元スペイン代表MFベニャが豪リーグのマッカーサーFCに加入!

2020.11.15 13:36 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストラリアのAリーグに所属するマッカーサーFCは13日、元スペイン代表MFベニャ・エチェバリア(33)の加入を発表した。

アスレティック・ビルバオのカンテラ出身のベニャは、ベティスでの活躍を経て2013年に古巣アスレティックに復帰。以降は7シーズンに渡って在籍し、卓越したキック精度とパスセンスを武器に主力として活躍してきた。

しかし、昨シーズン終了をもってクラブとの契約が満了し、現在はフリーの状況が続いていた。

なお、アスレティック通算242試合出場を誇り、スペイン代表通算4キャップを刻む実力者は新型コロナウイルスの検疫によって14日間の隔離措置を取った後、正式にマッカーサーFCの一員となる。

コメント
関連ニュース
thumb

クーマン監督、眼前でタイトル逃すも「後退ではない」一発退場のメッシにも言及

スーペル・コパ優勝を逃したバルセロナだが、ロナルド・クーマン監督は悲観していないようだ。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。 バルセロナは17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝でアスレティック・ビルバオと対戦。FWアントワーヌ・グリーズマンの2ゴールによる2度のリードを守りきれず延長戦に突入すると、FWイニャキ・ウィリアムズに決勝ゴールを許して、準優勝に終わった。 バルセロナの監督に再任して、初タイトルを眼前で逃したクーマン監督。しかし、チームは正しい方向に進んでいると述べ、死力を尽くした選手を称えた。 「これは後退ではない。タイトルは正しい方向に進んでいることを示してくれるが、我々もすぐにそれを証明できるはずだ。勝つためにあらゆることをしたが、両チームとも疲れ切っていたね。多くの選手にとって、この決勝戦でプレーできたことは良い経験になるだろう」 「私は怒っていない。チームは良かったよ。2回リードしていたが、ハーフタイム前に追いつかれ、最後にも失点してしまった。より良い守備をしなければいけなかった」 また、試合終了間際にFWアシエル・ビジャリブレを腕を使って振り払うように倒し、一発退場となったFWリオネル・メッシについても言及した。 「彼は何年もプレーしてきた分、自分が準備ができているのか、いないのか熟知している。その中で彼はプレーすることを決めた。それだけだ。私は何が起きたか理解している。彼が何度ファウルを受けたかは分からない。ドリブルしようとしたができなかった。言い訳はあるか? あの場面についてきちんと確認する必要がある」 2021.01.18 18:01 Mon
twitterfacebook
thumb

「明らかに攻撃」メッシの”ラリアット”被害者のビルバオFW「彼は怒り、手を顔に入れてきた」

アスレティック・ビルバオに所属するスペイン人FWアシエル・ビジャリブレが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退場シーンについて語った。スペイン『アス』が伝えている。 17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝でバルセロナと激突したアスレティックは、1点ビハインドの83分にビジャリブレを投入すると、試合終了間際にビジャリブレが値千金の同点弾を決め、延長戦へと持ち込んだ。 そして延長が終わろうとしていた120分にメッシがビジャリブレを右手でなぎ倒すように叩き、VARが介入した結果一発退場の判定を下されていた。 メッシにとってキャリア初の一発退場となった今回の出来事だったが、ビジャリブレは退場処分を妥当だと考えているようだ。 「僕たちは論争に巻き込まれる必要はないと思う。すべてのチームがファウルを犯し、僕たちもファウルを受けた。カギはあきらめないことだ」 「(メッシが)前に行かないように体を入れたが、彼は怒り、手を顔に入れてきた。明らかに攻撃だったと思う」 「(主審の)ヒル・マンサーノは明確だった。VARとの相談の後、通常もしくは意図していないなら起こらないことだと説明してくれた」 そして、難敵を倒してのタイトル獲得には喜びを露わにしている。 「とても幸せで、素晴らしい。僕たちはスーペル・コパのタイトルに値すると思う。僕たちはいつでも諦めなかったし、それが最も重要なこと、キャラクターを示して勝利を収めることができた」 <div id="cws_ad">◆メッシが”怒り”のラリアットでキャリア初の一発退場<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Messi sees red for an off-the-ball swing. <a href="https://t.co/PAW8cm95OR">pic.twitter.com/PAW8cm95OR</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1350933920104259590?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.18 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「この手柄は選手たちのもの」レアル、バルサを撃破し優勝のマルセリーノ監督が歓喜

スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝を制したアスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アスレティックは、準決勝でレアル・マドリーを下して決勝に進出。その決勝は、レアル・ソシエダを下したバルセロナとの一戦となった。 立ち上がりからアスレティックのペースで進んだ中、先制したのはバルセロナ。アントワーヌ・グリーズマンが40分にゴールを決める。 しかし、42分にオスカル・デ・マルコスのゴールでアスレティックが同点に。そのまま譲らずに後半も進むと77分にグリーズマンがこの試合2点目を決めてバルセロナが勝ち越しに成功する。 そのままバルセロナが優勝かと思われたが、90分にアシエル・ビジャリブレが値千金の同点ゴールを記録。延長戦ではイニャキ・ウィリアムズがゴールを決め、アスレティックが3度目の優勝を飾った。 マルセリーノ監督は、マドリー、バルセロナを撃破しての優勝にコメント。昨シーズン限りでチームを去った選手やコーチングスタッフにもタイトルを捧げた。 「この手柄は選手たちのものだ。昨シーズン彼らがやってのけたことは、ここに居るにふさわしいものだった」 「彼らがレアル・マドリーとバルセロナに勝ってチャンピオンになることは、信じられないほどのメリットがある」 「また、アドゥリス、サン・ホセ、ベニャト、そして以前のコーチングスタッフもこの優勝の一員だ」 また、選手たちのパフォーマンスも評価。日々の努力が結果に繋がったと語り、決勝点のイニャキ・ウィリアムズのゴールも称賛した。 「選手はスポンジだ。このチームは素晴らしい。彼らは全てをやろうと努力している。彼らのパフォーマンスの要因はそこにある。我々は彼らを非常に誇りに思っている」 「(イニャキ・)ウィリアムズは素晴らしいプレーで美しいゴールを決め、信じられないフィニッシュを見せた」 2021.01.18 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

120分間の激闘を制した新生アスレティックが通算3度目の優勝! マドリー&バルサ連破で文句なしの王者に《スーペル・コパ》

スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝、バルセロナvsアスレティック・ビルバオが17日にエスタディオ・オリンピコ・セビージャで行われ、延長戦までもつれ込んだ激闘を2-3で制したアスレティックが2015年以来、3度目の優勝を果たした。   バルセロナはメッシ不在の中で臨んだレアル・ソシエダとの準決勝でPK戦までもつれ込む接戦を演じたが、守護神テア・シュテーゲンの圧巻の活躍によって勝ち切り、2018年以来の同タイトル獲得に王手をかけた。クーマン監督は初タイトルが懸かるこの一戦に向けて負傷明けのメッシと共にデストを復帰させ、現状のベストメンバーで臨んだ。   一方、アスレティックは準決勝で前大会王者レアル・マドリーと対戦。ラウール・ガルシアのドブレーテの活躍によって2-1で競り勝ち、2015年以来3度目のタイトル獲得に迫る。マドリー戦からはウナイ・ヌニェスに代えてイニゴ・マルティネスを起用した以外、同じメンバーを起用した。   立ち上がりからやや動きに重さが見受けられるバルセロナに対して、アスレティックがコンパクトな守備と効果的にサイドを使ったシンプルな攻めで押し込む入りを見せた。11分には積極的に背後を狙うイニャキ・ウィリアムズに入れ替わられかかったDFラングレが早々にカードをもらうなど、バルセロナは劣勢の序盤戦となった。   その後もアスレティックのペースが続く中、前半半ばの26分には左サイドバックのバレンシアガのクロスに反応した右サイドバックのカパがボックス右でボールを収めて右足のシュートを枠に飛ばすが、ここはGKテア・シュテーゲンのワンハンドセーブに阻まれる。   一方、30分を過ぎてようやく相手陣内でのプレーを増やし始めたバルセロナは37分にメッシがボックス手前から強烈なミドルシュートを放って相手守備を脅かすと、その直後に先制に成功する。   40分、右サイドでの細かい繋ぎから中央でデンベレのマイナスのパスを受けたメッシが相棒ジョルディ・アルバに絶妙な斜めのスルーパスを通す。ここでボックス内に侵入したアルバの折り返しをメッシがシュート。これは相手DFにブロックされるもこぼれ球に反応したグリーズマンが左足のシュートを流し込んだ。   これで一気にバルセロナペースで試合が進むかに思われたが、アスレティックがすぐさまスコアをイーブンに戻す。42分、左サイドでの繋ぎからボックス手前左のウィリアムズが浮き球のパスをゴール前に供給すると、アルバの死角から飛び出してきたデ・マルコスが見事な右足のダイレクトボレーで流し込んだ。   先制しながらも追いつかれて試合を折り返したバルセロナはデストに代えてミンゲサを後半頭からピッチに送り込む。前半に比べて押し込む入りとなった中、53分にはボックス手前右の好位置で得たFKをメッシが直接狙うが、これは枠の右に外れる。   一方、やや劣勢のアスレティックはセットプレーから逆転に迫る。57分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのムニアインが正確なボールをゴール前に入れると、これをラウール・ガルシアが頭で合わせてゴールネットを揺らす。だが、VARのレビューの結果、わずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは取り消しとなった。   その後は一進一退の攻防が続く中、バルセロナの背番号7が再び魅せる。77分、デンベレとのワンツーで左サイド深くに抜け出したアルバからのマイナスのクロスに反応したグリーズマンが左足ダイレクトで蹴り込んだ。   グリーズマンのドブレーテで勝ち越しに成功したバルセロナは82分にも前がかりな相手を引っくり返してデンベレ、グリーズマン、メッシと繋いだロングカウンターから最後はボックス右のデ・ヨングがGKと一対一の決定機を迎えるが、ここはウナイ・シモンにうまく寄せられてフィニッシュまで持ち込めない。   一方、ここまで交代カードを1枚も切っていなかったアスレティックは80分を過ぎてベスガ、ベレンゲル、ビジャリブレ、レクエと一気に4枚の交代カードを切って勝負に出る。だが、バルセロナに冷静に時計を進められてなかなか決定機まで持ち込めない。   その後、バルセロナは88分にペドリ、デンベレを下げてピャニッチ、ブラースヴァイトを同時投入し、試合を締めにかかる。だが、試合終了間際の90分にボックス手前左の危険な位置でFKを与えてしまうと、キッカーのムニアインからの正確なクロスをゴール前に飛び込んだビジャリブレに見事なスライディングボレーで流し込まれ、土壇場で逃げ切りに失敗。今季初タイトルの行方は延長戦にゆだねられることに。   その延長戦では追いついて完全に息を吹き返したアスレティックが攻勢を仕掛けると、94分にはボックス手前左でムニアインのパスを足元に受けたウィリアムズがカットインから右足を一閃。美しい軌道を描いたコントロールシュートがゴール右上隅を射抜き、アスレティックがこの試合で初めてリードを手にした。   拙い試合運びで窮地に追い込まれたバルセロナは疲労困憊のブスケッツを下げてより攻撃的なリキ・プッチをピッチに送り込む。そのカンテラーノが積極的にボールを引き出して攻勢を仕掛けるが、引いたアスレティックの守備を崩し切れない。逆に、延長前半終了間際には自陣で与えたFKの場面でムニアインの正確なクロスからゴール前に飛び込んだウナイ・ヌニェスに触ればゴールという決定機を許すが、わずかにボールに届かず事なきを得た。   運命の延長後半ではアスレティックが殊勲のウィリアムズを下げてより守備的なモルシージョを投入して逃げ切りを図る一方、バルセロナはラングレを下げてトリンコンを投入。後ろの枚数を減らしてゴールをこじ開けにかかる。   ここからバルセロナが押し込んでいく中、110分にはメッシのFKがDFベスガのオウンゴールを誘発しそうになるが、ボールはわずかに枠の右に外れる。その後、決死の猛攻を見せたバルセロナだったが、延長後半終了間際にはビジャリブレと交錯した際に激高したメッシが思わず相手の頭を強く叩いてしまう。すると、VARのレビューの結果、この暴力行為にレッドカードが掲示されて退場処分に。   そして、エース不在で10人のバルセロナの反撃をきっちり撥ね返し続けたアスレティックが120分間の激闘を劇的に制した。マドリー、バルセロナと世界屈指の名門を連破したマルセリーノ率いる新生アスレティックが2015年以来、3度目のスーペル・コパ制覇を成し遂げた。 2021.01.18 07:41 Mon
twitterfacebook
thumb

「マドリー相手の勝利は常に満足」 スーペル・コパ決勝進出に歓喜のマルセリーノ

アスレティック・ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督がレアル・マドリー戦の勝利を喜んでいる。スペイン『マルカ』が伝えた。 ビルバオは14日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でマドリーと対戦。先週末のラ・リーガが寒波の影響で延期となり、日程的に余裕のあるビルバオは戦力で優るマドリー相手に前半で2点を先取すると、守りも1失点でまとめ上げ、2-1のスコアで決勝進出を決めた。 3日にビルバオの指揮官に就任してからさっそく大きな結果を出したマルセリーノ監督は、試合後の会見でこの結果を大いに喜んでいる。 「とても良い感覚だよ。レアル・マドリー相手の勝利は常に満足感があるね。選手たちは絶大な献身性と連帯感を持って仕事をしてくれた。彼らは我々がやりたいと思っていたことに取り組んでくれたよ。だから、私はとても満足している」 「これまでの経験を生かして、個人にもチームにも自信を与えたいと思っていた。アトレティコ戦が延期になったのは幸運だったね。多くの時間をトレーニングに割けたよ。選手たちの姿勢もあって、より楽になった」 「マドリーがボールを持つ位置に応じて、プレッシャーをかけたかった。中央でブロックを組み、ウイングにプレッシャーをかけるのはとても効果的だったと思う。非常に良いパフォーマンスだった」 「チームの守備は素晴らしく、カウンターも良かった。ボールを持ったときの自信は少し欠けていたが、すべては求められない。アディショナルタイムが6分間と知ったときは逃げ切れるか心配だったけどね」 上機嫌のマルセリーノ監督は試合後にマドリーとの契約延長交渉が進んでないDFセルヒオ・ラモスと話したことを明かし、「彼に契約を更新するかどうか尋ねてみたんだが、答えてはくれなかったね」と語った。 2021.01.15 12:40 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly