を経験した。 復帰してからは出場機会を得ると、2019シーズンは明治安田J1で33試合に出場し15得点を記録。チームのリーグ優勝に貢献するとともに、自身はJ1得点王と最優秀選手賞のダブル受賞を果たした。 2020シーズンも大きな活躍が期待されたが、ケガの影響でなかなか試合出場が叶わず。明治安田J1では18試合で2得点、AFCチャンピオンズリーグでは6試合で3得点に終わっていた。 2021.01.20 12:08 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌で2カ月プレーしたウーゴ・ヴィエイラ、来季もJリーグでプレーの可能性

北海道コンサドーレ札幌を退団したポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(32)が、再び日本でプレーする可能性があるようだ。 ウーゴ・ヴィエイラは、2017年1月にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスへ加入。2シーズンを横浜FMで過ごし、明治安田J1通算59試合23ゴールを記録し、チームの得点源として活躍した。 しかし、2019年1月にシヴァススポルへと移籍すると、2020年1月にはジル・ヴィセンテに加入。10月に退団すると、札幌へと加入していた。 2020シーズンの終盤に加入したウーゴ・ヴィエイラは、明治安田J1で3試合の出場に終わり、ゴールはなく、シーズン終了後の契約満了が伝えられていた。 ポルトガル『Sic Noticias』によると、札幌を退団したウーゴ・ヴィエイラだが、代理人は日本からのオファーがあり、それを伝えているとのこと。一方で、ウーゴ・ヴィエイラはヨーロッパでのプレーを考えているとされ、どちらになるのか注目が集まる。 2021.01.20 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM、MF天野純と契約更新! 昨季は公式戦29試合で5ゴール

横浜F・マリノスは18日、元日本代表MF天野純(29)との契約更新を発表した。 天野は2014年に順天堂大学から下部組織にも在籍していた横浜FMに入団。2019年には背番号「10」を背負うなど中心選手としてプレーしていた中、同年7月にスポルティング・ロケレンへ移籍した。 初の海外挑戦となったロケレンでも主力とを担っていたが、クラブが経営悪化で破産した結果、昨年5月に横浜FMへ復帰。公式戦29試合で5ゴールを記録していた。 2021.01.18 15:43 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FM入りが噂される元琉球FWセアラ、1月末で所属クラブを退団へ

ヴィトーリアに所属する、FWレオ・セアラ(25)が1月末にチームを退団することが決定的となった。ブラジル『バイーア・ノティシアス』が伝えた。 レオ・セアラは予てから横浜F・マリノスへの移籍が噂されているブラジル人ストライカー。2016年にはヴィトーリアから期限付き移籍でFC琉球に加入。Jリーグでのプレー経験もある。 琉球時代はレオナルドという登録名で1シーズンだけプレーし、明治安田J3で23試合に出場し2得点と結果を残せていなかった。 その後、ブラジルのカンビネンセ、コンフィアンサとCRBなど下部リーグのクラブでプレー。今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)で戦うヴィトーリアでプレーすると、30試合で14ゴール1アシストを記録し、リーグ得点ランキング2位につけている状況だ。 そのレオ・セアラだが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ閉幕が延期となっているものの、1月末でチームを去ることを決断したようだ。 「僕はクラブの10年間在籍している。ヴィトーリアでの僕の最後のシーズンだ。しかし、僕の気持ちは悲しいものだ」 「顔をあげて、セリエBのヴィトーリアを去りたいと思う。最後までヴィトーリアをセリエBに残すため、最善を尽くしたいと思う」 なお、代理人のブルーノ・フェレイラ氏によれば、レオ・セアラは日本の他にもブラジル国内からも興味を持たれており、パウメイラス、バイーア、セアラ、フォルタレザが興味を持っているとのこと。また、ポルトガルやUAEのクラブも興味を持っているようだ。 1月16日 21:51 2021.01.16 21:55 Sat
twitterfacebook