PK戦の末にセルビアを下したスコットランドが6大会ぶり3度目の本大会出場を決める!《ユーロ2020予選プレーオフ》

2020.11.13 07:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020予選プレーオフ・グループC決勝のセルビア代表vsスコットランド代表が12日に行われ、1-1で120分が終了。その後行われたPK戦の結果、4-5でスコットランドが勝利した。この結果、スコットランドが6大会ぶり3度目の本大会出場を決めた。

先月行われた準決勝でノルウェー代表を延長戦の末に下したセルビアと、イスラエル代表をPK戦の末に下したスコットランドのユーロ本選を懸けた一戦。

立ち上がりは積極的な入りを見せたスコットランドがペースを握るも、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。すると、23分にセルビアの反撃に遭う。

タディッチの右クロスをボックス中央で収めたミトロビッチが後方に落とすと、ボックス手前に駆け上がったルキッチがダイレクトシュート。しかし、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。

対するスコットランドは32分、C・マクレガーのパスでボックス左に侵入したJ・マッギンが左足を振り抜いたが、このシュートは相手GKのセーブに阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはスコットランド。52分、敵陣でパスカットしたC・マクレガーのラストパスをペナルティアーク右で受けたR・クリスティがカットインから左足でシュート。これが右ポストの内側を叩きながらもそのままネットに吸い込まれた。

先制を許したセルビアは70分、ラゾビッチの右クロスをファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが頭で合わせたが、このシュートは左サイドネットに外れた。さらに85分には、カタイとのパス交換で左サイドを抜け出したムラデノビッチのクロスを中央のヨビッチが頭で合わせたが、これはわずかにゴール左に外れた。

このまま試合終了かと思われたが、セルビアが粘りを見せる。90分、ムラデノビッチの左CKを中央でフリーのヨビッチが叩きつけるヘディンシュートをゴール右に流し込んだ。結局、試合は1-1のまま90分が終了。

その後に行われた延長戦でもスコアは動かず、迎えたPK戦では、5人全員が成功したスコットランドに対し、セルビアは5人目のミトロビッチが失敗。この結果、5-4でスコットランドが本大会に駒を進めた。

また、グループD決勝のジョージア代表vs北マケドニア代表は、0-1で北マケドニアが勝利。この結果、北マケドニアが初のユーロ出場を決めた。

関連ニュース
thumb

エース不在のポルトガルが快勝で首位浮上! セルビアはSMSが良くも悪くも主役に…《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループA第6節、アゼルバイジャン代表vsポルトガル代表が7日に行われ、アウェイのポルトガルが3-0で勝利した。 前節、クリスティアーノ・ロナウドの2ゴールの活躍によってアイルランド代表相手に劇的勝利を収めたグループ2位のポルトガル。連勝を狙う今節はグループ最下位のアゼルバイジャンと対戦した。アイルランド戦からは先発2人を変更。出場停止のC・ロナウド、ラファ・シウバに替えてアンドレ・シウバとモウティーニョを起用した。 立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するポルトガル。[5-4-1]の堅固な守備ブロックを敷くアゼルバイジャンに対して、ライン間でボールを引き出すブルーノ・フェルナンデス、ベルナルド・シウバを起点に攻め手を窺う。 序盤は相手のコンパクトな守備を前に攻めあぐねる状況が続いたが、20分過ぎにゴールをこじ開ける。26分、左サイド深くでラファエウ・ゲレイロがマイナスに戻したボールを受けたブルーノ・フェルナンデスが狙いすました浮き球のクロスを供給。これをゴール右に飛び出したベルナルド・シウバが左足アウトを使った巧みなダイレクトボレーで合わすと、このシュートが左サイドネットに決まった。 失点直後にはアゼルバイジャンの反発を受けたものの、すぐさま流れを取り戻したポルトガルは再び司令塔のお膳立てから追加点を奪取。31分、先制点とは逆の右サイドも似たようなシチュエーションからボックス手前右のブルーノ・フェルナンデスが正確なクロスをファーのスペースに落とすと、これをジョタがダイレクトで折り返す。DFにディフレクトしてゴール前フリーのアンドレ・シウバの足元にこぼれると、これを冷静に左足で流し込んだ。 その後、2点のビハインドを背負った相手が前に出てきたことで、より攻めやすくなったポルトガルは、アンドレ・シウバらに3点目のチャンスが訪れたものの、決め切るまでには至らず。前半終了間際には逆に際どいクロスからピンチを招くが、守備陣の冷静なゴールカバーによって事なきを得た。 迎えた後半、やや省エネモードの戦い方にシフトしたポルトガルは立ち上がりに五分五分の展開に持ち込まれるが、時間の経過と共に相手を押し込んでいく。 すると、75分には幾度か決定機を逃してきたジョタが右サイド深くでカンセロが上げた正確なクロスをきっちり頭で叩き込み、試合を決定づける3点目とした。 その後、3枚替えを敢行してベルナルド・シウバ、モウティーニョ、ジョタの主力3人をベンチに下げたポルトガルがこのままクリーンシートで試合を締めくくり、エース不在を感じさせない安定したパフォーマンスで3-0の快勝を収めた。 また、同日行われたアイルランド代表vsセルビア代表は、1-1のドローに終わった。 ポルトガルを得失点差で抑えてグループ首位に立つセルビアが、今予選初勝利を目指すアイルランドのホームに乗り込んだ一戦。 試合は立ち上がりから地力で勝るアウェイチームが優勢に試合を運んでいく。そして、21分には右CKの場面でキッカーのタディッチが左足で入れた鋭いクロスをニアに飛び込んだミリンコビッチ=サビッチが頭でフリック。これがゴール左隅の完璧なコースに決まった。 先制以降も積極的に追加点を目指すセルビアはミトロビッチやヴラホビッチ、途中出場のヨビッチと屈強なストライカーが幾度もゴールに迫るが、相手の粘りの守備をあと一歩でこじ開けられない。 すると、試合終盤にはタディッチを下げてセンターバックのマクシモビッチを投入し、このまま逃げ切り態勢に入る。だが、86分にはアイルランドのスローイングの流れからゴール前に送り込まれたクロスボールをゴール前のミリンコビッチ=サビッチが大きく蹴り出そうとすると、これが味方DFミレンコビッチの背中に当たってゴールネットを揺らした。 先制点を決めたミリンコビッチ=サビッチの不運なクリアからのオウンゴールによって土壇場で追いつかれたセルビアは、勢いづいたホームチームの攻勢を凌ぐのが、精いっぱいのままタイムアップを迎えることに。 この結果、グループAはポルトガルがセルビアをかわして首位に浮上している。 アゼルバイジャン代表 0-3 ポルトガル代表 【ポルトガル】 ベルナルド・シウバ(26分) アンドレ・シウバ(31分) ジョタ(75分) アイルランド代表 1-1 セルビア代表 【アイルランド】 オウンゴール(86分) 【セルビア】 ミリンコビッチ=サビッチ(21分) 2021.09.08 06:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ミトロビッチ3Gに絡んだセルビア、ポルトガルに勝ち点で並ぶ《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ欧州予選グループA第5節の2試合が4日に行われ、セルビア代表はルクセンブルク代表をホームに迎え、4-1で勝利した。 4試合を消化しているポルトガル代表が10ポイントで首位に立つグループA。 そのポルトガルを3ポイント差で追う2勝1分けの2位セルビアが、2勝1敗スタートの3位ルクセンブルクをホームに迎えた一戦。 タディッチやコスティッチ、ミリンコビッチ=サビッチらが先発したセルビアが立ち上がりから主導権を握ると、22分に先制した。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスからミトロビッチがシュートを流し込んだ。 さらに35分、コスティッチの左クロスからミトロビッチのヘディングシュートが決まってリードを広げたセルビアは、前半を2-0で終えた。 迎えた後半、77分に失点したものの、82分にミトロビッチのヘディングシュートがオウンゴールを誘って3-1としたセルビアは、後半追加タイムにミレンコビッチのゴールも決まって4-1で勝利。ポルトガルと同勝ち点で並んでいる。 また、3連敗のアイルランド代表は、同じく3連敗のアゼルバイジャン代表とホームで対戦した一戦は、1-1の引き分けに終わっている。 2021.09.05 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

谷口彰悟がセルビア戦で掴んだ手応え「チームでやっているプレーを自信を持って出せた」

日本代表のDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)は、セルビア代表戦で手応えがあったと感じているようだ。試合後のオンライン取材で語った。 11日にノエビアスタジアム神戸でセルビアとの親善試合を行った日本代表。欧州の強豪との貴重な実戦でありながら、相手の指揮官は日本とも所縁の深いドラガン・ストイコビッチ監督であることから、試合前から注目度の高い一戦となった。 内容では、調整不足とはいえ相手はやはりヨーロッパの高いレベルにあり、ここ最近のような余裕の展開とはならず。それでも後半立ち上がりのFW伊東純也のゴールで完全に主導権を握ると、FWオナイウ阿道の幻のゴールもありながらリードを守り切り1-0の勝利を収めた。 フル出場した谷口は無失点に貢献。DF吉田麻也やDF冨安健洋が不在の中、滅多にない絶好のアピールの場だったと振り返り、ヨーロッパのチーム相手に楽しみつつも具体的な手応えを掴めたと語った。 「こんなチャンスはなかなかないと思ってましたし、自分の持っているものを全て出し切ろうという思いで臨みました。その中でヨーロッパのチームであるセルビア相手にどれぐらい自分のプレーが通用するのかというところも個人的に楽しめました。もちろんできたところとできなかったところもありますけど、その辺はしっかり修正して成長に繋げられる経験になったと思います」 「相手のシステムに合わせて、スライドしながら良い守備ができたという手応えを感じました。攻撃面では、ボールを出し入れしながら間を覗くプレーはチームでやっていることが生かされたと思いますし、相手を見ながらどうすればチャンスを作れるかを、ある程度考えながらできました」 「(守備面について)最初のロングボールで相手の選手が先に体をぶつけてきて、それが強かったし、自分のタイミングで飛べなかったので、普通にやっては通用しないと思い、飛ぶタイミングを変えたりとか変化を加えながらやることができました。自分より体格が良い選手に対してもある程度上手くいったかなと感じています」 「一対一の曲面もありましたが、大事なところを抑えつつインターセプトも狙っていくプレーはチームでも意識してやっている部分だったので、多少相手の違いはありますけど、あまり混乱することなく、自信を持ってやれました。普段やっていることが生かされたなという感覚です」 2021.06.11 23:59 Fri
twitterfacebook
thumb

森保監督、決勝ゴールの伊東純也やデビュー戦のオナイウ阿道を称賛「前線で強みを生かしてくれた」

日本代表の森保一監督が、1-0で勝利したセルビア代表戦を振り返った。 11日にノエビアスタジアム神戸でセルビアとの親善試合を行った日本代表。欧州の強豪との貴重な実戦でありながら、相手の指揮官は日本とも所縁の深いドラガン・ストイコビッチ監督であることから、試合前から注目度の高い一戦となった。 内容では、調整不足とはいえ相手はやはりヨーロッパの高いレベルにあり、ここ最近のような余裕の展開とはならず。それでも後半立ち上がりのFW伊東純也のゴールで完全に主導権を握ると、FWオナイウ阿道の幻のゴールもありながらリードを守り切り1-0の勝利を収めた。 森保監督も、相手のインテンシティの高さに苦しめられたと振り返りながらも、攻めの姿勢を崩さなかったチームを高く評価しているようだ。 「セルビアはある程度ボールを持たせてくれましたが、局面でインテンシティが高く、我々の攻撃に対して時間とスペースを与えず、簡単にこじ開けさせてはくれませんでした。我々に求められた部分は、その強度の中で戦えたかどうか、技術を発揮できたかどうかにあって、プレッシャーをかわして狙い通り攻撃できたかどうかが重要でした」 「無失点で勝てたのは良かったと思います。幻のゴールとなってしまいましたけど、2点目を奪いに行く姿勢を評価しています」 また、デビュー戦となったオナイウ阿道や、決勝ゴールの伊東についても言及。互いに強みを生かした戦いをしてくれたと満足感を示している。 「(オナイウ阿道について)前回と今回で違うのは、J1で結果を出しているというところです。チームで結果を出して、代表でプレーするチャンスを掴み取ってくれました。今日の前半が微妙だった中、トップでボールを収めてくれたり、背後を狙ってくれたり、守備の部分でも普段横浜F・マリノスでやっているプレーを代表でも出してくれたと思っています」 「(伊東について)攻守ともにアグレッシブにプレーしてくれたと思います。なかなか攻撃の部分で前線にボールが入らなかった時間帯も我慢強くチームのためにプレーしてくれました。幻のゴールになりましたけど、後半のリードしている中で、良い守備から良い攻撃で彼が抜け出してクロスを送ったプレーは彼の良さが出ていたと思います」 「守備面でも、システム的にミスマッチが起こる中、相手のウイングバックをなかなかケアできないところを、彼が献身的に働いてくれました」 2021.06.11 23:33 Fri
twitterfacebook
thumb

「結果は重視していない」敗戦のストイコビッチ監督「中心選手がいれば違う結果になっていたかも」

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、11日に行われた日本代表戦を振り返った。 ノエビアスタジアム神戸で激突した日本とセルビア。日本にとっては欧州の強豪との貴重な実戦だった中、やはり、最近続いた圧勝劇とはならず、思うような攻撃が展開できない停滞した時間が続く。 それでも後半立ち上がりにセットプレーからFW伊東純也がゴールをこじ開けると、その後はデビュー戦となったFWオナイウ阿道のオフサイドで認められなかった幻のゴールもありながら、主導権を掌握。追加点は奪えなかったものの、文字通り相手を完封し、1-0の勝利を収めた。 試合後のストイコビッチ監督は「すぐ帰りたいよ」とジョークを交えつつ、コロナ禍の状況で結果は重要視していないと主張。日本代表の分析も踏まえながら試合を振り返り、得るものはあったと語った。 「今回のメンバーは特に攻撃の選手に若手を連れて来ていましたので、試合開始の時点で結果ではなく内容を見ていました。(ジャマイカ戦含めて)今回の2試合の結果はさほど重視していません」 「日本は今日の試合を支配していました。スピードとテクニックで良い部分が出ていたと思います。負けてしまったので特別なことを言うのは相応しくないと思いますが、改善する部分があるとするなら攻撃全体です。もう少し良い形でチャンスを作ることができれば、今日も3点か4点入っていたと思います」 「我々セルビアが守備的にならざるを得ないと予想し、前半は上手く日本の中盤を抑えることができましたが、後半立ち上がりの失点でゲームの流れは変わりました。日本はより一層主導権を握り、我々はそれに対応することに精一杯で、良いプレーがあまりできませんでした」 「それでも収穫を挙げるとすれば、若手の選手がデビューしたことです。監督としては良かったと思います。しかし、中心選手が来日していれば、おそらく違う結果になっていたでしょう」 2021.06.11 22:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly