ファビオ・カンナバーロの息子がラツィオユースに加入

2020.11.19 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは18日、広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督の三男であるDFアンドレア・カンナバーロ(16)が、下部組織に入団したことを発表した。類稀な身体能力と洞察力を活かした読みを武器にパルマやユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ優勝に貢献したファビオ・カンナバーロ氏を父に持つアンドレア。

これまで広州恒大の下部組織でプレーしてきたアンドレアだが、学業のためにイタリアへ帰国。そして、ラツィオの下部組織への入団を決めたとのことだ。

なお、カンナバーロ監督の息子は全員がサッカー選手であり、長男のクリスティアンは昨季までベネヴェントU-19でプレー。次男のマニュエルはサッスオーロのプリマヴェーラでプレーしている。
コメント
関連ニュース
thumb

ハーランド&サンチョ弾で3連勝のドルトムントが首位をキープ! ラツィオに敗戦したゼニトはGS敗退が決定《CL》

ドルトムントは24日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節でクラブ・ブルージュとホームで対戦し、3-0で勝利した。 4日にアウェイで行われた前節の同一カードを3-0で快勝しグループF首位に浮上したドルトムントは、前回対戦から先発を3人変更。ブラントやヴィツェル、ダフードに代えてサンチョ、ベリンガム、フンメルスを先発で起用した。 グループステージ突破へ負けられない3位クラブ・ブルージュ(勝ち点4)に対し、最前線にハーランド、2列目に右からサンチョ、レイナ、トルガン・アザールと並べた[4-2-3-1]で臨んだドルトムントが押し込むと2分には、左サイドをオーバーラップしたラファエル・ゲレイロの折り返しからハーランドがファーストシュートを放ったが、これは枠の左に外れた。 その後も攻勢を続けるドルトムントは18分、中盤でボールをカットしたサンチョが素早く前線にボールを送ると、上手くボックス左に抜け出したハーランドがニアサイドに流し込み、先制に成功した。 先制を許したクラブ・ブルージュだが、23分にチャンス。右サイドを持ち上がったラングの折り返しをボックス内で受けたマタが落とすと、最後はボックス手前のフォルメルがダイレクトシュートで合わせたが、これはわずかにゴール左に逸れた。 1点をリードするドルトムントは、前半終了間際に追加点を奪う。45分、ペナルティアーク手前で獲得したFKをサンチョが直接ゴール左上に突き刺し、ドルトムントが2点のリードで前半を終えた。 後半はクラブ・ブルージュが重心を上げたことで、一進一退の攻防が続く。そんな中、先にネットを揺らしたのはホームチーム。60分、自身のミドルシュートのこぼれ球をボックス右で再び拾ったT・アザールの折り返しがフォルメルのクリアミスを誘うと、ゴールエリア右手前でこれを拾ったハーランドが左足で流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、最後まで互いにスコアは動かず。ホームでCL3連勝を飾ったドルトムントが、グループ首位をキープしている。 また、グループFもう一試合のラツィオvsゼニトは、新型コロナから復帰したインモービレの2ゴールなどでラツィオが3-1で勝利した。この結果、ゼニトは2節を残してグループステージ敗退が決定した。 2020.11.25 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニト戦に臨むラツィオ指揮官「自分たちのキャラクターを示す必要がある」

ラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督がゼニト撃破に向けて意気込んだ。『UEFA.com』が伝えた。 ここまでのグループステージ1勝2分けでグループ2位に位置しているラツィオ。首位のドルトムントから3位のクラブ・ブルージュまで勝ち点2差となっており、グループFは混戦模様だが、24日に行われるゼニト戦に勝利すれば、決勝トーナメント進出に大きく近く状況だ。 その一戦に先駆けた前日会見に出席したインザーギ監督はゼニトを強敵と位置づけ、個性を出すことが重要だとコメント。また、クラブのプライベートジェット購入を非難していたスペイン人MFルイス・アルベルトにも触れている。 「我々の目標の1つはチャンピオンズリーグのグループステージを突破することだ。最初の3試合はうまくプレーしていたが、明日はクオリティの高い相手と対戦する」 「我々は自分たちのキャラクターを示す必要がある。クロトーネとの非常に厳しい試合の後に回復しなければいけなかった」 「ルイス・アルベルトは我々にとってどれほど重要かを示してくれた。土曜日に素晴らしい試合をしてくれたね。我々が本命ではないことに慣れている。着実に成長していて、トロフィー獲得も可能だ。全選手が器用になれば、誰に対してでも意見を言うことができる」 2020.11.24 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コロナから復帰のインモービレが1G1Aのラツィオが最下位に快勝《セリエA》

ラツィオは21日、セリエA第8節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節ユベントス戦をラストプレー弾で引き分けに持ち込んだ9位ラツィオ(勝ち点11)は、ミリンコビッチ=サビッチとルイス・フェリペが新たにコロナ陽性となった中、コロナ陰性となったインモービレが先発で復帰した。 ピッチに雨を多く含んだ中でキックオフとなった一戦。最下位クロトーネ(勝ち点2)に対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオは、13分にピンチ。しかし、シミーのボレーシュートはわずかに枠の右に外れた。 押し込まれる入りとなったラツィオだったが、21分に先制する。右サイドからパローロの上げたアーリークロスにインモービレがダイビングヘッドで合わせた。 エースの一発でリードしたラツィオは37分、コレアのパスをボックス中央で受けたパローロのシュートはGKコルダスの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 それでも迎えた後半、58分にラツィオが突き放す。インモービレのパスを受けたコレアがボックス左から左足でシュートをねじ込んで追加点を奪った。 2点をリードしたラツィオはクロトーネにポゼッションを譲って時間を消化していく。そして終盤にかけてもクロトーネに反撃のチャンスを許さず、快勝でリーグ戦4試合負けなし(3勝1分け)とした。 2020.11.22 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、インモービレがコロナ陰性で本格復帰へ

新型コロナウイルスで戦列を離れていたラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが本格復帰するようだ。ラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督が明かしている。 インモービレは10月28日に行われたチャンピオンズリーグ第2節クラブ・ブルージュ戦前に行われたコロナ検査で陽性判定を受けて欠場。その後、11月1日のセリエA第6節トリノ戦前に行われた検査では陰性判定を受けて途中出場していたが、公式戦ここ2試合はやはり陽性判定を受けて欠場していた。 招集されていたイタリア代表でもプレーすることができなかったインモービレだったが、インザーギ監督は「チームのために戦いたいという欲求を彼から感じ取ることができた。彼が合流してから練習を2度しか行えていないが、状態は良かった。スタメンかどうかは明日決めたい」とコメント。 一方でDFルイス・フェリペがコロナ陽性判定を受け、欠場になることを明かしている。 ラツィオは21日、セリエA第8節でクロトーネと対戦する。 2020.11.21 01:10 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア代表、ミリンコビッチ=サビッチら3名が新型コロナ陽性

セルビアサッカー連盟(FSS)は18日、セルビア代表の3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことを発表した。 FSSによると、検査の結果陽性反応を示したのは、ラツィオのMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、エラス・ヴェローナのMFダルコ・ラゾビッチ、バーゼルのGKドルデ・ニコリッチの3選手とのことだ。 セルビアは18日にUEFAネーションズリーグ2020-21のリーグB・グループ3でロシア代表と対戦する予定だったが、その試合に向けた検査で陽性反応を示したとのことだ。 また、フィジオセラピストの1名も陽性反応を示しているとのこと。残りの選手やスタッフは陰性とのことだ。 2020.11.18 20:50 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly