元ガンバ大阪MFスサエタがAリーグの新規参入クラブに加入決定、ビルバオ時代の同僚MFベニャと再会

2020.11.18 21:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリアのAリーグに所属するマッカーサーFCは18日、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)の加入を発表した。スサエタは、アスレティック・ビルバオの下部組織出身。長年ビルバオを支えたのち、2019年夏に退団。ガンバ大阪へと完全移籍で加入していた。

G大阪では明治安田生命J1リーグで5試合、YBCルヴァンカップで2試合の出場に留まると、シーズン終了後に退団。Aリーグのメルボルン・シティへと加入。Aリーグでは10試合に出場し2ゴール1アシストを記録していたが、2020年7月に家庭の理由で退団していた。

一度スペインに戻ったスサエタだが、新シーズンからAリーグに参入するマッカーサーFCに加入することが決定。ビルバオ時代のチームメイトであり、一足先に入団が発表されていたMFベニャ・エチェバリア(33)と再びチームメイトとなる。

なお、スサエタは14日間の隔離措置を経てチームに合流。トレーニングに参加することとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

エスパニョール元主将DFハビ・ロペスが豪アデレード・ユナイテッドに加入

オーストラリアのAリーグに所属するアデレード・ユナイテッドは26日、スペイン人DFハビ・ロペス(34)の加入を発表した。契約期間は1年となる。 ベティスのカンテラ出身のハビ・ロペスは2007年にエスパニョールに加入。2009-10シーズンにトップチームデビューを果たすと、以降11年間に渡って右サイドバックを主戦場に公式戦286試合に出場。2015年以降はカピタンとしてカタルーニャの名門を牽引してきた。 しかし、昨シーズンにエスパニョールがセグンダ降格となった影響もあり、昨シーズン限りで契約が満了となり、ここまでフリーの状況が続いていた。 ハビ・ロペスは14日間の検疫を経て正式にアデレードの一員となる。 なお、Aリーグでは先日にマッカーサーFCへ元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)、同MFベニャ・エチェバリア(33)が加入していた。 2020.11.26 23:05 Thu
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表MFベニャが豪リーグのマッカーサーFCに加入!

オーストラリアのAリーグに所属するマッカーサーFCは13日、元スペイン代表MFベニャ・エチェバリア(33)の加入を発表した。 アスレティック・ビルバオのカンテラ出身のベニャは、ベティスでの活躍を経て2013年に古巣アスレティックに復帰。以降は7シーズンに渡って在籍し、卓越したキック精度とパスセンスを武器に主力として活躍してきた。 しかし、昨シーズン終了をもってクラブとの契約が満了し、現在はフリーの状況が続いていた。 なお、アスレティック通算242試合出場を誇り、スペイン代表通算4キャップを刻む実力者は新型コロナウイルスの検疫によって14日間の隔離措置を取った後、正式にマッカーサーFCの一員となる。 2020.11.15 13:36 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオのレジェンド、ベニャとスサエタがオーストラリア移籍か

アスレティック・ビルバオのレジェンド2人がオーストラリア移籍に迫っているようだ。 スペイン『アス』が報じている2人とは、ともにスペイン代表でもプレー経験のあるMFベニャ・エチェバリアと、MFマルケル・スサエタだ。前者は昨季限りでビルバオを退団、後者は2019年夏に退団し、ガンバ大阪へ移籍。今年1月にメルボルン・シティに加入するも、7月に家族間の問題で退団している。 現在はフリーの身である両者だが、エチャバリアは公式戦通算242試合、スサエタに至っては500試合以上に出場し、ともにビルバオの下部組織出身というレジェンド・オブ・レジェンド。年齢的にキャリア晩年に差し掛かり、惜しまれながらも退団を決意したが、まだまだ33歳と32歳で現役続行に全くもって支障はないはずだ。 そんな2人に関心を持っているとされているのが、オーストラリアのシドニーに本拠地を置くマッカーサーFCだ。2018年にマッカーサーとサウスウェスト・シドニーが統合して誕生したクラブで、今季から国内トップのAリーグに昇格。監督はオーストラリア女子代表も務めたことのある46歳のアンテ・ミリチッチ氏だ。 一方で、『アス』はその他の可能性もあると指摘しており、両選手の元チームメイトであるDFクリスティアン・ガネアが今夏に加入したギリシャのアリス・テッサロニキをはじめ、キプロスやトルコへの移籍も示唆している。 ビルバオを代表する2人のレジェンドの去就はいかに。 2020.11.04 17:38 Wed
twitterfacebook
thumb

シドニーFCが豪Aリーグを制覇! メルボルン・シティとの激戦を延長戦の末に制す

2019-20シーズンのオーストラリア・Aリーグのグランドファイナルが30日に行われ、メルボルン・シティを1-0で破ったシドニーFCが2年連続5度目の優勝を果たした。 Aリーグは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、3月24日にリーグ戦の無期限中断を決定。その後、7月中旬に再開に漕ぎ着けた。 そういった中、レギュラーシーズンを首位で終えたシドニーFCは、上位6チームで争われるファイナルステージではリーグ6位のパース・グローリーを2-0で退けると、グランドファイナルではリーグ2位のメルボルン・シティとの対戦。 試合は0-0のスコアのまま90分の戦いを終える接戦となったが、延長前半に自力の差を見せつける。100分、相手陣内中央のMFルーク・ブラッタンが上げた浮き球のパスに反応した右サイドバックのDFライアン・グラントがゴール前に走り込んでヘディングシュートを叩き込み、チームを優勝に導く値千金のゴールとした。 2020.08.31 14:06 Mon
twitterfacebook
thumb

オーストラリアのAリーグが再開で合意! 7月中旬に再開へ

オーストラリアサッカー連盟(FFA)は28日、2019-20シーズンのAリーグ再開に関して、所属全クラブと選手協会との間で合意に至ったことを発表した。 新型コロナウイル(COVID-19)の感染拡大を受け、Aリーグは3月24日にリーグ戦の無期限中断を決定。 その後、オーストラリア国内での感染が終息に向かい始めていることを受け、FFA含む3者は慎重な話し合いを進めた結果、リーグ戦を再開しシーズン完了を目指すことで合意に至った。 ただ、試合日程の詳細に関しては放送パートナーである『Fox Sports』との合意が必要となるため、正式決定に向けてはもうしばらく時間を必要とするとのことだ。 FFAの最高経営責任者(CEO)を務めるジェームズ・ジョンソン氏は、「すべての関係者が舞台裏でとても熱心に協力し合い、リーグを再開する準備ができていることを確認した」と、今回の合意に満足感を示している。 さらに、再開に向けた具体的なプランに関しては、「理想的には6月中旬までにプレーヤーがトレーニングに戻り、7月中旬までに公式戦再開が可能なフィットネスレベルに達し、Aリーグファイナルシリーズを8月半ばに完了させることだ」と、今後の見通しを語っている。 なお、現時点では7月中旬から残りのレギュラーシリーズを戦い、その後8月半ばまでにファイナルシリーズを含む、すべての日程を消化する予定だ。 2020.05.28 21:19 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly