G・ジョンソン、熾烈イングランド代表右SBに言及 「ジェームズはTAAよりも優れたDF…」

2020.11.12 16:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてチェルシーやリバプールで活躍した元イングランド代表DFのグレン・ジョンソン氏が、熾烈なスリーライオンズの右サイドバックのポジション争いについて持論を展開した。現在、GKやセンターバックなどの一部ポジションを除き、タレントの宝庫となっているイングランド代表。とりわけ、右サイドのサイドバックやウイングバックのポジションでは、アトレティコ・マドリーDFキーラン・トリッピアーに加え、世界最高峰と評されるリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドで主力を務めるDFリース・ジェームズ、DFアーロン・ワン=ビサカと伸びしろ十分の若手3選手が鎬を削っている。


トリッピアーの30歳という年齢を考えれば、今後のレギュラー筆頭はアレクサンダー=アーノルドとなるが、スリーライオンズ通算54キャップを刻んだG・ジョンソン氏は、チェルシーで進境著しい活躍を見せるリース・ジェームズを有力な対抗に推している。同氏がイギリス『Compare.bet』で語っている。

「個人的に全体を見通した時に、トレントとリース・ジェームズのトスアップ(五分五分)だと考えている」

「もちろん、どんな相手と対戦するかによって変わってくるが、個人的にはリース・ジェームズがより優れたディフェンダーだと思っているよ。彼はより速くて強いからね」

「一方、トレントはボールを扱うのがうまいし、素晴らしいフットボーラーだ。とても頭が良くて、年齢よりもずっと賢い」

「ただ、国際的なフットボールの舞台ではボールに触れている時間が長いと思うから、やはりナンバー1はトレントかな。それでも、リースは素晴らしいバックアッパーとなるはずだ」

共に古巣で活躍する可愛いスリーライオンズの後輩のプレーの特長を見ながら熾烈なポジション争いについて言及したG・ジョンソン氏だが、その見立て通り、圧倒的なボールスキルを持つアレクサンダー=アーノルドをファーストチョイスとしつつ、強力なウイングを擁する強豪相手にはより守備面で戦えるリース・ジェームズを起用するのはトーナメントなどにおいて良いオプションになりそうだ。
関連ニュース
thumb

U-21ユーロGS敗退のU-21イングランド代表指揮官が退任 「最高の名誉だった」

イングランドサッカー協会(FA)は16日、U-21イングランド代表を率いるエイディ・ブースロイド監督(50)の退任決定を発表した。 ブースロイド監督は2014年2月から世代別代表の指導にあたり、ガレス・サウスゲイト監督のトップチーム行きを受けて、2016年9月からU-21カテゴリーを暫定的に指揮。2017年2月に正式就任した。 だが、先の代表ウィークでU-21欧州選手権のグループステージに臨み、1勝2敗でまさかのグループステージ敗退。契約切れの今夏に退任する可能性が高まり、後任候補の名も挙がっている状況だった。 ここ数年にわたり、数々の有望株をシニアチームに送り込む役割で成果を出すなかで、ユーロの決勝トーナメント行きを逃す失態を冒してしまったブースロイド監督。退任を受け、コメントを残した。 「FAを代表して、イングランドを注目度の高い大会で率いることができたのは最高の名誉だった。思うような結果にならなかったが、将来的に国際舞台で素晴らしいキャリアを歩むであろう選手たちと親しく仕事ができ、特別な時間を過ごせたのを誇りに思う」 「また、他のエリート国との競争を維持しようと尽力してくれたスタッフや素晴らしいサポートチームにも感謝したい。彼らはあらゆる話し合いの場で、シニアチームのニーズを優先しつつ、全力を尽くして好成績を残すという我々の挑戦を承諾してくれた」 なお、サウスゲイト監督は「彼は我々との仕事に誇りを持ち、シニアチームに対するサポートも非常に高いものがあった。彼のキャリアにおけるネクストステップでの成功を祈る」とエールを送っている。 2021.04.16 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド代表MFライスがヒザのじん帯損傷、離脱は約4週間「努力できる全てのことを」

ウェストハムは5日、イングランド代表MFデクラン・ライスの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ライスはイングランド代表の活動で負傷。ヒザの外側の靭帯を損傷しており、リハビリをスタートしたとのことだ。 ライスは、3月31日に行われたポーランド代表戦で負傷。この試合ではフル出場を果たしていたが、試合終盤に負傷していたとのことだ。 クラブに戻りメディカルチームの検査を受けたところ、じん帯損傷と診断された。 今回のケガについてライスは「もちろん、このケガをしたことは失望している。でも、元気出し、すでにリハビリを開始したいる、選手たちをピッチに戻ることを望んでいるよ」とコメント。「そこには居られないけど、努力できる全てのことをして、とてもポジティブなシーズンを続けるためにもチームをサポートしたい」と前向きに語った。 また、デイビッド・モイーズ監督は「残念だ。イングランドの試合の後、彼が出場できないことはわかっていたが、とにかく先に進む。その気持ちで失望を乗り越えてきた」とコメント。「他の選手にもチャンスを与えるし、それがチームというものだ。我々はそこに対応できるチームがあることを願っている」とチーム力が試されると語った。 なお、イギリス『BBC』によると、ライスの離脱期間は4週間程度とのこと。ライスが欠場したウェストハムだが、5日に行われたプレミアリーグ第30節のウォルバーハンプトン戦では2-3で勝利を収め4位に浮上していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ライス本人もツイッターで元気な姿をアピール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Rehab has started<br>Gutted to be missing the game tonight. <br>Overwhelmed by all the support but I’ll be back in no time. <br>Come on the boys! <a href="https://t.co/GHr4F2TODu">pic.twitter.com/GHr4F2TODu</a></p>&mdash; Declan Rice (@_DeclanRice) <a href="https://twitter.com/_DeclanRice/status/1379139645175443456?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.06 09:54 Tue
twitterfacebook
thumb

U-21イングランド代表でリバプールMFカーティス・ジョーンズが相手の挑発に乗り大激怒!試合後にレッドカード

3月31日に行われたU-21クロアチア代表vsU-21イングランド代表で、MFカーティス・ジョーンズが試合後に一発レッドカードを受けていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 カーティス・ジョーンズ擁するイングランドは、現在開催中のU-21欧州選手権において、グループステージで開幕2連敗スタート。決勝トーナメントへ進出するには、この最終節でポルトガルがスイスに勝利した上で、クロアチアに2点差以上で勝利することが条件だった。 そんな中イングランドは、前半のPKと74分のC・ジョーンズのゴールで目標の2点差をつける。さらに、同時刻開催のスイスvsポルトガルでは、65分までにポルトガルが3点リードし、勝利をほぼ手中にしていた。 このままいけば、イングランドの突破が決まる状況だったが迎えた91分、クロアチアDFドマゴイ・ブラダリッチに土壇場でゴールを許してしまう。 そして、試合は1-2で終了。イングランドは掴みかけていた決勝トーナメントへの切符を眼前で逃した。 一方、同勝ち点で並んでいたスイスが敗れたことで、起死回生で決勝トーナメント進出が決まったクロアチアの選手たちは喜びを爆発。 『デイリー・メール』によると、この時ブラダリッチが近くにいたC・ジョーンズを挑発。これに乗ってしまった同選手が激怒し、相手陣営に突っかかってしまったようだ。 イングランドのスタッフによってなんとか沈静されたリバプールMFだが、主審からはレッドカードが提示され、後味の悪い敗退劇となってしまった。<span class="paragraph-title">【動画】試合後にC・ジョーンズが大暴れ</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Curtis Jones got into an altercation after Croatia eliminated England from the U-21 European Championship <a href="https://t.co/zFfyDlvTo1">pic.twitter.com/zFfyDlvTo1</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377339608447377409?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「リスペクトに値する」相棒のミスを帳消しにしたマグワイアの行動に称賛集まる「これこそがリーダー」

イングランド代表DFハリー・マグワイアが、相棒への信頼を語っている。 イングランド代表は、3月31日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループI第3節でポーランド代表と対戦。センターバックではマグワイアとDFジョン・ストーンズが起用された。 前半に先制に成功したイングランドだったが、58分にはストーンズのボールロストもあり、同点に追いつかれた。 それでも、試合終了間際の85分、MFフィル・フォーデンの左CKをゴールエリア右のストーンズが頭でマイナスに折り返すと、ボックス中央のマグワイアが豪快なハーフボレーをゴールに叩き込み、見事勝利を挙げた。 試合後のインタビューで「僕は彼に『プレーを続けていれば必ず勝てる』と言ったよ」と明かしたマグワイアだったが、ゴールを決めた場面では、チームメイトたちと祝った後、ストーンズのもとに駆け寄り、熱い抱擁で励ました。 もちろんアシストしてくれたことも抱擁の理由の1つではあるが、コンビ愛が伝わるシーンが『ESPN』で公開されると、「私たちのキャプテン」「これこそがリーダーだ」「リスペクトに値する」とマグワイアのリーダーシップ溢れる行動に称賛の声が集まった。 試合後のインタビューでは、「当然僕らもミスをしたくはないが、時には失点の原因になってしまうこともある。僕らは完璧ではないんだ」とも語ったマグワイア。イングランド代表ではキャプテンマークをFWハリー・ケインに譲っているが、マンチェスター・ユナイテッドの主将を務める男の素晴らしい行動だった。 <span class="paragraph-title">【動画】マグワイアの「これこそがリーダー」といえる行動</span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The way Harry Maguire sought out John Stones during his celebration after Stones&#39; earlier mistake had cost England a goal <a href="https://t.co/ITDjW2cLT6">pic.twitter.com/ITDjW2cLT6</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1377370063242551299?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.01 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘンダーソンの代表復帰を心待ちにするライス「彼は自分よりもチームを優先する選手」

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが、リバプールのMFジョーダン・ヘンダーソンの代表復帰を願っている。イギリス『ミラー』が伝えた。 ヘンダーソンはこれまでイングランド代表として58試合に出場。チームの中心選手としてプレーしていたが、2月に行われたプレミアリーグ第25節のエバートン戦で負傷。手術を受けており、まだリバプールでも復帰を果たしていない状態だ。こうした状況を受け、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督も、ヘンダーソンのユーロ出場の可否については明言を避けている。 しかし、イギリス『talkSPORT』に出演したライスは、ヘンダーソンのプロフェッショナルな姿勢を絶賛。ドレッシングルームで重要な存在となっている同選手の復帰を願っていると語った。 「ジョーダン(・ヘンダーソン)と一緒に試合でプレーしたり、トレーニングをしたりするたびに思うことがある。彼のトレーニングでの激しさや、チームメイトに話しかけたり助けたりする姿勢は、これまで見たことのないものだとね」 「彼は自分よりもチームを優先する選手であり、常に誰かを助けたいと思っている。彼はユーロ出場に相応しく、股関節の負傷を克服することを祈っているよ。ジョーダンが大会にいなかったら、僕らは彼を大いに恋しく思うだろう」 「彼はトッププレーヤーであり、ワールドクラスの選手だ。それに、ビッグタイトルを獲得しており、大きな大会にも参加している。彼は何をすべきか知っている選手だよ。ピッチでは経験とリーダーシップを発揮してくれるんだ」 2021.04.01 12:13 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly