ファビオ・カンナバーロの息子がラツィオユースに加入

2020.11.19 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは18日、広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督の三男であるDFアンドレア・カンナバーロ(16)が、下部組織に入団したことを発表した。類稀な身体能力と洞察力を活かした読みを武器にパルマやユベントス、レアル・マドリーで活躍し、イタリア代表でも2006年のワールドカップ優勝に貢献したファビオ・カンナバーロ氏を父に持つアンドレア。

これまで広州恒大の下部組織でプレーしてきたアンドレアだが、学業のためにイタリアへ帰国。そして、ラツィオの下部組織への入団を決めたとのことだ。

なお、カンナバーロ監督の息子は全員がサッカー選手であり、長男のクリスティアンは昨季までベネヴェントU-19でプレー。次男のマニュエルはサッスオーロのプリマヴェーラでプレーしている。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオがパルマに競り勝ってベスト8、アタランタと対戦へ《コッパ・イタリア》

ラツィオは21日、コッパ・イタリア5回戦でパルマをホームに迎え、2-1で競り勝った。 先週行われたローマとのダービーを快勝としたラツィオは、インモービレやL・アルベルト、ルーカス・レイバらをベンチ外とした中、ムリキとアンドレアス・ペレイラの2トップで臨んだ。 慎重な入りとなった中、ラツィオは14分に最初のチャンス。ボックス中央に侵入したムリキのシュートが左ポストに直撃した。 その後、18分にスプロカティに際どいシュートを打たれたラツィオだったが、22分にアンドレアス・ペレイラのシュートが再び左ポストに直撃すると、直後のCKから先制した。右サイドからのアンドレアス・ペレイラのクロスをパローロがヘディングで流し込んだ。 先制後はラツィオが試合をコントロール。1点のリードで前半を終えた。迎えた後半もラツィオがペースを握る中、72分にピンチ。しかし、ブルネッタのヘディングシュートはGKストラコシャが好守で凌ぎ、ルーズボールに詰めたスプロカティのシュートはバーに直撃して助かった。 しかし83分、ディフェンスライン裏に抜け出したミハイラにシュートを決められ、ラツィオは同点とされてしまう。 それでも後半終盤の90分にラツィオが勝ち越す。アチェルビの左サイドからのアーリークロスをムリキがヘッド。これが右ポストに直撃してGKに当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。 これが決勝点となってラツィオが90分で勝利。ベスト8進出を決め、28日にアタランタと対戦することが決まった。 2021.01.22 07:11 Fri
twitterfacebook
thumb

ルイス・フェリペが手術へ…復帰は3月下旬か

ラツィオに所属するブラジル人DFルイス・フェリペが足首の手術で戦線離脱となる見込みだ。 イタリア『Calciomercato.com』によれば、15日に行われたセリエA第18節のローマ戦(3-0で勝利)で途中交代したルイス・フェリペは、以前から問題を抱えている足首のケガが再発した模様。 同紙によれば、手術を決断したルイス・フェリペは腫れた足首の状態を観察するために数日前から手術を実施するミュンヘンに滞在。明日又は明後日にも手術を受けるとのことだ。 また、術後2週間はミュンヘンでリハビリプログラムを行い、その後イタリアへ帰国するとのこと。復帰は3月の下旬になるようだ。 ラツィオは今後、チャンピオンズリーグ・ラウンド16でバイエルンとの対戦を控えているが、3月に行われる2ndレグにもルイス・フェリペは間に合わないとのことだ。 2021.01.21 01:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオMFルイス・アルベルト、急性虫垂炎で緊急手術…復帰は1週間後か

ラツィオは19日、スペイン人MFルイス・アルベルトが急性虫垂炎治療の手術を受けたことを報告した。 イタリアメディアの情報によると、L・アルベルトは手術日同日、自宅で娘と遊んでいた際に虫垂炎を発症。直ちに病院に搬送され、手術実施に至った。 手術は無事に成功し、復帰までに7日から10日要すると見込まれている。 L・アルベルトは手術後、娘と遊んでいる写真をSNSに投稿し、「WHO’S WHOで対戦してたんだけど、負けたことを認めざるを得ないね」と冗談を飛ばしている。 2021.01.20 18:49 Wed
twitterfacebook
thumb

「このダービーを非常を重要視してきた」 ローマに3発快勝のラツィオ指揮官が誇る

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督がダービーマッチでの快勝劇を誇った。 ラツィオは15日に行われたセリエA第18節でローマと対戦。“デルビー・デッラ・カピターレ”を3-0の快勝で飾り、今季初の3連勝を達成した。 順位も暫定7位に浮上したS・インザーギ監督は試合後、イタリア『スカイ』で選手たちの頑張りを称え、勝利に満足感を示した。 「決意、攻勢、ペース、スタミナといった部分で素晴らしいパフォーマンスを披露できたよ。素晴らしかった。でも、選手たちは昨日の段階から目の色が違った」 「欲しくてたまらなかった勝利を掴め、非常に満足している。今日の勝利にあたっては練習場に駆けつけた素晴らしいファンの助けもあった」 「今季は勝ち点を取りこぼしてきたが、それは2日半ごとに試合をこなす状況や新型コロナウイルスの影響で多くの選手がいなかったからだ」 「(昨年10月28日に行われたチャンピオンズリーグ・グループF第2節のクラブ・ブルージュ戦のため、)ブルージュに遠征時は12選手しかいなかった」 また、快勝劇に繋がった要因にチームとして共通理解の下で戦うことができた点を挙げている。 「フェリペ・カイセドと(チーロ・)インモービレが急先鋒としてプレスをかけていった。全員が一丸となり、チームとして必要なことをやったのだ」 「我々はこのダービーを非常を重要視してきた。このダービーで勝利を収める準備ができていると感じてもいたんだ」 2021.01.16 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ3-0 ローマ《セリエA》  

セリエA第18節、ラツィオとローマによる“デルビー・デッラ・カピターレ”がスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 6.5 前後半にジェコの決定機を阻止し、やや苦手としていたローマ相手に見事にクリーンシート達成   DF 3 ルイス・フェリペ 6.5 ラツィオ通算100試合達成。後半半ばに足を攣ってしまったが、機動力を生かしたソリッドな対応で相手の攻撃陣に仕事をさせず   (→パトリック 5.5) 余裕を持ってプレーできる試合展開だったこともあり、無難に守備ができていた   33 アチェルビ 6.5 ジェコとのマッチアップで粘り強く対応。押し込まれた局面で冷静な統率、判断の良さが光った   26 ラドゥ 6.5 早い時間帯にカードをもらったが、デルビーでの豊富な経験を生かして安定感抜群の守備を披露   (→ホード -)   MF 29 ラッツァーリ 7.5 チームの全ゴールに絡む。再三の鋭い仕掛けで質的な優位性を保ち続けた。守備の局面でもよく身体を張った   21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 立ち上がりに不用意なロストがあったものの、ルーカス・レイバと共に中盤で相手を潰し続けてカウンターの起点に。攻守両面で質の高いパフォーマンスだった   6 ルーカス・レイバ 6.5 相手の2シャドーやバイタルエリアを監視しつつ、要所で見せる出足の鋭い守備が非常に効いていた。繋ぎの部分も安定   (→エスカランテ 6.0) レイバよりも重心を後方に置きながら最終ラインを的確にサポートした   10 L・アルベルト 7.5 持ち味を遺憾なく発揮したドッピエッタでデルビー勝利に大きく貢献。守備の強度、カウンターの起点となるパスなど、攻守両面で絶大な存在感を放った   77 マルシッチ 6.5 攻撃は逆サイドに任せながら守備のバランスをうまく取った。サイドの守備でうまく相手の攻撃に蓋をした   FW 17 インモービレ 7.0 チームを勝利に導く貴重な先制点を奪取。以降も抜け目のないプレスに推進力にあるプレーでチームの狙いを見事に体現   (→ムリキ -)   20 カイセド 6.0 決定的な仕事はなかったが、前線からの狙いを持った守備や駆け引きなどで周囲をうまく生かした   (→アキャプロ 6.0) 投入直後に3点目をアシスト。守備の強度も高かった   監督 インザーギ 7.0 序盤の相手のミスが大きかったが、ゲームプラン通りの完璧な戦いぶりで会心のデルビー完勝に   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210116_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 パウ・ロペス 5.5 3失点はいずれもノーチャンス。後半は再三の枠内シュートを止めて個人としては意地を見せた   DF 23 G・マンチーニ 5.0 自身に大きなミスはなかったが、出足の部分で相手に遅れる場面が散見   (→マジョラル 5.0) 引いた相手に対して危険なプレーができなかった   6 スモーリング 5.0 インモービレらに対して粘りの対応を続けたが、無防備に晒された最終ラインの中で難しい対応が続いた   3 イバニェス 4.0 信じがたいボールロストから1失点目を献上。以降もラッツァーリとのマッチアップで完敗…散々なデルビーに   MF 2 カルスドルプ 5.0 守備で大きな穴を空けることはなかったが、攻守両面で質を欠いた   14 ビジャール 5.0 最終ラインと中盤でボールを引き出そうとしたが、相手に潰される場面が多くカウンターの温床に   (→クリスタンテ 5.5) プレー強度でビジャールに勝ったが、流れを変えるほどの働きは見せられず   17 ヴェレトゥ 5.0 チームの戦術上の欠陥でもあったが、連戦の疲れもあって持ち味のデュエルの強さや打開力は鳴りを潜めた   (→ペドロ 5.0) 負傷明けで久々の戦列復帰。幾度かアイデアは見せたが、決定的な仕事はできず   37 スピナッツォーラ 4.5 インテル戦に続いてコンディションの問題か低調な出来に。高い位置を取るわりに効果的なプレーが少なく、自身の背後を使われてイバニェスに負担を強いた   (→ブルーノ・ペレス 5.0) 求められた攻撃面で見せ場を作れず   FW 7 ペッレグリーニ 5.0 巧さや気迫は見せたが、チーム全体を機能させる力はなかった   9 ジェコ 5.0 インテル戦ほど酷くはなかったが、前後半の決定機は決め切りたかった。カピターノとしてチームを鼓舞できず   77 ムヒタリアン 5.0 前半は個で打開する場面を作れたが、後半は相手に引かれたこともあって決定的なプレーを見せられず   監督 フォンセカ 4.0 敗戦の大きな要因は個人のミスだったが、以降の戦いで効果的な修正や交代を見せられず。自身の進退問題に波及する惨敗に   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ラッツァーリ(ラツィオ) ドッピエッタのL・アルベルトの活躍も見事だったが、全ゴールに絡み試合を通して強烈な輝きを放ったラッツァーリをMOMに選出。持ち味の推進力に加え、デルビーで必要な力力強さが際立っていた。   ラツィオ 3-0 ローマ 【ラツィオ】 インモービレ(前14) L・アルベルト(前23) L・アルベルト(後22) 2021.01.16 07:40 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly