CBクライシスのリバプール、フリーのガライに関心?

2020.11.12 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
度重なるセンターバックの負傷者に悩まされているリバプールは、緊急補強として元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(34)の獲得に動く可能性があるかもしれない。現在、リバプールではディフェンスリーダーを務めるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに加え、直近のイングランド代表の活動中にDFジョーゴメスがヒザを負傷。現時点でゴメスの離脱期間は不明も、長期離脱の可能性が指摘されている。

また、右サイドバックの主力を担うイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、センターバックとしてスクランブル起用されていたブラジル代表MFファビーニョも離脱しており、最終ラインは苦しい台所事情を強いられている。

もちろん、現スカッドにはDFセップ・ファン・デン・ベルフ、DFリース・ウィリアムズ、DFナサニエル・フィリップスら若手有望株がおり、トップチームでプレー可能な唯一の主力センターバックである元カメルーン代表DFジョエル・マティプを中心に頭数は揃っている。

ただ、マティプが負傷がちなこともあり、今冬の移籍市場までの過密日程を乗り切る上で緊急補強に動く可能性も否定できない。

そういった中で、ここ最近注目を集めているのが、今年6月にバレンシアを退団してフリーの状況が続くガライだ。

ここまでベンフィカやレアル・マドリー、ゼニトといったヨーロッパの名門クラブで活躍してきた経験豊富なセンターバックは、サラリーの問題や今年2月に右ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負った影響で退団を余儀なくされたが、バックアッパーとしては十分に活躍可能な実力者だ。

先日にファン・ダイクの離脱が決定した段階で、スペイン『fichajes』などがリバプールと関連付けて報じていた同選手だが、イングランド国内ではあまり目立った話題とはならなかった。

しかし、ここに来てゴメスの長期離脱の可能性が高まったことを受け、『talkSPORT』や、『リバプール・エコー』などの地元メディアもガライ獲得の可能性に注目している。

現時点では具体的な動きはなさそうだが、ゴメスの離脱期間次第では何らかの動きが出てくるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

PKの一撃に沈んだリバプールがアンフィールドで69戦ぶり敗戦、南野は終盤に出場《プレミアリーグ》

リバプールは21日、プレミアリーグ第18節でバーンリーをホームに迎え、0-1で敗れた。リバプールのMF南野拓実は85分から出場している。 4日前に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの首位攻防戦をゴールレスドローで終えた暫定4位のリバプール(勝ち点18)は、ユナイテッド戦のスタメンから3選手を変更。サラー、フィルミノ、コンディション不良のヘンダーソンに代えてオリジ、チェンバレン、負傷明けのマティプを起用した。 17位バーンリー(勝ち点16)に対し、3トップに右からシャキリ、オリジ、マネと並べたリバプールが押し込む展開で推移していく。 フラットな[4-4-2]のブロックを作るバーンリーに対し、21分にシャキリが、23分にチェンバレンがミドルシュートでそれぞれ牽制していった。 そして32分にはカウンターの流れからオリジがオンターゲットのシュートを記録すると、43分に先制のチャンス。ミーのバックパスミスをカットしたオリジが独走。GKと一対一となったが、シュートをバーに当ててしまい、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込んだリバプールだったが、チャンスを作れずにいたことから57分にサラーとフィルミノを投入する。 すると60分に決定機。ワイナルドゥムの素晴らしい持ち上がりからラストパスを受けたボックス右のサラーがシュート。だが、GKポープの好守に阻まれた。 続く72分にはGKポープのフィードミスをカットした流れからフィルミノに決定機が訪れるも、シュートは枠に飛ばせない。 すると82分、PKを献上する。FKの流れからボックス中央に侵入してきたバーンズをGKアリソンが倒してしまった。このPKをバーンズに決められ、リバプールは先制されてしまう。 失点を受けて南野を投入したリバプールだったが、最終盤にかけてはチャンスを作れずに0-1で敗戦。PKの一撃に沈んだリバプールはアンフィールドでのリーグ戦では69戦ぶりの黒星となり、5戦勝ちなしとなった。 2021.01.22 06:57 Fri
twitterfacebook
thumb

「ビルドアップをしなければならなかった」ユナイテッド戦で中盤主軸2枚のCB起用にクロップ、バーンリー戦の選択は?

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が負傷者続出のセンターバックの起用法について語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今シーズン、DFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスの長期離脱によってセンターバックのやり繰りに苦労しているリバプール。12月27日に行われたプレミアリーグ第15節のWBA戦で先発出場したDFジョエル・マティプまで負傷交代を余儀なくされていた。 17日に行われた第19節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、そのセンターバックにMFジョーダン・ヘンダーソンとMFファビーニョの中盤主軸2枚を起用。得点が奪えなかったものの、見事無失点で切り抜け0-0のドローに終わっていた。 クロップ監督は21日に行われる第18節バーンリー戦前の記者会見でユナイテッド戦のセンターバックの起用法に関してコメント。現状のベストだと思った布陣で臨んだことを明かし、バーンリー戦でのプラン変更も示唆した。 「我々はセンターバックに6番と8番を起用した。ヘンド(ヘンダーソン)は8番タイプでボックス・トゥ・ボックスの選手で、ファビーニョは自身を6番タイプと思っているだろう。彼らは守備面でとてもよくやってくれたし、攻撃面ではこういった選手が(センターバックに)いれば、ビルドアップでポジティブな違いを生み出すことができる」 「ユナイテッドに対してはビルドアップをしなければならなかったからだ。我々は本当によくやってくれたし、それこそが背景にある思考プロセスだった。彼らの守備能力を疑ったことはない。だが、バーンリーのカウンターとユナイテッドのカウンターは違う。だから、また解決策を見つけていかなければならない」 「シーズンが始まってから、守備面で全員がよくやってくれている。最終ラインよりも中盤でプレーした方が良いと判断すればそうする。しかし、あの試合(ユナイテッド戦)ではこの方が良いと考えたのでそうした」 なお、今週よりマティプがトレーニングに復帰。クロップ監督は「決断を下さなければならない」とまでに言いとどめている。バーンリー戦でのセンターバックは誰が務めることになるのか注目だ。 2021.01.21 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

PL制覇を目指すリバプール、クロップはチャレンジャー精神を崩さず「我々はまだタイトルを追いかけている立場」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がプレミアリーグ連覇に向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 2019-20シーズンのリーグ優勝に続き、連覇を目指しているリバプール。しかし、直近の4試合で3分け1敗と足踏みが続いている。さらに、圧倒的な破壊力を見せていた攻撃陣が不調に陥り、直近4試合でゴールもわずか「1」と結果を残せず、シーズンを折り返しの状況で首位争いが激化している。 圧倒的な強さを見せつけて30年ぶりとなる悲願のリーグタイトルを掲げ、追われる立場となったリバプールだが、クロップ監督はチャレンジャー精神を崩さないようだ。21日に行われる第18節バーンリー戦前の記者会見で語った。 「信じられないかもしれないが、我々はまだタイトルを追い求めている立場だ。何も変わっちゃいない。『追い求める』とは常に良い順位にいるという意味ではない。より一般的なチームの雰囲気ということだ。我々はそれを追い求めている。実現できていないのであれば、変えることなんてできない」 「もし、我々に欲がないからゴールが足りないと思われているなら、それは変えられない。十分ではないからゴールを決められない、結果が出ないと思われているのであれば、より変えることができない。私にできる唯一のことは選手たちと共に正し仕事をやっていくこと。そうすることで我々がプレーするゲームを再び見てもらえるようにすることさ」 また、今シーズンの優勝争いが激化していることについてもコメント。結果が大事だと理解しているものの、パフォーマンスを出せなければ難しいとの見解を語り、準備が重要だとした。 「それは常に変化している。理由は僅差だからだろう。数週間前から、今年のタイトルレースはこれまでと異なると思っていた。100%準備できている必要があり、それを絶えずやろうとしている」 「このビジネスにおいては、結果だけが重要であることを理解している。それを知るのに十分仕事をしてきた。しかし、結果を出す前にはパフォーマンスを出さなければいけないし、最後のパフォーマンスは良かった。どうであったかは話したが、勝てなかった。それを理解している。そして、また変えるチャンスがあり、我々は試そうとしている」 2021.01.21 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

得点力不足に苦しむリバプール、クロップはシャキリに期待「本来のプレーが見られた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、スイス代表MFジェルダン・シャキリのプレーを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 現在リーグ暫定4位のリバプールは攻撃陣がスランプに陥っており、リーグ直近4試合でたった1ゴールしか奪えていない。16日に行われたプレミアリーグ第19節のマンチェスター・ユナイテッド戦もスコアレスドローに終わり、首位奪還のチャンスを逃している。 FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノが揃って不振に苦しんでいるものの、FWジオゴ・ジョタが負傷で離脱中のため、攻撃改善の手段が限られているのが現状だ。 こうした状況のなか、クロップ監督はユナイテッド戦で今季リーグ戦初スタメンを飾ったシャキリに言及。本職のウィングではなく、中盤でのプレーを披露した選手を称賛した。 「我々の中盤はよくやっていた。ユナイテッドのようなチームに対しては、しっかりとした柔軟なプレーが求められる。なぜなら、分かりやすいパスを選択してしまった場合、彼らは問題なく守り、そこからカウンターを仕掛けてくるからだ」 「シャック(ジェルダン・シャキリ)は本当に調子がいいね。彼はユナイテッド戦でもう少し長くプレーできたかもしれない。プレーしていない時間が長かったから、状態がわからなかったんだ。でも、彼は素晴らしかったよ」 「特に前半30分は、シャック本来の姿だったと思う。おかげでチームはすごく助けられたんだ。私自身も、本当に嬉しかったよ」 また、クロップ監督はユナイテッド戦全体を振り返り、結果は出ていないものの、改善の兆しは見られたと強調している。 「(ユナイテッド戦は)個人の良いプレーがたくさんあった。ここ2試合を考えると、非常に大きな改善であり、明らかに重要な点だ。完全に復調したわけではないが、近づいてはいたね。そして今、我々は前進をし続けている」 2021.01.20 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

不振のリバプール攻撃陣、キャラガー氏はフィルミノの状態懸念「不調か、それとも…」

リバプールのレジェンドである元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、不振に陥る古巣の攻撃陣に対する不安を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 かつては抜群の攻撃力を誇っていたリバプールだが、リーグここ4試合で1ゴールしか決められず、首位から暫定4位に転落する原因になった。FWモハメド・サラーこそリーグ戦13ゴールをマークしているが、FWサディオ・マネは6ゴール、FWロベルト・フィルミノは5ゴールと物足りない数字になっている。 これまでリバプールの躍進を支えていた不動の3トップが不調に陥っていることについて、『スカイ・スポーツ』に出演したキャラガー氏も懸念を表明しており、このトリオが解散する時が近づいているかもしれないと語った。 「リバプールについて話すときは、3トップの話題になる。彼らはほぼパッケージのようなもので、セットで語られるね。リバプールの3トップが異色なのは、彼らが他クラブの3トップより優れているとかではなく、長い期間一緒にプレーしている点なのだ」 「彼らは現在4年目のシーズンを迎えている。プレミアリーグの偉大な3トップは通常、2~3年しか一緒にいないものだ。リバプールの3トップは4年目であり、5年目に入るかもしれない。3人ともあと2~3年契約が残っているからね」 「彼らは全員20代後半になった。遅かれ早かれ、今の3トップは解散する必要があるだろう。とはいえ、2年後に全員を入れ替えるのは不可能だ。時間の経過とともに、変化させていかないとならない」 また、キャラガー氏は3トップのなかでも、特にフィルミノの状態を懸念しており、ゴール以外の数字も軒並み低下していることに触れている。特に90分辺りのアタッキングサードでのボール保持率は、昨季の「1.11」から「0.42」に激減していると指摘した。 「私はまだマネとサラーが再びゴールを決め始めると確信しているが、フィルミノについては心配だ。彼はゴールを決める選手と見られていないが、マネとサラーが不調なら、より脅威になる必要がある」 「今シーズンに限らないが、フィルミノはプレスでボールを奪い返せなくなっている。リーグ優勝をした昨シーズンから不安はあった。当時から少し心配していて、『彼は来シーズン、挽回できるのだろうか』と思っていた」 「彼のアタッキングサードでのボール保持率はこれまでリーグ最高だったが、今は大幅に落ち込んでいる。昨シーズン、ゴールもアシストもなかったときは『彼の前線での役割は他にもある』と言っていた。だから、この数字の落ち込みは大きい」 「私がフィルミノに心配しているのは、今の状態が単なる不調なのか、年齢による衰えなのか、ということなんだ」 2021.01.19 16:21 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly