超豪華!CL優勝なしのベストイレブンにはバロンドール受賞者4人も!

2020.10.30 12:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週開幕を迎えた2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。欧州最強のチームを決める戦いであるCLはサッカー選手であれば誰もが夢見る場所だ。CLで優勝したチームにはビッグイヤーと呼ばれるトロフィーを掲げることが許されるが、イギリス『Squawka』がキャリアを通してビッグイヤーを掲げたことのない選手たちでベストイレブンを組んでいる。

GKには今も現役を続けるユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが選出。ブッフォンはパルマ、ユベントス、パリ・サンジェルマンとこれまで在籍した3クラブでCLに出場してきた。ユベントスでは2003年、2015年、2017年と3度のファイナル進出を果たしたが、いずれも準優勝に終わっている。

DFにもユベントスで活躍した選手が多く並ぶ。パルマでブッフォンとともに世界最高守備トリオと称されるほどの強固な守備を形成した元フランス代表DFリリアン・テュラム氏と元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏が選ばれている。この3人はユベントスでもトリオを組んでいた。

さらに、左サイドバックにもユベントスで活躍した元イタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタ氏が選出され、カンナバーロ氏とコンビを組むセンターバックにはフランスでテュラム氏とともに鉄壁を誇ったDFローラン・ブラン氏が並んでいる。

中盤にも往年の名手が揃っている。元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏はレバークーゼンとチェルシーでファイナルに進出。レバークーゼン時代の2002年は、当時レアル・マドリーの選手だった元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏のボレーに沈んだ。

同じく元ドイツ代表MFのローター・マテウス氏も2回決勝で涙を飲んでいる。1999年の決勝はマンチェスター・ユナイテッドが起こしたカンプ・ノウの奇跡だった。

さらに、2003年のバロンドール受賞者である元チェコ代表MFパベル・ネドベド氏と闘争心溢れるタイプの選手たちが中盤を占める。

最もメンバーが豪華なのがFWだ。多くの選手や指導者から史上最高の選手との声が挙がる元ブラジル代表FWロナウド氏に加え、同じく史上最高のストライカーの一人である元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏が選ばれている。

そして、3トップの最後にはミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの名がある。所属クラブでリーグ優勝を何度となく果たしてきた“優勝請負人”である反面、CL優勝の経験はない。イブラヒモビッチがインテルからバルセロナに移籍した2009-10シーズンにインテルがCLを制覇しており、巡り合わせが悪いのだ。

今回ベストイレブンに選出しなかった中でも、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏、元イングランド代表DFソル・キャンベル氏、元イタリア代表MFロベルト・バッジョ氏、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏、そして元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏といった錚々たる面子もビッグイヤーとは縁がなかった名手だ。

それがすべてではないが、フィオレンティーナで長く活躍したバティストゥータ氏やローマのレジェンドであるトッティ氏など、一つのクラブに長く在籍した選手が少し多いかもしれない。



◆CL優勝経験のない選手で組んだベストイレブン[4-3-3]
GKジャンルイジ・ブッフォン
DFリリアン・テュラム
DFローラン・ブラン
DFファビオ・カンナバーロ
DFジャンルカ・ザンブロッタ
MFパベル・ネドベド
MFローター・マテウス
MFミヒャエル・バラック
FWロナウド
FWガブリエル・バティストゥータ
FWズラタン・イブラヒモビッチ


関連ニュース
thumb

ムバッペがグローブ・サッカー・アワードの最優秀選手賞を初受賞!

27日にドバイでグローブ・サッカー・アワード2021の授賞式が行われ、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが年間最優秀選手賞を初受賞した。 また、ファンが選ぶ年間最優秀選手にはバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが選出され、年間最優秀監督にはユーロ2020でイタリア代表を優勝に導いたロベルト・マンチーニ監督が選出されている。各賞の受賞者は以下のとおり。 【グローブ・サッカー・アワード2021 各賞受賞者】 ◆年間最優秀選手 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス) ◆最優秀ゴールキーパー ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン/イタリア) ◆最優秀ディフェンダー レオナルド・ボヌッチ(ユベントス/イタリア) ◆最優秀監督 ロベルト・マンチーニ(イタリア) ◆最優秀クラブチーム チェルシー(イングランド) ◆最優秀ナショナルチーム イタリア ◆最優秀キャリア選手 ロナウジーニョ(ブラジル) ◆最優秀エージェント フェデリコ・パストレッロ(イタリア) ◆最優秀スポーツディレクター アイトール・ベギリスタイン(マンチェスター・シティ/スペイン) ◆トップスコアラー・オブ・オールタイム クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド/ポルトガル) ◆ファンが選ぶ年間最優秀選手 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド) ◆マラドーナ賞 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド) 2021.12.28 02:54 Tue
twitterfacebook
thumb

「最も楽しんだゴールは?」2021年CLで生まれたスーパーゴールの数々に意見多数「チアゴだ」「いやジルーだ」

チャンピオンズリーグ(CL)の公式ツイッターが2021年に生まれたスーパーゴールの数々を紹介。ハイレベルなゴール集に多くの反応が寄せられている。 CLの公式ツイッターは、年越しを前に「4つの素晴らしいシュート」と題して、2021年のCLで生まれたゴールを紹介。2020-21シーズンに決まったオリヴィエ・ジルー(チェルシー)、リオネル・メッシ(バルセロナ)と、2021-22シーズンに決まったチアゴ・アルカンタラ(リバプール)、アレックス・テレス(マンチェスター・ユナイテッド)の4つのスーパーゴールを動画で伝えている。 この投稿は「最も楽しんだゴールは?」とユーザーに投げかけられているが、反応を見る限りでは、意見が分かれているようだ。また、4つの候補に入っていないバイエルンのレロイ・サネがバルセロナ戦で決めた強烈なミドルシュートを推す声も多い。 なお、13日から17日にかけて行われたファン投票では、9月28日に行われた第2節マンチェスター・シティ戦でパリ・サンジェルマンのメッシが決めた強烈な左足ミドルが選ばれている。 <span class="paragraph-title">【動画】あなたのお気に入りは?CL公式が紹介した4つのスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/mwIVYX3ijh">pic.twitter.com/mwIVYX3ijh</a></p>&mdash; UEFA Champions League (@ChampionsLeague) <a href="https://twitter.com/ChampionsLeague/status/1473634036807618563?ref_src=twsrc%5Etfw">December 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/VSMY4PDYpE">pic.twitter.com/VSMY4PDYpE</a></p>&mdash; UEFA Champions League (@ChampionsLeague) <a href="https://twitter.com/ChampionsLeague/status/1473634143129022471?ref_src=twsrc%5Etfw">December 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.23 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

女子CLベスト8の組み合わせ決定! 岩渕はヴォルフスブルク、熊谷はPSG、そしてクラシコも実現

20日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 来年5月にトリノのユベントス・スタジアムで決勝が行われるUWCL。なでしこジャパンのFW岩渕真奈(アーセナル)、DF熊谷紗希(バイエルン)もここまで勝ち上がっている。 前回王者であるバルセロナは、レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”が実現。ファイナリストのチェルシーはすでに敗退しているが、同組で1位になったヴォルフブルクは岩渕が所属するアーセナルと対戦する。 また、熊谷が所属するバイエルンはパリ・サンジェルマン(PSG)と、もう1つのカードは決勝がホームで行われるユベントスとリヨンの組み合わせとなった。 なお、岩渕のアーセナルと熊谷のバイエルンは決勝に進まない限り対戦することはなく、準決勝はレアル・マドリー/バルセロナvsアーセナル/ヴォルフスブルク、ユベントス/リヨンvsバイエルン/PSGのカードに決定。4月に実施される。 ◆女子チャンピオンズリーグ 【準々決勝】 バイエルン vs パリ・サンジェルマン ユベントス vs リヨン アーセナル vs ヴォルフスブルク レアル・マドリー vs バルセロナ 【準決勝】 レアル・マドリー/バルセロナ vs アーセナル/ヴォルフスブルク ユベントス/リヨン vs バイエルン/パリ・サンジェルマン 2021.12.20 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

小野伸二がプレーしてみたいのは「あの3人の後ろで…」、世界を知る宮本恒靖と小野伸二のスペシャル対談がWOWOWで実現

WOWOWは20日、元日本代表DF宮本恒靖と元日本代表MF小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)のスペシャル対談の収録を行った。 かつて共に日本代表としてプレーし、現在は指導者、そして現役の選手として活躍する両名が様々なテーマでサッカーについてトークした。 宮本氏はザルツブルクで、小野はフェイエノールトやボーフムなど共にヨーロッパのサッカーを知り、日本代表としてもワールドカップで世界を知っている2人。ベスト16が決定したUEFAチャンピオンズリーグ(CL)や日本代表などについて語る他、次世代のサッカーなどについても語られた。 収録後、報道陣の取材を受けた宮本氏は「久しぶりに伸二と会って、話せて良かった」と対談の感想をコメント。「伸二には、自由な発想でサッカーに取り組むことの重要性を思い出させてもらいました」と語り、「指導者の立場ではどうしても忘れがちな部分なので、みなさんにも番組を見て学んでほしいです」と、選手としての立場の小野の考えを聞けて良かったと語った。 また小野は「ツネさんと懐かしい話ができました。自分は今後の人生、どうするかはまだ考えていませんが、指導者になるという可能性もゼロではないので、たくさん勉強させていただきました」と語り、こちらも指導者としての考えを聞けて充実していたようだ。 小野は、浦和や日本代表で共に戦ったMF阿部勇樹など近い年齢の選手が引退するということもある中で「すごく寂しい部分がありました」とコメント。「そういった選手たちの気持ちを背負いながら、自分はサッカーできる喜び、ありがたみを感じてやらなきゃという責任を感じます」と語り、大ベテランの域に入る中で現役を続けていく思いを語った。 また、今回の対談でも語られたチャンピオンズリーグ。小野は実際にプレーしたこともある中、今回のラウンド16に進出した中でプレーしてみたいチームについて聞かれると、宮本氏は「シティでペップがどういう事をやって欲しいのかを感じて欲しいですし、スピードやサッカー感を感じたいです」と指導者視点でコメント。一方の小野は「僕はPSGであの3人の後ろで一緒にサッカーをやったら楽しいだろうなと。やらせていただきたいというのはあります」と語り、ブラジル代表FWネイマール、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、フランス代表FWキリアン・ムバッペとプレーしたいと語った。 WOWOWが配信する特別番組『宮本恒靖×小野伸二 スペシャル対談 〜世界を知る男たち 最先端の欧州と日本の未来〜』は2022年1月24日より毎週月曜正午にWOWOWオンデマンド限定で配信。全3部構成となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】対談を終えて取材に応える宮本恒靖と小野伸二</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211220_34_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211220_34_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211220_34_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211220_34_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.20 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

女子の試合は対象外?選手にタックルされたピッチ侵入者が逮捕されない理由を英紙指摘

お役所仕事のような理由で侵入者を逮捕できないようだ。イギリス『アスレティック』が伝えている。 9日に行われた女子チャンピオンズリーグ(WCL)グループA第5節でユベントスと対戦したチェルシー。この試合の終盤、ピッチに男性侵入者が立ち入った。 ピッチ内をうろうろする男性侵入者に警備員が寄ってくる様子はなく、見かねたチェルシーのオーストラリア代表FWサマンサ・カーがショルダーチャージで吹き飛ばし、見事に撃退。大きな話題となっていた。 カーの行動が大絶賛された一方で、「警察は何をやっているんだ」という声もファンからは上がっていた。だが、同紙によると、この侵入者を逮捕することは法律上できないとのことだ。 1991年のサッカーにおける犯罪法のセクション4には、次のように書かれているが、この文中の「指定されたサッカーの試合」という文言が問題を引き起こしているという。 「指定されたサッカーの試合のプレーエリアまたはそれに付随する、観客が一般的に入場できない場所に許可なく立ち入るのは犯罪である」 「「指定された試合」とは、チームの一方または両方が、イングリッシュフットボールリーグ、プレミアリーグ、フットボールカンファレンス、またはウェールズリーグのメンバーであること。または、国ないしや地域の代表戦のこと」 つまり同紙は、「女子の試合」というフレーズが文中に含まれていないため、9日のチェルシーvsユベントスは「指定された試合」に含まれず、犯罪とはみなされない。法律の抜け穴になってしまっていると、伝えている。 女子サッカーに力を入れているイングランドにあって、理解に苦しむ話。だが、実際に侵入者は逮捕されてはいないとのことだ。 試合後のチェルシーのエマ・ヘイズ監督は「真剣にプレーヤーの安全について考えなければなりません」と、憂慮するコメント。実際に何かが起きてしまう前に、早急な対応が求められる。 <span class="paragraph-title">【動画】ショルダーチャージで侵入者を吹き飛ばすサム・カー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Full unedited video here for any journalist that wants to use it. Don&#39;t need to ask permissions as I&#39;ll be asleep for next 8 hours. <a href="https://t.co/PI76WC87Uw">pic.twitter.com/PI76WC87Uw</a></p>&mdash; Bradley Cox (@Bcoxy2012) <a href="https://twitter.com/Bcoxy2012/status/1468743391332741129?ref_src=twsrc%5Etfw">December 9, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.16 22:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly