J1昇格目指す長崎が横浜FMのFWエジガル・ジュニオを期限付き移籍で獲得「誇りに思ってもらえる結果を手にしたい」

2020.10.29 12:22 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
V・ファーレン長崎は29日、横浜F・マリノスのブラジル人FWエジガル・ジュニオ(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年10月28日~2021年1月1日までとなり、横浜FMとの公式戦には出場できない。背番号は「25」となる。

エジガル・ジュニオは、バイーアから期限付き移籍で2019年に横浜FMへ加入。シーズン途中に重傷を負い長期離脱するも。明治安田生命J1リーグで16試合に出場し11得点を記録していた。

今シーズンもここまで明治安田J1で16試合に出場し3得点を記録。激しいポジション争いを繰り広げていた。

エジガル・ジュニオは両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆様、関係者の皆様、これからこのクラブのユニフォームを着るチャンスをいただいたことを名誉に思い大変嬉しい気持ちでいっぱいです。チームメイトと共にクラブの目標を達成できるよう全力を尽くすことを約束します」

「一緒に多くの勝利を手にして喜びを分かち合い、みなさんに誇りに思ってもらえる結果を手にしたいです。どうぞよろしくお願いします!」

◆横浜F・マリノス
「トリコロールファミリーの皆様、これまでのサポートに大変感謝しています」

「日本に初めて来たときに皆さんからとても温かく迎え入れてもらい、とても嬉しかったことを覚えています。それと同時に、常に熱い応援でチームを後押ししてくれていたたくさんのサポーターの姿に驚かされました」

「特に海外から日本へ来た私たちにとってそういう姿はとても大切で、自分もすぐにこのチームの一員として受け入れてもらえたことによって来日早々活躍することができたと思っています」

「期限付き移籍をしますが、私もF・マリノスのことを応援しています。皆さんからの温かいメッセージや応援、ありがとうございました!」
コメント
関連ニュース
thumb

FW畑潤基が長崎から栃木へ期限付き移籍「人を感動させるプレーを」

栃木SCは13日、FW畑潤基(26)がV・ファーレン長崎から期限付き移籍加入することを発表した。 畑は東海大学在学中の2016年に特別指定として長崎に選手登録されJリーグデビュー。翌シーズンに正式に入団し、プロキャリアをスタートさせた。 2017年8月からは1年半の間、アスルクラロ沼津へ期限付き移籍していたが、2019年に復帰し、昨季は明治安田生命J2リーグで29試合に出場し5ゴールを挙げた。 準主力としてプレーしていた畑だが、新シーズンは栃木へレンタル移籍することを決断。両クラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 ◆栃木SC 「栃木SCのファン、サポーターの皆様はじめまして。この度V・ファーレン長崎から期限付き移籍で来ました。畑潤基です。栃木SCの昨年以上の順位、J1昇格を自分の力を100%以上出して達成するために強い気持ちを持ってきました。そしてFWとしてゴールはもちろんそれ以外のところでも人を感動させるプレーをしていきたいと思います」 ◆V・ファーレン長崎 「2020シーズンは、コロナ禍という難しい中で熱い応援ありがとうございました。2021シーズンは栃木SCに期限付き移籍することになりました。この2年間さまざまなことを経験させていただきました。さらに結果にこだわり、必ず活躍する姿をお見せできるように頑張ってきます!」 2021.01.13 15:48 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎、川崎Fからレンタル加入のMFカイオ・セザールを完全移籍で獲得!昨季は40試合で6得点

V・ファーレン長崎は13日、川崎フロンターレから期限付き移籍で加入していたMFカイオ・セザール(25)が完全移籍加入することを発表した。 2018年8月に母国ブラジルのトンベンセから川崎Fに完全移籍したカイオ・セザールは、出場機会を求めて2019年6月に長崎へ期限付き移籍した。 すぐにレギュラーの座を確保すると、移籍期間を延長して迎えた2020シーズンはJ2リーグで40試合に出場。第4節の愛媛FC戦のJ初ゴールを含む6得点で、最後まで優勝争いに絡んでいたチームの原動力となった。 そしてこの度、完全移籍で長崎入りが決定。両クラブの公式サイトを通じて、それぞれの思いを伝えている。 ◆V・ファーレン長崎 「2021シーズンもV・ファーレン長崎でプレーすることになりました。ファン・サポーターの皆さんをはじめ、V・ファーレン長崎に関わるすべて皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。自分たちの目標を達成できるよう、全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「残念ながら、川崎では出場機会が少なく、僕が持っている力を見せることができませんでしたが、いつもサポーターの皆さまが支えてくれたお陰で頑張ることができました。川崎フロンターレのサポーターの皆さまの愛情に感謝したいです。では、近々また会える日まで...Arigato!!」 2021.01.13 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が主力2選手と契約更新! 毎熊晟矢「サッカーで長崎を盛り上げる」

V・ファーレン長崎は12日、ブラジル人DFフレイレ(31)、FW毎熊晟矢(23)との契約更新を発表した。 フレイレは2017年の清水エスパルス加入を機に来日。その後、湘南ベルマーレを経て、2020年から長崎に加わり、明治安田生命J2リーグ24試合に出場して1得点をマークした。 毎熊は2020年に桃山学院大学から入団。手倉森誠監督の下で右サイドバックや右ウィングバックにコンバートされると、これがハマり、ルーキーイヤーから36試合3得点の成績を収めた。 来季も長崎で戦うことが決まった両選手はクラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 ◆フレイレ 「V・ファーレン長崎ファン・サポーターの皆さん、こんにちは。2021シーズン、J1昇格を目指して戦うV・ファーレン長崎の一員としてプレーできることを本当に嬉しく思います。2022シーズンをJ1で戦いましょう。応援よろしくお願いします。一緒に昇格しましょう!」 ◆毎熊晟矢 「2021シーズンもV・ファーレン長崎でJ1昇格を目指せることを嬉しく思います。2020シーズンはクラブ、ファン・サポーターの皆さんに支えられ、僕自身すごく成長できた1年でした。昨年以上に日々精進し、皆さんがワクワクするようなプレーをしたいと思います。そして、サッカーで長崎を盛り上げるべく全力で戦いますので、応援よろしくお願いします」 2021.01.12 17:44 Tue
twitterfacebook
thumb

J1復帰の福岡、長崎MF吉岡雅和を完全移籍で獲得 「勝利に貢献できるよう全力で」

アビスパ福岡は12日、V・ファーレン長崎に所属するMF吉岡雅和(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 2017年に駒澤大学から長崎に加入した吉岡は2018年6月からカターレ富山に期限付き移籍。長崎にレンタルバックした2019年の明治安田生命J2リーグで30試合に出場すると、昨季も14試合の出場で1得点を記録した。 新シーズンからJ1に復帰した福岡でプレーする吉岡は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。 ◆アビスパ福岡 「2021シーズンよりアビスパ福岡でプレーさせていただくことになりました、吉岡雅和です。アビスパ福岡の勝利に貢献できるよう全力で戦います。そして、ファン・サポーターの皆さんと多くの喜びを共有できることを楽しみにしています。これからよろしくお願いします」 ◆V・ファーレン長崎 「この度、アビスパ福岡に完全移籍することになりました。地元である長崎でプロ生活をスタートさせ、クラブ存続の危機・J1昇格・天皇杯ベスト4など、他にも本当に多くの経験をさせていただきました。その中でも、2017シーズンに満員のスタジアムでJ1昇格を決めた試合は、今でも鮮明に覚えています。どんな時でも僕たちのことを信じて最高の雰囲気を作ってくれたファン・サポーターの皆さんには心から感謝しています。2020シーズンは自分自身、長崎の力になれなかったことが悔しく、そして申し訳なく思っています」 「それでも、仲間やスタッフの存在、ファン・サポーターの皆さんの応援のおかげで腐らずやることができました。この悔しさは今後のサッカー人生に生かしていきます。V・ファーレン長崎に在籍した4年間で、僕はたくさんの愛を感じました。僕は、長崎のファン・サポーターの皆さんは最高だと思います。これからは皆さんに活躍する姿を見せられるよう頑張ります。本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2021.01.12 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎がキャプテンのMF秋野央樹ら4選手と契約更新、GK高木和徹は清水から期限付き移籍延長

V・ファーレン長崎は8日、MF秋野央樹(26)、DF亀川諒史(27)、DF二見宏志(28)、DF鹿山拓真(24)との契約更新を発表した。 秋野は2020シーズンの明治安田J2で40試合に出場、亀川は28試合に出場し1得点、二見は35試合に出場、鹿山は14試合に出場していた。 また、清水エスパルスから期限付き移籍で加入していたGK高木和徹(25)に関して、期限付き期間を延長することを発表している。期限付き移籍期間は2021年2月1日から2022年1月31日までとなり、清水との公式戦には出場できない。 高木和は2020シーズンの明治安田J2で19試合に出場していた。 各選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF秋野央樹 「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました。厳しい戦いが待っていますが、日々成長できるよう、1日1日を大事にし、目標達成できるようチーム一丸となって頑張ります!」 「どういう応援形態になるか分からず、サポーターの皆さんも不安なことが多いと思いますが、長崎県民みんなで手を取り合い、最後は必ず笑顔で終わりましょう。たくさんの応援よろしくお願いします!」 ◆DF亀川諒史 「2021シーズンもV・ファーレン長崎の一員として、みなさんと共に闘えることを本当に嬉しく思います。V・ファーレン長崎でプレーさせていただいて3年目を迎えますが、この2年間で本当に長崎のことが好きになり、このチームでJ1を闘いたいと強く思うようになりました」 「2020シーズンは、ここからだというときにケガをしてしまい、チームの力になることができず、J1昇格も逃してしまいました。本当に悔しかったです。その悔しさを2021シーズンにぶつけて、J1昇格の力になれるように精一杯頑張ります。長崎に関わるすべてのみなさんでJ1昇格をつかみ取りましょう!」 ◆DF二見宏志 「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました。チームのために頑張るので応援よろしくお願いします」 ◆DF鹿山拓真 「2021シーズンも愛する長崎のために闘うことを決意しました。V・ファーレン長崎でプレーすることは、やはり自分の中で特別な想いがあります。大好きな長崎をもっとサッカーで盛り上げられるよう、今を一生懸命に。変わらず謙虚に。精一杯頑張ります。共に闘いましょう!よろしくお願いします!」 ◆GK高木和徹 ・V・ファーレン長崎 「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました!2020シーズンはチームとしても個人としても悔しい思いをしたので、今年はJ1昇格できるよう全力で頑張ります!熱い応援よろしくお願いします!」 ・清水エスパルス 「2021シーズンも長崎でプレーすることになりました。清水のファン・サポーターの皆さんに成長した姿を見てもらえるよう全力で頑張ります!陰ながら応援よろしくお願いします!」 2021.01.08 14:26 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly