バルセロナ、ホッフェンハイムCBボハルデに関心! 叔父はクラブOBウィンストン氏

2020.11.26 23:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナがホッフェンハイムに所属するU-18オランダ代表DFメレイロ・ボハルデ(18)に関心を示しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張している。バルセロナでは元々の選手層の薄さに加え、ディフェンスリーダーを務める元スペイン代表DFジェラール・ピケの長期離脱によってセンターバックに大きな問題を抱えている。

この状況を受けて、フリーで獲得可能な元アルゼンチン代表DFエセキエル・ガライ(34)の緊急補強に加え、今冬の移籍市場において予てより獲得を熱望するマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリックガルシア(19)への関心を強めているようだ。

ガライの獲得の可否は別として、財政難のバルセロナにとって今冬のタイミングでのエリック・ガルシアの獲得には2000万ユーロ(約24億6000万円)と言われる移籍金が必要とされており、主力の売却による資金調達が必要と見られている。

そういった中、ディ・マルツィオ氏によると、バルセロナは新たな補強オプションとしてボハルデの獲得を考慮しているという。

フェイエノールトのアカデミー出身で、現在はホッフェンハイムのトップチームでプレーするボハルデは、184cmの身体能力と足元の技術に優れる現代型のセンターバックだ。

ホッフェンハイムでは今年5月に行われたブンデスリーガのマインツ戦でトップチームデビューを飾り、今シーズンはリーグ戦1試合とヨーロッパリーグ1試合に出場している。

ただ、クラブとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、現時点では退団を選択する可能性が高いという。

そして、バルセロナはより安価な金額で獲得可能で、ポテンシャルの高い18歳DFの獲得に向けて、ホッフェンハイムと接触しているという。ただ、同選手に対してはミランも関心を示しているようだ。
なお、バルセロナがボハルデを獲得するうえで大きなアドバンテージとなり得るのは、同選手の叔父である元オランダ代表DFのウィンストン・ボハルデ氏の存在だ。

ウィンストン氏はアヤックス時代にルイス・ファン・ハール監督の薫陶を受け、1997年から2000年までバルセロナでプレーしたクラブOB。さらに、現指揮官のロナルド・クーマン監督は当時、ファン・ハール監督のアシスタントコーチとしてウィンストン氏を指導していた旧知の仲だ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、ユナイテッドDFダロト獲得を検討か

イギリス『インデペンデント』によると、バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)の獲得を検討しているようだ。 ダロトは2018年夏にポルトからユナイテッドに加入。だが、ケガの影響もあり十分にアピールできず、昨季の公式戦出場はわずか11試合。今季はレンタルでミランに移籍している。 ミランでもここまで出場機会の確保に苦しんでいるが、そんなダロトをバルセロナが注目している模様。バルセロナではDFセルジ・ロベルトが11月下旬の試合で太ももを負傷し長期離脱中。その間、右サイドバックはアヤックスから新加入のDFセルジーニョ・デストが務めているが、パフォーマンスに満足していないという。 バルセロナは1000万ポンド(約14億円)で獲得できると見込んでいるようだが、果たして今冬の移籍を実現するのだろうか。 2021.01.17 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオとの決勝に臨むクーマン、メッシの状態に言及「出場するかの最終決定は彼次第」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、就任後初タイトルが懸かるスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝に向けて意気込んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは13日に行われたスーペル・コパ準決勝でPK戦の末にレアル・ソシエダを撃破。クーマン新体制での初タイトル獲得を目指し、準決勝でレアル・マドリーに勝利を収めたアスレティック・ビルバオと17日に行われる決勝で対峙する。 その一戦に向けた記者会見に出席したクーマン監督は、疲労はありながらも、チーム状態は良いと言及。ハードワークを得意としているビルバオ相手に自分たちのサッカーをしたいと意気込んだ。 「チームは好調で、特に決勝戦を戦うことに満足している。しかし、かなりの疲労もある。完治するには3日か4日あれば十分だ。懸命にハードワークをし、非常に競争力のある相手との試合が待っている」 「彼らがプレッシャーをかけてきた場合、我々のプレーをして、支配するように努めなければいけない。マドリー戦では彼らがプレッシャーをかけるのを見ていたから、自分たちが試合に入ることは難しいと思う。難しいが、我々が決勝で戦えるレベルにいなくてはいけない」 また、クーマン監督は負傷の影響により、準決勝を欠場したエースのFWリオネル・メッシのコンディションについてもコメント。最終判断は選手本人に任せる意向だと明かしている。 「昨日は個人トレーニングをした。今日、彼の様子を確認する。彼の最終確認次第だ。彼は自分の身体を理解してる。我々は彼の違和感がどのような状態かを待つ必要がある。彼が試合に出場できることを願っているよ」 「最高の選手がいれば常に勝つ可能性は高く、それが世界最高の選手であれば、より多くのチャンスがあるということだ。レオの創造性のおかげでチームはより強くなるが、時々欠ける時がある。しかし、彼がいなければ他の選手が出場して、彼がいてもいなくても同じように試合をするだろう」 「しかし、彼は100%でなければいけない。これは今シーズン最後の試合ではない。だけど、最終決定は彼次第だ」 2021.01.17 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサFWデンベレが主審に向かって侮辱発言!「母さんと…」

バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが、試合中に審判に向けて侮辱的な発言を行っていたようだ。スペイン『アス』が報じた。 事件が起こったのは13日に行われていた、スーペル・コパ準決勝のレアル・ソシエダ戦。PK戦にまで縺れた試合は、2-3でバルセロナが勝利しアスレティック・ビルバオとの決勝に駒を進めていた。 しかし、この試合でデンベレが主審に対して侮辱的な発言を行っていたとのこと。フランス『L'EquipeD'Estelle』これを伝えた。 それは後半アディショナルタイムに起きた事件。相手ボックス付近で倒れたデンベレはファウルを主張。しかし、主審はノーファウルと判定すると、デンベレがフランス語で大声で侮辱的な発言をした。 その内容は「お前の母さんとフ○○クしてろ、審判。狂ってるぞ!」というもの。一体どちらが狂っているのかと言われそうな発言だが、しっかりと中継のマイクが拾ってしまっていた。 なお、この件でデンベレはお咎めなし。しかし、今後何らかの処分があるかもしれない。 <div id="cws_ad">◆フランスメディアが報じた問題のシーン<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">LA PETITE LUCARNE <br><br>Hier soir Ousmane Dembélé s&#39;est illustré sur le terrain... mais pas seulement ! <a href="https://twitter.com/hashtag/LaPetiteLucarne?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaPetiteLucarne</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EDE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EDE</a> <a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://t.co/GexpBObuYB">pic.twitter.com/GexpBObuYB</a></p>&mdash; L&#39;ÉQUIPE d&#39;Estelle (@lequipedestelle) <a href="https://twitter.com/lequipedestelle/status/1349781449793220608?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.17 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

まさに縦横無尽!メッシがアトレティコ相手の歴史的大勝で見せた半端ないゴール3連発【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆メッシがアトレティコ相手に決めたハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4ZFBGN21hViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 世界最高峰の選手として長らくフットボールシーンを牽引し続けているメッシ。バルセロナが掲げる美しく勝つサッカーの体現者として、華麗なテクニックで観客を魅了している。 絶対的エースとして活躍を続けるメッシだが、2011年9月24日に行われたラ・リーガ第6節のアトレティコ・マドリー戦では、縦横無尽のパフォーマンスでアトレティコ守備陣を翻弄し、ハットトリックを記録している。 まずは2-0とバルセロナがリードして迎えた26分、右サイド深くでボールを持ったメッシは、ドリブルでボックス内に侵入すると、キレのあるキックフェイントでDF2人を一気に置き去りにし、鋭いシュートでGKティボー・クルトワのニアポストを抜き、この日1点目を挙げる。 続く78分、相手陣内中央でボールを受けたメッシが再び仕掛けていく。高速ドリブルでDFを寄せ付けずに、ボックス内に侵入すると、意表を突くタイミングでゴール右に正確なシュートを沈め、2点目をマーク。 最後は終了間際の91分、FWダビド・ビジャとのワンツーからメッシが抜け出すと、ゴール左の角度の厳しい位置からクルトワの股を抜くシュートを決め、圧巻のハットトリックを達成した。 試合は大量5得点を挙げたバルセロナが、強豪アトレティコ相手に5-0と歴史的大勝を収めている。 2021.01.16 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

24日のバルセロナ新会長選投票は延期に…コロナ感染拡大の影響を考慮

24日に予定されていたバルセロナの新会長選挙の投票が新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、急遽延期となった。クラブが公式声明で明かした。 バルセロナでは昨年10月にジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長が任期を満了することなく辞任を発表。これにより、新会長を選出する選挙の準備が進んでおり、先日には元会長であるジョアン・ラポルタ氏、ビクトル・フォント氏、トニ・フレイシャ氏の最終候補3名が選出されていた。 そして、15日からは3氏による選挙キャンペーンがスタートし、24日に投票が行われる予定となっていた。 バルセロナとカタルーニャ州政府は昨年11月末に1月24日に10カ所の選挙地を選んで投票を行うことで合意。だが、両者は直近の話し合いの中、コロナウイルスの第3波によって同地域では個人の移動を制限しており、近隣に投票所がないソシオ会員の移動が感染のリスクを高めるとの結論に至り、投票延期を決定した。 なお、新たな投票日程に関しては15日に最終候補3名と会長代行を務めるカルレス・トゥスケッツ氏との話し合いの中で決められるようだ。 2021.01.16 01:23 Sat
twitterfacebook