シャビ・アロンソのロングフィードをエジルがジャンピングヒールパス!2人の名手が決めたコンビアシスト【ベスト・アシスト】

2020.11.21 16:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はアーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルがレアル・マドリー時代に決めたアシストだ。


◆エジルが決めたジャンピングヒールアシスト

2010年夏にブレーメンからレアル・マドリーに加入したエジルは、世界屈指のテクニシャンとして、背番号「10」を背負うなど、主力として活躍した。

優れたボールテクニックで、アシストを量産したエジルだが、2010年11月23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのアヤックス戦では、美しいアシストを決めている。

0-0で迎えた36分、センターサークル付近でボールを持ったMFシャビ・アロンソが前線へ正確なロングフィードを放つ。これをエジルがボックス内で受けると、ジャンピングヒールで落とす。このパスを後ろから走り込んだFWカリム・ベンゼマがゴール右上に決め、見事な先制ゴールを挙げた。

試合はその後もマドリーが攻撃の手を緩めず、4-0の大勝を収めている。


関連ニュース
thumb

まるで背中に目!?フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はリヨンのフランス代表MFフセム・アワールが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆期待の若手が見せたノールックアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJERjBWWGs4TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳で名門リヨンの下部組織に入団したアワールは、2016-17シーズンに若くしてファーストチームデビュー。今では中盤の主力として欠かせない存在になっている。 抜群のテクニックを持ち、フランス屈指の若手として活躍するアワールだが、2020年12月16日に行われたスタッド・ブレスト戦では、見事なアシストを記録している。 1-1と同点のまま迎えた81分、右サイドからリヨンがチャンスを作ると、MFラヤン・チェルキがボックス内のFWメンフィス・デパイにパス。このパスは大きくなり相手DFにカットされるも、素早く反応したチェルキが拾い、すぐさまゴール前のアワールにボールを送る。 アワールは、相手を引き付けた絶妙のタイミングで、後ろを確認することなく後方へヒールパス。このパスにMFマクスウェル・コルネがしっかりと合わせ、見事な勝ち越しゴールを決めた。 阿吽の呼吸の連携から勝ち越しに成功したリヨンだったが、終了間際にまさかの失点。試合は2-2の引き分けに終わっている。 <span data-sg-movie-id="839" data-sg-movie-title="【まるで背中に目!?】フランス屈指の逸材が見せた絶妙ノールックヒールアシスト"></span> 2021.02.24 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“インシーニェ・ゾーン”からまさかのアシスト!得意の左斜め45度から決めた意表を突く絶妙スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆インシーニェが意表を突くパスを選択<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZYTVvY1RocCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ナポリ生まれで同クラブの下部組織出身という生粋の「ナポリっ子」であるインシーニェは、2010年にプロデビューを飾ると、今では名実ともにエースへと成長している。 ゴール左斜め45度からのシュートを得意としており、同角度からは驚異的な決定力を見せるインシーニェだが、2021年1月17日に行われたセリエA第18節のフィオレンティーナ戦では、得意の位置からの絶妙なアシストを記録している。 2-0とナポリリードの38分、左サイドでDF3枚を見事なドリブルで翻弄したインシーニェは、得意の斜め45度の位置に入る。得意のミドルシュートを打つと誰もが思ったタイミングで、意表を突く斜めのスルーパス。このボールに右サイドから走り込んだMFイルビング・ロサーノが滑り込んで合わせ、追加点を挙げた。 リードを広げたナポリは、その後も攻勢一方となり、6-0の大勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="827" data-sg-movie-title="【“インシーニェ・ゾーン”】得意の左斜め45度から決めた意表を突く絶妙スルーパス"></span> 2021.02.22 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

絶妙パスで相手を翻弄!マルセイユ酒井が見せた技ありアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はマルセイユの日本代表DF酒井宏樹が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆酒井の技ありパスで相手を翻弄<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXVlV3djZNUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2012年にドイツへ渡り、海外挑戦を開始した酒井は、2016年夏にフランスの名門マルセイユに加入。安定感のあるパフォーマンスを見せ、定位置を掴んでいる。 対人戦の強さに加え、高いクロス精度を活かして味方のゴールをお膳立てすることも多いが、2017年11月29日に行われたリーグ・アン第15節のメス戦では、絶妙なアシストを記録している。 2-0とマルセイユリードの71分、守りを固めてきた相手に対し、攻撃参加していた酒井が相手陣内中央やや右でボールを受ける。FWフロリアン・トヴァンとのパス交換からボックス内に抜け出した酒井は、相手を引き付けた絶好のタイミングで、ゴール前のFWルーカス・オカンポスに横パス。完全にフリーとなったオカンポスが落ち着いてシュートを沈め、試合を決定づける3点目を挙げた。 試合はそのままマルセイユが3-0と完勝している。 <span data-sg-movie-id="819" data-sg-movie-title="【絶妙パスで相手を翻弄!】マルセイユ酒井が見せた技ありアシスト"></span> 2021.02.21 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ラインを切り裂くスルーパス!リヨン時代のエンドンベレが決めたタイミング、コースともに完璧なアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はトッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレがリヨンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆エンドンベレのパーフェクトスルーパス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4bTFvZlFPaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アミアンでプロデビューしたエンドンベレは、2017年夏に強豪リヨンに加入。頭角を現すと、2019年夏にトッテナムへ移籍を果たしている。 パス、ドリブル、シュートとどれをとっても高水準のレベルを持つ万能型MFであるエンドンベレだが、リヨン時代の2019年3月17日に行われたリーグ・アン第29節のモンペリエ戦では、見事なアシストを記録している。 1-1と同点で前半を折り返して迎えた58分、左サイドから相手を攻めたリヨンは、一旦ボールを下げて、相手陣中央にいたエンドンベレにパスを回す。ブロックを作って守りを固める相手に対し、エンドンベレが溜めを作ると、一瞬相手のディフェンスラインが乱れた隙を突いてスルーパス。ボックス内でフリーで抜け出したFWムサ・デンベレが低くコントロールしたボールをゴール左に沈め、見事な勝ち越しゴールとなった。 試合はリードを奪ったリヨンが3-2で勝利している。 <span data-sg-movie-id="805" data-sg-movie-title="【ラインを切り裂くスルーパス!】フランス代表MFのタイミング、コースともに完璧なアシスト"></span> 2021.02.18 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

左サイドを単独で蹂躙!コロナが見せたスーパーなドリブル【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はポルトのメキシコ代表MFヘスス・マヌエル・コロナが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆コロナがドリブルで独走<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCOFN0UnBqYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> メキシコの強豪モンテレイでキャリアをスタートしたコロナは、トゥベンテで頭角を現し、2015年夏にポルトに加入。主力として公式戦252試合に出場している。 積極的なドリブルな仕掛けが持ち味のコロナだが、2021年2月7日に行われたプリメイラ・リーガ第18節のブラガ戦では、圧巻のアシストを記録している。 1-0とポルトリードの54分、左サイドでボールを持ったコロナは、ゆっくりしたドリブルでそのままボールを運ぶと、一気に急加速。相手との競り合いを制して、ボックス内に侵入すると、ゴールライン際まで抜け出し、浮き球のパスを中央に出す。FWメフディ・タレミがこのパスにボレーを合わせ、見事な追加点を決めた。 このゴールで2-0としたポルトだったが、後半ブラガの反撃に遭い、試合は2-2のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="777" data-sg-movie-title="【1人で左サイドを蹂躙!】コロナが見せたスーパーなドリブル"></span> 2021.02.14 16:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly