ボルシアMG、A・プレアのコロナ陽性を報告…アウグスブルク戦は欠場

2020.11.20 00:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGのマルコ・ローゼ監督は19日、フランス人FWアラサン・プレアがアウグスブルク戦を欠場することを報告した。クラブ公式サイトで伝えられている。ここまで3勝2分け2敗で7位に位置するボルシアMG。21日にはブンデスリーガ第8節のアウグスブルク戦が控えているが、プレアは新型コロナウイルスに感染したため欠場するようだ。

ローゼ監督は19日の会見で「アラサンは、コロナ検査の結果で陽性が確認されたため、アウグスブルク戦に出場することができない」と報告した。

マルコ・ローゼ監督の信頼厚いプレアは、センターFWや左右のウイングを主戦場に今シーズンここまでの公式戦9試合で4ゴール4アシストの数字を残していた。

なお、ボルシアMGでは代表戦で負傷したMFヨナス・ホフマンが長期離脱となっており、プレアの離脱は年末にかけてブンデスリーガとチャンピオンズリーグの二足の草鞋を履くボルシアMGにとって大きな痛手だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMGに痛手…代表戦で負傷のホフマンが長期離脱へ

ボルシアMGに所属するMFヨナス・ホフマンが数週間の戦線離脱を強いられることになった。ドイツ『ビルト』が報じている。 ホフマンは11日に行われた国際親善試合のチェコ代表戦(1-0で勝利)に先発出場したが、前半半ばに右ハムストリングを痛めて負傷交代していた。その後、ドイツサッカー連盟(DFB)は12日にドイツ代表からの離脱を発表した。 ただ、今回の負傷に関しては右ハムストリングに筋断裂が確認されており、『ビルト』が伝えるところによれば、離脱期間は8週間程度が見込まれている。 マルコ・ローゼ監督の信頼厚いホフマンは、左右のウイングや2列目、セントラルMFを主戦場に今シーズンここまでの公式戦11試合で4ゴール6アシストの数字を残していた。 年末にかけてブンデスリーガとチャンピオンズリーグの二足の草鞋を履くボルシアMGにとって痛恨の主力離脱となった。 2020.11.13 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

助走無しでこの威力!ボルシアMGのドイツ代表MFヘアマンが強烈ミドルを叩き込む【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はボルシアMGのドイツ代表MFパトリック・ヘアマンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヘアマンがノー助走から放った弾丸シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUY0QyeUN4RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボルシアMGユース出身のヘアマンは、2010年にファーストチームデビューを果たすと、生え抜きの主力選手として公式戦340試合に出場し、54ゴールを挙げている。 抜群のスピードを活かしたドリブル突破や高いテクニックで攻撃を牽引するヘアマンだが、2010年8月29日に行われたブンデスリーガ第2節のレバークーゼン戦では、見事なゴールを決めている。 2-1とボルシアMGリードの44分、左サイドを崩し、ゴール前でボルシアMGがチャンスを作る。ゴール前の混戦からFWモハマドゥ・イドリスのシュートミスがボックス手前で待つヘアマンの下に転がる。すると、ヘアマンが助走をとらずにその場で右足を振り抜く。強烈なシュートはゴール左上に突き刺さり、見事なゴールとなった。 このゴールで相手を突き放したボルシアMG。その後試合は両チームに複数得点が生まれる打ち合いとなったが6-3で勝利している。 2020.11.12 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ザカリア獲得に本腰か? キミッヒ長期離脱で選手層の薄さを懸念

バイエルンがボルシアMGに所属するスイス代表MFデニス・ザカリア(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 現在、バイエルンでは中盤の絶対的な主力を担うドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが右ヒザを手術し、来年1月まで戦列を離れることが決定している。 今夏の移籍市場ではスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの後釜に、スペイン人MFマルク・ロカを獲得。さらに、退団濃厚と見られた元スペイン代表MFハビ・マルティネスも残留しており、主力を担うドイツ代表MFレオン・ゴレツカ、フランス代表MFコランタン・トリソを含め頭数自体は足りている。 ただ、キミッヒの長期離脱に伴い、クラブは選手層、質の問題を自覚しており、以前から獲得候補に挙がるリーグ屈指の守備的MF獲得に本腰を入れ始めているようだ。 『スカイ』によると、バイエルンは今年5月にヒザの手術に踏み切り、今季ここまで欠場が続くザカリアに関して、獲得時期は不明もすでに代理人サイドと接触しており、移籍に向けた話し合いを重ねているようだ。 ただ、バイエルンに精通するジャーナリストのクリスティアン・ファルク氏は先月、同選手に対するマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーからの関心を伝えており、競合は避けられない構えだ。 母国ヤング・ボーイズでの活躍が認められ、2017年夏にボルシアMGへステップアップしたザカリアは、190cmの屈強なフィジカルを持つボランチ。 その体格通りのボール奪取力に加え、ポジショニングセンス、推進力にも長けた総合力の高い守備的MFは、ボルシアMGでの3シーズン半で100試合近く出場する絶対的な主力に成長している。また、昨シーズンから就任したマルコ・ローゼ監督の下、3バックの一角を担うなどプレーヤーとしての引き出しを増やしている。 2020.11.11 17:25 Wed
twitterfacebook
thumb

早くも今シーズンのベストゴールが決まり!?ボルシアMGのMFラザロが思わず息をのむ美しいゴールを決める!

今シーズンのベストゴール候補がブンデスリーガで生まれた。 7日、ブンデスリーガ第7節のレバークーゼンvsボルシアMGの一戦がレバークーゼンのホーム、バイ・アレーナで行われた。 <div id="cws_ad">◆古豪復活なるか、躍進のボルシアMG<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSUk5oWWhVeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合はレバークーゼンが4-3で打ち合いを制して勝利したが、終了間際に決まったゴールが話題になっている。そのゴールは、試合終了間際の94分、4-2とビハインドだったボルシアMGのMFヴァレンティーノ・ラザロが決めたゴールだ。 レバークーゼン陣内の右サイドでMFパトリック・ヘアマンがボールを持つと素早くクロスをボックス内に上げる。すると、アウトスイングのクロスに対して、ゴール前に走っていたMFラザロがダイビングしながらスコーピオンキックを披露。右足のヒールで完璧にミートされたシュートはゴール左のコースに決まり、思わず息を吞むような美しいゴールとなった。 ビハインドのシーンでのゴールということもあり、セレブレーションもなく自陣に戻ったラザロだったが、間違いなく自身のキャリアでもベストゴールの1つとなるゴラッソとなった。 このゴールの映像をSNSで共有したイギリス『BT Sport』はシーズンを通して最も優れたゴールが受賞するFIFAプスカシュ賞の候補だと指摘。2017年には、同じような形から華麗なスコーピオンキックでゴールを決めたフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが同賞を受賞している。2020-21シーズンは始まったばかりだが、早くも最優秀ゴールが誕生した可能性もある。 今後も続く長いシーズンで、このゴールを超えるスーパーゴールが生まれるか注目だ。 <div id="cws_ad">◆2020-21シーズンプスカシュ賞有力候補⁉ラザロが決めた美しいスコーピオン<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CHWFNkIByfI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CHWFNkIByfI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CHWFNkIByfI/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank"> Valentino Lazaro with a FIFA Puskás Award contender! __ #valentinolazaro #lazaro #bundesliga #borussiamönchengladbach #mönchengladbach #bayerleverkusen #leverkusen #scorpionkick #puskasaward #fifa #football #soccer #btsport</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/btsport/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> BT Sport</a>(@btsport)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-11-08T21:45:06+00:00">2020年11月月8日午後1時45分PST</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.11.09 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、レアルを抑えGS首位浮上のボルシアMG、指揮官は「多くを成し遂げた」とチームを絶賛

ボルシアMGのマルコ・ローゼ監督は、今季のチャンピオンズリーグ(CL)初勝利を飾ったチームを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 ボルシアMGは3日、CLグループB第3節でシャフタールと対戦。第1節インテル戦、第2節レアル・マドリー戦ではいずれも終了間際の失点により2試合連続のドローとなっており、この日はグループステージ初勝利をかけアウェイの地での戦いに臨んだ。 試合はFWアラサン・プレアが8分に先制し幸先の良いスタートを切ると、そこからゴールを量産。プレアのハットトリックもあり、終わってみれば0-6のスコアで大勝となった。 この結果、ボルシアMGはマドリーやインテルなどの強豪クラブを上回り、グループ首位に。試合後のインタビューに応じたローゼ監督は、チームが優れたパフォーマンスを見せたことに対して喜びを語った。 「我々はこの試合ですべてが正しいとは言わないまでも、多くのことを成し遂げられたと思う。選手たちは開始1分から相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪い続けた。試合開始直後は調整が少し必要だったが、相手ディフェンスの後ろに斜めのボールを送るのはとても上手くいったね」 「チームは見事に事前の計画を実践してくれたが、プレアの1点目のような直感的なプレーも試合の一部だ。我々は多くの選手がボックス内にいることで脅威を与えていたし、スペースをうまく利用して美しいゴールをたくさん決めることもできた」 2020.11.04 12:00 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly