インテル、セルビア代表帰りのコラロフがコロナ陽性…

2020.11.18 13:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは17日、セルビア代表DFアレクサンダル・コラロフに新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公表した。インテルの説明によると、セルビア代表での活動を終えたコラロフは16日にミラノに戻り、コロナウイルスの検査を受けた際に陽性判定が出たという。

ただ、完全に無症状となっており、通常の医療プロトコルに従い、自主的な隔離措置を講じているという。


なお、今回の陽性判定を受けて、22日に行われるセリエA第8節のトリノ戦および、25日のチャンピオンズリーグ(CL)、レアル・マドリー戦の欠場が決定的となっている。
関連ニュース
thumb

11年ぶりスクデットのインテル、吉田が後半から出場のサンプに5発圧勝《セリエA》

セリエA第35節、インテルvsサンプドリアが8日に行われ、5-1でインテルが圧勝した。サンプドリアのDF吉田麻也は後半から出場している。 2位アタランタが引き分けたことで前節11年ぶりの優勝を決めたインテルは、ルカクやバレッラ、デ・フライら主力をベンチスタートとした。 一方、前節ローマ戦を制した9位サンプドリア(勝ち点45)は前節出場機会のなかった吉田が引き続きベンチスタートとなった。 試合は開始4分、インテルがあっさり先制する。中盤でのボール奪取からカウンターに転じると、ラウタロのパスをボックス左で受けたヤングがダイレクトで中に入れ、ゴール前に飛び込んだガリアルディーニがスライディングシュートで流し込んだ。 続く14分にはハキミが長い距離を持ち上がって左足のコントロールシュートで追加点に迫ったインテルが主導権を握る中、26分に加点した。 ガリアルディーニが中央を持ち上がった好プレーを起点に、最後はボックス右のサンチェスが確実にシュートを流し込んだ。 その後もインテルが主導権を握っていたが、35分にサンプドリアが1点を返す。左サイドからのヤンクトのクロスをファーサイドのカンドレーバがボレーで押し込んだ。 それでも1分後、インテルが突き放す。ハキミの右クロスをサンチェスがボレーで合わせた。 迎えた後半、吉田を投入したサンプドリアに対し、インテルは61分に4点目。バレッラのパスを受けたピナモンティがインテルでのトップチーム初ゴールを挙げた。 さらに68分、バレッラのシュートがボックス内のアドリエン・シウバのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをラウタロが決めてインテルが5-1とした。 終盤にかけてもインテルが試合をコントロールしてタイムアップ。優勝に華を添える大勝を飾っている。 2021.05.09 02:55 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルとの契約延長を希望するヤング「信じられないような時間を過ごしてきた」

インテルの元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが、自身の去就についてコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ヤングは2020年1月、それまでキャプテンも務め、公式戦261試合に出場していたマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍。加入当初からアントニオ・コンテ監督の信頼を掴むと、主軸としてプレーした。 今シーズンもここまで公式戦31試合に出場しており、3アシストをマーク。チームの11年ぶりのスクデット獲得に大きな貢献を果たしている。一方で、インテルとの契約は今季限りとなっているが、契約交渉は進んでいない。 『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたヤングは、自身の去就について焦りはないとコメント。インテルでのキャリアを続けたいと語ったうえで、プロキャリアをスタートさせたクラブであり、来シーズンのプレミアリーグ昇格が決まっているワトフォードへの復帰の可能性も否定しなかった。 「(インテルとの)話し合いは行われているよ。僕はこのクラブで信じられないような時間を過ごしてきたから、もし何かあるのならきっと取引が成立すると思う」 「ただ、誰もがパンデミックの影響に見舞われていて、財政状況がどうなっているかは分からない。だから今は待ちの状態さ。僕は冷静で穏やかにしていて、フットボールを楽しんでいる。リーグ戦で優勝したばかりだけど、残り4試合だけに集中している」 「決断には多くの要素が絡んでくるだろう。僕と僕の家族にとって、正しい決断かは確認していきたいね。ワトフォードに戻らないと言ったことはない。10歳のときから所属するクラブだ。でも、今は何もないよ。代理人もそのことについて僕に何も話していない。どうなるにせよ、難しい決断になるだろう」 また、ヤングはユナイテッドからインテルに移籍した当時の心境にも言及。オーレ・グンナー・スールシャール監督への感謝を語りつつ、正しい判断だったと語った。 「移籍は大きな決断だった。僕はユナイテッドのキャプテンであり、在籍10年目を迎えようとしていたからね。ただ、クラブは進化しようとしていた。オーレは本当によくやっていたと思う」 「僕はオーレと話した時、自分がプレーできる可能性について尋ねた。彼は正直であり、その話自体も理解できたよ。テーブルの上には契約書も置かれていた。でも、もう1年ベンチに座り、ちょっとした役割を果たすだけにはなりたくなかった。僕は20歳の頃のようにプレーできると知っていたからね」 「インテルのような世界最大級のチームから、毎週プレーできると言われた。だから、代理人に『契約を結ぼう』と言ったんだ。コンテがチェルシーにいたとき僕を欲しがっていたことも助けになったし、ロメル・ルカクからは『今すぐ来てくれ』と何度も電話がかかってきていたんだ。だから、決断は早かった」 2021.05.07 12:38 Fri
twitterfacebook
thumb

因縁深きモウリーニョのイタリア帰還を喜ぶコンテ「誰にとっても素晴らしいニュース」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、来季ジョゼ・モウリーニョ監督と再会することを楽しみにしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 今季トッテナムで2シーズン目を迎えたモウリーニョ監督だったが、プレミアリーグで思うような成績を残せず、4月に解任。次に就任するクラブはどこになるか注目が集まっていたが、4日に来季からローマの指揮官となることが電撃発表された。モウリーニョ監督にとっては、インテルの指揮官を退任して以来11シーズンぶりのセリエA復帰となる。 モウリーニョ監督のイタリア復帰によって、注目されているのがコンテ監督との因縁だ。かつてコンテ監督がチェルシー、モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドで指揮をとっていた際は、舌戦を繰り広げていた。 しかし、イタリア『Le Iene』に出演したコンテ監督は、モウリーニョ監督のイタリア帰還を歓迎。お互いに敬意を持っていることを強調している。 「モウリーニョのローマの指揮官就任は、誰にとっても素晴らしいニュースだろう。彼の活躍を祈っているよ。もちろん、インテルと対戦するときを除いてだが。出会ったときにはハグをするだろう。我々の間には、大きな敬意があるんだ」 また、コンテ監督は2日に2位アタランタが引き分けたことで決まったスクデット獲得についても言及。去就について明言は避けつつ、チームのエースであるFWロメル・ルカクとユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの比較についても見解を述べた。 「(スクデット獲得は)我々にとってもファンにとっても大きな満足感があった。私は家族と一緒に祝ったよ。新しいチームに参加する際、私は最初にそのチームのサポーターとなり、その後もずっとファンであり続ける」 「この瞬間を楽しみたいね。会長やディレクターたちとは、インテルにとって最良の道を選ぶため話し合う時間があるだろう」 「ロナウドはチャンピオンであり、自分の価値を証明している。そして、ロメルも素晴らしいフットボーラーだ。今はロナウドの方が高い評価を得ているが、ロメルは重要なことを達成するための能力をすべて持っているね」 2021.05.05 17:34 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルに続きベルギーでの栄冠を目指すルカク「この精神を代表にも持ち込みたい」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクがさらなるタイトル獲得を誓った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは1日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦で勝利を収めると、2位アタランタが引き分けたことで11年ぶりのスクデット獲得が決定。残り4試合で2位との勝ち点差は「13」まで広がっており、圧倒的な強さを見せる形となった。 今シーズンセリエA33試合で21ゴール9アシストをマークし、インテルの久々の栄冠に多大な貢献を果たしたルカクも、このタイトル獲得には歓喜。フランス『La Tribune』のインタビューに応じた際、喜びのコメントを残すと同時に、この勢いをベルギー代表にも持ち込みたいと意気込んだ。 「(ティボー・)クルトワ、エデン(・アザール)とトルガン(・アザール)、(アクセル・)ヴィツェル、(ケビン・)デ・ブライネ、ベルギー代表の皆が今年のユーロでタイトルを獲得することを心から願っている」 「この精神を代表チームにも持ち込み、皆で一緒に前に進むことができれば最高だ。クラブのタイトルを獲得することで経験を積めたから、より良い形で試合に臨めるだろう。(スクデット獲得により)僕がキャリアの中で少し失っていた、キラー・メンタリティを取り戻せた」 「これまでのキャリアの中では、あきらめてしまう瞬間があまりにも多かったと思う。そして自分に対して『もういい、疲れた。僕は27歳だし、そろそろ変化の時だ』と言い聞かせていたんだ。でも、僕の仕事はこれで終わるわけではない」 「タイトルを獲得できて、とても満足しているよ。でも、僕の心はすでにユーロに向かっている」 2021.05.04 13:13 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルのリーグ優勝を称賛するイタリア代表指揮官「彼らはスクデットに相応しい」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がスクデットを獲得したインテルを称えている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 1日に行われたセリエA第34節のクロトーネ戦で勝利を収めたインテルは翌日に2位アタランタが引き分けたことで、11年ぶり19回目の優勝が決定。ユベントスの連覇を「9」でストップさせての久々の戴冠に対しては、多くの称賛が寄せられている。 かつて2度に渡ってインテルを指揮し、3度のスクデット獲得を成し遂げたマンチーニ監督も古巣の栄冠を祝福。イタリア『Rai Parlamento』のインタビューに応じた際、特にアントニオ・コンテ監督の手腕を称えた。 「インテルはスクデットに相応しい。彼らは2位との差を大きく広げていたし、2021年には印象的な変化を見せた。アントニオ・コンテは選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるよう管理していたと思う。このような長いリーグ戦においては、それが重要な資質に繋がっていく」 また、マンチーニ監督はインテルに所属するイタリア人選手にも言及。若手の成長を喜びつつ、皆を代表に呼ぶことは難しいとも語っている。 「ニコロ・バレッラやアレッサンドロ・バストーニら若い選手には機会を与えることが必要不可欠だ。彼らにクオリティがあれば、大きなステップを踏み出せるだろう」 「残念ながら26人以上の選手は招集できない。多くの優秀な選手はユーロがあっても家にいなければならず、これはとても残念なことだ」 さらにマンチーニ監督はインタビューの中で、インテルが長い低迷から脱して偉業を達成した流れをイタリア代表にも持ち込みたいと意気込んだ。 「長い年月を経て勝利に戻ったインテルの歴史を、イタリアもユーロで繰り返せることを願っているよ。そのためには、しっかり物事をこなした上でチャンスを何も逃さないようにしなければならない。それは明らかだ」 2021.05.04 12:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly