ダービー加入のルーニーがデビュー戦で記録した絶妙カーブアシスト【ベスト・アシスト】

2020.10.28 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回はダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが記録したアシストだ。

◆ルーニーがデビュー戦で決めた絶妙アシスト

若くしてエバートンで頭角を現したルーニーは、2004年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。エースとして13シーズンを過ごし、多くのタイトルを勝ち取った。

その後エバートンへの復帰やアメリカでのプレーを経て、現在はイングランド2部のダービー・カウンティでプレーするルーニーだが、そのデビュー戦となった、2020年1月2日のチャンピオンシップ(イングランド2部)第26節のバーンズリー戦では、見事なアシストを記録している。

0-0で迎えた45分、相手陣内中央左でダービーがFKのチャンスを得ると、キッカーを務めたルーニーは、右足でインスイングのクロスをボックス内に上げる。大きくカーブしていくボールが相手DFの頭上を越えると、ゴール前でFWジャック・マリオットがこれに合わせ、見事な先制点を挙げた。

その後ダービーは追いつかれたものの、勝ち越し、2-1で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

ムニエの柔らかなダイレクトクロスをカバーニが豪快なダイビングヘッド【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムニエの柔らかいクロスをカバーニが豪快ヘッド<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtVVZna2NPaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年夏にクラブ・ブルージュからPSGへ加入したムニエは右サイドバックとウイングバックの準主力として多くの国内タイトル獲得に貢献した。 大柄な体格を活かした守備力の高さに加え、確かなキック精度で攻撃面でも貢献したムニエだが、2018年4月29日に行われたリーグ・アン第35節のギャンガン戦では、見事なアシストを決めている。 1-2とPSGビハインドの82分、中央突破を図ったMFハビエル・パストーレからのパスをボックス手前右で受けたムニエは、左足ダイレクトで正確なクロスを中央へ入れる。 このボールに対し、オフサイドラインの駆け引きに勝ち、完全にフリーでボールを受けたFWエディンソン・カバーニがゴール前で豪快なダイビングヘッド。強烈なシュートは、GKの手を弾き、同点ゴールとなった。 このゴールで追いついたPSGだったが、試合はそのまま2-2の引き分けに終わっている。 2020.12.02 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンのレジェンドDFラームが見せた攻撃陣顔負けの美しいチップパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏がバイエルンで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ラームが決めた美しいチップパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bVROQTRPQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バイエルンの下部組織出身のラーム氏は、2002年にファーストチームに昇格して以来、生え抜きの主力選手、そして主将としてチームを引っ張った。 本職はDFながら、高いテクニックとフットボールIQでMFとしてもプレーしたラーム氏だが、2013年2月23日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦では、攻撃陣顔負けの技ありアシストを決めている。 4-1とバイエルンリードの86分、ショートコーナーの流れからボックス外の位置でフリーでボールを持ったラームは、ディフェンスラインを上げに来る相手と入れ替わりになる絶妙のタイミングで、チップパスをリベリーに送る。完全にフリーでパスを受けたリベリーが、ダイレクトでシュートを流し込み、見事な追加点を挙げた。 試合はその後も追加点を挙げたバイエルンが6-1と大差を付けて勝利している。 2020.12.01 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アウベスがムバッペに送った、磁石で吸いつくような絶妙アーリークロス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンパウロの元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アウベスが見せた美しいアーリークロス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0d2Y2TWNXSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナやユベントスで輝かしい活躍を見せたアウベスは、2017年夏にPSGに加入。頼れるベテランとして活躍し、PSGのタイトル獲得に貢献した。 超攻撃的SBとして、守備だけでなく攻撃面でも存在感を発揮するアウベスだが、2017年11月4日に行われたリーグ・アン第12節のアンジェ戦では、技ありのアシストで同僚のゴールをお膳立てしている。 試合開始早々の5分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアウベスがボールを持つと、中央を伺いながら右サイドでドリブルを開始。中央で裏へ動き出すFWキリアン・ムバッペに向けてアーリークロスを放つと、大外からカーブを描きながら変化するボールは、DFの頭上を越え、ムバッペの足元にピンポイントに収まる。ムバッペがこの後ろからのボールに走りながら右足ダイレクトで合わせると、見事な先制ゴールとなった。 素晴らしいゴールで先制したPSGは、その後も追加点を挙げ、5-0の大勝を収めている。 2020.11.30 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

自陣からパス一本!ヴェッラッティが見せた美しいロングパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ヴェッラッティの正確なロングフィード<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3b0s0RDZWbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にペスカーラからPSGに加入したヴェッラッティは、主力MFとして活躍。中盤から試合を組み立て、チームに貢献している。 抜群のパスセンスと高いボール奪取力で、165cmと小柄ながら存在感を見せるヴェッラッティだが、2017年5月14日に行われたリーグ・アン第37節のサンテチェンヌ戦では、見事なアシストを記録している。 1-0とPSGリードの38分、自陣中央でボールを持ったヴェッラッティは、相手からのプレスをいなしながら前線を確認すると、ロングボールを入れる。正確なパスは相手ディフェンスラインの裏に走っていたFWルーカス・モウラにピンポイントで入ると、モウラがそのままボックス内に侵入、ゴール前から強烈なシュートをゴール上のネットに突き刺し、相手を突き放す追加点を決めた。 その後も得点を重ねたPSGが5-0の大勝を収めている。 2020.11.29 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

グティがエレガントな3人抜きドリブル&絶妙スルーパスでオーウェンをアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFグティ氏がレアル・マドリーで決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆グティが決めたエレガント過ぎるアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWQXBNa2U2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーユース出身のグティ氏は、1996年にファーストチームに昇格すると、世界中のスーパースターが集まるチームの中でも生え抜きのMFとして活躍。天才的なビジョンから繰り出されるパスから“時を止める男”の異名を取った。 キャリアを通して美しいアシストを多く記録したグティ氏だが、2004年11月28日に行われたラ・リーガ第13節のレバンテ戦では美しいドリブルから見事なアシストを記録している。 4-0とマドリー大量リードの87分、センターサークル内でボールを持ったグティは、ボールを宙に浮かせると、進路を塞ぐ相手選手2人のちょうど間を抜き、ドリブル突破。後ろからプレスに来た相手には、ヒールを使ったターンで華麗にかわすと、前線に走り出すFWマイケル・オーウェンにスルーパスを送る。ボックス内でパスを受けたオーウェンが、冷静にゴールを決め、止めを刺す5点目を挙げた。 試合はレバンテから大量5点を奪ったマドリーが5-0で勝利している。 2020.11.29 18:00 Sun
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly