「ユナイテッド移籍は間違いだった」出番の少なさに苦しむファン・デ・ベークを同胞レジェンドが嘆く

2020.10.26 17:39 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダ代表のレジェンドであるマルコ・ファン・バステン氏が、今夏にアヤックスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの決断は間違いだったと断言した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。ファン・デ・ベークは2018-19シーズンにアヤックスでチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出を果たすなど活躍。一時期はレアル・マドリー移籍が噂されるなど、強豪クラブが熱い視線を注ぐ存在だった。

結局、ファン・デ・ベークは今夏にユナイテッドが3500万ポンド(約47億円)+ボーナスの移籍金で獲得。しかし、ここまでプレミアリーグ5試合で出場時間は61分のみと、期待された活躍はできていない。

こうした現状を受け、ファン・バステン氏はオランダ『Rondo』に出演した際、ファン・デ・ベークのユナイテッド移籍は「間違いだった」と厳しく指摘している。

「ドニーはマンチェスター・ユナイテッドに行くべきではなかった。良い選手であれば、毎週のようにプレーしたいものだろう。ドニーのような選手が今年になって6、7試合しかプレーしていないのは、本当に悪いことだ(エールディビジの2019-20シーズンは新型コロナウイルスの影響により4月で打ち切り)。自分のリズムにも衝撃を与えるだろう」

「彼が以前よりも多くの収入を得ているのは知っている。しかし、トッププレーヤーとして新しいクラブと契約する際は、プレーのチャンスを見極めなければならない。ドニーはもっと良い展望を待って、他のクラブと契約すべきだった」

ファン・デ・ベークの現状に厳しい考えをもっているのは、ファン・バステン氏だけではない。イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したユナイテッドのレジェンド、パトリス・エブラ氏も「ユナイテッドに必要な選手ではなかった」と語った。

「なぜファン・デ・ベークを獲得したのかわからない。彼は毎試合、スタンドから試合を見ている。我々にとって彼は必要ではない。それが真実だ」

また、同じく『スカイ・スポーツ』に出演していたユナイテッドOBであるギャリー・ネヴィル氏も、オランダ代表MFの移籍を奇妙に感じているようだ。

「彼は毎試合、オーレ・グンナー・スールシャールのプランの最前線にいるようには見えない。彼が先発せず出番がないほど、『4000万ポンドも出した彼を、普通はチームに入れるだろう』と考えてしまう。彼もきっとこの瞬間、『自分はここで何をしているのだろう』と考えているに違いない」

ファン・デ・ベークは9月の終わりに代理人がスールシャール監督の起用に不満を表明するなど、周辺が騒がしくなっている。ここから自身の価値を証明し、移籍が間違いだったとするレジェンドたちを見返すことはできるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

過去にはスアレスが8試合停止…人種差別疑いのカバーニが改めて謝罪、ユナイテッドは声明発表

人種差別の疑いをかけられているマンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが謝罪した。クラブ公式サイトが伝えた。 カバーニは11月29日、アウェイで行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始から投入。2ゴール1アシストをマークするハイパフォーマンスを発揮し、逆転勝利に貢献した。 <div id="cws_ad">◆後半キックオフに間に合わず慌てる途中出場のカバーニ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=xwgpuuoejv1x199x52y5qt2sm" async></script></div> 試合後、ファンから活躍を祝したメッセージが届いたことに対して、カバーニは「gracias negrito(ありがとう、黒い人)」と返信。その文章内の「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始するとされていた。 カバーニに悪意はなかったとされるが、ヨーロッパにおける言葉の意味を知らされ、すぐに問題の投稿を削除。しかし、過去にはリバプールに所属していたウルグアイ代表FWルイス・スアレスがユナイテッドのDFパトリス・エブラに同じ言葉を浴びせた結果、FAから8試合の出場停止処分が下されていた。 カバーニは改めてクラブを通じて投稿を謝罪。悪意はなかったと弁明した。 「日曜日の試合後に投稿したメッセージは、友人への愛情のこもった挨拶であり、試合後の彼の祝福に感謝したものだ」 「僕がやりたかった最後のことは、誰かに不快感を与えることだった。人種差別に完全に反対しており、解釈が異なる可能性があると説明され、すぐにメッセージを削除した。心よりお詫び申し上げます」 また、ユナイテッドもカバーニに悪意はなかったと弁明。人種差別と戦っていくとした。 「エディンソンのメッセージの背後には悪意が全くなかったことが明らかであり、誤解される可能性があると知らされてからすぐに削除した」 「エディンソンは意図しない違反が発生したことを受けて謝罪した。マンチェスター・ユナイテッドと全ての選手は、人種差別との戦いに全力で取り組んでいる」 2020.12.01 01:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、今冬は静かに過ごす? スールシャールが示唆

マンチェスター・ユナイテッドの今冬は静かなものとなるようだ。 今夏のトップターゲットだったドルトムントのMFジェイドン・サンチョ(20)の交渉に手こずり、他の補強がなかなか進まなかったユナイテッドだが、最終的にMFドニー・ファン・デ・ベーク(23)やDFアレックス・テレス(27)、FWエディンソン・カバーニ(33)らを獲得。次の移籍市場でポイントに挙がるセンターバックなどの補強が取り沙汰されている一方で、余剰戦力の整理に動く必要性も指摘されている。 しかし、補強に関しては現状、厳しい模様だ。イギリス『イブニング・スタンダード』によると、ユナイテッドは最新の財務状況として、約20%の収入減を公表。クラブを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督も今冬に大きな動きを見せられるとは考えていないようだ。 「(今冬に)他クラブがどのような動きをみせ、どういう財政状況であるのかを予測するのは難しい。チームが売却を必要としているのか、補強資金があるのか。公平に考えても、多くの出入りがあるとの予想はできない。世界は(新型コロナウイルスの影響で)財政的に変わり、それはサッカー界にも影響が及んでいる。チームごとの負傷者状況によっても動きが変化する」 「現状、自チームにはとても満足している。我々は強くなってきている。ただ毎週、18人しか選べないメンバーに頭を悩ませている。誰を除外するのか…。私は恵まれた立場にいると感じているよ」 プレミアリーグ第4節のトッテナム戦で1-6の大敗を喫するなど、一貫性の欠いた戦いが続いたが、29日に行われた第10節のサウサンプトン戦を0-2からの逆転勝利で飾り、リーグ3連勝と復調傾向のユナイテッド。昨冬にはMFブルーノ・フェルナンデスの獲得が後半戦の勢いに繋がったが、今冬の大型補強は厳しいのかもしれない。 2020.11.30 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

殊勲の夜から一転! カバーニが人種差別用語の使用疑惑で処分の恐れ

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが人種差別用語を使用したことで処分される可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』などが報じている。 カバーニは29日に敵地で行われたプレミアリーグ第10節のサウサンプトン戦で後半開始から投入されると、2ゴール1アシストをマークするハイパフォーマンスを発揮。2点ビハインドで試合を折り返したチームの劇的な逆転勝利に大きく貢献している。 試合後にはオーレ・グンナー・スールシャール監督からも称賛され、今後の出場機会増加も見込まれるカバーニだが、その日の夜に物議を醸す文章を自身のインスタグラムに投稿してしまった。 ファンから活躍を祝したメッセージが届いたことに対して、カバーニは「gracias negrito(ありがとう、黒い人)」と返信。その文章内の「negrito」という単語が人種差別用語に該当する恐れがあるとして、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始するようだ。 仮に人種差別用語の使用が認定された場合、カバーニは最低でも3試合の出場停止処分が科せられる可能性がある。 また、「negrito」という単語はかつてリバプールに所属していたFWルイス・スアレスがユナイテッドのDFパトリス・エブラに浴びせた言葉と同じであり、その際はスアレスに対して8試合の出場停止処分が下った。 ユナイテッドは、カバーニが明らかに愛情を込めてこの言葉を使用しており、彼の出身である南米では異なる意味合いがあるのだと強調。加えて、カバーニはクラブからヨーロッパにおける言葉の意味を知らされ、すぐに問題の投稿を削除している。 殊勲の夜から思わぬ事態に発展してしまったカバーニだが、今後にFAがどのような判断をするかにも注目したい。 2020.11.30 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

「考えると気が遠くなる」ユナイテッドの救世主カバーニを評価もOBキーン氏が苦言

マンチェスター・ユナイテッドは29日、プレミアリーグ第10節でサウサンプトンとアウェイで対戦。後半に0-2からひっくり返して、大逆転勝利を収めた。 この試合で救世主となったのが、ハーフタイム明けからピッチに入り、2得点1アシストの活躍を披露したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだった。 <div id="cws_ad">◆後半キックオフに間に合わず慌てる途中出場のカバーニ <br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=xwgpuuoejv1x199x52y5qt2sm" async></script></div> ユナイテッドOBで、イギリス『スカイ・スポーツ』で解説を務めるロイ・キーン氏は、その活躍を称賛するとともに、苦言も忘れなかった。 「彼は明らかにピッチに入るのが遅かった。彼が得点したのと同じようになぜ準備できていなかったのか、考えると気が遠くなる。彼は頭で2ゴールを決め、結果的にスパイクを必要としなかった。彼がピッチに入ってからが大きな貢献があった。彼は今でもクオリティとハングリー精神を持っている」 「彼がクラブに来た時、それはギャンブルだった。人々は、彼が無所属だった理由を疑っていた。彼にまだ野望ややる気があるか、とね」 「彼の前の試合映像を観たが、『彼はまだそれを持っているのか?』と思っていた。だが、今日、その証拠を観た。彼はユナイテッドにとって大きなサインになる可能性がある。本当にちょっとしたギャンブルのようだったが、今日をみれば明らかに上手くいっている」 キーン氏が問題視したのは、カバーニが後半開始時にピッチに入る際の出来事。カバーニがピッチに入ろうとするも、本来履くべきスパイクとは別のスパイクを履いていたことから、タッチライン際で待つ羽目に。結局、後半開始には間に合わず、試合中に靴ひもを結ばなければならなかった。 今回は結果で取り返した格好になるカバーニだが、次節以降は要注意だ。 2020.11.30 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ヒザ強打で負傷交代のデ・ヘア、状況は…?

マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが負傷交代を余儀なくされた。 ユナイテッドは29日に敵地で行われたプレミアリーグ第10節でサウサンプトンと対戦。前半に2失点を喫して劣勢を強いられたが、後半の頭から出場したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの2得点1アシストで大逆転勝利を収め、公式戦4連勝を飾った。 ただ、今季も開幕からゴールを守り続けるデ・ヘアはイングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズに直接FK弾を許した33分、左ヒザをゴールポストに強打。後半頭からイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンとの交代でピッチを後にした。 大きな勝ち点3をゲットしたが、この試合がアトレティコ・マドリー時代を含めてクラブキャリア通算500試合目の節目だった絶対的守護神の負傷交代に見舞われてしまったユナイテッド。オーレ・グンナー・スールシャール監督は打撲を明かした上で、検査待ちの状況だと話した。 「ヒザ上に打撲を負っただけだ。水曜日(12月2日)の試合は大丈夫だと良いが、まだわからない。明日にも少し検査をして、確認してみよう。ただ、ディーンは非常に安定感があった」 なお、12月2日の次戦はチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦。デ・ヘアの程度は現時点で不明だが、今後も過密日程が続く状況を鑑みると、D・ヘンダーソンの出番が増えてくるかもしれない。 2020.11.30 14:35 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly