ファビオ・カンナバーロの息子がラツィオユースに加入

2020.11.19 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは18日、広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督の三男であるDFアンドレア・カンナバーロ(16)が、下部組織に入団したことを発表した。

類稀な身体能力と洞察力を活かした読みを武器にパルマやユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ優勝に貢献したファビオ・カンナバーロ氏を父に持つアンドレア。


これまで広州恒大の下部組織でプレーしてきたアンドレアだが、学業のためにイタリアへ帰国。そして、ラツィオの下部組織への入団を決めたとのことだ。

なお、カンナバーロ監督の息子は全員がサッカー選手であり、長男のクリスティアンは昨季までベネヴェントU-19でプレー。次男のマニュエルはサッスオーロのプリマヴェーラでプレーしている。

関連ニュース
thumb

レーティング: ユベントス 3-1 ラツィオ《セリエA》

セリエA第26節、ユベントスvsラツィオが6日に行われ、3-1でユベントスが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ユベントス採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210307_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 シュチェスニー 6.0 劣勢の前半序盤をうまく凌いだ DF 16 クアドラード 5.5 公式戦5試合ぶり復帰。及第点の出来 (→アルトゥール -) 28 デミラル 6.0 ソリッドな守備を続けてディフェンスを締める 12 アレックス・サンドロ 6.0 センターバック起用。そつなくこなした 33 ベルナルデスキ 6.0 左サイドバック起用。前節のアシストで気を良くしているようなパフォーマンス MF 44 クルゼフスキ 4.5 致命的なバックパスミスで1失点目を献上。立て直しが効かなかった (→ディ・パルド -) 13 ダニーロ 6.0 ボランチ起用。ユーティリティ性の高さを示すように無難にこなした 8 ラムジー 6.0 トップ下の位置でボールに頻繁に関与。PK獲得 (→マッケニー -) 25 ラビオ 6.0 うまくゲームに入れていなかったが、貴重な同点弾を決めた 22 キエーザ 6.5 とりわけ後半に入って躍動。カウンターの起点となった (→ボヌッチ -) FW 9 モラタ 6.5 ドッピエッタでチームを勝利に導く (→C・ロナウド -) 監督 ピルロ 6.0 ダニーロやベルナルデスキら、本職でないポジションでの起用を敢行し活性化を図る ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210307_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 5.0 特に責任はないが、好守もなかった DF 77 マルシッチ 5.5 センターバック起用。キエーザのスピードを封じた (→アンドレアス・ペレイラ -) 14 ホード 5.0 モラタのスピードに対応しきれず 33 アチェルビ 5.5 彼自身に大きなミスはなかった MF 19 ルリッチ 5.5 キエーザをうまく抑えていた (→パトリック 5.0) 守備を締めきれず 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 バー直撃のヘディングシュートがあったが、PK献上 6 ルーカス・レイバ 5.5 彼の交代後に2失点 (→エスカランテ 5.0) 2失点目につながった対応は軽かった 10 L・アルベルト 5.5 バイタルエリアでアクセントを付けていた (→カイセド -) 96 ファレス 5.0 攻守に凡庸だった FW 11 コレア 6.0 相手のミスを突いて先制点。ドリブルでアクセントを付ける 17 インモービレ 5.0 前線で孤立。ミドルシュート1本のみに終わった (→ムリキ -) 監督 S・インザーギ 5.5 入りは良かったが、先制後、消極的になってしまった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! キエーザ(ユベントス) ドッピエッタのモラタと共にチームを勝利に導いた。走力を武器にラツィオ守備陣を切り裂いた。 ユベントス 3-1 ラツィオ 【ユベントス】 ラビオ(前39) モラタ(後12) モラタ(後15)【PK】 【ラツィオ】 コレア(前14) 2021.03.07 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

モラタ2発のユーベがラツィオに逆転勝利、CLポルト戦に弾み《セリエA》

セリエA第26節、ユベントスvsラツィオが6日に行われ、3-1でユベントスが逆転勝利した。 前節スペツィアに勝利した3位ユベントス(勝ち点49)は3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、スペツィア戦のスタメンから4選手を変更。C・ロナウドがベンチスタート、コロナ陽性となったベンタンクールが欠場し、2トップはモラタとクルゼフスキが形成した。 一方、前節トリノ戦がコロナによって延期となり、1週間の調整期間を得られた7位ラツィオ(勝ち点43)はラッツァーリが負傷欠場となった中、右サイドに本職左のルリッチを起用した。 [4-2-3-1]で臨み、ダニーロをボランチに、ベルナルデスキを左サイドバックで起用する奇策に出たユベントスに対し、ラツィオが攻勢をかけるスタートとなる。 すると14分、ラツィオが勢いそのまま先制する。クルゼフスキのバックパスミスをコレアがカットし、そのままドリブルシュートを決めきった。 その後もラツィオがフィニッシュに持ち込むシーンを生み出していたが、前半半ばを過ぎてユベントスがポゼッションを高めていく。すると38分にこの試合、初めての決定機。FKからゴール前でフリーとなっていたダニーロがヘッド。だが、枠を捉えきれなかった。 それでも39分、ユベントスが追いつく。モラタのパスを受けたボックス左のラビオが強烈なシュートでニア天井を打ち抜いた。 1-1で迎えた後半、押し込む入りとしたユベントスは開始4分にキエーザがドリブルシュートでオンターゲットを記録。 対するラツィオは52分、ミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートがバーに直撃した。 互いにゴールに迫った中、59分にユベントスが逆転する。ロングカウンターに転じた流れからキエーザのラストパスを受けたモラタがDFと並走しながらシュートを決めきった。 さらに59分、ボックス左でラムジーがミリンコビッチ=サビッチに倒されてPKを獲得。このPKをモラタが決めてユベントスが3-1とリードを広げた。 ポルト戦を睨むユベントスは69分に3枚替え。モラタ、クアドラード、ラムジーに代えてC・ロナウド、マッケニー、ケガ明けのアルトゥールを投入した。 終盤にかけてはユベントスが試合をコントロール。負傷明けのボヌッチも投入し、ポルト戦に向けて調整を進めつつ大きな勝利を手にしている。 2021.03.07 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、A・ペレイラ買い取らずか…保有元ユナイテッドは新たに売却先探しへ

今季をラツィオで過ごすブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(25)の将来は不透明な状況のようだ。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドからのシーズンローンでラツィオ入りしたペレイラ。2500万ユーロ(約32億2000万円)の買い取りオプションが付いてのレンタル移籍だが、輝き切れずにいるのが現状だ。 ここまで公式戦21試合に出場しているが、先発数はわずか4回。総プレータイムは548分間にとどまる上、得点関与数も1得点1アシストしかなく、確固たる地位を築くまでに至っていない。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、買い取りオプションの行使有無はシーズンの終わりに決断される見通し。ただ、現状的にも行使される可能性は低いというのだ。 そうなると、今季終了後にレンタルバックとなるペレイラだが、保有元のユナイテッドは現金化を望んでおり、新たに売却先を探す模様だ。 2021.03.05 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオvsトリノが没収試合に…現状はラツィオ不戦勝もトリノの異議申し立てによって再試合の可能性濃厚

2日に開催予定だったセリエA第25節、ラツィオvsトリノは試合が実施されることなくキックオフ予定時間(現地時間17:30)から45分が経過したことで打ち切りの形となった。 現在、トリノではクラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生しており、すでに8名の選手を含む関係者10名に陽性判定が出ている。これを受けて、前節のサッスオーロ戦は開催延期となっていた。 現在、トレーニングをまともに行うことができていないこともあり、トリノはレガ・セリエAに対してラツィオ戦の開催延期を要請していたが、レガ・セリエAはこの要請を拒否し、予定通り2日に試合を開催する決定を下した。 しかし、トリノが本拠地を置くピエモンテ州ではイギリス由来の変異株の感染流行が大きな問題となっており、地元保健当局はトリノの他州への移動を許可しておらず、試合当日にも関わらず、試合会場であるローマへの渡航ができてない状況だ。 そのため、今回の一戦は昨年10月4日にユベントスの本拠地アリアンツ・スタジアムで開催予定だったセリエA第3節、ユベントスvsナポリの一戦と同様の形式で執り行われることに。 ラツィオは試合開始1時間前にトリノ戦のスタメンを発表し、選手たちを乗せたチームバスは規定通りの時間に会場のスタディオ・オリンピコに到着、そして来るはずがないアウェイチームをロッカールームで待つことに。 そして、同じく規定通り、スタジアム入りしていた審判団は開始予定時刻から45分が経過したことを受けて、試合の打ち切りを宣言し、規定にのとってラツィオの不戦勝(3-0の勝利)が認められた。 ただ、前述のユベントスとナポリのケースでは、最終的にイタリア・オリンピック委員会(CONI)スポーツ保証委員会に控訴したナポリの訴えが認められて裁定が覆り、再試合を行うことになっている。 そのため、当時のナポリに比べて、より厳しい条件下にあり、戦前にはイタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエーレ・グラヴィナ会長が、「客観的に見てこの試合を進めることは不可能だ」との発言もあった今回の一戦はユベントスとナポリの一戦同様に日程を改めての再試合となる可能性が高い。 そして、トリノも試合開始前の時点で、ラツィオ戦が不戦敗扱いとなった場合、異議申し立てを行うことを明言している。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えるところによれば、異議申し立てがスムーズに運びトリノ側の訴えが受け入れられた場合、4月7日に再試合が行われる見込みだという。 2021.03.03 04:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオvsトリノは2日に予定通り開催! コロナ蔓延トリノは渡航認められず不戦敗濃厚に

2日に開催予定のセリエA第25節、ラツィオvsトリノがラツィオの不戦勝となる可能性が浮上している。イタリア『ANSA通信』など複数メディアが伝えている。 現在、トリノではクラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生しており、すでに8名の選手に陽性判定が出ている。これを受けて、前節のサッスオーロ戦は開催延期となっていた。 現在、トレーニングをまともに行うことができていないこともあり、トリノはレガ・セリエAに対してラツィオ戦の開催延期を要請していたが、レガ・セリエAはこの要請を拒否し、予定通り2日に試合を開催する決定を下した模様だ。 しかし、トリノが本拠地を置くピエモンテ州ではイギリス由来の変異株の感染流行が大きな問題となっており、地元保健当局はトリノの他州への移動を許可しておらず、試合当日にも関わらず、試合会場であるローマへの渡航ができてない状況だ。 そのため、今回の一戦は昨年10月4日にユベントスの本拠地アリアンツ・スタジアムで開催予定だったセリエA第3節、ユベントスvsナポリの一戦と同様の形で、ひとまずラツィオの不戦勝(3-0)という形で処理される可能性が高まっている。 そのため、ラツィオは試合開始1時間前にトリノ戦のスタメンを発表し、選手たちを乗せたチームバスを規定通りの時間にスタジアム入りさせ、形式上試合を戦う準備を取ることになる模様。そして、開始予定時刻から45分後に主審が試合の中止を宣言し、規定にのとってラツィオの不戦勝が宣言される見込みだ。 ただ、前述のユベントスとナポリのケースでは、最終的にイタリア・オリンピック委員会(CONI)スポーツ保証委員会に控訴したナポリの訴えが認められて裁定が覆り、再試合を行うことになっている。 2021.03.03 00:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly